Core Graphics   >     CGContext   > clip(using:)


インスタンスメソッド


clip(using:)


現在のクリッピングパスを変更します。





宣言


func clip(using rule: CGPathFillRule = default)

パラメータ


ruleパスの内部として扱う領域を決定するためのルール。CGPathFillRule を参照してください。

このパラメータは、指定されていない場合はデフォルトでは winding ルールになります。

議論


クリッピングパスはペイント可能領域を制限します。ペイント操作は、クリッピングパスの内部の領域に対してのみ有効です。このメソッドは、指定されたルールを使用して、現在のパスと現在のクリッピングパスの交差を計算します。交差から生じるパスは、後続のペイント操作のための新しい現在のクリッピングパスとして使用されます。


現在のパスに閉じられていないサブパスが含まれている場合、このメソッドは各サブパスを closePath() メソッドで閉じたかのように処理し、指定されたルールを適用して塗りつぶす領域を決定します。


新しいクリッピングパスを決定した後、このメソッドはコンテキストの現在のパスをクリアします。


現在のパスとは異なり、現在のクリッピングパスはグラフィックス状態の一部です。そのため、クリッピングパスを以前の状態に戻してペイント可能領域を再拡大するには、グラフィックス状態を保存してから、クリップされた図面を完成した後でグラフィックス状態を復元する必要があります。





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDKs
  • iOS 10.0+
    macOS 10.12+
    tvOS 10.0+
    watchOS 3.0+
  • 宣言
  • パラメータ
  • 議論












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)