Core Graphics   >     CGFont


クラス


CGFont


文字グリフのセットと描画テキストのレイアウト情報。





概観


グリフは、単一の文字( 'b' など)、複数の文字("fi" の合字など)、またはスペースなどの特殊文字を表すことができます。Core Graphics は、ATS(Apple Type Services) からフォント用のグリフを取り出し、現在のグラフィックス状態の関連パラメータに基づいてグリフをペイントします。


Core Graphics は、テキストを描画するための限定された、低レベルのインターフェイスを提供します。テキスト描画関数についての詳細は、CGContext を参照してください。完全な Unicode およびテキストレイアウトのサポートについては、TextKit が提供するサービスを使用してください。


シンボル




フォントオブジェクトの作成





フォントメタデータの検査





フォントメトリックの検査





PostScript フォントの操作





フォントの表の操作





バリエーションの操作





グリフの操作





Core Foundation 型の操作





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 概観
  • シンボル












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)