ソースコード制御の使用


ソースコードリポジトリを使用してプロジェクトファイルを管理するために、[ソース管理(Source Control)] メニューのコマンドを使用して下さい。リポジトリは、各ファイルの多数のバージョンを保存し、各ファイルの各バージョンの歴史的なメタデータを格納します。ソースコントロールを使用すると、詳細の細かいレベルでファイルの変更を追跡できます。ソースコントロールはまた、プログラマーのチームで作業する場合は、調整するのにも役立ちます。


ソース制御システムは、プロジェクトの過去のバージョンを再構築するのに役立ちます。あなたのリポジトリに大規模な変更を加えるたびにファイルをコミットできます。バグを犯してしまった場合は、トラブルの原因を見つけるために、正しく動いていた過去のバージョンと新しいバージョンのファイルを比較するために Xcode のバージョンエディタを使用できます。


複数の人がプロジェクトで作業する場合は、ソース制御は、コンフリクトを防ぐことができますし、起こりうるコンフリクトを解決するのに役立ちます。ソフトウェアのマスターコピーを保持している中央リポジトリを維持することによって、ソース制御システムは、各プログラマーがマスターを破損するリスクなしにローカルコピーで作業できます。ファイルのチェックアウトシステムを使用すると、二人が同時に同じコードで動作しないようにできます。二人が同じコードを変更する場合、システムは、2つのバージョンをマージするのに役立ちます。


また、プロジェクトの安定版から分岐する場合も、新機能を追加し分岐に他の変更を行い、マージし、プロジェクトの安定したバージョンにこれらの変更を戻すのを調整できます。


Xcode は2つの人気あるソース制御システムをサポートしています:Git と Subversion です。 Subversion (しばしば svn と略されます) は常にサーバベースです。サーバーは、リモートコンピュータ上にあるのが一般的です (ローカルにサーバーをインストールすることも可能ですが)。Git は純粋にローカルリポジトリとして使用でき、また、チームメンバー間でリポジトリを共有するために、リモートコンピュータ上に Git サーバーをインストールできます。


一人で作業している場合、サーバーを設定する必要がないので、Git を使用するのが最も簡単です。プロジェクトを作成すると、Xcode は自動的にあなたのための Git リポジトリを設定します。



CreateGitRepo_2x


継続的統合を行うことに加えて、OS X Server で使用できる Xcode のサービスは、Git リポジトリをホストします。


リポジトリがサーバー上にある場合、[ソース制御(Source Control)] > [チェックアウト(Check Out)] を選択し、あなたのコンピュータ上でプロジェクトの、ローカルの作業コピーを作成して下さい。ローカル Git リポジトリを使用する場合は、ローカルリポジトリがあなたのマスターコピーなので、作業用コピーをチェックアウトしないでください。


ファイルに加えた変更に満足したら、[ソース制御] > [コミット] を選択し、それらの変更がリポジトリに保存されていることを確認して下さい。あなたのコミットの性質を説明するコメントを提供する必要があります。あなたの Git リポジトリがサーバー上にある場合、コミット操作は、ローカルリポジトリに変更を加えます。サーバー上の Git リポジトリにコミットされた変更を追加するプッシュ操作を実行して下さい。たとえば、あなたの開発用 Mac 上で[ソース制御(Source Control)] > [コミット(Commit)] を選択し、"リモートにプッシュ(Push to remote)" オプションを選択し、ポップアップメニューでリモートリポジトリを指定し、[ファイルにコミット(Commit Files)] をクリックします。


ソースコードリポジトリに接続し、操作するヘルプについては、ソース制御の管理ヘルプ を参照してください。


ファイルの状態の表示


プロジェクトナビゲータでファイルのソース制御状態を確認できます。状態はファイル名の隣にバッジとして表示されます。



LocalModifiedFiles_2x


ファイルのバージョンをコードの元の行と比較


リポジトリに保存されたファイルのバージョンを比較するには、[表示(View)] > [バージョンエディタ(Version Editor)] > [比較ビュー表示(Show Comparison View)] を選択してください。リポジトリ内のそれらの位置に基づいてファイルのバージョンを選択してジャンプバーを使用します。各ジャンプバーは、その上のコンテンツペインの選択を制御します。バージョンを表示するには、それを見つけるための階層を参照し、それをクリックします。陰影のかかった範囲はバージョン間の変化を示します。



VersionEditorWithChanges_2x


その年代順に基づいてファイルのバージョンを選択するには、バージョンのタイムラインを使用してください。 2つの編集ペイン間のタイムラインを表示するには、中央の列の一番下のタイムラインビューアのアイコン (TimeLineIcon_2x) をクリックします。利用可能なバージョンを参照するには、タイムラインの中を上下にポインタを移動します。欲しいバージョンを確認したら、対応するエディタペインでそのバージョンを表示するには、左または右の票示ボタンをクリックします。


バージョンエディタでファイルの現在の作業コピーを編集できます。バージョン間の変更を元に戻したい場合は、旧バージョンからのコードをコピーして、現在のバージョンにペーストすることができます。


危険な変更を分離するため分岐を作成


しばらくプロジェクトで働いた後は、信頼性の高い、安定したコードの本体を持っていることがあります。そのコードのコピーを作成するためには、[ソース制御] > [作業コピー(Working Copy)] > [新しい分岐(New Branch)] を選択できます。次に、既存のコードベースを不安定にさせることなく、新しい機能やその他の変更に取り組むことができます。変更に満足しているときは、安定したコードの本体にそれらをマージし返すことができます。組み合わせて、プロジェクトのバージョン間の違いを調整するために[ソース制御] > [作業コピー] > [分岐からマージ(Merge from Branch)] と、[ソース制御] > [作業コピー] > [分岐にマージ(Merge into Branch)] を使用して下さい。







前:取り消しの使用

次:実地の紹介を取得
目次
Xcode 9 の新機能

  • Part I:Xcode 概観
  • 一目見て
  • シングル・ウィンドウ・インターフェイス
    ソースコードの編集を支援
    グラフィカルな UI デザイン
    統合されたデバッグ
    テストと継続的統合
    自動保存とソース制御管理
    統合ドキュメント
    テスターと App Store にアプリを配布
    Xcode の取得
  • Part II:ワークスペースウインドウ
  • ワークスペース・ウィンドウ概観
    ワークスペースをナビゲート
  • ファイルの編集
  • 編集領域の構成
    ジャンプバーを使用
    リソースにアクセスし要素を検査
    ワークスペースツールバーを使用
  • 複数のワークスペースを使用
  • タブの使用
  • Part III:アプリの作成
  • プロジェクトの操作
  • プロジェクトは、ビルドするアプリのファイルおよびリソースのリポジトリ
    プロジェクトまたはワークスペースを閉じて開く
  • ターゲットでの作業
  • アプリ固有のターゲット設定の適用
    ターゲットに技術機能の追加
    ターゲットにオンデマンドリソースタグの追加
    ターゲットにファイル型とサービス情報の追加
    ターゲットのオーバーライドビルド設定
    関連したプロジェクトの操作
  • 代替ツールチェインの使用
  • 代替ツールチェインのインストール
  • インストールしたツールチェインの表示と管理
  • ツールチェインの表示および切り替え
    代替ツールチェインの検証、暴露、および削除
  • Part IV:コードを書く
  • ファイルを開き追加
  • テンプレートからのソースファイルの作成
    素早くファイルを開く
  • エディタを分割して関連コンテンツを表示
  • ソースコードの編集
  • 入力時にエラーを修正
    コード補完で入力スピードアップ
    中括弧、括弧のペアの一致、自動的に括弧でくくる
    ファイルにコードスニペットをドロップ
  • 検索と置き換え
  • ファイル内の検索
    すべてのシンボルを編集
    プロジェクトを検索
    ワイルドカードの使用
  • シンボルの操作
  • シンボルの定義を表示
    文書でシンボルの検索
  • コードの分析
  • コード折りたたみでコードの構造を調べる
    静的コード分析実行
  • エディタのカスタマイズ
  • 構文を意識したフォントとテキストの色を選択
    編集とインデントのオプションをカスタマイズ
    エディタのヘルプの検索
  • Part V:ユーザーインターフェースをビルド
  • Inteface Builder を使用
  • Interface Builder の部品
    インタフェースオブジェクトの追加
    文字列の検索と置換
    ストーリーボードでのデザイン
  • オブジェクトをコードに接続
  • コードにコントロールからアクションメッセージを送信
    アウトレットを通ってユーザインタフェースオブジェクトにメッセージを送信
  • 複数のスクリーンサイズでビルド
  • サイズクラスの使用
    自動サイズ変更と配置の自動レイアウトを使用
    オブジェクトの文書を表示
    ユーザーインタフェースのプレビュー
    カスタムビュークラスの作成とレンダリング
    Interface Builder のヘルプを検索
  • Part VI:アセットの追加
  • イメージの追加
  • アプリアイコンと起動イメージを追加
  • アセットカタログでイのメージアセットとの作業
    iOS の起動スクリーンファイル作成と設定
    パーティクルエミッタ効果の追加
  • 3Dシーンを追加
    その他のヘルプを探す
  • データセットの追加
  • データセットとファイルの追加
  • Watch 複合体の追加
    複合体の追加
  • Part VII:アプリの実行
  • アプリのビルド
  • アプリをビルドするスキームを選択
    アプリを実行する目的先の選択
  • シミュレーターで実行
    カスタムシミュレータ構成の作成
    実行目的先メニューでシミュレータ、デバイスの表示
  • デバイス上で実行
    実行目的先のデバイスを選択
    スキームの管理
  • Part VIII:デバッグ
  • デバッガーの使用
  • 実行の制御
    状態情報の表示
    メモリ破損の検索
    メタルのデバッグ
    OpenGL のデバッグ
    ビュー階層の調査
    システムへの影響を調査
    パフォーマンスの測定
    問題のシミュレーション
    ワークフローのカスタマイズ
  • Part IX:テスト
  • ユニットテストの使用
    継続的統合のテストの使用
    コード適用範囲の使用
    UI テストの記録
    テストの記録
  • Part X:変更の管理
  • ファイル保存の使用
    最後に保存したファイルのバージョンに戻す
    取り消しの使用
    ソースコード制御の使用
    ファイルの状態の表示
    ファイルのバージョンをコードの元の行と比較
    危険な変更を分離するため分岐を作成
    Part XI:さらなる学習
    実地の紹介を取得

  • ヘルプメニュー
  • 詳細なユーザー・ガイドから学ぶ
  • タブの使用
    内容の目次を表示
    ドキュメントのブラウズ
    ドキュメントの検索
    ドキュメントをブックマーク
    最新の状態のまま
    文書改訂履歴















    トップへ