XCode 10.2 日本語化計画: Swift 標準ライブラリ


文書   >   Swift   >   Swift 標準ライブラリ   >   Strings and Text   >   Character

構造体


Character


ユーザが知覚する文字に近い単一の拡張書記素クラスタ。




宣言


struct Character



概要


Character 型は、Unicode 境界アルゴリズムによってグループ化された、1 つ以上の Unicode スカラー値で構成される文字を表します。通常、Character インスタンスは、文字列の読者が単一の文字として認識するものと一致します。文字列は Character インスタンスのコレクションであるため、表示される文字数は通常、文字列の長さを数えるための最も自然な方法です。


let greeting = "Hello! 🐥"
print("Length: \(greeting.count)")
// Prints "Length: 8"


文字列内の各文字は 1 つ以上の Unicode スカラー値で構成できるため、文字列内の文字数が Unicode スカラー値表現の長さや特定のバイナリ表現内の文字列の長さと一致しない場合があります。


print("Unicode scalar value count: \(greeting.unicodeScalars.count)")
// Prints "Unicode scalar value count: 15"

print("UTF-8 representation count: \(greeting.utf8.count)")
// Prints "UTF-8 representation count: 18"


すべての Character インスタンスは、拡張書記素クラスタ としてまとめられた 1 つ以上の Unicode スカラー値で構成されています。これらのスカラー値がグループ化される方法は、標準、ローカル化、またはその他の方法で調整された Unicode セグメンテーションアルゴリズムによって定義されます。


たとえば、国の Unicode フラグ文字は、その国の ISO 3166-1 alpha-2 コードに対応する 2 つの地域指標スカラー値で構成されています。米国の alpha-2 コードは "US" であり、そのため、そのフラグ文字は Unicode のスカラー値 "\u{1F1FA}"(REGIONAL INDICATOR SYMBOL LETTER U、地域指標記号文字 U) と "\u{1F1F8}"(REGIONAL INDICATOR SYMBOL LETTER S、地域表示記号文字 S) で構成されています。文字列リテラル内で互いに隣接して配置されると、これら 2 つのスカラー値は、Swift の Character インスタンスによって表される単一の書記素クラスタに結合されます。


let usFlag: Character = "\u{1F1FA}\u{1F1F8}"
print(usFlag)
// Prints "🇺🇸"


この議論で使用されている Unicode の用語の詳細については、Unicode.org の用語集 を参照してください。特に、この議論では 拡張書記素クラスタUnicode スカラー値 について説明します。


トピックス




文字の作成




テキストストリームに書き込む




文字の比較





文字の Unicode 値の操作





文字の検査





文字の大小をチェックする





文字の数値プロパティの確認





範囲式の作成





文字を描く





あまり使われない機能


関連





以下に準拠


以下も見よ





文字列と文字

















トップへ












トップへ












トップへ












トップへ
目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK:
  • Xcode 6.3+
  • フレームワーク
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • 概要
  • トピックス
  • 関連
  • 以下も見よ












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)