会員センターでチームの管理


Apple デベロッパプログラムの会社のメンバーシップをお持ちの場合は、チームに人を追加し、役割を割り当て、それによってチームのアセットにアクセスできるレベルを付与することができます。チームメンバーは、開発と配布プロセスに関連する役割と権限を持っています。これらの役割は、誰が特定のアプリサービスを許可するか、誰が ID を作成するのを許可するか、誰が配布アセットを作成するのを許可するか、などを定義します。チームメンバーを追加した後、彼らに代わって他のタスクの実行をあなたが担当することがあります。たとえば、アプリ ID 機能を有効にする必要があり、APN や、パス型 ID、iCloud コンテナのクライアント SSL 証明書を作成します。


注意:チームメンバーは iTunes Connect のユーザーと同じではありません。Apple デベロッパプログラムに参加する人だけが初めに iTunes Connect へのアクセス権を持っています。iTunes Connect のユーザーを追加する方法を学習するには、iTunes Connect でアプリの管理 をお読み下さい。


Apple デベロッパプログラムのチームの役割と権限


チームでの人の役割は、彼または彼女が、開院センターまたは Xcode を使用して実行できるチームのアセットおよびタスクの型にアクセスできるレベルを定義します。この特権レベルは、開発者がチームに代わって実行を許されるタスクの種類にも及びます。チームの役割に制御を与えることで、Apple は簡単にあなたがチームのために適切なセキュリティ慣行を維持できるようにできます。


注意: 一部の特権、つまり iTunes Connect にビルドをアップロードして、アプリレビュー に提出する権利は、iTunes Connect のユーザーの役割によって制御され、iTunes Connect のユーザーの役割と権限について で説明しました。


チームの役割


表 13-1 に、人が果たすことができる役割をリストし、それぞれを説明しました。アクセスの各レベルには、それよりも低いレベルのすべての機能を含んでいます。


表 13-1 チームの役割

役割説明
チームのエージェントチームエージェント は、チームのために法的な責任を持ち、Apple との主要な接点として機能します。チームエージェントは、チームのメンバーを招聘し、他のチームメンバーのアクセスレベルを変更することができます。チームのエージェントは一人だけに限ります。
チームの管理者チームの管理者 は、チームのエージェントを除いて、他のチームメンバーの権限レベルを設定することができます。チームの管理者は、開発中またはチームがアプリを配布する準備ができている時のどちらかの時、アプリの署名に使用されるすべてのアセットを管理します。チームの管理者は、アプリ・サービスを有効にして、システム全体で使用される技術に固有の ID を作成するために、アプリ ID を編集できます。チーム管理者は開発に使わないデバイスに配布するためのアプリに署名することができます。
チームメンバーチームメンバー は、自分の開発用証明書を作成し、彼らの Mac に接続したデバイスを登録し、Xcode を使用して、チームプロビジョニングプロファイルを作成できます。チームメンバーは、デバイスを登録し、会員センターを使用して開発用プロビジョニングプロファイルを作成することはできません。

チームの特権


各チームの役割は、個人が実行できる特権やタスクのセットを定義しています。表 13-2 に、チームのメンバーに付与された固有の権限をリストします。各チームメンバーが取り消すことができる、証明書のタイプについては、表 14-1 を参照してください。


表 13-2 各メンバーシップ·レベルに割り当てられた特権


特権チームのエージェントチームの管理者チームのメンバー
法的な合意の受け入れ
メンバーシップの更新
開発者 ID 証明書の作成
メンバーを招聘、役割を割り当て
配布証明書の作成
アプリ ID の登録、構成、削除
配布用プロビジョニング・プロファイルの作成
別のアプリ・サービス ID を作成
開発のためデバイスを登録
開発用プロビジョニング・プロファイルの作成
開発用証明書を作成
開発用証明書を作成
Xcode でワイルドカード・アプリ ID とチームプロビジョニングプロファイルの作成



注意: Xcodeで、チームメンバーは、自分の Mac や自分の Mac に接続されたデバイスを登録し、チームのプロビジョニング・プロファイルを作成できます。


チームのエージェント


開始するには、一人が、Apple デベロッパプログラムに加入しなければなりません。この人はチームのためにチームのエージェントとなります。このステップ中に、チームエージェントは、Apple の開発者(デベロッパー) になるために必要な法的な契約書に署名し、ストアからのアプリの購入のためにチームに支払うことができるように財務情報を入力します。


チームエージェントは制限のない役割を担っています。彼または彼女は、チームへの無制限のアクセス権を持っているし、チームのために法的に責任があります。最初に、チームエージェントも、チームを編成するためにタスクのほとんどを実行します。他の人がチームに参加した後は、チームエージェントは、これらの他の人が代わりにこれらのタスクを実行できるように、チームの他のメンバーにこの権限の一部を委譲することを決定できます。


チームエージェントは、チームがアプリに特定のサービスを組み込みたい場合は特に、更新または新規のライセンス契約に署名する必要があるかもしれません。例えば、iAD サービスを使用しているアプリは、チームのエージェントが別の契約に署名する必要があります。


チームメンバーを招聘し役割を割り当てる


あなたが会社として登録した場合は、アカウントに、チームメンバーと呼ばれる他の開発者を追加する権限を持っている事実上のチーム・エージェントです。一般的には、チームのメンバーは、会員センターが管理する情報を表示およびダウンロードしたものを読み取るアクセス権を持っています - しかし、ほとんどのアセットには書き込みアクセス権はありません。ただし、あなたはチームエージェント - 例えば、チーム管理者は、アプリ・サービスの ID を作成できますが、契約書には署名できません - の権限の一部を人が持つのを許可できるチームメンバーに管理者の役割を割り当てられます。役割を割り当てると、チーム・エージェントはその責任の一部を委任することになります。


チームメンバーを招聘する


チームに参加する人を招聘するときには、彼らについての情報を入力し、チームでの役割を設定します。




チームメンバーを招聘するには

  1. 会員センター で、Web ページの上部にある[人々(People)] をクリックしてください。
  2. サイドバーの[招待状(Invitations)] をクリックします。
  3. [人を招待(Invite Person)] をクリックします。‎

  4. 11_mc_invite_team_member1_2x


  5. 招待したい相手の姓、名、および電子メールアドレスを入力します。
  6. その人のアクセス権と各プラットフォームでの役割を指定します。

  7. 各役割の詳細については、[役割の概要(Roles Overview)] をクリックします。


    11_mc_invite_team_member2_2x


  8. [招待状の送信(Send Invitation)] をクリックします。

  9. あなたが電子メールの招待状を受け取るように指定した人は、彼または彼女がそれにある招待コードをクリックして確認する必要があります。その人が、Apple ID をお持ちでなければ、彼または彼女は招待状を受け取る前に、その一つを作成するように求められます。




チームの役割を変更


チームメンバーが招待状を受け取った後に、チームエージェントは、確認の電子メールを受信し、チームメンバーは、会員センターにアクセスできます。その後、チームエージェントは、チームメンバーの役割を変更できます。




チームメンバーの役割を変更するには


    1. 会員センター で、Web ページの上部にある[人々(People)] をクリックしてください。
    2. サイドバーの[開発者(Developer)] をクリックしてください。
    3. 役割を変更したい人の行の最後の列で[詳細(Details)] をクリックします。
    4. その人の役割を指定し、[保存(Save)] をクリックします。

    11_mc_change_team_role_2x


    チームメンバーのデバイスを登録


    チームメンバーは、自分のデバイス上でアプリを起動する前に、デバイスは登録され、チーム・プロビジョニング・プロファイルに追加する必要があります。Xcode は、デバイス上でアプリを起動 で説明したように、必要なときに自動的にデバイスを登録します。しかし、チームのエージェントや管理者は、会員センターで彼らに代わりチームメンバーのデバイスを登録できます。


    チームメンバーは、自分のチームの管理者にデバイス名とデバイス ID を送信します。Xcode で、チームメンバーは、Xcode を使用してデバイス ID を検索 で説明したように、デバイス ID を表示するには、[デバイス(Devices)] ウィンドウでデバイスを選択できます。あなたが Mac の開発者であれば、システム情報を使用してデバイス ID を検索 で説明したように、システム情報のアプリを使用して、デバイス ID を取得することもできます。


    会員センターで、チームの管理者は、個々のデバイスを登録 で一つのデバイスを登録しても良いし、または 複数のデバイスを登録 で説明したように、複数のデバイスを登録してもよいです。


    チームエージェントの役割を移動


    チームエージェントは、チームの唯一の法的責任を持っているので、他のチームメンバーは、チームのエージェントを降格させることはできません、また、チームのエージェントの権限を制限することができません。しかし、チームのエージェントは、会員センターを使用してチームメンバーに他の役割に移動することができます。




    チームメンバーを招待する

    1. 会員センター で、チームのエージェントとしてサインインし、Web ページの上部にあるあなたのアカウントをクリックします。

    2. 11_trf_agent_role_2x
    3. [開発者アカウントの概要(Developer Account Summary)] セクションで、自分の名前の隣の[エージェントの役割を移動(Transfer Agent Role)] をクリックして下さい。
    4. 一連のダイアログに表示される指示に従ってください。

    5. たとえば、新しいチームのエージェントを選択し、[エージェントの譲渡人契約書(Agent Transferor Agreement)] に署名するよう求められるかもしれません。




    チームメンバーの削除


    チームメンバーは、もはやあなたのプロジェクトに取り組んでいない場合は、チームエージェントまたは管理者がチームから彼または彼女を削除できます。


    チームメンバーを削除するには


    1. 会員センター で、、ウェブページの上部にある[人々(People)] をクリックして下さい。
    2. サイドバーの[開発者(Developers)] をクリックします。
    3. 削除したい人の行のチェックボックスを選択します。
    4. 左下隅で、[アクセスを削除(Remove Access)] をクリックします。

    5. 11_remove_team_member_2x


    6. 表示されるダイアログで、[OK] をクリックします。

    7. 総括


      この章では、開発の証明書を作成したり、デバイスを登録する権限を持っていないチームメンバーの代わりに、いくつかのタスクを実行する方法を学びました。





      前の章
      次の章

目次
Introduction 序文
XCode 5.0 新機能
====================
  • アプリの配布について:序文
  • アプリの軽量化(iOS、tvOS、watchOS)
  • スライス(iOS、tvOS)
    ビットコード
    オンデマンド・リソース(iOS、tvOS)
  • アカウントの管理
  • Apple 開発者プログラムについて
    個人または企業としての登録を選択
    複数のチームに参加できます
    Xcode に Apple ID アカウントを追加
    総括
  • 配布用に Xcode のプロジェクトを構成
  • Xcode プロジェクトを作成する際のプロパティの設定
    プロジェクトの構成を開始する前に
  • ID とチーム設定の構成
  • バンドル ID について
    バンドル ID の設定
    署名 ID の選択(Mac)
    チームに Xcode プロジェクトの割り当て
    チーム・プロビジョニング·プロファイルの作成
    アプリのカテゴリの設定(Mac)
    バージョン番号とビルド文字列を設定
  • 展開情報の設定
  • 展開ターゲットの設定
    ターゲット・デバイスの設定(iOS、watchOS)
  • アプリアイコンと起動スクリーンファイルの追加
  • 画像の準備
    アセットカタログにアプリアイコンを追加
    起動スクリーンファイルの作成
    起動イメージの追加とスクリーンショットのキャプチャ
    個々のアプリアイコンと起動イメージファイルを設定
    アセットカタログにイメージを移行
    著作キーの設定(Mac)
  • ビルド設定の確認
  • iOS アプリのアーキテクチャを設定
    ベース SDK を設定する
    デバッグ情報の形式を設定
    総括
  • 機能の追加
  • 資格について
    始める前に
    アプリ・サンドボックスの設定(Mac)
  • iCloud サポートの追加
  • iCloud を有効にする
    キー値の保管の構成
    書類の保管の構成
    CloudKit を使用
    カスタムコンテナの指定
  • プッシュ通知の構成
  • プッシュ通知を有効に
    プッシュ通知クライアントの SSL 証明書の作成
    手順の確認
  • サーバーでクライアントの SSL 署名 ID のインストール
  • ゲームセンターを有効にする(iOS、tvOS、Mac)
    ゲームコントローラを有効にする(tvOS)
    ウォレットの構成 (iOS、WatchKit 拡張機能)
  • Apple ペイの構成 (iOS、WatchKit 拡張機能)
  • アプリ内購入を有効にする(iOS、tvOS、Mac)
    パーソナル VPN を有効にする (iOS、Mac)
  • マップの構成(iOS、WatchKit 機能拡張、Mac)
  • Xcode でマップを有効化
    ルーティングアプリの構成 (iOS、WatchKit 機能拡張)
    ルーティング方向を提供
    iTunes Connect でアプリレコードの作成
    ストアにビルドを提出
    iTunes Connect に地理的範囲ファイルのアップロード
  • 背景モードの構成 (iOS、tvOS、WatchKit アプリ)
  • アプリ内オーディオを有効にする (iOS)
  • キーチェーン共有の構成
  • 関連ドメインの構成 (iOS、WatchKit 拡張機能)
  • アプリグループの構成
    HomeKit 追加 (iOS、WatchKit 拡張機能)
    データ保護を有効にする (iOS、WatchKit 機能拡張、tvOS)
    HealthKit の追加 (iOS、WatchKit 機能拡張)
    無線アクセサリー構成の有効化 (iOS)
    ニューススタンドの構成(iOS、WatchKit 拡張機能)
    トラブルシューティング
    総括
  • デバイス上でアプリを起動
  • Mac アプリの起動
    デバイス上でアプリの起動(iOS、tvOS、watchOS)
    スキームメニューからデバイスを削除
    デバイスからアプリを削除(iOS、tvOS、watchOS)
    手順の確認
    トラブルシューティング
    チームのプロビジョニングプロファイルをより詳しく
    総括
  • テストの為アプリをエクスポート(iOS、tvOS、watchOS)
  • 臨時のプロビジョニングプロファイルについて
    テストデバイスの登録
    アプリのアーカイブ
    ストア外でのテスト用にアプリをエクスポート
  • Xcode を使ってテストデバイスにアプリをインストール
  • iTunes を使ってテストデバイスにアプリをインストール (iOS、watchOS)
    Apple コンフィギュレータ2 (iOS、watchOS、tvOS) を使用してテストデバイスにアプリをインストール
    Xcode サーバーを使ってアプリの配布
    テスターからのクラッシュレポートを勧誘
    臨時のプロビジョニングプロファイルをより詳しく
    総括
  • テストのためアプリをエクスポート (Mac)
    テスト用 Mac の登録
    アプリのアーカイブ
    チームプロビジョニングプロファイルを使ってアプリをエクスポート
    テスト用 Mac 上にアプリをインストール
    Mac のインストーラパッケージをテスト
    インストーラパッケージを作成
    インストーラパッケージをテスト
  • iTunes Connect にアプリをアップロード
    ストアのプロビジョニングプロファイルについて
    iTunes Connect でアプリレコードの作成
    バージョンとビルド文字列を更新
  • アプリをアーカイブ
  • アーカイブスキーム設定の確認
    アーカイブの作成
    iTunes Connect の検証テストの実行
    アプリをアップロード
  • TestFlight を使ったアプリの配布 (iOS、tvOS、watchOS)
  • クラッシュレポートの分析
  • クラッシュレポートサービスについて
    クラッシュレポートを表示する前に
  • クラッシュオーガナイザでクラッシュレポートの表示
  • クラッシュレポートの表示と検索
    クラッシュレポートの情報を編集
  • デバッグナビゲータでソースコードを開く
    クラッシュレポートの統計情報の表示
  • アプリ開発者とクラッシュデータの共有
  • デバイスウィンドウでクラッシュの表示とインポート
    Xcode でクラッシュの再現
  • ストアにアプリの提出
    提出用のアプリを用意
    ヒューマンインタフェースとストアガイドラインを確認
    iTunes Connect に追加情報を入力
    最終候補をアップロード
    アプリを提出
    総括
  • iTunes Connect でアプリの管理
  • iTunes Connect のユーザーの役割と権限について
    iTunes Connect へのアクセス
    iTunes Connect のユーザーの追加と役割の表示
    アプリレコードの作成
    iOS のアプリレコードに tvOS アプリを追加
    アプリのステータスの表示
    分析を表示
    カスタマーレビューの表示
    アプリの新しいバージョンを作成する
    総括
  • 会員センターでのチームの管理
  • Apple デベロッパプログラムのチームの役割と権限
  • チームの役割
    チームの特権
    チームのエージェント
  • チームメンバーを招聘し役割を割り当てる
  • チームメンバーを招聘する
    チームの役割を変更
    チームメンバーのデバイスを登録
    チームエージェントの役割を移動
    チームメンバーの削除
  • 署名 ID と証明書を維持する
  • 署名 ID と証明書について
    署名 ID とプロビジョニングプロファイルの表示
  • 署名 ID の作成
  • 手順の確認
  • 会員センターを使用し確認
    キーチェーンアクセスを使用し確認
    トラブルシューティング
    開発者 ID 証明書の追加作成
    なくなった中間証明権限をインストール
  • 証明書とプロファイルのエクスポートとインポート
    開発者プロファイルをエクスポート
    選択した証明書のエクスポート
    開発者プロファイルをインポート
    キーチェーンから署名 ID を削除
  • 証明書の破棄
  • 破棄する特権
    Xcode を使用して開発証明書のリセット
    会員センターを使用して証明書の破棄
    期限切れの証明書の交換
    証明書を再作成し関連するプロビジョニングプロファイルの更新
    プッシュ通知クライアントの SSL証明書の作成
  • コード署名 ID ビルドを設定する
  • トラブルシューティング
    署名証明書を詳しく
    総括
  • ID、デバイス、プロファイルの維持
  • アプリ ID の登録
    アプリ ID の編集
    アプリ ID の削除
    チーム ID を検索する
  • 会員センターを使用してデバイスを登録する
  • デバイス ID の検索
  • Xcode を使用してデバイス ID を検索
    iTunes を使って iOS のデバイス IDを検索(iOS,tvOS)
    システム情報を使用してデバイス ID 検索(iOS,tvOS,Mac)
    個々のデバイスを登録
  • 複数のデバイスを登録
  • Apple コンフィギュレータを使用してプロパティリストのデバイスファイルを作成
    プレインテキストのデバイスファイルの作成
    デバイスファイルのアップロード
    あなたの iOS または Apple TV デバイスにプレリリースのインストール
    会員センターを使ってデバイスを無効/有効にする
    デバイス上のアプリの管理
    デバイスからアプリの削除
    会員センターを使用してプロビジョニングプロファイルの作成
    開発用プロビジョニング・プロファイルの作成
    アドホック・プロビジョニング・プロファイルの作成(iOS、tvOS、watchOS)
    ストアのプロビジョニングプロファイルの作成
    Xcode でプロビジョニングプロファイルのダウンロード
    カスタム・プロビジョニング・プロファイルの使用
    トラブルシューティング
    Xcode 管理のプロビジョニング・プロファイルへの移行
    会員センターでプロビジョニングプロファイル編集
    期限切れのプロビジョニングプロファイルの更新
    デバイス上のプロビジョニングプロファイルの確認と削除
    会員センターからプロビジョニングプロファイルを削除
    会員センターからプロビジョニングプロファイルをダウンロード
    アプリのバイナリ資格の確認
    総括
    Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリの配布
    Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリの開発
    あなたのチームをビルドする(チームエージェント)
    共有したチームプロビジョニングプロファイルの作成 (チーム管理者)
    開発の開始(チームメンバー)
    Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリのテスト
    追加のエンタープライズ配布証明書の作成
    期限切れの証明書とプロビジョニング・プロファイルの管理
    あなたのアプリの社内でのエクスポート
    アーカイブの作成
    iOS アプリのファイルの作成
    手動でエンタープライズ開発者を信頼
    サーバーツールについて詳しく知る
    総括
  • Mac App Store 外でのアプリの配布
  • 開発者 ID の署名付きアプリとインストーラパッケージの作成
    開発者 ID にコード署名 ID の設定
  • 開発者 ID 証明書の作成
  • アーカイブの作成
    開発者 ID 署名のアプリの検証
    開発者 ID 署名のアプリのエクスポート
    インストーラパッケージに署名
  • 手順の確認
  • ゲートキーパーの有効化と無効化
  • ゲートキーパーの動作のテスト
  • 開発者 ID で署名されたアプリのテスト
    起動動作をテスト
    ゲートキーパーの動作テストに備えるため
    総括
  • トラブルシューティング
  • 証明書の問題
  • コード署名 ID をなくした時
    一致するプロビジョニングプロファイルがない時
    署名 ID の秘密鍵がなくなった場合
    開発者 ID 証明書の秘密鍵がなくなった場合
    中間証明書がないので証明書が無効
    証明書は、信頼に問題あり
    証明書は、有効期限が切れている
    要求がタイムアウトした
    プロビジョニングプロファイルや署名 ID が Xcode のメニューに表示されない
  • プロビジョニングの問題
  • デバイスにインストールされたプロビジョニングプロファイルが無効
    プロビジョニングプロファイルが会員センター内で無効とされる
    そのようなプロビジョニングプロファイルは見つからない
  • ビルドとコード署名の問題
  • Xcode にはプロビジョニングプロファイルが見つからない
    Xcode は、証明書を信頼していない
    コード署名 ID ビルド設定がどの証明書とも一致しない
    キーチェーンが、重複したコード署名 ID を含む
    プロビジョニングプロファイルのアプリ ID がアプリのバンドル ID と一致しない
    あなたのデバイスが、スキームツールバーメニューでリストされないか不適格
    デバッグ情報の問題
    Xcode はデバイスを接続すると不明の iOS を検出したというダイアログが表示
    アーカイブと提出の課題
    サポートされている機能
    文書改訂履歴
    用語集