Core Graphics   >     CGColor


クラス


CGColor


色を定義するコンポーネントのセットで、色を解釈する方法を指定する色空間。





概観


CGColor は、Core Graphics により色を表現するために内部的に使用する基本的なデータ型です。CGColor オブジェクト、およびそれらを操作する関数は、色、特に、再利用される色を直接管理し設定するための迅速かつ便利な方法を提供します。(テキストの場合は黒色)。


カラーオブジェクトには、色を一意に定義する成分(赤、緑、青など) と、それらの成分の解釈方法を指定する色空間が含まれます。


カラーオブジェクトは、色、特に繰り返し使用される色を管理し設定するための、迅速かつ便利な方法を提供します。描画操作では、塗りつぶしやストロークの色を設定したり、アルファを管理したり、パターンで色を設定したりするために、カラーオブジェクトを使用します。


CGColor は、CFTypeRef から派生し、すべての Core Foundation 型に共通するプロパティを継承します。


シンボル




色の作成





システム色の取得





色の検査





色空間同士の変換





Core Foundation での操作





型プロパティー


関連




以下に準拠


Equatable





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 8.0+
    macOS 10.10+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 概観
  • シンボル












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)