フレームワーク


Swift 標準ライブラリ


複雑な問題を解決し、高性能で読みやすいコードを書く。すべての Swift プログラムに共通する基本プロトコル、データ型、及びアルゴリズムにアクセスします。





概観


Swift 標準ライブラリは、Swift のプログラムを記述するための基本レイヤーを定義し、以下のものを含んでいます。


注意: Swift 標準ライブラリタイプを試し、視覚化と実用的な例を使用して高レベルの概念を学美ましょう。Swift 標準ライブラリがプロトコルとジェネリック(汎用) を使って強力な制約をどのように表現しているかを学びましょう。開始するには、以下のプレイグランドをダウンロードしてください。

Swift Standard Library.playground



多くの言語機能には対応するプロトコルがあります。プロトコルに準拠したどのタイプでも、その機能で使用できます。たとえば、for-in ループは、型が Sequence プロトコルに準拠する任意の値の要素を反復処理でき、ExpressibleByStringLiteral プロトコルに準拠する全ての型は、文字列リテラルから代入された値を持つことができます。


デフォルトでは、標準ライブラリはメモリの安全性を保証します。多くの関数とメソッドは、配列インデックスが有効であるなどのように、呼び出し元が満たさなければならない要件を文書化しています。要件に違反していてもメモリの安全性が保証されます。ただし、要件に違反すると、実行時エラーが発生する可能性があります。その名前に "unsafe" という単語が含まれている API を使用すると、追加のパフォーマンスが必要な場所で安全チェックを明示的に無効にすることができます。安全でない (unsafe) API を使用するコードのメモリの安全性を確認するのはあなたの責任です。マルチスレッドコードに競合状態がある場合、メモリの安全性も保証されません。


多くの関数とメソッドは、文書化されたパフォーマンス特性を持っています。これらの特性は、参加するすべてのプロトコルの性能期待値が満たされた場合にのみ保証されます。参加する型がこれらの期待を満たすことができない場合、その性能保証を除き、関数とメソッドは文書化されたとおりに機能します。標準ライブラリによって提供される型は、明示的に記述されている場合を除いて、採用するプロトコルのすべての性能期待値を満たします。


シンボル




クラス


ManagedBuffer


インスタンスが Header 型のプロパティと Element の配列の生の記憶域を含むクラス。インスタンスの作成時にそのサイズが決定されます。





プロトコル


@@@@@@@@@@@@@
@@@@@@@@@@@@@

目次
Xcode 9 の新機能


  • 言語:Swift
  • 概観
  • シンボル












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)