<新約聖書>

    マタイ による福音書 1

    イエス・キリストの系図

    1 アブラハム の子ダビデの子、イエス・キリストの系図。

    2 アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟たちを、 3 ユダはタマルによってペレツとゼラを、ペレツはヘツロンを、ヘツロンはアラムを、4 アラムはアミナダブを、アミナダブはナフションを、ナフションはサルモンを、5 サルモンはラハブによってボアズを、ボアズはルツによってオベドを、オベドはエッサイを、 6 エッサイはダビデ王をもうけた。

    ダビデはウリヤの妻によってソロモンをもうけ、 7 ソロモンはレハブアムを、レハブアムはアビヤを、アビヤはアサを、 8 アサはヨシャファトを、ヨシャファトはヨラムを、ヨラムはウジヤを、 9 ウジヤはヨタムを、ヨタムはアハズを、アハズはヒゼキヤを、 10 ヒゼキヤはマナセを、マナセはアモスを、アモスはヨシヤを、11 ヨシヤは、バビロンへ移住させられたころ、エコンヤとその兄弟たちをもうけた。

    12 バビロンへ移住させられた後、エコンヤはシャルティエルをもうけ、シャルティエルはゼルバベルを、 13 ゼルバベルはアビウドを、アビウドはエリアキムを、エリアキムはアゾルを、14 アゾルはサドクを、サドクはアキムを、アキムはエリウドを、 15 エリウドはエレアザルを、エレアザルはマタンを、マタンはヤコブを、16 ヤコブは マリア の夫ヨセフをもうけた。このマリアから メシア と呼ばれるイエスがお生まれになった。

    17 こうして、全部合わせると、アブラハムからダビデまで十四代、ダビデからバビロンへの移住まで十四代、バビロンへ移されてからキリストまでが十四代である。


    イエス・キリストの誕生

    18 イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと 婚約していた が、二人が一緒になる 前に、聖霊 によって身ごもっている ことが明らかになった。 19 夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを 表ざたに するのを望まず、ひそかに縁を切ろうと 決心した。 20 このように考えていると、主の天使 が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを 迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。21 マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」22 このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。


    23「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。
    その名はインマヌエルと呼ばれる。」


    この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。24 ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れ、25 男の子が生まれるまでマリアと 関係すること はなかった。そして、その子をイエスと名付けた。









    注釈::文語訳、新改:新改訳、:口語訳、:共同訳、バル:バルバロ訳、フラ :フランシスコ会。NIV

    do は見出し語と同じ、という意味。

    イエス:カトリックではイエズス、プロテスタントではイエスとされてきた。この新共同訳が出版される時、どちらにするか議論され、プロテスタントから「イエスス」とするよう提案があったそうだが、結局「イエス」という記載になったという。詳細は 聖書の日本語 まで。なお、「キリスト」はギリシャ語で「救世主」という意味。バル「イエズス」、文、新改、口、共 do」、NIV「Jesus」

    アブラハム:ヘブライ語で「多数の父」という意味。ノアの洪水 の後、選ばれた最初の預言者。この後人名が 17 節まで続くが、各翻訳によって人名がどう違うかはこの研究の本意ではない。重要な人名のみにとどめる。

    マリア:新改、口、文、「マリヤ」、共、バル、フラ do、NIV「Mary」

    メシア:新改、口、文、バル、フラ「キリスト」、共 do、NIV「Messiah」 なおメシアは救世主という意味。

    婚約していた:新改「妻と決まっていた」、共、口、フラ do、 文「許嫁(いいなずけ)したるのみ」、バル「いいなずけ」、NIV「pledged」

    一緒になる:口「一緒にならない」、新改「いっしょにならない」、文「偕(とも)にならざりしに」、バル、フラ「同居する」、共 do、NIV「came together」

    身ごもっている:新改、口「身重になった」、文「孕(みごも)りたる」、フラ「身籠っている」、共、バル do、NIV「pregnant」

    表ざたに:新改「さらし者に」、口「公(おおや)けに」、バル「公(おおやけ)に辱(はずかし)めよう、文「公然(おおやけ)に」、共「表沙汰(おもてざた)に」、フラ do、NIV「expose her to public disgrace」

    ひそかに縁を切ろうと:新改「内密にさらせようと」、口、共、フラ「ひそかに離縁しようと」、バル「ひそかに離別しようと」、文「私(ひそか)に離縁せんと」、NIV「divorce her quietly」

    主の天使:新改、フラ「主の使い」、口、文「主の使(つかい)」文 では (つかひ)、共、バル do、NIV「angel of the Lord 」

    聖霊:三位一体、すなわち 父なる神、子なるキリスト、聖霊の三位格が一なることを言う用語の第三位格。文献:聖書辞典 NIV「Holy Spirit.」

    迎え入れなさい:新改、共「迎えなさい」、口「迎えるがよい」、バル「迎えよ」、文「納(い)るる事を恐るな」、フラ do、NIV「take Mary home as your wife」

    関係すること:新改、口、共、バル、フラ「知ること」、文「相知る事」、NIV「consummate」

    「見よ〜インマヌエルと呼ばれる。」イザヤ書 7-14 を見よ。(フラ)

    マタイ:バル「マテオ」、新改、口、共、文、フラ do、NIV「Matthew」




次:マタイによる福音書 第2章





























































全体の目次


新約聖書

マタイによる福音書

マタイ 目次

マタイ 1 章

マタイ 2 章

マタイ 3 章

マタイ 4 章

マタイ 5 章

マタイ 6 章

マタイ 7 章

マタイ 8 章

マタイ 9 章

マタイ 10 章

マタイ 11 章

マタイ 12 章

マタイ 13 章

マタイ 14 章

マタイ 15 章

マタイ 16 章

マタイ 17 章

マタイ 18 章

マタイ 19 章

マタイ 20 章

マタイ 21 章

マタイ 22 章

マタイ 23 章

マタイ 24 章

マタイ 25 章

マタイ 26 章

マタイ 27 章

マタイ 28 章


マルコによる福音書

マルコ 目次

マルコ 1 章

マルコ 2 章

マルコ 3 章

マルコ 4 章

マルコ 5 章

マルコ 6 章

マルコ 7 章

マルコ 8 章

マルコ 9 章

マルコ 10 章

マルコ 11 章

マルコ 12 章

マルコ 13 章

マルコ 14 章

マルコ 15 章

マルコ 16 章


ルカによる福音書

ルカ 目次

ルカ 1 章

ルカ 2 章

ルカ 3 章

ルカ 4 章

ルカ 5 章

ルカ 6 章

ルカ 7 章

ルカ 8 章

ルカ 9 章

ルカ 10 章

ルカ 11 章

ルカ 12 章

ルカ 13 章

ルカ 14 章

ルカ 15 章

ルカ 16 章

ルカ 17 章

ルカ 18 章

ルカ 19 章

ルカ 20 章

ルカ 21 章

ルカ 22 章

ルカ 23 章

ルカ 24 章


ヨハネによる福音書

ヨハネ 目次

ヨハネ 1 章

ヨハネ 2 章

ヨハネ 3 章

ヨハネ 4 章

ヨハネ 5 章

ヨハネ 6 章

ヨハネ 7 章

ヨハネ 8 章

ヨハネ 9 章

ヨハネ 10 章

ヨハネ 11 章

ヨハネ 12 章

ヨハネ 13 章

ヨハネ 14 章

ヨハネ 15 章

ヨハネ 16 章

ヨハネ 17 章

ヨハネ 18 章

ヨハネ 19 章

ヨハネ 20 章

ヨハネ 21 章


使徒言行録

使徒言行録 目次

使徒言行録 1 章

使徒言行録 2 章

使徒言行録 3 章

使徒言行録 4 章

使徒言行録 5 章

使徒言行録 6 章

使徒言行録 7 章

使徒言行録 8 章

使徒言行録 9 章

使徒言行録 10 章

使徒言行録 11 章

使徒言行録 12 章

使徒言行録 13 章

使徒言行録 14 章

使徒言行録 15 章

使徒言行録 16 章

使徒言行録 17 章

使徒言行録 18 章

使徒言行録 19 章

使徒言行録 20 章

使徒言行録 21 章

使徒言行録 22 章

使徒言行録 23 章

使徒言行録 24 章

使徒言行録 25 章

使徒言行録 26 章

使徒言行録 27 章

使徒言行録 28 章


ローマの信徒への手紙

ローマ 目次

ローマ 1 章

ローマ 2 章

ローマ 3 章

ローマ 4 章

ローマ 5 章

ローマ 6 章

ローマ 7 章

ローマ 8 章

ローマ 9 章

ローマ 10 章

ローマ 11 章

ローマ 12 章

ローマ 13 章

ローマ 14 章

ローマ 15 章

ローマ 16 章


コリントの信徒への
手紙(1)

コリント(1) 目次

コリント(1) 1 章

コリント(1) 2 章

コリント(1) 3 章

コリント(1) 4 章

コリント(1) 5 章

コリント(1) 6 章

コリント(1) 7 章

コリント(1) 8 章

コリント(1) 9 章

コリント(1) 10 章

コリント(1) 11 章

コリント(1) 12 章

コリント(1) 13 章

コリント(1) 14 章

コリント(1) 15 章

コリント(1) 16 章


コリントの信徒への
手紙(2)

ガラテヤ 目次

ガラテヤ 1 章

ガラテヤ 2 章

ガラテヤ 3 章

ガラテヤ 4 章

ガラテヤ 5 章

ガラテヤ 6 章

ガラテヤの信徒への
手紙

コリント(2) 目次

コリント(2) 1 章

コリント(2) 2 章

コリント(2) 3 章

コリント(2) 4 章

コリント(2) 5 章

コリント(2) 6 章


エフェソの信徒への
手紙

エフェソ 目次

エフェソ 1 章

エフェソ 2 章

エフェソ 3 章

エフェソ 4 章

エフェソ 5 章

エフェソ 6 章


フィリピの信徒への
手紙

フィリピ 目次

フィリピ 1 章

フィリピ 2 章

フィリピ 3 章

フィリピ 4 章


コロサイの信徒への
手紙

コロサイ 目次

コロサイ 1 章

コロサイ 2 章

コロサイ 3 章

コロサイ 4 章


テサロニケの信徒への
手紙(1)

テサロニケ(1) 目次

テサロニケ(1) 1 章

テサロニケ(1) 2 章

テサロニケ(1) 3 章

テサロニケ(1) 4 章

テサロニケ(1) 5 章


テサロニケの信徒への
手紙(2)

テサロニケ(2) 目次

テサロニケ(2) 1 章

テサロニケ(2) 2 章

テサロニケ(2) 3 章


テモテへの手紙(1)

テモテ(1) 目次

テモテ(1) 1 章

テモテ(1) 2 章

テモテ(1) 3 章

テモテ(1) 4 章

テモテ(1) 5 章

テモテ(1) 6 章


テモテへの手紙(2)

テモテ(2) 目次

テモテ(2) 1 章

テモテ(2) 2 章

テモテ(2) 3 章

テモテ(2) 4 章


テトスへの手紙

テトス 目次

テトス 1 章

テトス 2 章

テトス 3 章


フィレモンへの手紙

フィレモン


ヘブライ人への手紙

ヘブライ人 目次

ヘブライ人 1 章

ヘブライ人 2 章

ヘブライ人 3 章

ヘブライ人 4 章

ヘブライ人 5 章

ヘブライ人 6 章

ヘブライ人 7 章

ヘブライ人 8 章

ヘブライ人 9 章

ヘブライ人 10 章

ヘブライ人 11 章

ヘブライ人 12 章

ヘブライ人 13 章


ヤコブの手紙

ヤコブ 目次

ヤコブ 1 章

ヤコブ 2 章

ヤコブ 3 章

ヤコブ 4 章

ヤコブ 5 章


ペトロの手紙(1)

ペトロ(1) 目次

ペトロ(1) 1 章

ペトロ(1) 2 章

ペトロ(1) 3 章

ペトロ(1) 4 章

ペトロ() 5 章


ペトロの手紙(2)

ペトロ(2) 目次

ペトロ(2) 1 章

ペトロ(2) 2 章

ペトロ(2) 3 章


ヨハネの手紙(1)

ヨハネ(1) 目次

ヨハネ(1) 1 章

ヨハネ(1) 2 章

ヨハネ(1) 3 章

ヨハネ(1) 4 章

ヨハネ(1) 5 章


ヨハネの手紙(2)

ヨハネ(2) 1 章


ヨハネの手紙(3)

ヨハネ(3) 1 章


ユダの手紙

ユダ 1 章


ヨハネの黙示録

黙示録 目次

黙示録 1 章

黙示録 2 章

黙示録 3 章

黙示録 4 章

黙示録 5 章

黙示録 6 章

黙示録 7 章

黙示録 8 章

黙示録 9 章

黙示録 10 章

黙示録 11 章

黙示録 12 章

黙示録 13 章

黙示録 14 章

黙示録 15 章

黙示録 16 章

黙示録 17 章

黙示録 18 章

黙示録 19 章

黙示録 20 章

黙示録 21 章

黙示録 22 章


旧約聖書

旧約聖書続編