ターゲットでの作業


すべてのプロジェクトは、少なくとも一つのターゲットを含んでいます。ターゲットは、iOS、watchOS、または OS X アプリのように、ビルドする製品を指定します。ターゲットの設定を表示および変更するためにプロジェクトエディタでターゲットを選択して下さい。下のスクリーンショットでは、Adventure プロジェクトAdventure iOS ターゲット が、プロジェクトナビゲータ で選択され、Adventure iOS ターゲット が、プロジェクトエディタ で選択されています。プロジェクトエディタは、ターゲットの[一般(General)] ペインを表示します。



TargetSettings_2x


アプリ固有のターゲット設定の適用


ターゲットの[一般(General)] ペインは、時折、おそらくチェックしたり、あるいは編集したりする、基本的な設定を表示します。通常は、新しいプロジェクトを作成するときに表示されるダイアログで、例えば、他の場所でのアプリの開発プロセス中にこれらの設定の値を割り当てます。


iOS アプリの場合は、[一般] ペインは、ターゲット設定をするために以下のものを含んでいます:


watchOS アプリでは、[一般] ペインは、ターゲット設定をするために以下のものを含んでいます:


WatchKit 拡張機能については、[一般] ペインは、ターゲット設定をするために以下のものを含んでいます:


OS X のアプリでは、[一般] ペインは、ターゲット設定をするために以下のものを含んでいます:


デバッグまたはリリースビルドを指定するのは他の場所で行われています。スキームの管理 を参照してください。


ターゲットに技術機能の追加


様々な Apple の技術 - iCloud、ゲームセンター、アプリ内購入、およびマップ - などをアプリに追加するには、プロジェクトエディタでそのターゲットを選択し、[機能(Capabilities)] をクリックして下さい。スイッチを On に設定することで機能を追加します。Xcode は、必要な資格ファイルを、プロジェクトに追加し、必要なフレームワークにターゲットをリンクします。いくつかの場合では、Xcode は機能を有効にすると問題が発生することがあります。その場合は、その情報が、その機能のための情報領域に表示されます。


機能名の左にある開閉用三角形をクリックすることで、機能の詳細を表示/非表示にすることができます。オフになっている機能については、この領域は、機能がオンになったときに発生する機能とアクションについて説明します。オンになっている機能については、このエリアを使用して、関連するすべての構成や修復する必要がある問題を特定し、表示、更新します。



Capabilities_2x


機能を追加する方法の詳細については、機能の追加 (リンク切れ) を参照してください。


ターゲットにオンデマンドリソースタグの追加


オンデマンドリソース は、必要なときにだけダウンロードする、アプリのコンテンツです。これらは、ユーザによりダウンロードされるアプリバンドルとは別に App Store でホストされています。より小さいアプリ、より速いダウンロード、よりリッチなアプリのコンテンツを有効にするため、オンデマンドリソースを使用できます。ターゲットに、オンデマンドリソースを識別し、管理するためタグを使用して下さい。


[リソースタグ(Resource Tag)] のペインは、タグおよび関連するリソースのリストを表示します。タグの間にリソースを移動したり、追加したり、同様にタグを削除するためにそれを使用できます。


ODR_Resource_Tags_Pane_All_2x


オンデマンドのリソースの追加および使用方法の詳細については、オンデマンド・リソース・ガイド (リンク切れ) を参照してください。


ターゲットにファイル型とサービス情報の追加


ターゲットの情報ペインは、あなたのアプリに関連付けられているプロパティを示し、あなたのアプリが作成または開き、および OS X 用では、あなたのアプリが提供するサービスのファイルの型を示します。カスタム・ターゲット・プロパティのほとんどは、 (バンドルID、バージョン、および[一般] ペインで設定されたビルド番号のような) Xcode のインタフェースの他の部分で変更されます。下のスクリーンショットは、Adventure アプリの iOS のターゲットの情報パネルを示しています。



XC_O_target_info_pane_2x


ドキュメント型の設定は、アプリ内で作成し、編集できる文書の型を指定し、iOS または Mac OS によって、そのドキュメント型に対して表示されるカスタムアイコンを提供します。


あなたのアプリがエクスポートまたはインポートできる全てのファイル型のエクスポートされ、またインポートされた UTI を追加して下さい。あなたのアプリに通常一意であるドキュメント型とは異なり、UTI は、プレーンテキストまたは.png のような一般的なフォーマットを指定します。例えば、アプリの間でクリップボードから、およびクリップボードへのコピー、ペーストを UTI はサポートしています。より多くの情報とサポートされている型のリストについては、統一型 ID リファレンス (リンク切れ) を参照してください。


URL 型の設定では、カスタムプロトコルを使用して、他のアプリとデータを交換するためのカスタムスキーマを指定できます。例えば、いくつかの既存のスキーマは、http、mailto、および sms を含みます。詳細については、アプリとの通信に URL スキームを使用 (リンク切れ) (iOS) または 起動サービスプログラミングガイド (Mac OS) を参照してください。


Mac OS アプリは、[サービス(Service)] メニュー内に表示される項目を追加するために、[サービス] 項目を使用します。詳細については、サービス実装ガイド を参照してください。


ターゲットのオーバーライドビルド設定


ターゲットは、製品をビルドする命令 - ビルド設定とビルド相の形式で - を含んでいます。ターゲットは、プロジェクトのビルド設定を継承します。ほとんどの開発者はこれらの設定を変更する必要はありませんが、ターゲットレベルで異なる設定を指定することで、プロジェクトのビルド設定をオーバーライドできます。情報内のターゲット設定を変更するビルド設定を、またはビルドフェーズペインで、プロジェクトエディタでターゲットを選択します。







前:プロジェクトの操作

次:関連したプロジェクトの操作
目次
Xcode 10 の新機能

  • Part I:Xcode 概観
  • 一目見て
  • シングル・ウィンドウ・インターフェイス
    ソースコードの編集を支援
    グラフィカルな UI デザイン
    統合されたデバッグ
    テストと継続的統合
    自動保存とソース制御管理
    統合ドキュメント
    テスターと App Store にアプリを配布
    Xcode の取得
  • Part II:ワークスペースウインドウ
  • ワークスペース・ウィンドウ概観
    ワークスペースをナビゲート
  • ファイルの編集
  • 編集領域の構成
    ジャンプバーを使用
    リソースにアクセスし要素を検査
    ワークスペースツールバーを使用
  • 複数のワークスペースを使用
  • タブの使用
  • Part III:アプリの作成
  • プロジェクトの操作
  • プロジェクトは、ビルドするアプリのファイルおよびリソースのリポジトリ
    プロジェクトまたはワークスペースを閉じて開く
  • ターゲットでの作業
  • アプリ固有のターゲット設定の適用
    ターゲットに技術機能の追加
    ターゲットにオンデマンドリソースタグの追加
    ターゲットにファイル型とサービス情報の追加
    ターゲットのオーバーライドビルド設定
    関連したプロジェクトの操作
  • 代替ツールチェインの使用
  • 代替ツールチェインのインストール
  • インストールしたツールチェインの表示と管理
  • ツールチェインの表示および切り替え
    代替ツールチェインの検証、暴露、および削除
  • Part IV:コードを書く
  • ファイルを開き追加
  • テンプレートからのソースファイルの作成
    素早くファイルを開く
  • エディタを分割して関連コンテンツを表示
  • ソースコードの編集
  • 入力時にエラーを修正
    コード補完で入力スピードアップ
    中括弧、括弧のペアの一致、自動的に括弧でくくる
    ファイルにコードスニペットをドロップ
  • 検索と置き換え
  • ファイル内の検索
    すべてのシンボルを編集
    プロジェクトを検索
    ワイルドカードの使用
  • シンボルの操作
  • シンボルの定義を表示
    文書でシンボルの検索
  • コードの分析
  • コード折りたたみでコードの構造を調べる
    静的コード分析実行
  • エディタのカスタマイズ
  • 構文を意識したフォントとテキストの色を選択
    編集とインデントのオプションをカスタマイズ
    エディタのヘルプの検索
  • Part V:ユーザーインターフェースをビルド
  • Inteface Builder を使用
  • Interface Builder の部品
    インタフェースオブジェクトの追加
    文字列の検索と置換
    ストーリーボードでのデザイン
  • オブジェクトをコードに接続
  • コードにコントロールからアクションメッセージを送信
    アウトレットを通ってユーザインタフェースオブジェクトにメッセージを送信
  • 複数のスクリーンサイズでビルド
  • サイズクラスの使用
    自動サイズ変更と配置の自動レイアウトを使用
    オブジェクトの文書を表示
    ユーザーインタフェースのプレビュー
    カスタムビュークラスの作成とレンダリング
    Interface Builder のヘルプを検索
  • Part VI:アセットの追加
  • イメージの追加
  • アプリアイコンと起動イメージを追加
  • アセットカタログでイのメージアセットとの作業
    iOS の起動スクリーンファイル作成と設定
    パーティクルエミッタ効果の追加
  • 3Dシーンを追加
    その他のヘルプを探す
  • データセットの追加
  • データセットとファイルの追加
  • Watch 複合体の追加
    複合体の追加
  • Part VII:アプリの実行
  • アプリのビルド
  • アプリをビルドするスキームを選択
    アプリを実行する目的先の選択
  • シミュレーターで実行
    カスタムシミュレータ構成の作成
    実行目的先メニューでシミュレータ、デバイスの表示
  • デバイス上で実行
    実行目的先のデバイスを選択
    スキームの管理
  • Part VIII:デバッグ
  • デバッガーの使用
  • 実行の制御
    状態情報の表示
    メモリ破損の検索
    メタルのデバッグ
    OpenGL のデバッグ
    ビュー階層の調査
    システムへの影響を調査
    パフォーマンスの測定
    問題のシミュレーション
    ワークフローのカスタマイズ
  • Part IX:テスト
  • ユニットテストの使用
    継続的統合のテストの使用
    コード適用範囲の使用
    UI テストの記録
    テストの記録
  • Part X:変更の管理
  • ファイル保存の使用
    最後に保存したファイルのバージョンに戻す
    取り消しの使用
    ソースコード制御の使用
    ファイルの状態の表示
    ファイルのバージョンをコードの元の行と比較
    危険な変更を分離するため分岐を作成
    Part XI:さらなる学習
    実地の紹介を取得

  • ヘルプメニュー
  • 詳細なユーザー・ガイドから学ぶ
  • タブの使用
    内容の目次を表示
    ドキュメントのブラウズ
    ドキュメントの検索
    ドキュメントをブックマーク
    最新の状態のまま
    文書改訂履歴












    トップへ












    トップへ












    トップへ