Core Graphics   >     CGAffineTransform


構造体


CGAffineTransform


2D グラフィックスの描画に使用するアフィン変換行列。





概観


アフィン変換行列は、グラフィックスコンテキストで描画するオブジェクトを回転、拡大縮小、平行移動、または傾斜させるために使用されます。CGAffineTransform 型は、アフィン変換を作成、連結、適用するための関数を提供します。


アフィン変換は 3×3 の行列で表されます。


図 1


CGAf-001

3 番目の列は常に (0,0,1) なので、CGAffineTransform データ構造体には最初の 2 つの列の値だけが含まれます。


概念的には、アファイン変換は、図の各点(x、y) を表す行ベクトルにこの行列を乗算し、対応する点(x'、y') を表すベクトルを生成します。


図 2


CGAf-002

3×3 の行列が与えられると、ある座標系の点(x、y) を別の座標系の点(x'、y') に変換するために以下の式が使用されます。


図 3


CGAf-003

このため、行列は 2 つの座標系を"リンク" します。これは、ある座標系の点が別の座標系にどのようにマップするかを指定します。


通常は、アフィン変換を直接作成する必要はありません。たとえば、拡大縮小または回転されたオブジェクトを描画するだけでよい場合は、アフィン変換を構築する必要はありません。移動、拡大縮小、回転を問わず、描画を操作する最も直接的な方法は、translateBy(x:y:)scaleBy(x:y:)、または rotate(by:) の各関数を呼び出すことです。後で再利用したい場合は、アフィン変換を作成するのが一般的です。


シンボル





イニシャライザ





インスタンスプロパティー





型プロパティー





インスタンスメソッド


関連




以下に準拠


Equatable





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 8.1+
    macOS 10.10+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 概観
  • シンボル












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)