Core Graphics   >     CGContext   > fillPath(using:)


インスタンスメソッド


fillPath(using:)


指定された塗りつぶし規則によって決定されるように、現在のパス内の領域をペイントします。





宣言


func fillPath(using rule: CGPathFillRule = default)

パラメータ


ruleパスの内部として扱う領域を決定するためのルール。CGPathFillRule を参照してください。

このパラメータは、指定されていない場合はデフォルトで winding ルールになります。

議論


現在のパスに、閉じられていないサブパスが含まれている場合、このメソッドは各サブパスを closePath() メソッドで閉じられたかのように処理し、指定されたルールを適用して塗りつぶす領域を決定します。


パスを塗りつぶすと、このメソッドはコンテキストの現在のパスをクリアします。





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 10.0+
    macOS 10.12+
    tvOS 10.0+
    watchOS 3.0+
  • 宣言
  • パラメータ
  • 議論












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)