<旧約聖書>

  1. 創世記
  2. 出エジプト記
  3. レビ記
  4. 民数記
  5. 申命記
  6. ヨシュア記
  7. 士師記
  8. ルツ記
  9. サムエル記上
  10. サムエル記下
  11. 列王記上
  12. 列王記下
  13. 歴代誌上
  14. 歴代誌下
  15. エズラ記
  16. ネヘミヤ記
  17. エステル記
  18. ヨブ記
  19. 詩編
  20. 箴言
  21. コヘレトの言葉
  22. 雅歌
  23. イザヤ書
  24. エレミヤ書
  25. 哀歌
  26. エゼキエル書
  27. ダニエル書
  28. ホセア書
  29. ヨエル書
  30. アモス書
  31. オバデヤ書
  32. ヨナ書
  33. ミカ書
  34. ナホム書
  35. ハバクク書
  36. ゼファニヤ書
  37. ハガイ書
  38. ゼカリア書
  39. マラキ書



















































<新約聖書>

    底本を 聖書 新共同訳 2003 及び 新共同訳 とし、以下記していきます。

  1. マタイによる福音書
  2. マルコによる福音書
  3. ルカによる福音書
  4. ヨハネによる福音書
  5. 使徒言行録
  6. ローマの信徒への手紙
  7. コリントの信徒への手紙一
  8. コリントの信徒への手紙二
  9. ガラテヤの信徒への手紙
  10. エフェソの信徒への手紙
  11. フィリピの信徒への手紙
  12. コロサイの信徒への手紙
  13. テサロニケの信徒への手紙一
  14. テサロニケの信徒への手紙二
  15. テモテへの手紙一
  16. テモテへの手紙二
  17. テトスへの手紙
  18. フィレモンへの手紙
  19. ペトロの手紙一
  20. ペトロの手紙二
  21. ヨハネの手紙一
  22. ヨハネの手紙二
  23. ヨハネの手紙三
  24. ヘブライ人への手紙
  25. ヤコブの手紙
  26. ユダの手紙
  27. ヨハネの黙示録



<旧約聖書続編>

  1. トビト記
  2. ユディト記
  3. エステル記(ギリシア語)
  4. マカバイ記一
  5. マカバイ記二
  6. 知恵の書
  7. シラ書(集会の書)
  8. バルク書
  9. エレミヤの手紙
  10. ダニエル書 補遺
    1. アザルヤの祈りと三人の若者の賛歌
    2. スザンナ
    3. ベルと竜
  11. エズラ記(ギリシア語)
  12. エズラ記(ラテン語)
  13. マナセの祈り



    <文献>

    (特に断りのない限り、旧・新約聖書です。書名が "聖書" としか記載がない場合、当方でわかりやすく書名を付けました。)

  1. 聖書 旧約聖書続編付き・共同訳、日本聖書協会 中判 2018
  2. 聖書 旧約聖書続編付き・共同訳、日本聖書協会 小型 2018
  3. 聖書 スタディ版・新共同訳、日本聖書協会発行 大判 2014
  4. 聖書 新共同訳、日本聖書協会発行 中判 2003
  5. 聖書 旧約聖書続編付き・新共同訳、日本聖書協会発行 小型 2012
  6. 𦾔新約聖書・文語訳、日本聖書協会発行 大判 2003
  7. 新約聖書・文語訳、日本聖書協会発行 小型 2003
  8. 𦾔新約聖書・文語訳、日本聖書協会発行 小型 2018
  9. 文語訳新約聖書・詩編付き、岩波書店発行、小型 2014
    1. 旧約I・新改訳、小型(分冊) 2011
    2. 旧約II・新改訳、小型(分冊) 2011
    3. 旧約III・新改訳、小型(分冊) 2011
    4. 聖書 新約聖書・新改訳、いのちのことば社発行 小型(分冊) 2011
  10. 聖書・新改訳、いのちのことば社発行、大判 2012
  11. バイリンガル聖書・新改訳・NIV 2nd Edition いのちのことば社発行 大判 2015
  12. 聖書・口語訳、日本聖書協会発行、大判 2012
  13. 聖書・口語訳、日本聖書協会発行、中判 2001
  14. 聖書・口語訳、日本聖書協会発行、小型 1972
  15. 聖書・フェデリコ・バルバロ 訳、講談社発行、大判 2012


    <参考文献>

  1. 聖書の日本語 鈴木範久 著、岩波書店発行、中判 2017
  2. 新共同訳 聖書辞典 新教出版社発行、中判 2013
  3. 新聖書ハンドブック、ヘンリー・H・ハーレイ著 いのちのことば社発行、中判 2012


  4. 注:小型 は概ね文庫サイズ、中判 は概ね新書サイズ、大判は概ね A5 サイズです。



    <編集方針>

    地の文を 聖書 新共同訳 2003 とするが、必要に応じ各訳の聖書の文を掲載する。例えば、身ごもっている 新改「身重になった」、「孕(みごも)りたる」、など。

    各聖書は数詞以外はほぼ完全ルビ付きだが、労力の手間から、難しい漢字のみ()で読みを示した。「孕(みごも)りたる」、など。