モデル・ビュー・コントローラ


モデル・ビュー・コントローラ(MVC)は、モデル、ビュー、コントローラの3つの役割のいずれか1つに、アプリケーションのオブジェクトを割り当てるようにパターンをデザインします。パターンは、オブジェクトがアプリで果たす役割を定義するだけでなく、オブジェクトが相互に通信する方法を定義しています。3種類のオブジェクトの各々は、抽象的な境界によって他から分離され、それらの境界を越えて、他のタイプのオブジェクトと通信します。アプリ内の MVC の特定の型のオブジェクトのコレクションは、時々、レイヤー (層)と呼ばれ、例えば、モデルレイヤーと呼ばれます。


MVC は Cocoa アプリのための優れた設計の中心となります。このパターンを採用することの利点は非常に多いです。これらのアプリの多くのオブジェクトは、より再利用可能である傾向があり、そのインタフェースは、より良く定義される傾向があります。MVC デザインを持つアプリもまた、他のアプリよりも簡単に拡張可能です。さらに、多くの Cocoa 技術やアーキテクチャは MVC に基づいており、カスタムオブジェクトは、MVC の役割のいずれかを演ずることを要求しています。


model_view_controller_2x



モデルオブジェクト


モデルオブジェクトは、アプリにとって特定なデータをカプセル化し、データの操作および処理する、論理と計算を定義します。たとえば、モデルオブジェクトは、ゲームやアドレス帳で接触した文字を表すことがあります。モデルオブジェクトは、他のモデルオブジェクトと1対1および1対多の関係を持つことができ、時々アプリのモデルレイヤーは効果的に1つ以上のオブジェクトグラフです。データがアプリにロードされた後、アプリの永続的な状態の一部であるデータの多くは(その永続状態をファイルやデータベースに格納されているかどうか)モデル·オブジェクトに存在する必要があります。モデルオブジェクトは、知識と特定の問題領域に関連する専門知識を表すので、それらは同様の問題領域で再使用できます。理想的には、モデルオブジェクトは、そのデータを表示するビュー·オブジェクトへの明示的な接続を何も持つべきでなく、ユーザーにはそのデータの編集を許可し、ユーザー·インタフェースおよびプレゼンテーションの問題に関係してはいけません。


コミュニケーション:データを作成したり、修正したりするビューレイヤーのユーザーアクションは、コントローラオブジェクトを介して通信され、モデルオブジェクトの作成または更新ができます。モデル·オブジェクトが変更する(例えば、新しいデータがネットワーク接続を介して受信される) 場合には、適切なビュー·オブジェクトを更新するコントローラオブジェクトに通知します。


ビュー・オブジェクト


ビュー·オブジェクトは、ユーザーが見ることができる、アプリ内のオブジェクトです。ビューオブジェクトは、それ自身を描画する方法を知っており、ユーザのアクションに応答できます。ビュー・オブジェクトの主な目的は、アプリのモデルオブジェクトのデータを表示し、そのデータの編集を可能にすることです。それにもかかわらず、ビューオブジェクトは通常、MVC アプリではモデルオブジェクトから切り離されています。


一般的に再利用し、それらを再構成しているので、ビュー・オブジェクトは、アプリ間の一貫性を提供します。UIKit と AppKit 両方のフレームワークは、ビュー・クラスのコレクションを提供し、Interface Builder は、ライブラリー内に何十ものビューオブジェクトを提供しています。


コミュニケーション(通信):ビュー・オブジェクトは、アプリのコントローラ・オブジェクトを介してモデルデータの変化について学び、ユーザーが起こした変化を通信し、たとえば、テキストフィールドに入力したテキストは、アプリのモデルオブジェクトへとコントローラ・オブジェクトを介して​​行います。



コントローラオブジェクト


コントローラ・オブジェクトは、1つ以上のアプリのビュー·オブジェクトおよびその1つ以上のモデルオブジェクトとの間の媒介として働きます。コントローラ・オブジェクトは、このように、ビュー·オブジェクトが、モデルオブジェクトの変化について学ぶ、それを通しての導管であり、その逆も言えます。コントローラ・オブジェクトはまた、アプリの設定と調整タスクを実行し、他のオブジェクトのライフサイクルを管理します。


コミュニケーション(通信):コントローラオブジェクトはビューオブジェクトで行われたユーザーアクションを解釈し、モデル層に、新規または変更されたデータを通信します。モデルオブジェクトが変更されると、コントローラオブジェクトはビューオブジェクトにそれらが表示できるように、新しいモデルデータを通信します。


前提条件の記事

メッセージ


関連記事

モデルオブジェクト

コントローラーオブジェクト


既出の議論

ココア基礎ガイドモデル - ビュー - コントローラ






次の章
前の章
目次
Xcode 9 の新機能

インターフェースビルダー ヘルプ
NSObject(class)
概要(NSObject,class)

  • アクセシビリティ
  • VoiceOver での作業
  • アクセサメソッド
  • 命名規則
  • アプリ ID
  • 明示的なアプリ ID は、一つのアプリに一致
    ワイルドカードアプリ ID は複数のアプリに一致
    アプリコード署名
  • ブロックオブジェクト
  • ブロックの宣言
    ブロックの作成
    変更可能なブロックの変数
    ブロックを使用する
    比較演算
  • バンドル
  • バンドルの構造と内容 バンドルリソースへのアクセス
    ロード可能なバンドル
  • カテゴリ
  • 宣言
    実装
  • クラスクラスタ
  • 利点
    検討事項
  • クラスの定義
  • インターフェース
    実装(Implementation)
  • クラスメソッド
  • サブクラス
    インスタンス変数
    self
  • ココア(タッチ)、Cocoa(Touch)
  • フレームワーク(Framework)
    言語
    コーディング規則
  • コレクション(Collection)
  • コレクションクラス
    順序付けスキーム
  • コントローラーオブジェクト
  • コントローラの調整
    ビューコントローラ
    仲介コントローラ(OS X)
    宣言されたプロパティ
  • デリゲート(Delegate)
  • デリゲートとココアフレームワーク
    デリゲートと通知
    データソース
    動的バインディング
  • 動的型付け
  • isa ポインタ
  • 列挙
  • NSEnumerator
    高速列挙
  • 例外処理
  • 例外の種類
    コンパイラディレクティブを使用した例外処理
    信号伝達のエラー
    フレームワーク
    情報プロパティリスト
  • 初期化
  • イニシャライザ宣言の型
    初期化子を実装
    国際化
  • 内観(イントロスペクション)
  • イントロスペクション情報の種類
  • キー値コーディング
  • オブジェクトのプロパティと KVC
    クラスを KVC に準拠させる
  • キー値監視
  • KVO の実装
    KVO はバインディングの不可欠な部分(OS X)
  • メモリ管理
  • メモリ管理の規則
    メモリ管理の側面
    メッセージ
    メソッドのオーバーライド
  • モデルオブジェクト
  • うまく設計されたモデルクラス
  • モデル・ビュー・コントローラ
  • モデルオブジェクト
    ビュー・オブジェクト
    コントローラオブジェクト
  • 複数のイニシャライザ
  • 指定イニシャライザ
    Nib ファイル
  • 通知
  • 通知オブジェクト
    通知を観察する
    通知を投稿
  • アーカイブ
  • 鍵付き連続アーカイバ
    鍵付きアーカイブの作成とデコード
  • オブジェクトの比較
  • 比較ロジックを実装する
  • オブジェクトのコピー
  • オブジェクトコピーのための要件
    メモリ管理への影響
  • オブジェクト作成
  • オブジェクト作成式の形式
    メモリ管理への影響
    ファクトリメソッド
  • オブジェクトの暗号化
  • オブジェクトの暗号化と復号化する方法
    キー付き対連続的アーカイブ
    オブジェクトグラフ
    オブジェクトのライフサイクル
    オブジェクトモデリング
  • オブジェクト可変性(mutability)
  • 可変オブジェクトを受け取る
    可変オブジェクトを格納
    オブジェクトの所有権
    Objective-C
  • プロパティ(特性)リスト
  • プロパティリストの型とオブジェクト
    プロパティリストのベストプラクティス
    プロパティリストのシリアライズ
  • プロトコル
  • 公式、非公式なプロトコル
    正式なプロトコルを採用、準拠
    独自のプロトコルを作成
    ルートクラス
  • セレクタ
  • セレクタの取得
    セレクタの使用
    シングルトン
  • 統一された型の ID
  • UTI は逆ドメイン·ネーム·システム規則を使用
    統一された型 ID は適合階層で宣言
    OS X のアプリは、アプリバンドルでそれらを定義して新しい UTIを追加
  • 値オブジェクト
  • NSValue