Core Graphics   >     CGDataProvider


クラス


CGDataProvider


生のメモリバッファを管理する必要性を排除するデータ読み込みタスクの抽象化。





概観


一部の Core Graphics ルーチンは、プログラムにデータのブロックを供給します。CGDataProviderRef 型のデータプロバイダオブジェクトは、生のメモリバッファを読み込むのではなく、Core Graphics 関数にデータを供給することができます。


CGDataProviderRefCFTypeRef から派生し、すべての Core Foundation 型に共通するプロパティを継承します。


シンボル




シーケンシャルアクセスデータプロバイダの作成





ダイレクトアクセスデータプロバイダの作成





データプロバイダからデータを取得





Core Foundation の操作





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 概観
  • シンボル












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)