シミュレーターで実行


シミュレータは、複数の iOS と watchOS デバイスをシミュレートでき、現在と過去のオペレーティングシステムを実行するのをシミュレートできます。タップ、デバイスの回転、及び他の動作をエミュレートするようにキーボードとトラックパッドを使用してシミュレータと対話します。たとえば、以下のシミュレータでは、[ハードウェア(Hardware)] のメニューを使用できます。


AdventureLaunchediPhone_2x


デバイス上でアプリをテストする前に使用するための予備的なツールとして、シミュレータは、試作でき、開発プロセスの間に、あなたのアプリのビルドをテストできます。シミュレータで、アプリの基本的な動作はテストできますが、シミュレータは、テストプラットフォームとして限定されています。アプリを開発している間、接続されたデバイス上で実行し、テストすることが不可欠です。


シミュレータの使用についての詳細は、シミュレータユーザーガイド (リンク切れ)を参照してください。


カスタムシミュレータ構成の作成


[ウィンドウ(Window)] > [デバイス(Devices)] を選択して、デバイス・オーガナイザーを開いて下さい。オーガナイザーウィンドウの左下の[追加] ボタン (+) をクリックします。表示されるダイアログで、カスタムシミュレータ構成の名前を入力し、デバイスの型を選択し、iOS のバージョンを選択します。watchOS アプリの場合は、メニューから一つを選択して、Apple ウォッチのペアを追加します。[作成(Create)] をクリックすると、新しいカスタムシミュレータ構成がシミュレータのリストに追加されます。デフォルトでは、新しい構成が、[実行目的先(Run Destination)] のメニューに表示されます。



XC_O_devices_add_2x


実行目的先メニューでシミュレータ、デバイスの表示


[ウィンドウ] > [デバイス(Devices)] を選択してください。デバイスオーガナイザーで、ターゲットメニューから追加または削除する項目を選択します。オーガナイザーウィンドウの左下の構成ボタン (XC_O_devices_window_config_button_2x) をクリックします。実行目的先のメニューの[表示(Show)] を選択します。そのメニュー項目の隣のチェックマークは、シミュレータまたはデバイスが[実行目的先のメニュー] に表示されることを示しています。


XC_O_devices_menu_2x







前:アプリのビルド

次:デバイス上で実行
目次
Xcode 10 の新機能

  • Part I:Xcode 概観
  • 一目見て
  • シングル・ウィンドウ・インターフェイス
    ソースコードの編集を支援
    グラフィカルな UI デザイン
    統合されたデバッグ
    テストと継続的統合
    自動保存とソース制御管理
    統合ドキュメント
    テスターと App Store にアプリを配布
    Xcode の取得
  • Part II:ワークスペースウインドウ
  • ワークスペース・ウィンドウ概観
    ワークスペースをナビゲート
  • ファイルの編集
  • 編集領域の構成
    ジャンプバーを使用
    リソースにアクセスし要素を検査
    ワークスペースツールバーを使用
  • 複数のワークスペースを使用
  • タブの使用
  • Part III:アプリの作成
  • プロジェクトの操作
  • プロジェクトは、ビルドするアプリのファイルおよびリソースのリポジトリ
    プロジェクトまたはワークスペースを閉じて開く
  • ターゲットでの作業
  • アプリ固有のターゲット設定の適用
    ターゲットに技術機能の追加
    ターゲットにオンデマンドリソースタグの追加
    ターゲットにファイル型とサービス情報の追加
    ターゲットのオーバーライドビルド設定
    関連したプロジェクトの操作
  • 代替ツールチェインの使用
  • 代替ツールチェインのインストール
  • インストールしたツールチェインの表示と管理
  • ツールチェインの表示および切り替え
    代替ツールチェインの検証、暴露、および削除
  • Part IV:コードを書く
  • ファイルを開き追加
  • テンプレートからのソースファイルの作成
    素早くファイルを開く
  • エディタを分割して関連コンテンツを表示
  • ソースコードの編集
  • 入力時にエラーを修正
    コード補完で入力スピードアップ
    中括弧、括弧のペアの一致、自動的に括弧でくくる
    ファイルにコードスニペットをドロップ
  • 検索と置き換え
  • ファイル内の検索
    すべてのシンボルを編集
    プロジェクトを検索
    ワイルドカードの使用
  • シンボルの操作
  • シンボルの定義を表示
    文書でシンボルの検索
  • コードの分析
  • コード折りたたみでコードの構造を調べる
    静的コード分析実行
  • エディタのカスタマイズ
  • 構文を意識したフォントとテキストの色を選択
    編集とインデントのオプションをカスタマイズ
    エディタのヘルプの検索
  • Part V:ユーザーインターフェースをビルド
  • Inteface Builder を使用
  • Interface Builder の部品
    インタフェースオブジェクトの追加
    文字列の検索と置換
    ストーリーボードでのデザイン
  • オブジェクトをコードに接続
  • コードにコントロールからアクションメッセージを送信
    アウトレットを通ってユーザインタフェースオブジェクトにメッセージを送信
  • 複数のスクリーンサイズでビルド
  • サイズクラスの使用
    自動サイズ変更と配置の自動レイアウトを使用
    オブジェクトの文書を表示
    ユーザーインタフェースのプレビュー
    カスタムビュークラスの作成とレンダリング
    Interface Builder のヘルプを検索
  • Part VI:アセットの追加
  • イメージの追加
  • アプリアイコンと起動イメージを追加
  • アセットカタログでイのメージアセットとの作業
    iOS の起動スクリーンファイル作成と設定
    パーティクルエミッタ効果の追加
  • 3Dシーンを追加
    その他のヘルプを探す
  • データセットの追加
  • データセットとファイルの追加
  • Watch 複合体の追加
    複合体の追加
  • Part VII:アプリの実行
  • アプリのビルド
  • アプリをビルドするスキームを選択
    アプリを実行する目的先の選択
  • シミュレーターで実行
    カスタムシミュレータ構成の作成
    実行目的先メニューでシミュレータ、デバイスの表示
  • デバイス上で実行
    実行目的先のデバイスを選択
    スキームの管理
  • Part VIII:デバッグ
  • デバッガーの使用
  • 実行の制御
    状態情報の表示
    メモリ破損の検索
    メタルのデバッグ
    OpenGL のデバッグ
    ビュー階層の調査
    システムへの影響を調査
    パフォーマンスの測定
    問題のシミュレーション
    ワークフローのカスタマイズ
  • Part IX:テスト
  • ユニットテストの使用
    継続的統合のテストの使用
    コード適用範囲の使用
    UI テストの記録
    テストの記録
  • Part X:変更の管理
  • ファイル保存の使用
    最後に保存したファイルのバージョンに戻す
    取り消しの使用
    ソースコード制御の使用
    ファイルの状態の表示
    ファイルのバージョンをコードの元の行と比較
    危険な変更を分離するため分岐を作成
    Part XI:さらなる学習
    実地の紹介を取得

  • ヘルプメニュー
  • 詳細なユーザー・ガイドから学ぶ
  • タブの使用
    内容の目次を表示
    ドキュメントのブラウズ
    ドキュメントの検索
    ドキュメントをブックマーク
    最新の状態のまま
    文書改訂履歴