Core Graphics   >     Quartz Event Services


Quartz Event Services


イベントタップ を管理するための機能を提供します。これは、macOSで低レベルのユーザー入力イベントのストリームを監視および変更するためのフィルタです。





概観


イベントタップを使用すると、フォアグラウンドアプリケーションへの配信前に、システム内の複数のポイントから入力イベントを監視およびフィルタリングすることができます。イベントタップは、アプリケーションが他のプロセスに渡された入力イベントを監視することを可能にする Carbon イベント監視メカニズムの機能を補完し、拡張します(関数 GetEventMonitorTarget() を参照して下さい)。


イベントタップは、セクション 508イネーブルテクノロジとして機能するように設計されています。たとえば、話されたレビューでキーボードのフィルタリングを行うように設計された、言語障害のある人を支援するソフトウェアシステムを考えてみましょう。このようなシステムでは、イベントタップを使用してすべてのキーストロークを監視し、辞書のチェックと一致を実行し、入力ストリーム内の単語区切りを検出したときに、組み立てられた単語をユーザに復唱することができます。追加の入力キーストロークまたは他のジェスチャーによって示されるように、ユーザが受け入れ可能である場合、イベントはフォアグラウンドアプリケーションへの配信のためにシステムにポストされます。


OS X バージョン 10.4 で導入されたイベントタップは、コンテキスト外のイベントフックと SendInput を確立するために使用されるとき、Win32 関数の SetWinEventHook と同様の機能を提供します。クォーツ・イベント・サービスには、また CGRemoteOperation.h ファイルで宣言されている一連の古いイベント関連の関数も含まれています。これらの関数は引き続きサポートされていますが、新しい開発には推奨されません。


シンボル




イベントの操作





イベントタップの操作





イベントソースの操作





呼び出し関数





データ型





定数





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • 概観
  • シンボル












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)