Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリの配布


Apple 開発者エンタープライズプログラムでは、あなたの従業員に、ストアの外で配布することができる独自の、社内の iOS、および watchOS のアプリを開発することができます。


あなたが Apple 開発者エンタープライズプログラムのメンバーでない場合は、参加するために Apple 開発者エンタープライズプログラム にアクセスしてください。



注意: Apple 開発者エンタープライズプログラムの会員も、Mac App Store 外でのアプリの配布 で記載したように開発者 ID 証明書を作成することができます。



Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリの開発


Apple 開発者エンタープライズプログラムのアプリを開発するためのワークフローは、ストアに複数のアプリを開発する、全ての大規模な組織が使用するワークフローに似ています。開発中は、Xcode にあなたのアセットを管理できるようにし、必要な時のみ会員センターを使用して下さい。Xcode はあなたのアプリ ID を作成し、有効にしたアプリのサービスを使用するように正しくプロジェクトを構成します。


あなたのチームをビルドする(チームエージェント)


あなたがチームエージェント (アップル開発者エンタープライズプログラムに参加した者) であれば、初めにチームメンバーを招待し、役割を割り当てることにより、あなたのチームをビルドして下さい。あなたのチームの管理に役立つ人々にチームの管理の役割を割り当てましょう。あなたのアプリを開発しても、それを配布する権限を持っていない人にチームメンバーの役割を割り当てます。チームエージェントとチーム管理者はストアの外で配布するためのアプリをエクスポートする責任があります。チームエージェントが実行できるタスクは、チームの管理者が実行できるタスクのスーパーセットです。最初に、チームのエージェントは、唯一のチームメンバーです。他のメンバーを招待するには、チームメンバーを招聘し役割を割り当てる を読んでください。


あなたのチームを管理する方法を学習するには、会員センターでのチームの管理 をお読みください。


共有したチームプロビジョニングプロファイルの作成 (チーム管理者)


あなたがチームの管理者であれば、あなたの開発チームを有効にするには、次の手順を実行します。


  1. チームプロビジョニングプロファイルを作成し、機能を有効にします。

  2. チームプロビジョニングプロファイルを作成し、配布用に Xcode のプロジェクトを構成 や >機能の追加 で説明したように、機能を有効にするには、個々の開発者と同じ手順に従ってください。Xcode はあなたのために適切なアプリ ID およびプロビジョニングプロファイルを自動的に作成します。APNs を使用したい場合は、追加の手順については、プッシュ通知の構成 をお読みください。エンタープライズ・アプリで利用可能な機能については、サポートされている機能 をお読みください。


  3. 必要に応じて、テスト用デバイスを登録します。

  4. Xcode はチームメンバーによりスキーム・ツールバーメニューから選択され、Mac に接続したデバイスを自動的に登録します。



重要: 各チームメンバーは、自分自身の Apple ID と開発証明書を持っている必要があります。チームメンバーの間で署名 ID を共有しないでください。



必要に応じて、チーム管理者は、チームメンバーを削除できます。アプリを開発するために請負業者を使用する場合は、あなたのチームに参加し、彼らにチームメンバーの役割を割り当てるため彼らを招聘します。彼らの契約が終了すると、チームメンバーの削除 で説明したように、あなたのチームから彼らを削除します。


開発の開始(チームメンバー)


あなたがチームメンバーである場合、以下の手順を実行して、始めることができます。


  1. Xcode で、Xcode に Apple ID アカウントを追加 で説明したように、アカウントの環境設定にあなたの Apple ID を追加します。
  2. あなたの開発用証明書を作成し、デバイスを登録するには、配布用に Xcode のプロジェクトを構成 の手順に従ってください。

  3. チームのポップアップメニューから Apple 開発者エンタープライズプログラムのメンバーであるチームを選択して下さい。Xcode は再生成し、必要に応じてチームのプロビジョニングプロファイルをダウンロードします。


Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリのテスト


ベータテストのため Xcode から Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリをエクスポートするために、アプリのアーカイブ で説明したように、アドホックプロビジョニングプロファイルを使用します。チームのエージェントとチームの管理者だけが、配布のためのアドホックプロビジョニングプロファイルを作成できます。あなたのアプリをエクスポートした後、テスターや他のチームメンバーに配布するために Xcode サーバーを使用することを検討してください。Xcodeの サーバーを使用する詳細については、Xcode サーバーおよび継続的統合ガイド を参照してください。



重要: Apple 開発者エンタープライズプログラムのメンバーとして、あなたは、iTunes Connect のアカウントや iTunes Connect を使用してベータテストのためにアプリを配布する機能は持っていません。



追加のエンタープライズ配布証明書の作成


Apple 開発者エンタープライズプログラムのメンバーとして、あなたは複数の配布証明書を作成することが許されています。


別の配布証明書を作成するには


  1. 証明書、ID とプロファイル で、[証明書(Certificates)] を選択します。
  2. 右上隅にある[追加] ボタン (+) をクリックします。
  3. [プロダクト(Product)] の下で、"社内でアドホック" を選択し、[続行(Continue)] をクリックします。

  4. 14_request_distribution_certificate_2x


  5. キーチェーンアクセスを使用して証明書署名要求(CSR) を作成する指示に従い、[続行(Continue)] をクリックします。
  6. [ファイルを選択(Choose File)] をクリックします。
  7. (.certSigningRequest 拡張子を持つ) CSR ファイルを選択し、[選択(Choose)] をクリックします。
  8. [生成(Generate)] をクリックします。
  9. [ダウンロード(Download)] をクリックします。

  10. 証明書ファイルが、ダウンロードフォルダに表示されます。


キーチェーンに証明書をインストールするには、(.cer 拡張子を持つ) ダウンロードした証明書ファイルをダブルクリックします。配布証明書は、キーチェーンアクセス内の[私の証明書(My Certificates)] カテゴリに表示されます。


期限切れの証明書とプロビジョニング・プロファイルの管理


あなたのチームの証明書とプロビジョニングプロファイルの管理にあなたは責任があります。3年過ぎると Apple 開発者エンタープライズプログラム証明書は期限切れになり、プロビジョニング・プロファイルは1年後に期限切れになります。


配布証明書の有効期限が切れる前に、追加のエンタープライズ配布証明書の作成 で説明したように、追加の配布証明書を作成して下さい。期限切れの証明書を更新することはできません。代わりに、期限切れの証明書の交換 で説明したように、新しい証明書で期限切れの証明書を置き換えます。


配布プロビジョニングプロファイル証明書が期限切れになったら、有効な配布証明書を持っていることを確認し、期限切れのプロビジョニングプロファイルの更新 で説明したように、プロビジョニングプロファイルを更新します。


Xcode はあなたのために開発証明書とチームプロビジョニングプロファイルを管理します。


あなたのアプリの社内でのエクスポート


あなたの従業員にストアの外で流通のためにアプリをエクスポートするには:


  1. あなたのアプリをアーカイブします。
  2. iOS アプリ のファイルとしてアーカイブ (.ipa ファイル名の拡張子を持つファイル) をエクスポートします。


注意: あなたがモバイルデバイス管理 (MDM) システムを使用してアプリを配布しない場合、ユーザーは、iOS アプリのファイルを使用して、アプリをインストールすることができますが、その後、彼らは、手動でエンタープライズ開発者を信頼 で説明したように、アプリを起動するためにあなたの会社を手動で信頼する必要があります。



アーカイブの作成


あなたが選択した配布方法の型に関係なく、あなたのアプリのアーカイブを作成します。Xcode のアーカイブは、あなたのアプリをビルドし保存する事を許可し、Xcode によって管理されたバンドルで、重要なデバッグ情報と一緒に、それを保存できます。



重要: あなたが配布するアプリのすべてのバージョンのアーカイブを保存して下さい。後でクラッシュレポートを解読するため、アーカイブに保存されたデバッグ情報を必要とします。



アーカイブを作成するには


  1. Xcode プロジェクトエディタで、汎用デバイスまたはスキームのツールバーメニューからデバイス名を選択します。

  2. シミュレータでのビルドのアーカイブを作成することはできません。デバイスがあなたの Mac に接続されている場合、デバイス名はスキームのツールバーメニューに表示されます。それ以外の場合は、汎用デバイスを選択します。


  3. [製品(Product)] > [アーカイブ(Archive)] を選択してください。

  4. アーカイブオーガナイザが表示され、新しいアーカイブが表示されます。


Xcode はアーカイブに関する予備的検証テストを実行し、プロジェクトエディタで検証警告を表示することがあります。例えば、必要なアプリのアイコンを設定しない場合、Info.plist の警告メッセージが、個々のアプリアイコンと起動イメージファイルを設定 で説明したように、表示されます。この警告が表示された場合、問題を修正し、再びアーカイブを作成します。


iOS アプリのファイルの作成


ユーザーが自分のデバイス上にアプリをインストールできるようにするには、iOS アプリのファイルを作成して下さい。アーカイブから iOS アプリのファイル (.ipa ファイル名の拡張子を持つファイル) を生成して下さい。アプリをエクスポートするときに Xcode は自動的に必要な配布証明書とプロビジョニングプロファイルを作成します。


配布用の iOS アプリのファイルを作成するには


  1. アーカイブオーガナイザで、アーカイブを選択します。
  2. [エクスポート(Export)] ボタンをクリックし、"エンタープライズ展開のため保存" を選び、[次へ(Next)] をクリックします。

  3. 14_save_for_enterprise_deployment_2x


  4. 表示されるダイアログで、ポップアップメニューからチームを選択し、[選択(Choose)] をクリックします。

  5. 必要であれば、Xcode はあなたの配布証明書、プロビジョニング・プロファイル、および明示的なアプリ ID を作成します。


  6. [デバイスのサポート(Device Support)] ダイアログで、ユニバーサルアプリまたは特定のデバイスのためのバリアントをエクスポートするかどうかを選択し、[次へ(Next)] をクリックします。

    • サポートされている全てのデバイス上でアプリを実行したい場合は、"互換性のあるすべてのデバイス用のアプリを1つエクスポート" を選択します。
    • すべてのデバイスのバリアントをテストしたい場合は、"特定のデバイス用のエクスポート" を選択し、ポップアップメニューから"すべての互換性のあるデバイスのバリアント" を選択します。
    • 特定のデバイスのバリアントをテスト選択したい場合は、"特定のデバイス用の軽量化したアプリをエクスポート" を選択し、ポップアップメニューからデバイスファミリを選択します。

    14_save_for_enterprise_deployment_2_2x


  7. 表示されるダイアログで、アプリ、その資格、およびプロビジョニングプロファイルを確認します。

  8. ワイルドカード・アプリ ID を使用してエンタープライズアプリを配布することはできません。配布プロビジョニングプロファイルの名前はテキスト XC で始まり、アプリ ID が続きます。ワイルドカードアプリ ID を使用している場合は、配布プロビジョニングプロファイルの名前は XC:* です。


    Finder が .ipa の拡張子を持っているエクスポートされたファイルを表示します。


手動でエンタープライズ開発者を信頼


ユーザーに iOS アプリのファイルを送信し、彼らが手動でデバイスにインストールした場合、彼らはまた、アプリを起動する前に、手動であなたの組織を信頼しなければなりません。あなたの組織を信頼する手順は、次のとおりにユーザーに指示して下さい。



注意: インターネット接続は、エンタープライズ開発者を信頼するのに必要です。ファイアウォールの内側であれば、https://ppq.apple.com への接続を許可するように構成されたことを確認してください。



エンタープライズ開発者を信頼するには


  1. デバイス上で、アプリを起動し、表示された"信頼されないエンタープライズ開発者" ダイアログで、[キャンセル(Cancel)] をクリックします。

  2. このステップでは、設定にデバイス管理を追加します。


  3. [設定(Settings)] > [一般(General)] > [デバイス管理(Device Management)] をタップします。


  4. 注意: プロファイルが、あなたのデバイスにインストールされている場合は、設定はプロファイル&デバイス管理と呼ばれます。



    14_enterprise_developer1_2x


  5. エンタープライズアプリの下で、組織名をタップします。
  6. [組織名] を信頼する(Trust "[Organization Name]") をタップします。

  7. 14_enterprise_developer2_2x


  8. 表示されるダイアログで、[信頼する(Trust)] をタップします。


  9. 注意: インターネットに接続されていない場合は、"未確認" のメッセージが表示されます。インターネットにデバイスを接続し、[アプリを確認(Verify App)] ボタンをタップします。



エンタープライズ開発者を信頼しないためには、[設定(Settings)] > [一般(General)] > [デバイス管理(Device Management)] > [組織名(Organization Name)] と移動し、組織からすべてのアプリを削除して下さい。


Mac への Xcode のインスストールを必要とすることなく、エンタープライズアプリを手動でインストールするには、iTunes を使ってテストデバイスにアプリをインストール (iOS、watchOS) と、Apple コンフィギュレータ2 (iOS、watchOS、tvOS) を使用してテストデバイスにアプリをインストール をお読みください。


サーバーツールについて詳しく知る


大規模なソフトウェア開発チームをサポートする Xcode サーバーのツールを利用してください。


以下について学ぶお読み下さい
継続的統合
ビルド、分析、テストを自動化し、あなたのアプリをアーカイブするため OS X サーバー上で実行している、Xcode のサービスを使用します。
Xcode サーバーと継続的統合ガイド
自動化テスト
Xcode サービスで実行できるテストを設定します。
Xcode でのテスト
サーバー上のホストのソース制御リポジトリ
リモートリポジトリに接続するために、Xcode のサービスを使用します。
Xcode サーバーと継続的統合ガイド
ソースコントロール管理のヘルプ
モバイルデバイス管理
ビジネスや教育のアプリを展開するために MDM を使用してください。
http://www.apple.com/support/iphone/enterprise/ に移動し、左側の列で、[モバイルデバイスの管理(Mobile Device Management)] をクリックします。


総括


この章では、Apple 開発者エンタープライズプログラムのメンバーのための開発と配布の手順のバリエーションを学びました。あなたのチームをビルドし、チームの共有アセットを作成し、テストのためにアプリをエクスポートし、後で、ストアの外で配布するためにアプリをエクスポートする方法を学びました。






前の章
次の章
目次
Introduction 序文
XCode 5.0 新機能
====================
  • アプリの配布について:序文
  • アプリの軽量化(iOS、tvOS、watchOS)
  • スライス(iOS、tvOS)
    ビットコード
    オンデマンド・リソース(iOS、tvOS)
  • アカウントの管理
  • Apple 開発者プログラムについて
    個人または企業としての登録を選択
    複数のチームに参加できます
    Xcode に Apple ID アカウントを追加
    総括
  • 配布用に Xcode のプロジェクトを構成
  • Xcode プロジェクトを作成する際のプロパティの設定
    プロジェクトの構成を開始する前に
  • ID とチーム設定の構成
  • バンドル ID について
    バンドル ID の設定
    署名 ID の選択(Mac)
    チームに Xcode プロジェクトの割り当て
    チーム・プロビジョニング·プロファイルの作成
    アプリのカテゴリの設定(Mac)
    バージョン番号とビルド文字列を設定
  • 展開情報の設定
  • 展開ターゲットの設定
    ターゲット・デバイスの設定(iOS、watchOS)
  • アプリアイコンと起動スクリーンファイルの追加
  • 画像の準備
    アセットカタログにアプリアイコンを追加
    起動スクリーンファイルの作成
    起動イメージの追加とスクリーンショットのキャプチャ
    個々のアプリアイコンと起動イメージファイルを設定
    アセットカタログにイメージを移行
    著作キーの設定(Mac)
  • ビルド設定の確認
  • iOS アプリのアーキテクチャを設定
    ベース SDK を設定する
    デバッグ情報の形式を設定
    総括
  • 機能の追加
  • 資格について
    始める前に
    アプリ・サンドボックスの設定(Mac)
  • iCloud サポートの追加
  • iCloud を有効にする
    キー値の保管の構成
    書類の保管の構成
    CloudKit を使用
    カスタムコンテナの指定
  • プッシュ通知の構成
  • プッシュ通知を有効に
    プッシュ通知クライアントの SSL 証明書の作成
    手順の確認
  • サーバーでクライアントの SSL 署名 ID のインストール
  • ゲームセンターを有効にする(iOS、tvOS、Mac)
    ゲームコントローラを有効にする(tvOS)
    ウォレットの構成 (iOS、WatchKit 拡張機能)
  • Apple ペイの構成 (iOS、WatchKit 拡張機能)
  • アプリ内購入を有効にする(iOS、tvOS、Mac)
    パーソナル VPN を有効にする (iOS、Mac)
  • マップの構成(iOS、WatchKit 機能拡張、Mac)
  • Xcode でマップを有効化
    ルーティングアプリの構成 (iOS、WatchKit 機能拡張)
    ルーティング方向を提供
    iTunes Connect でアプリレコードの作成
    ストアにビルドを提出
    iTunes Connect に地理的範囲ファイルのアップロード
  • 背景モードの構成 (iOS、tvOS、WatchKit アプリ)
  • アプリ内オーディオを有効にする (iOS)
  • キーチェーン共有の構成
  • 関連ドメインの構成 (iOS、WatchKit 拡張機能)
  • アプリグループの構成
    HomeKit 追加 (iOS、WatchKit 拡張機能)
    データ保護を有効にする (iOS、WatchKit 機能拡張、tvOS)
    HealthKit の追加 (iOS、WatchKit 機能拡張)
    無線アクセサリー構成の有効化 (iOS)
    ニューススタンドの構成(iOS、WatchKit 拡張機能)
    トラブルシューティング
    総括
  • デバイス上でアプリを起動
  • Mac アプリの起動
    デバイス上でアプリの起動(iOS、tvOS、watchOS)
    スキームメニューからデバイスを削除
    デバイスからアプリを削除(iOS、tvOS、watchOS)
    手順の確認
    トラブルシューティング
    チームのプロビジョニングプロファイルをより詳しく
    総括
  • テストの為アプリをエクスポート(iOS、tvOS、watchOS)
  • 臨時のプロビジョニングプロファイルについて
    テストデバイスの登録
    アプリのアーカイブ
    ストア外でのテスト用にアプリをエクスポート
  • Xcode を使ってテストデバイスにアプリをインストール
  • iTunes を使ってテストデバイスにアプリをインストール (iOS、watchOS)
    Apple コンフィギュレータ2 (iOS、watchOS、tvOS) を使用してテストデバイスにアプリをインストール
    Xcode サーバーを使ってアプリの配布
    テスターからのクラッシュレポートを勧誘
    臨時のプロビジョニングプロファイルをより詳しく
    総括
  • テストのためアプリをエクスポート (Mac)
    テスト用 Mac の登録
    アプリのアーカイブ
    チームプロビジョニングプロファイルを使ってアプリをエクスポート
    テスト用 Mac 上にアプリをインストール
    Mac のインストーラパッケージをテスト
    インストーラパッケージを作成
    インストーラパッケージをテスト
  • iTunes Connect にアプリをアップロード
    ストアのプロビジョニングプロファイルについて
    iTunes Connect でアプリレコードの作成
    バージョンとビルド文字列を更新
  • アプリをアーカイブ
  • アーカイブスキーム設定の確認
    アーカイブの作成
    iTunes Connect の検証テストの実行
    アプリをアップロード
  • TestFlight を使ったアプリの配布 (iOS、tvOS、watchOS)
  • クラッシュレポートの分析
  • クラッシュレポートサービスについて
    クラッシュレポートを表示する前に
  • クラッシュオーガナイザでクラッシュレポートの表示
  • クラッシュレポートの表示と検索
    クラッシュレポートの情報を編集
  • デバッグナビゲータでソースコードを開く
    クラッシュレポートの統計情報の表示
  • アプリ開発者とクラッシュデータの共有
  • デバイスウィンドウでクラッシュの表示とインポート
    Xcode でクラッシュの再現
  • ストアにアプリの提出
    提出用のアプリを用意
    ヒューマンインタフェースとストアガイドラインを確認
    iTunes Connect に追加情報を入力
    最終候補をアップロード
    アプリを提出
    総括
  • iTunes Connect でアプリの管理
  • iTunes Connect のユーザーの役割と権限について
    iTunes Connect へのアクセス
    iTunes Connect のユーザーの追加と役割の表示
    アプリレコードの作成
    iOS のアプリレコードに tvOS アプリを追加
    アプリのステータスの表示
    分析を表示
    カスタマーレビューの表示
    アプリの新しいバージョンを作成する
    総括
  • 会員センターでのチームの管理
  • Apple デベロッパプログラムのチームの役割と権限
  • チームの役割
    チームの特権
    チームのエージェント
  • チームメンバーを招聘し役割を割り当てる
  • チームメンバーを招聘する
    チームの役割を変更
    チームメンバーのデバイスを登録
    チームエージェントの役割を移動
    チームメンバーの削除
  • 署名 ID と証明書を維持する
  • 署名 ID と証明書について
    署名 ID とプロビジョニングプロファイルの表示
  • 署名 ID の作成
  • 手順の確認
  • 会員センターを使用し確認
    キーチェーンアクセスを使用し確認
    トラブルシューティング
    開発者 ID 証明書の追加作成
    なくなった中間証明権限をインストール
  • 証明書とプロファイルのエクスポートとインポート
    開発者プロファイルをエクスポート
    選択した証明書のエクスポート
    開発者プロファイルをインポート
    キーチェーンから署名 ID を削除
  • 証明書の破棄
  • 破棄する特権
    Xcode を使用して開発証明書のリセット
    会員センターを使用して証明書の破棄
    期限切れの証明書の交換
    証明書を再作成し関連するプロビジョニングプロファイルの更新
    プッシュ通知クライアントの SSL証明書の作成
  • コード署名 ID ビルドを設定する
  • トラブルシューティング
    署名証明書を詳しく
    総括
  • ID、デバイス、プロファイルの維持
  • アプリ ID の登録
    アプリ ID の編集
    アプリ ID の削除
    チーム ID を検索する
  • 会員センターを使用してデバイスを登録する
  • デバイス ID の検索
  • Xcode を使用してデバイス ID を検索
    iTunes を使って iOS のデバイス IDを検索(iOS,tvOS)
    システム情報を使用してデバイス ID 検索(iOS,tvOS,Mac)
    個々のデバイスを登録
  • 複数のデバイスを登録
  • Apple コンフィギュレータを使用してプロパティリストのデバイスファイルを作成
    プレインテキストのデバイスファイルの作成
    デバイスファイルのアップロード
    あなたの iOS または Apple TV デバイスにプレリリースのインストール
    会員センターを使ってデバイスを無効/有効にする
    デバイス上のアプリの管理
    デバイスからアプリの削除
    会員センターを使用してプロビジョニングプロファイルの作成
    開発用プロビジョニング・プロファイルの作成
    アドホック・プロビジョニング・プロファイルの作成(iOS、tvOS、watchOS)
    ストアのプロビジョニングプロファイルの作成
    Xcode でプロビジョニングプロファイルのダウンロード
    カスタム・プロビジョニング・プロファイルの使用
    トラブルシューティング
    Xcode 管理のプロビジョニング・プロファイルへの移行
    会員センターでプロビジョニングプロファイル編集
    期限切れのプロビジョニングプロファイルの更新
    デバイス上のプロビジョニングプロファイルの確認と削除
    会員センターからプロビジョニングプロファイルを削除
    会員センターからプロビジョニングプロファイルをダウンロード
    アプリのバイナリ資格の確認
    総括
    Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリの配布
    Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリの開発
    あなたのチームをビルドする(チームエージェント)
    共有したチームプロビジョニングプロファイルの作成 (チーム管理者)
    開発の開始(チームメンバー)
    Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリのテスト
    追加のエンタープライズ配布証明書の作成
    期限切れの証明書とプロビジョニング・プロファイルの管理
    あなたのアプリの社内でのエクスポート
    アーカイブの作成
    iOS アプリのファイルの作成
    手動でエンタープライズ開発者を信頼
    サーバーツールについて詳しく知る
    総括
  • Mac App Store 外でのアプリの配布
  • 開発者 ID の署名付きアプリとインストーラパッケージの作成
    開発者 ID にコード署名 ID の設定
  • 開発者 ID 証明書の作成
  • アーカイブの作成
    開発者 ID 署名のアプリの検証
    開発者 ID 署名のアプリのエクスポート
    インストーラパッケージに署名
  • 手順の確認
  • ゲートキーパーの有効化と無効化
  • ゲートキーパーの動作のテスト
  • 開発者 ID で署名されたアプリのテスト
    起動動作をテスト
    ゲートキーパーの動作テストに備えるため
    総括
  • トラブルシューティング
  • 証明書の問題
  • コード署名 ID をなくした時
    一致するプロビジョニングプロファイルがない時
    署名 ID の秘密鍵がなくなった場合
    開発者 ID 証明書の秘密鍵がなくなった場合
    中間証明書がないので証明書が無効
    証明書は、信頼に問題あり
    証明書は、有効期限が切れている
    要求がタイムアウトした
    プロビジョニングプロファイルや署名 ID が Xcode のメニューに表示されない
  • プロビジョニングの問題
  • デバイスにインストールされたプロビジョニングプロファイルが無効
    プロビジョニングプロファイルが会員センター内で無効とされる
    そのようなプロビジョニングプロファイルは見つからない
  • ビルドとコード署名の問題
  • Xcode にはプロビジョニングプロファイルが見つからない
    Xcode は、証明書を信頼していない
    コード署名 ID ビルド設定がどの証明書とも一致しない
    キーチェーンが、重複したコード署名 ID を含む
    プロビジョニングプロファイルのアプリ ID がアプリのバンドル ID と一致しない
    あなたのデバイスが、スキームツールバーメニューでリストされないか不適格
    デバッグ情報の問題
    Xcode はデバイスを接続すると不明の iOS を検出したというダイアログが表示
    アーカイブと提出の課題
    サポートされている機能
    文書改訂履歴
    用語集