配布用に Xcode のプロジェクトを構成


いつでもプロジェクトの設定を編集することができますが、いくつかの設定は、開発中に必要です。ベータテストのためにアプリを配布する際にあった方がよく、ストアにアプリを提出する際に、必須です。


開発中に、アプリは、プロビジョニングされている必要があり、特定のアプリサービスを使用してデバイス上で実行できるようにコード署名します。プロジェクトにバンドル ID とチームを割り当てると、Xcode は会員センターで必要な証明書、ID、およびプロファイルを作成します。プロジェクトエディタを使用して、この情報を入力するか、アプリサービスを追加し、アプリを起動するときなどにこの情報は必要とされます。


テストのためか、ストアにアプリを配布する前に、あなたのアプリに関するすべての必要な情報を提供して下さい。例えば、iTunes Connect の検証テストに合格するために、アプリのアイコンを設定します。


iTunes Connect にアプリをアップロードする前に、ビルド設定を確認し、 Mac アプリでは著作権キーを設定します。


Xcode プロジェクトを作成する際のプロパティの設定


アシスタントは、Xcode プロジェクトを作成するプロセスをガイドします。まず、プロジェクトのテンプレートを選択します。正しいテンプレートを使用して始めると、開発プロセスを迅速化するのに役立ちます。アシスタントはまた、アプリの機能を判断し、顧客に配布するために使われるアプリの情報を入力するようにも要求します。プロジェクトを作成するときにこの情報がない場合は、後でこれらのプロパティを設定できます。Apple デベロッパプログラムのメンバーである場合、Xcode プロジェクト内のデータの一部は、iTunes çonnect で入力したデータに似ていますが、唯一バンドル ID だけが、iTunes Connect にアプリを提出できる前に、iTunes Connect で入力したバンドル ID と一致する必要があります。


テンプレートから Xcode プロジェクトを作成すると、iOS アプリの場合、このようなダイアログが表示されます。


3_xcodeassistant_2x


プロダクトの名前 は、それがストアで顧客に表示され、後で iTunes Connect で入力するアプリ名に似た、アプリの名前です。最も重要なことは、顧客は即座に自分のデバイスにインストールするのは、プロダクト名およびアプリのアイコンに伴うストアでのアプリの名前とアイコンを関連付ける事です。プロダクト名は、アプリがインストールされた場合にスプリングボードに表示される名前です。プロダクト名は、255 バイトを超えることはできず、2文字以下にすることはできません。(アプリ名を選択する上でのガイドライン用の iTunes Connect の開発者ガイドベストプラクティス をお読みください。)


組織名 は、Xcode プロジェクトの属性であり、プロジェクトフォルダ全体を通じた共通記事のテキストで使用されます。例えば、組織名は、ソースとヘッダファイルの著作権文字列で使用されます。Xcode プロジェクト内の組織名は、後で iTunes Connect で入力する会社名と同じではありません。


入力したプロダクト名および 会社 ID は逆ドメインネームサービス (逆 DNS) 表記を使用して、デフォルトのバンドル ID を作成するために連結されます。バンドル ID は、アプリに固有である必要があるので、同様に一意の文字列に、会社の ID を設定することが重要です。


iOS アプリの場合、[デバイス]ポップアップメニューから、サポートするデバイスの種類を選択できます。Mac アプリの場合、ポップアップ·メニューから Mac App Store のカテゴリを選択できます。


Xcode のテンプレートで使用される他の値は、アプリをローカルでビルドし、実行するには十分ですが、後で、バンドル ID などのようなプロパティを確定する必要があります。また、アシスタントは、ストアに必要なすべてのプロパティを設定しません。提出する前に、基本的なストアの構成を完了して下さい。理想的には、テスト用にアプリを配布する前に、この設定を完了して下さい。


アプリがリリースされた後は、このメタデータの一部は変更できませんので、慎重に設定を選択することが重要です。どのアプリの状態が iTunes Connect でいくつかのプロパティがロックされる原因となるか学部には、iTunes Connect の開発者ガイドiTunes Connect のアプリのプロパティ を参照してください。


プロジェクトの構成を開始する前に


この章で説明するオプションはすべて、ターゲットのプロジェクトエディタの[一般(General)] ペインに配置されています。プロジェクトナビゲータを開くには、[表示(View)] > [ナビゲーター(Navigator)] > [プロジェクトナビゲータ表示(Show Project Navigator)] を選択します。[プロジェクト/ターゲット]ポップアップメニューから、または、第二のサイドバーもし表示された場合、その[ターゲット] セクションのターゲットを選択してください。この章で説明する設定を表示するには[一般]をクリックして下さい。


下のスクリーンショットは、iOS アプリの[一般(General)] ペインを示しています。


3_project_navigator_2x


ID とチーム設定の構成


Xcode がチームプロビジョニングプロファイルを作成するためには、アプリのバンドル ID はユニークで、プロジェクトがチームに割り当てられたものである必要があります。後でアプリが、このバージョンのアプリを識別する他の情報を提供します。ID 設定は、ターゲットの[一般(General)] ペインの ID セクションに表示されます。以下に示されているように iOS アプリの場合は、ID セクションが表示されます。


3_ios_app_target_pane_2x


バンドル ID について


バンドル ID は正確に一つのアプリを識別します。バンドル ID は、アプリが、顧客に配布されるときにオペレーティングシステムによって、また開発プロセス中にプロビジョンされたデバイスで使用されます。例えば、ゲームセンターやアプリ内購入は、これらのアプリサービスを使用するときに、アプリを識別するためにバンドル ID を使用します。環境設定システムは、指定された設定が適用するアプリを識別するためにこの文字列を使用します。同様に、起動サービスは、それが与えられた ID で見つかった最初のアプリを使用して、特定のファイルを開くことができるアプリを見つけるためにバンドル ID を使用します。バンドル ID は、アプリの署名を検証するためにも使用されます。


バンドル ID 文字列は、英数字 (A-Z、a-z ,0- 9) と、ハイフン(-)、そしてピリオド(.)のみから成る、統一された型の ID (UTI) でなければなりません。文字列は、逆 DNS 形式にする必要があります。あなたの会社のドメインが Acme.com であり、Hello という名前のアプリを作成した場合、あなたのアプリのバンドル ID として文字列 com.Acme.Hello を割り当てることができます。


開発プロセスでは、アプリを識別するために、さまざまな場所で、アプリのバンドル ID を使用します。


bundleid_2x

具体的には、バンドル ID は、以下のように位置し、使用されます。


注意: Mac のアプリは、iOS アプリと tvOS アプリのようには、同じバンドル ID を他の型のアプリと共有できません。


バンドル ID の設定


Xcode プロジェクトのデフォルトのバンドル ID は、逆ドメイン、たとえば、com.MyCompany.MyProductName としてフォーマットされた文字列です。デフォルトのバンドル ID を作成するには、Xcode は Xcode プロジェクト作成時のプロパティの設定 で説明したように、テンプレートからプロジェクトを作成するときに入力したプロダクト名と会社 ID を連結します。(Xcode は、デフォルトのバンドルID を作る時に、プロダクトの名前の空白を置き換えます。) これは、バンドル ID で会社 ID の接頭辞を交換するか、またはバンドル ID 全体を置き換えることができ、十分でしょう。たとえば、会社のドメイン名と一致する会社の ID の接頭辞を変更し、または明示的なアプリ ID と一致するようにバンドル ID 全体を交換します。


(ユニバーサル購入の作成 (iOS、tvOS) で説明したように) iOS アプリの iTunes Connect アプリレコードを共有する tvOS アプリの場合は、tvOS アプリは iOS アプリと同じバンドル ID を持っていなければなりません。


watchOS アプリの場合は、埋め込まれた WatchKit アプリと WatchKit 拡張ターゲットは iOS のターゲットと同じバンドル ID の接頭辞を持っていなければなりません。WatchKit アプリのターゲットは、[Bundle ID].watchkitapp フォーマットを持っていなければならず、WatchKit 拡張ターゲットは、[BundleID].watchkitextension フォーマットを持っていなければなりません。iOS アプリのバンドル ID を変更する場合は、WatchKit アプリと WatchKit 拡張ターゲットのバンドル ID が一致するようにを変更しなければなりません。


Mac アプリの場合は、すべてのバンドル ID があなたのアプリバンドル内で一意であることを確認してください。例えば、あなたのアプリバンドルがヘルパーアプリを含んでいる場合は、そのバンドル ID は、アプリのバンドル ID とは異なることを確認してください。


プロジェクトエディタの[一般(General)] ペインでバンドル ID の接頭辞を変更するには、以下の手順を実行して下さい。




バンドル ID の接頭辞を設定するには


  1. プロジェクトナビゲータで、プロジェクトとターゲットを選択し、プロジェクトエディタを表示します。
  2. [一般(General)] をクリックし、必要なら、設定を明らかにするために、ID の隣にある開閉用三角形をクリックします。

  3. 3_ios_app_target_pane_2x


  4. 「バンドル ID」フィールドにバンドル ID の接頭辞を入力します。

代わりに、プロジェクトエディタの情報ペインでバンドル ID 全体を変更するには以下の手順を実行します。




バンドルIDを設定するには


  1. プロジェクトナビゲータで、プロジェクトとターゲットを選択し、プロジェクトエディタを表示します。
  2. [情報(Info)] をクリックします。
  3. 「バンドル ID」行の値列にバンドル ID を入力してください。

3_ios_info_bundle_id_2x

署名 ID を選択(Mac)


Mac のアプリをストアに提出するか、ストアの外でそれを配布するために開発者 ID 証明書で署名するか、全くコードサインしないかの選択肢があります。Mac App Store を選択した場合は、チームに Xcode プロジェクトを割り当て、機能の追加 で説明したように、アプリサービスを有効にできます。開発者 ID を選択した場合は、チームに Xcode プロジェクトを割り当てますが、(開発者 IDで署名されたアプリを作成する方法は、Mac App Store 外でのアプリの配布 を読んで下さい) 利用できる機能は限られています。[なし(None)] を選択した場合、チームのポップアップメニューは無効になり、このガイドを読む必要はありません。




署名 ID を選択するには


  1. プロジェクトナビゲータで、プロジェクトとターゲットを選択し、プロジェクトエディタを表示します。

  2. [一般(General)] をクリックし、必要に応じて、ID の隣にある開閉用三角ボタンをクリックして設定を明らかにします。

  3. 使用したい署名 ID のタイプを選択します。

    • ストアにアプリを提出したい場合は、Mac App Store を選択します。
    • ストアの外で Mac アプリを配布したい場合と、Apple デベロッパプログラムのメンバーでない Apple ID を使用する場合は、"開発者 ID か Apple ID" を選択します。
    • あなたのアプリに署名したり、アプリのサービスを使用したくない場合は、[なし(None)] を選択します。

    あなたのアプリが利用できる機能は、サポートされている機能 で説明したように、選択した署名 ID に依存します。


3_selectdistributionmethod_2x


チーム・プロビジョニング·プロファイルの作成


チームを選択した後、Xcode はそれが管理する、チームプロビジョンプロファイル という開発プロビジョニングプロファイルを作成しようとします。チームプロビジョニングプロファイルは、すべてのチームメンバーがすべてのデバイスで署名され、アプリを実行することを許可します。Xcode がチームプロビジョニングプロファイルを作成するのに失敗したら、チームのポップアップメニューの下に警告と「問題を直す」ボタンが表われます。


3_tb_noprovisioningprofile_2x


Xcode を支援し、すぐチームプロビジョニングプロファイルを作成することにより、一般的な問題を回避することができます。ほとんどの場合、警告メッセージの下の「問題を修正(Fix Issue)」をクリックするだけで、Xcode はあなたのためこれらのステップを実行します。


  1. あなたの開発用証明書を作成します。
  2. Xcode はあなたがチームのポップアップメニューから選択したチームのための開発用証明書を作成します。


  3. スキームのツールバーメニューやお使いの Mac で選択したデバイスを登録します。
  4. チームプロビジョニングプロファイルを作成する前に、Xcode は、アカウント内の1つ以上の登録されたデバイスを必要とします。Mac アプリの場合、Xcode は自動的に Xcode を実行している Mac を登録します。iOS と tvOS アプリの場合、開発に使用したいデバイスを接続します。watchOS アプリの場合、Apple ウォッチと対になっている iPhone を接続してください。デバイスが展開ターゲットと一致する場合、Xcode はあなたのデバイスを登録します。それが展開ターゲットと一致しない場合、デバイスは対象でなく、展開情報の設定 で説明したように、デバイス上の OS をアップグレードするか、展開ターゲットを変更して下さい。


  5. アプリ・バンドル ID と一致し、アプリサービスを可能にするアプリ ID を作成します。
  6. プロジェクトの設定に応じて、Xcode はワイルドカードアプリ ID または明示的なアプリ ID のいずれかを作成するでしょう。Xcode は、明示的なアプリ ID を登録するにはバンドル ID を使用するため、バンドル ID は、開発中にユニークである必要があります。バンドル ID の設定 で説明したように、アプリ ID 登録エラーを回避するには、ユニークなバンドル ID を入力してください。


  7. これらの資産を含むチームプロビジョニングプロファイルを作成します。
  8. それに応じてプロジェクトのコード署名ビルド設定を設定して下さい。

Xcode がこれらの手順を実行した後、チームのポップアップメニューの下にある警告メッセージは消失します。


3_tb_team_profile_created_2x


ダイアログや警告が表示された場合は、情報を使用して問題を修正し、再度「問題を修正(Fix Issue)」をクリックして下さい。"あなたのアカウントにはすでに有効な証明書があります」ダイアログが表示される場合は、これらのアクションのいずれか1つを選択します。


アプリのカテゴリを設定(Mac)


あなたの Mac アプリが、Mac App Store で表示されるアプリのカテゴリを設定します。選択したカテゴリは、後で iTunes Connect のアプリのレコードで選択するカテゴリと一致する必要があります。




アプリのカテゴリを設定するには


  1. プロジェクト・ナビゲータで、プロジェクトとターゲットを選択し、プロジェクト・エディタを表示します。
  2. [一般(General)] をクリックし、必要なら、ID の隣にある開閉用三角ボタンをクリックし、設定を明らかにします。
  3. アプリのカテゴリのポップアップメニューからカテゴリを選択します。

  4. 3_selectdistributionmethod_2x


iOS、tvOS、watchOS アプリのカテゴリは、iTunes Connect でのみ設定されます。アプリのカテゴリの詳細については、iTunes Connect の開発者ガイドベストプラクティス をお読みください。


バージョン番号とビルド文字列を設定


バージョン番号と、ビルド文字列は、ルドを識別するために、ストアで使用されているため、初期設定し、それ以降のアップデートする事が重要であり、iTunes Connect へのアプリをアップロードする前に設定して下さい。


バージョン番号は 4.5.2 のように、2つのピリオドで区切られた正の整数のリストです。最初の整数はメジャーリビジョン、第二はマイナーリビジョン、第三はメンテナンスリリースを表します。バージョン番号は、ストアに示され、そのバージョンは、後で iTunes Connect で入力するバージョン番号と一致する必要があります。可能な値の詳細については、情報プロパティ・リスト・キー·リファレンスCFBundleShortVersionString を参照してください。


ビルド文字列は、バンドルの繰り返し (公開されたか、未公開か) を表し、1.2.3 のように、2つのピリオドで区切られた正の整数のリストです。Mac アプリの場合、ユーザーは、バージョン番号と、ビルド文字列とを切り替えるには、[情報] ウィンドウでバージョン番号をクリックして下さい。可能な値の詳細については、情報プロパティ・リスト・キー·リファレンスCFBundleVersion を参照してください。


重要: iTunes Connect で新しいアプリのバージョンを作成するときにバージョン番号を更新します。iTunes Connect にアプリの新しいビルドをアップロードする前に、ビルド文字列を更新して下さい。ビルド文字列によって表される数が増えているはずです。iOS アプリの場合、iTunes はビルド文字列が変更されたことを認識し、適切にデバイスに新しいアプリのバージョンを同期します。バージョン番号とビルド文字列は、TestFlight またはストアを介して配布するアプリのクラッシュレポートと .dSYM ファイルを識別するために使用されます。


プロジェクトエディタの[一般(General)] ペインで、バージョン番号とビルド文字列を設定します。




バージョン番号とビルド文字列を設定するには




  1. プロジェクトナビゲータで、プロジェクトとターゲットを選択し、プロジェクトエディタを表示します。

  2. 重要: watchOS アプリでは、埋め込まれた WatchKit アプリと WatchKit 拡張子が同じバージョン番号であり、埋め込む iOS アプリとビルド文字列が同じ必要があります。


  3. [一般] をクリックし、必要なら、ID の隣にある開閉用三角ボタンをクリックし、設定を明らかにします。
  4. [バージョン(Version)] フィールドにバージョン番号を入力し、[ビルド(Build)] フィールドに、ビルド文字列を入力します。

3_tb_team_profile_created_2x


展開情報の設定


デフォルトの展開設定は、開発のためには十分ですが、アプリを配布する前に、これらの設定を見直すことが最善です。一部の設定は、後で iTunes Connect で入力する値と一致する必要があります。iOS アプリの場合は、展開設定はここに示したようになります:


3_deployment_info_2x


展開ターゲットの設定


展開ターゲットの設定は、アプリが動作する最低のオペレーティングシステムのバージョンを指定します。たとえば、iPad アプリの設定可能な最低バージョは iOS 4.3 です。


アプリを開発する際に展開ターゲットを選択するためのいくつかの戦略があります。OS の各バージョンは、以前のバージョンにない特徴や機能を含んでいます。新バージョンが公開されると、一部のユーザーはすぐ最新バージョンに移行するかもしれないが、他のユーザーは、アップグレードするのを待つかもしれません。すべての新機能をフルに活用して、最新バージョンを実行しているユーザーのみにアプリを制限する、最新バージョンをターゲットにすることができます。または、より多くのユーザーにアプリを利用可能にして、アプリで使用できる機能を制限し、以前のバージョンをターゲットにすることができます。別のアプローチは、以前のバージョンを対象とするが、それ以降のバージョンの機能を使用する前に利用可能であるかどうかを実行時に判断する事に、弱いリンクを使用することです。


弱いリンクの詳細については、SDK の互換性ガイド弱いリンクとアップルのフレームワーク をお読みください。




ターゲットバージョンを設定するには




  1. プロジェクトナビゲータで、プロジェクトとターゲットを選択し、プロジェクトエディタを表示します。
  2. [一般(General)] をクリックし、必要に応じて、[展開の情報(Deployment Info)] の隣の開閉用三角ボタンをクリックし設定を明らかにします。
  3. 展開ターゲットのポップアップメニューからターゲットとするバージョンを選択します。

3_deployment_target_2x


Xcode は、選択する展開ターゲットにアプリの 情報プロパティリスト 内の最小システム·バージョンのキーを設定します。ストアにアプリを公開すると、アプリがサポートしているバージョンを示すために、このプロパティの値を使用します。


注意:展開ターゲットでなく、SDK のバージョンが、アプリ内で使用できる機能を決定します。アプリをビルドするために使用している SDK がアプリの展開ターゲットよりも新しい場合は、アプリが、展開ターゲットで使用できない機能を使用していることを検出すると、Xcode は、ビルド警告を表します。


アプリの実行時環境でシンボルが使用できることを確認してください。それらが利用可能かどうかをチェックするには、SDKの互換性ガイド に記載された技術を使用します。


ターゲット・デバイスの設定(iOS、watchOS)


デバイス設定では、アプリが実行できるデバイスのタイプを識別します。iPhone と iPad、2つのデバイスのタイプがあります。iPhone のタイプは、iPhone と iPod touch のデバイスがあります。iPad のタイプは、すべての iPad と iPad ミニのデバイスを含んでいます。




ターゲットデバイスを設定するには



  1. プロジェクトナビゲータで、プロジェクトとターゲットを選択し、プロジェクトエディタを表示します。
  2. [一般(General)] をクリックし、必要なら、展開情報の隣の開閉用三角ボタンをクリックして、設定を明らかにします。
  3. デバイスポップアップメニューから、iPhone、iPad、またはユニバーサル (両方のファミリーをターゲットにします) を選択します。

3_target_devices_setting_2x



iPhone、iPad、または両方のデバイス·ファミリ用のアプリの設定の詳細については、iOS のアプリ·プログラミング·ガイド高度なアプリトリック を参照してください。


アプリアイコンと起動スクリーンファイルの追加


アプリのアイコンと起動画像ファイルは、アプリバンドルに格納されていますが、iTunes Connect には別の資産としてアップロードされません。オペレーティングシステムは、アプリを表すために、デバイス上のさまざまな場所でこれらの画像と起動画面ファイル (.xib ファイル) を使用します。一般に、オペレーティングシステムによって表示される図は、バンドル内に存在し、iTunes またはストアで表示される図は、 iTunes Connect にアップロードされています。アプリは、それを表し検証試験に合格できるアプリのアイコンが必要です。


アプリのアイコンを管理したり、個々の画像ファイルを自分で維持するためアセット・カタログを使用して下さい。新しいプロジェクトを作成する場合は、アセットカタログはアプリのアイコンを保存するために、デフォルトで使用され、起動スクリーンファイルは、スプラッシュスクリーンとして使用されます。iOS 7 の展開ターゲットの場合、起動スクリーンファイルと起動イメージ両方を指定できます。iOS 8 では、起動スクリーンファイルが使用され、iOS 7 では、起動イメージが使用されます。古いプロジェクトがある場合は、アセットカタログで個々のアイコン画像ファイルを管理する事から移行できます。また、古い Xcode プロジェクトに起動画面ファイルを追加できます。


個々の画像ファイルとして、アセットを管理したい場合は、個々のアプリアイコンと起動イメージファイルを設定 をお読み下さい。アセットカタログに移行する場合は、アセットカタログにイメージを移行 をお読みください。アセットカタログの作成と管理の詳細については、アセットカタログのヘルプ をお読みください。


画像の準備


すべての画像は、ユーザーの肯定的な購入体験のため、できるだけ小さなファイルサイズにして下さい。


iOS アプリの場合は、すべての必要なアプリのアイコン、起動イメージ、および他のアイコンの大きさについては iOS ヒューマン・インターフェイス・ガイドラインアイコンとイメージのサイズ を参照して下さい。


iOS と tvOS アプリの場合、デバイスの解像度に一致する起動イメージはユーザーがアプリのアイコンをタップするとすぐに表示されます。アプリの起動イメージを作成するためにスクリーンショットを使用してください。レティナ・ディスプレイを利用し、サポートする各デバイスの高解像度のイメージを提供します。起動イメージの作成に関するガイダンスについては、起動イメージ をお読みください。


必要とされる Mac アプリのアイコンの場合は、OS X のヒューマンインタフェースガイドライン の 「全ての解像度に最適なアイコンの作成」を参照してください。この表には、Mac App Store で使用できるアイコンのサイズが含まれています。アプリのアイコンファイルを作成するために、OS X 用の高解像度のガイドライン の、「すべてのアプリのグラフィックスリソース」の「高解像度バージョンを提供」を読んで下さい。


スクリーンショットの仕様と、後で iTunes Connect を使用してアップロードする他の画像の仕様については、iTunes Connect の開発者ガイドiTunes Connect のアプリのプロパティ をお読みください。


アセットカタログにアプリアイコンを追加


アプリのアイコンのバージョンは、アセットカタログのイメージセットに編成されます。Xcode は、アプリのターゲット·デバイスについては自動的に作成しますが、例えば iPhone と iPad のイメージセットは、iOS アプリのターゲットがユニバーサルである場合です。




アセットカタログにアプリのアイコンを追加するには


  1. プロジェクトナビゲータで、プロジェクトとターゲットを選択し、プロジェクトエディタで表示します。
  2. [一般(General)] ペインの[アプリアイコンと起動イメージ(App Icons and Launch Images)] で、アプリ・アイコン・ソース (App Icon Spurce) のポップアップメニューの右側にある矢印ボタンをクリックします。

  3. 3_app_icon_arrow_2x


  4. Finder で、プロジェクトナビゲータでの解像度と一致するイメージウェルにアプリのアイコンをドラッグします。

3_add_app_icon_to_asset_catalog_2x


起動スクリーンファイルの作成


アプリが起動しつつある間に起動スクリーンファイルは、スプラッシュ画面として表示されます。これは、別のデバイスの解像度をサポートするために、サイズのクラスを使用する、単一のアトミック .xib ファイルです。それは、UIImageView と UILabel オブジェクトなどの基本的な UIKit ビューを含んでおり、自動レイアウト制約を使用します。Xcode のプロジェクトに、LaunchScreen.xib というデフォルトの起動スクリーンファイルを追加します。


起動スクリーンファイルを作成するときには、次のガイドラインに従ってください。


古い Xcode プロジェクトに起動スクリーンファイルを追加することができます。


既存のプロジェクトの起動スクリーンファイルを作成するには


  1. [ファイル(File)] > [新規(New)] > [ファイル(File)] を選択します。
  2. iOS の下で、[ユーザーインターフェイス(User Interface)] を選択します。
  3. [起動スクリーン(LaunchScreen)]をクリックし、[次へ(Next)] をクリックします。

  4. 3_create_launch_screen_file_2x


  5. [名前を付けて保存(Save As)] テキストフィールドにファイル名を入力し、[作成(Create)] をクリックします。

起動スクリーンファイルを設定するには


  1. 必要に応じて、[一般(General)] ペインの「アプリアイコンと起動イメージ(App Icons and Launch Images)」セクションを開きます。
  2. 起動スクリーンファイルポップアップメニューから、起動スクリーンファイルを選択します。

起動イメージの追加とスクリーンショットのキャプチャ


あなたのアプリのスクリーンショットをキャプチャする手順は、お使いのデバイスを Mac に接続したまま、次の手順に従って下さい。iOS アプリのスクリーンショットがキャプチャされたときに、スクリーンショットは、ステータスバーが見えるように含まれていますが、アプリの起動時には、iOS は、現在のステータスバーと置き換えます。


あなたのアプリ実行中にスクリーンショットをキャプチャするには


  1. あなたの Mac にデバイスを接続します。
  2. [ウィンドウ(Window)] > [デバイス(Device)] を選択し、[デバイス] の下でデバイスを選択します。
  3. [デバイス情報(Device Information)] セクションで、[スクリーンショットを撮る(Take Screenshot)] をクリックします。

  4. 3_take_screenshot_2x


    スクリーンショットが、デスクトップに表示されます。


注意: iOS 7 の展開ターゲットでは、アセットカタログにイメージを移行 で説明したように、起動イメージにアセットカタログを追加します。起動イメージを作成し、アセットカタログにアプリアイコンを追加 で説明したように、スクリーンショットをキャプチャし、起動イメージを作成し、アセットカタログにアプリのアイコンを追加するように、アセットカタログにそれらを追加して下さい。


個々のアプリアイコンと起動イメージファイルを設定


アセット・カタログを使用したくない場合は、[一般(General)] ペインの「アプリアイコンソースと起動イメージ」セクション内のアプリアイコンソースか起動イメージソースどちらかのポップアップメニューから「アセットカタログを使用しない」を選択して下さい。「アセットカタログ使用」のボタンが表示された場合は、アセット・カタログを使用していません。


アセットカタログにイメージを移行


古いプロジェクトを持っている場合は、あなたのアプリ・アイコンと起動イメージを管理するアセット・カタログにあなたのイメージファイルを移行できます。Xcode は新しいアセットカタログにテーブルからイメージファイルを移動します。アプリ・アイコンと起動イメージの独立したアセット・カタログを作成しますが、手順は同じです。


アセット・カタログに移行するには


  1. プロジェクトナビゲータで、プロジェクトとターゲットを選択し、プロジェクトエディタを表示します。
  2. [一般(General)] をクリックし、必要なら、"アプリアイコンと起動イメージ"の隣にある開閉用三角ボタンをクリックします。
  3. アプリ・アイコンソースか起動イメージソースいずれかの隣の[アセット・カタログを使用] ボタンをクリックします。

  4. 3_use_asset_catalog_2x


  5. 表示されるダイアログで、ポップアップメニューからアセットか新しいアセットカタログいずれかを選択し、[移行(Migrate)] をクリックします。

  6. 3_migrate_to_catalog_2x


アセット・カタログを表示するには、アプリ・アイコンソースの右側にある矢印ボタンをクリックするか、起動イメージソースポップアップメニューをクリックします。


著作権キーの設定(Mac)


あなたの情報プロパティリストファイルが Copyrigh(著作権) キーの有効な値を含んでいることを確認してください。可能な値の詳細については、情報プロパティリストキー·リファレンスNSHumanReadableCopyrightを参照してください。


情報プロパティリストの著作キーを編集するには


  1. Xcode 内の、プロジェクトナビゲータでプロジェクトを選択します。
  2. プロジェクト名 のフォルダの隣にある開閉用三角ボタンをクリックし、その内容を明らかにします。
  3. Supporting Files(サポートファイル) のサブフォルダの隣にある開閉用三角ボタンをクリックし、その内容を明らかにします。
  4. ProjectName(プロジェクト名)-Info.plist ファイルを選択します。
  5. 情報プロパティリストは、プロパティリストエディタの右側に表示されます。


    3_copyright_key_2x


  6. [値] 列で、著作権キーの行をダブルクリックします。
  7. キーの新しい値を入力します。



プロパティリスト内の他のセルの編集方法については、プロパティリストエディタのヘルプ を参照してください。


ビルド設定の確認


デフォルトのビルド設定を変更した場合は、ストアにアプリを提出する前に、設定の一部を確認して下さい。プロジェクトエディタの[ビルド設定] ペインでこれを行います。



ビルド設定を編集するには


  1. プロジェクトエディタで、編集したいビルド設定のプロジェクトまたはターゲットを選択します。
  2. プロジェクトエディタの上部にある[ビルドの設定(Build Setting)] をクリックします。

  3. 3_edit_build_settings_2x


  4. 左の列のビルド設定の位置を確認し、右上隅の検索フィールドでビルド設定の名前を入力します。
  5. いくつかのビルド設定が表示されない場合は、[すべて(All)] をクリックします。
  6. 右側の列のビルド設定の値を設定します。



iOS アプリのアーキテクチャを設定


アーキテクチャのビルド設定は、アプリがビルドされるアーキテクチャを識別します。iOS デバイスは、armvv7arm64 を含むアーキテクチャのセットを使用します。この設定の値を指定するには2つのオプションがあります。


アーキテクチャのビルド設定値のリストから[その他(Other)] を選択した場合は、サポートするカスタムデバイスのアーキテクチャ名を入力し、[追加(add)]ボタン(+)をクリックして下さい。


重要:ストアは armv7s しかサポートしていないビルドを拒否します。armv7s が有効なアーキテクチャのリストに含まれている場合は、armv7 も含まれていなければなりません。



ベース SDK を設定する


ベース SDK のバージョン番号は、開発デバイスのソフトウェアのバージョン番号と同じか、大きくなければなりません。それ以外の場合は、Xcode はデバイスとのデバッグセッションを開始することができません。デフォルト値は最新のオペレーティングシステムなので、プロジェクトとターゲットのベース SDK を最新に設定して下さい。ベース SDK のプロパティは、[ビルド設定] ペインの[アーキテクチャ] エリアに位置しています。iOS アプリの場合は、ベース SDK を最新の iOS に設定します。Mac アプリの場合は、ベース SDK を最新の OS X に設定します。別の値を選んだ場合、デバイスのソフトウェアバージョンと同等以上の最新の SDK バージョンをダウンロードし、インストールしてください。


アーキテクチャ・エリアに移動するには、プロジェクトやターゲットを選択し、[ビルド設定(Build Setting)] をクリックします。アーキテクチャエリアは[ビルド設定(Build Setting)] ペインに最初に表示されます。


3_base_sdk_2x


デバッグ情報の形式を設定


"dSYM ファイルと、DWARF(DWARF with dSYM File)" にデバッグ情報の形式のビルド設定を行います。クラッシュレポートの分析 で説明したように、これは、シンボリック・クラッシュレポートに必要です。


3_debug_info_format_2x


総括


この章では、テンプレートから Xcode プロジェクトを構成し、アプリの識別情報を設定し、開発のためのチームのプロビジョニング・プロファイルをチームを作成する方法を学びました。必要に応じて、開発中に、この章を参照してください。後で、ストアで必要な設定のためのチェックリストとして、この章を使用して下さい。




前の章
次の章

目次
Xcode 9 の新機能
====================
  • アプリの配布について:序文
  • アプリの軽量化(iOS、tvOS、watchOS)
  • スライス(iOS、tvOS)
    ビットコード
    オンデマンド・リソース(iOS、tvOS)
  • アカウントの管理
  • Apple 開発者プログラムについて
    個人または企業としての登録を選択
    複数のチームに参加できます
    Xcode に Apple ID アカウントを追加
    総括
  • 配布用に Xcode のプロジェクトを構成
  • Xcode プロジェクトを作成する際のプロパティの設定
    プロジェクトの構成を開始する前に
  • ID とチーム設定の構成
  • バンドル ID について
    バンドル ID の設定
    署名 ID の選択(Mac)
    チームに Xcode プロジェクトの割り当て
    チーム・プロビジョニング·プロファイルの作成
    アプリのカテゴリの設定(Mac)
    バージョン番号とビルド文字列を設定
  • 展開情報の設定
  • 展開ターゲットの設定
    ターゲット・デバイスの設定(iOS、watchOS)
  • アプリアイコンと起動スクリーンファイルの追加
  • 画像の準備
    アセットカタログにアプリアイコンを追加
    起動スクリーンファイルの作成
    起動イメージの追加とスクリーンショットのキャプチャ
    個々のアプリアイコンと起動イメージファイルを設定
    アセットカタログにイメージを移行
    著作キーの設定(Mac)
  • ビルド設定の確認
  • iOS アプリのアーキテクチャを設定
    ベース SDK を設定する
    デバッグ情報の形式を設定
    総括
  • 機能の追加
  • 資格について
    始める前に
    アプリ・サンドボックスの設定(Mac)
  • iCloud サポートの追加
  • iCloud を有効にする
    キー値の保管の構成
    書類の保管の構成
    CloudKit を使用
    カスタムコンテナの指定
  • プッシュ通知の構成
  • プッシュ通知を有効に
    プッシュ通知クライアントの SSL 証明書の作成
    手順の確認
  • サーバーでクライアントの SSL 署名 ID のインストール
  • ゲームセンターを有効にする(iOS、tvOS、Mac)
    ゲームコントローラを有効にする(tvOS)
    ウォレットの構成 (iOS、WatchKit 拡張機能)
  • Apple ペイの構成 (iOS、WatchKit 拡張機能)
  • アプリ内購入を有効にする(iOS、tvOS、Mac)
    パーソナル VPN を有効にする (iOS、Mac)
  • マップの構成(iOS、WatchKit 機能拡張、Mac)
  • Xcode でマップを有効化
    ルーティングアプリの構成 (iOS、WatchKit 機能拡張)
    ルーティング方向を提供
    iTunes Connect でアプリレコードの作成
    ストアにビルドを提出
    iTunes Connect に地理的範囲ファイルのアップロード
  • 背景モードの構成 (iOS、tvOS、WatchKit アプリ)
  • アプリ内オーディオを有効にする (iOS)
  • キーチェーン共有の構成
  • 関連ドメインの構成 (iOS、WatchKit 拡張機能)
  • アプリグループの構成
    HomeKit 追加 (iOS、WatchKit 拡張機能)
    データ保護を有効にする (iOS、WatchKit 機能拡張、tvOS)
    HealthKit の追加 (iOS、WatchKit 機能拡張)
    無線アクセサリー構成の有効化 (iOS)
    ニューススタンドの構成(iOS、WatchKit 拡張機能)
    トラブルシューティング
    総括
  • デバイス上でアプリを起動
  • Mac アプリの起動
    デバイス上でアプリの起動(iOS、tvOS、watchOS)
    スキームメニューからデバイスを削除
    デバイスからアプリを削除(iOS、tvOS、watchOS)
    手順の確認
    トラブルシューティング
    チームのプロビジョニングプロファイルをより詳しく
    総括
  • テストの為アプリをエクスポート(iOS、tvOS、watchOS)
  • 臨時のプロビジョニングプロファイルについて
    テストデバイスの登録
    アプリのアーカイブ
    ストア外でのテスト用にアプリをエクスポート
  • Xcode を使ってテストデバイスにアプリをインストール
  • iTunes を使ってテストデバイスにアプリをインストール (iOS、watchOS)
    Apple コンフィギュレータ2 (iOS、watchOS、tvOS) を使用してテストデバイスにアプリをインストール
    Xcode サーバーを使ってアプリの配布
    テスターからのクラッシュレポートを勧誘
    臨時のプロビジョニングプロファイルをより詳しく
    総括
  • テストのためアプリをエクスポート (Mac)
    テスト用 Mac の登録
    アプリのアーカイブ
    チームプロビジョニングプロファイルを使ってアプリをエクスポート
    テスト用 Mac 上にアプリをインストール
    Mac のインストーラパッケージをテスト
    インストーラパッケージを作成
    インストーラパッケージをテスト
  • iTunes Connect にアプリをアップロード
    ストアのプロビジョニングプロファイルについて
    iTunes Connect でアプリレコードの作成
    バージョンとビルド文字列を更新
  • アプリをアーカイブ
  • アーカイブスキーム設定の確認
    アーカイブの作成
    iTunes Connect の検証テストの実行
    アプリをアップロード
  • TestFlight を使ったアプリの配布 (iOS、tvOS、watchOS)
  • クラッシュレポートの分析
  • クラッシュレポートサービスについて
    クラッシュレポートを表示する前に
  • クラッシュオーガナイザでクラッシュレポートの表示
  • クラッシュレポートの表示と検索
    クラッシュレポートの情報を編集
  • デバッグナビゲータでソースコードを開く
    クラッシュレポートの統計情報の表示
  • アプリ開発者とクラッシュデータの共有
  • デバイスウィンドウでクラッシュの表示とインポート
    Xcode でクラッシュの再現
  • ストアにアプリの提出
    提出用のアプリを用意
    ヒューマンインタフェースとストアガイドラインを確認
    iTunes Connect に追加情報を入力
    最終候補をアップロード
    アプリを提出
    総括
  • iTunes Connect でアプリの管理
  • iTunes Connect のユーザーの役割と権限について
    iTunes Connect へのアクセス
    iTunes Connect のユーザーの追加と役割の表示
    アプリレコードの作成
    iOS のアプリレコードに tvOS アプリを追加
    アプリのステータスの表示
    分析を表示
    カスタマーレビューの表示
    アプリの新しいバージョンを作成する
    総括
  • 会員センターでのチームの管理
  • Apple デベロッパプログラムのチームの役割と権限
  • チームの役割
    チームの特権
    チームのエージェント
  • チームメンバーを招聘し役割を割り当てる
  • チームメンバーを招聘する
    チームの役割を変更
    チームメンバーのデバイスを登録
    チームエージェントの役割を移動
    チームメンバーの削除
  • 署名 ID と証明書を維持する
  • 署名 ID と証明書について
    署名 ID とプロビジョニングプロファイルの表示
  • 署名 ID の作成
  • 手順の確認
  • 会員センターを使用し確認
    キーチェーンアクセスを使用し確認
    トラブルシューティング
    開発者 ID 証明書の追加作成
    なくなった中間証明権限をインストール
  • 証明書とプロファイルのエクスポートとインポート
    開発者プロファイルをエクスポート
    選択した証明書のエクスポート
    開発者プロファイルをインポート
    キーチェーンから署名 ID を削除
  • 証明書の破棄
  • 破棄する特権
    Xcode を使用して開発証明書のリセット
    会員センターを使用して証明書の破棄
    期限切れの証明書の交換
    証明書を再作成し関連するプロビジョニングプロファイルの更新
    プッシュ通知クライアントの SSL証明書の作成
  • コード署名 ID ビルドを設定する
  • トラブルシューティング
    署名証明書を詳しく
    総括
  • ID、デバイス、プロファイルの維持
  • アプリ ID の登録
    アプリ ID の編集
    アプリ ID の削除
    チーム ID を検索する
  • 会員センターを使用してデバイスを登録する
  • デバイス ID の検索
  • Xcode を使用してデバイス ID を検索
    iTunes を使って iOS のデバイス IDを検索(iOS,tvOS)
    システム情報を使用してデバイス ID 検索(iOS,tvOS,Mac)
    個々のデバイスを登録
  • 複数のデバイスを登録
  • Apple コンフィギュレータを使用してプロパティリストのデバイスファイルを作成
    プレインテキストのデバイスファイルの作成
    デバイスファイルのアップロード
    あなたの iOS または Apple TV デバイスにプレリリースのインストール
    会員センターを使ってデバイスを無効/有効にする
    デバイス上のアプリの管理
    デバイスからアプリの削除
    会員センターを使用してプロビジョニングプロファイルの作成
    開発用プロビジョニング・プロファイルの作成
    アドホック・プロビジョニング・プロファイルの作成(iOS、tvOS、watchOS)
    ストアのプロビジョニングプロファイルの作成
    Xcode でプロビジョニングプロファイルのダウンロード
    カスタム・プロビジョニング・プロファイルの使用
    トラブルシューティング
    Xcode 管理のプロビジョニング・プロファイルへの移行
    会員センターでプロビジョニングプロファイル編集
    期限切れのプロビジョニングプロファイルの更新
    デバイス上のプロビジョニングプロファイルの確認と削除
    会員センターからプロビジョニングプロファイルを削除
    会員センターからプロビジョニングプロファイルをダウンロード
    アプリのバイナリ資格の確認
    総括
    Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリの配布
    Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリの開発
    あなたのチームをビルドする(チームエージェント)
    共有したチームプロビジョニングプロファイルの作成 (チーム管理者)
    開発の開始(チームメンバー)
    Apple 開発者エンタープライズプログラムアプリのテスト
    追加のエンタープライズ配布証明書の作成
    期限切れの証明書とプロビジョニング・プロファイルの管理
    あなたのアプリの社内でのエクスポート
    アーカイブの作成
    iOS アプリのファイルの作成
    手動でエンタープライズ開発者を信頼
    サーバーツールについて詳しく知る
    総括
  • Mac App Store 外でのアプリの配布
  • 開発者 ID の署名付きアプリとインストーラパッケージの作成
    開発者 ID にコード署名 ID の設定
  • 開発者 ID 証明書の作成
  • アーカイブの作成
    開発者 ID 署名のアプリの検証
    開発者 ID 署名のアプリのエクスポート
    インストーラパッケージに署名
  • 手順の確認
  • ゲートキーパーの有効化と無効化
  • ゲートキーパーの動作のテスト
  • 開発者 ID で署名されたアプリのテスト
    起動動作をテスト
    ゲートキーパーの動作テストに備えるため
    総括
  • トラブルシューティング
  • 証明書の問題
  • コード署名 ID をなくした時
    一致するプロビジョニングプロファイルがない時
    署名 ID の秘密鍵がなくなった場合
    開発者 ID 証明書の秘密鍵がなくなった場合
    中間証明書がないので証明書が無効
    証明書は、信頼に問題あり
    証明書は、有効期限が切れている
    要求がタイムアウトした
    プロビジョニングプロファイルや署名 ID が Xcode のメニューに表示されない
  • プロビジョニングの問題
  • デバイスにインストールされたプロビジョニングプロファイルが無効
    プロビジョニングプロファイルが会員センター内で無効とされる
    そのようなプロビジョニングプロファイルは見つからない
  • ビルドとコード署名の問題
  • Xcode にはプロビジョニングプロファイルが見つからない
    Xcode は、証明書を信頼していない
    コード署名 ID ビルド設定がどの証明書とも一致しない
    キーチェーンが、重複したコード署名 ID を含む
    プロビジョニングプロファイルのアプリ ID がアプリのバンドル ID と一致しない
    あなたのデバイスが、スキームツールバーメニューでリストされないか不適格
    デバッグ情報の問題
    Xcode はデバイスを接続すると不明の iOS を検出したというダイアログが表示
    アーカイブと提出の課題
    サポートされている機能
    文書改訂履歴
    用語集














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ














    トップへ