ココア(タッチ)、Cocoa(Touch)


ココアとココアタッチはそれぞれ、OS X と iOS 用のアプリ開発環境です。ココアとココアタッチの両方とも、Objective-C 実行環境および2つのコアフレームワークを含んでいます。


  • FoundationAppKit フレームワークを含む Cocoa は、OS X 上で実行するアプリの開発に使用されます。
  • FoundationUIKit フレームワークを含む Cocoa Touch は、iOS 上で動作するアプリの開発に使用されます。

  • 注意: 用語「ココア(Cocoa)」は、Objective-C 実行環境に基づいており、ルートクラスである、NSObject から継承している全てのクラスまたはオブジェクトを一般的に参照するために使用されます。それぞれのプラットフォームのいずれかのプログラム·インタフェースを使用したアプリ開発に言及する場合も、用語「ココア」または「ココアタッチ」は使用されます。


    フレームワーク(Framework)


    Foundation フレームワークは、基本的なオブジェクトの動作を定義するルートクラスである、NSObject を実装します。これは、基本の型(たとえば、文字列や数値) やコレクション(例えば、配列や辞書) を表すクラスを実装します。Foundation はまた、国際化、オブジェクトの永続化、ファイル管理、および XML 処理のための便宜を提供しています。ポート、スレッド、ロック、およびプロセスなどのような、基礎となるシステムの実体やサービスにアクセスするために、そのクラスが使えます。Foundation は、手続き型(ANSI C) のインターフェイスを公開して Core Foundation のフレームワークに基づいています。


    アプリのユーザー·インタフェースを開発するための AppKit と UIKit フレームワークを使用します。これら二つのフレームワークは、目的は同じですが、プラットフォームに固有のものです。それらは、イベント処理のためのクラス、描画、画像処理、テキスト処理、タイポグラフィ、およびアプリ間のデータ転送のクラスを含んでいます。これらはまた、テーブルビュー、スライダー、ボタン、テキストフィールド、およびアラートダイアログなどのユーザーインターフェイス要素を含んでいます。


    言語


    Objective-C は、ココアとココアタッチのアプリを開発するための、ネイティブで主要な言語です。しかしながら、ココアとココアタッチのアプリ用のプロジェクトは、C++ および ANSI C のコードを含むかもしれません。さらに、PyObjC と RubyCocoa などのような、Objective-C の実行環境にブリッジされたスクリプト言語を使用して、Cocoa アプリを開発することもできます。


    前提条件の記事

    (なし)


    関連記事

    ルートクラス

    Objective-C


    既出の議論

    (なし)






    次の章
    前の章
    目次
    Xcode 10 の新機能

    インターフェースビルダー ヘルプ
    NSObject(class)
    概要(NSObject,class)

  • アクセシビリティ
  • VoiceOver での作業
  • アクセサメソッド
  • 命名規則
  • アプリ ID
  • 明示的なアプリ ID は、一つのアプリに一致
    ワイルドカードアプリ ID は複数のアプリに一致
    アプリコード署名
  • ブロックオブジェクト
  • ブロックの宣言
    ブロックの作成
    変更可能なブロックの変数
    ブロックを使用する
    比較演算
  • バンドル
  • バンドルの構造と内容 バンドルリソースへのアクセス
    ロード可能なバンドル
  • カテゴリ
  • 宣言
    実装
  • クラスクラスタ
  • 利点
    検討事項
  • クラスの定義
  • インターフェース
    実装(Implementation)
  • クラスメソッド
  • サブクラス
    インスタンス変数
    self
  • ココア(タッチ)、Cocoa(Touch)
  • フレームワーク(Framework)
    言語
    コーディング規則
  • コレクション(Collection)
  • コレクションクラス
    順序付けスキーム
  • コントローラーオブジェクト
  • コントローラの調整
    ビューコントローラ
    仲介コントローラ(OS X)
    宣言されたプロパティ
  • デリゲート(Delegate)
  • デリゲートとココアフレームワーク
    デリゲートと通知
    データソース
    動的バインディング
  • 動的型付け
  • isa ポインタ
  • 列挙
  • NSEnumerator
    高速列挙
  • 例外処理
  • 例外の種類
    コンパイラディレクティブを使用した例外処理
    信号伝達のエラー
    フレームワーク
    情報プロパティリスト
  • 初期化
  • イニシャライザ宣言の型
    初期化子を実装
    国際化
  • 内観(イントロスペクション)
  • イントロスペクション情報の種類
  • キー値コーディング
  • オブジェクトのプロパティと KVC
    クラスを KVC に準拠させる
  • キー値監視
  • KVO の実装
    KVO はバインディングの不可欠な部分(OS X)
  • メモリ管理
  • メモリ管理の規則
    メモリ管理の側面
    メッセージ
    メソッドのオーバーライド
  • モデルオブジェクト
  • うまく設計されたモデルクラス
  • モデル・ビュー・コントローラ
  • モデルオブジェクト
    ビュー・オブジェクト
    コントローラオブジェクト
  • 複数のイニシャライザ
  • 指定イニシャライザ
    Nib ファイル
  • 通知
  • 通知オブジェクト
    通知を観察する
    通知を投稿
  • アーカイブ
  • 鍵付き連続アーカイバ
    鍵付きアーカイブの作成とデコード
  • オブジェクトの比較
  • 比較ロジックを実装する
  • オブジェクトのコピー
  • オブジェクトコピーのための要件
    メモリ管理への影響
  • オブジェクト作成
  • オブジェクト作成式の形式
    メモリ管理への影響
    ファクトリメソッド
  • オブジェクトの暗号化
  • オブジェクトの暗号化と復号化する方法
    キー付き対連続的アーカイブ
    オブジェクトグラフ
    オブジェクトのライフサイクル
    オブジェクトモデリング
  • オブジェクト可変性(mutability)
  • 可変オブジェクトを受け取る
    可変オブジェクトを格納
    オブジェクトの所有権
    Objective-C
  • プロパティ(特性)リスト
  • プロパティリストの型とオブジェクト
    プロパティリストのベストプラクティス
    プロパティリストのシリアライズ
  • プロトコル
  • 公式、非公式なプロトコル
    正式なプロトコルを採用、準拠
    独自のプロトコルを作成
    ルートクラス
  • セレクタ
  • セレクタの取得
    セレクタの使用
    シングルトン
  • 統一された型の ID
  • UTI は逆ドメイン·ネーム·システム規則を使用
    統一された型 ID は適合階層で宣言
    OS X のアプリは、アプリバンドルでそれらを定義して新しい UTIを追加
  • 値オブジェクト
  • NSValue