Core Graphics


フレームワーク


Core Graphics


Quartz テクノロジーの力を活用して、Hi-Fi 出力で軽量の 2D レンダリングを実行します。パス(path) に基礎を置いた描画、アンチエイリアスレンダリング、グラデーション、イメージ、カラーマネージメント、PDF ドキュメントなどを処理します。





概観


Core Graphics フレームワークは、Quartz の高度な描画エンジンに基づいています。比類のない出力忠実度を備えた低レベル、軽量 2D レンダリングを提供します。このフレームワークを使用して、パス(path) に基礎を置いた描画、変換、カラーマネジメント、オフスクリーンレンダリング、パターン、グラデーションおよびシェーディング、イメージデータ管理、イメージ作成、イメージマスキング、PDF ドキュメントの作成、表示、および解析を処理します。


macOS では、Core Graphics は、ディスプレイハードウェア、低レベルユーザ入力イベント、およびウィンドウシステムを扱うためのサービスも含まれています。


シンボル




幾何学的データ型





2D 描画





カラーとフォント





PDF 文書の操作





ユーティリティとサポートのクラス





サービス





参照





拡張型





列挙型


以下も見よ




関連した文書





目次
Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift     Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.8+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 概観
  • シンボル












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)