Objective-C


Objective-C は、洗練されたオブジェクト指向のプログラミングを可能にする、ANSI C プログラミング言語への拡張の小さいながらもパワフルなセットを定義します。Objective-C はココアプログラミングの母国語でありーそれはフレームワークが書かれている言語であり、そしてまた、ほとんどのアプリが書かれている言語です。また、Ruby や Python などのいくつかの他の言語を使用して、ココアフレームワークを使ってプログラムを開発できます。しかし、Apple のドキュメントやコードサンプルは、通常、この言語に関して書かれているため、Objective-C の少なくとも基本的な理解を持っていると便利です。


Objective-C は、ANSI C の基盤の上に成り立っているため、自由に Objective-C のコードとストレートな C コードを混在させることができます。さらに、あなたのコードは、/usr/include の BSD ライブラリインタフェースのようなココアでないプログラム·インタフェースで定義された関数を呼び出すことができます。また、Cocoa コードを C++ コードと混在させて、同じ実行可能ファイルにそれらをリンクすることもできます。


前提条件の記事

(なし)


関連記事

(なし)


既出の議論

Objective-C によるプログラミング






次の章
前の章
目次
Xcode 10 の新機能

インターフェースビルダー ヘルプ
NSObject(class)
概要(NSObject,class)

  • アクセシビリティ
  • VoiceOver での作業
  • アクセサメソッド
  • 命名規則
  • アプリ ID
  • 明示的なアプリ ID は、一つのアプリに一致
    ワイルドカードアプリ ID は複数のアプリに一致
    アプリコード署名
  • ブロックオブジェクト
  • ブロックの宣言
    ブロックの作成
    変更可能なブロックの変数
    ブロックを使用する
    比較演算
  • バンドル
  • バンドルの構造と内容 バンドルリソースへのアクセス
    ロード可能なバンドル
  • カテゴリ
  • 宣言
    実装
  • クラスクラスタ
  • 利点
    検討事項
  • クラスの定義
  • インターフェース
    実装(Implementation)
  • クラスメソッド
  • サブクラス
    インスタンス変数
    self
  • ココア(タッチ)、Cocoa(Touch)
  • フレームワーク(Framework)
    言語
    コーディング規則
  • コレクション(Collection)
  • コレクションクラス
    順序付けスキーム
  • コントローラーオブジェクト
  • コントローラの調整
    ビューコントローラ
    仲介コントローラ(OS X)
    宣言されたプロパティ
  • デリゲート(Delegate)
  • デリゲートとココアフレームワーク
    デリゲートと通知
    データソース
    動的バインディング
  • 動的型付け
  • isa ポインタ
  • 列挙
  • NSEnumerator
    高速列挙
  • 例外処理
  • 例外の種類
    コンパイラディレクティブを使用した例外処理
    信号伝達のエラー
    フレームワーク
    情報プロパティリスト
  • 初期化
  • イニシャライザ宣言の型
    初期化子を実装
    国際化
  • 内観(イントロスペクション)
  • イントロスペクション情報の種類
  • キー値コーディング
  • オブジェクトのプロパティと KVC
    クラスを KVC に準拠させる
  • キー値監視
  • KVO の実装
    KVO はバインディングの不可欠な部分(OS X)
  • メモリ管理
  • メモリ管理の規則
    メモリ管理の側面
    メッセージ
    メソッドのオーバーライド
  • モデルオブジェクト
  • うまく設計されたモデルクラス
  • モデル・ビュー・コントローラ
  • モデルオブジェクト
    ビュー・オブジェクト
    コントローラオブジェクト
  • 複数のイニシャライザ
  • 指定イニシャライザ
    Nib ファイル
  • 通知
  • 通知オブジェクト
    通知を観察する
    通知を投稿
  • アーカイブ
  • 鍵付き連続アーカイバ
    鍵付きアーカイブの作成とデコード
  • オブジェクトの比較
  • 比較ロジックを実装する
  • オブジェクトのコピー
  • オブジェクトコピーのための要件
    メモリ管理への影響
  • オブジェクト作成
  • オブジェクト作成式の形式
    メモリ管理への影響
    ファクトリメソッド
  • オブジェクトの暗号化
  • オブジェクトの暗号化と復号化する方法
    キー付き対連続的アーカイブ
    オブジェクトグラフ
    オブジェクトのライフサイクル
    オブジェクトモデリング
  • オブジェクト可変性(mutability)
  • 可変オブジェクトを受け取る
    可変オブジェクトを格納
    オブジェクトの所有権
    Objective-C
  • プロパティ(特性)リスト
  • プロパティリストの型とオブジェクト
    プロパティリストのベストプラクティス
    プロパティリストのシリアライズ
  • プロトコル
  • 公式、非公式なプロトコル
    正式なプロトコルを採用、準拠
    独自のプロトコルを作成
    ルートクラス
  • セレクタ
  • セレクタの取得
    セレクタの使用
    シングルトン
  • 統一された型の ID
  • UTI は逆ドメイン·ネーム·システム規則を使用
    統一された型 ID は適合階層で宣言
    OS X のアプリは、アプリバンドルでそれらを定義して新しい UTIを追加
  • 値オブジェクト
  • NSValue