Swift 標準ライブラリ   >     CustomReflectable


プロトコル


CustomReflectable


独自のミラーを明示的に提供するタイプ。





概観


Mirror(reflect:) イニシャライザを使用して任意の型のミラーを作成できますが、デフォルトであなたの型に提供されているミラーに満足できない場合は、CustomReflectable に準拠させてカスタムミラーインスタンスを返すことができます。


プロトコル要件




インスタンスプロパティー


関連




以下で採用:



  • NSDictionary
  • NSMutableArray
  • NSMutableDictionary
  • NSMutableSet
  • NSSet
  • ObjCBool
  • Optional
  • PersonNameComponents
  • Range
  • SBElementArray
  • Selector
  • Set
  • SetIterator
  • StaticString
  • StrideThrough
  • StrideTo
  • String
  • String.UnicodeScalarView
  • String.UTF16View
  • String.UTF8View
  • TimeZone
  • UInt
  • UInt16
  • UInt32
  • UInt64
  • UInt8
  • UnicodeScalar
  • UnsafeMutablePointer
  • UnsafeMutableRawPointer
  • UnsafePointer
  • UnsafeRawPointer
  • URLComponents
  • URLQueryItem
  • URLRequest
  • UUID



  • 目次
    Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • iOS 8.0+
    macOS 10.10+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 概観
  • プロトコル要件
  • 関連












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)