文書   >   Swift 標準ライブラリ   >   Basic Behaviors   >   Hashable


プロトコル


Hashable


整数ハッシュ値を生成するために Hasher にハッシュできる型。





宣言


protocol Hashable


概観


Hashable プロトコルに準拠する任意の型をセットで使用することも、辞書キーとして使用することもできます。標準ライブラリ内の多くの型は Hashable に準拠しています。それらは、文字列、整数、浮動小数点、およびブール値、そしてセットさえもデフォルトでハッシュ値を提供します。独自のカスタム型も hashable (ハッシュ可能な値) にすることができます。関連した値を持たない列挙型を定義すると、自動的に Hashable に準拠するようになり、単一の hashValue プロパティを追加することによって、他のカスタム型に Hashable への準拠を追加できます。


型の hashValue プロパティによって提供されるハッシュ値は、等しく比較される任意の 2 つのインスタンスで同じ整数です。つまり、同じ型の a と b の 2 つのインスタンスの場合、a == b の場合、a.hashValue == b.hashValue です。 逆の場合は true ではありません。等しいハッシュ値を持つ 2 つのインスタンスが必ずしも互いに等しいとは限りません。


重要

ハッシュ値は、プログラムの異なる実行間で等しくなることは保証されていません。将来の実行で使用するためにハッシュ値は保存しないでください。



Hashable プロトコルに準拠する


セットで独自のカスタム型を使用するか、辞書のキー型として使用するには、Hashable への準拠を型に追加します。Hashable プロトコルは Equatable プロトコルから継承しているため、そのプロトコルの要件も満たさなければなりません。


カスタム型の Hashable および Equatable 要件は、型の元々の宣言に Hashable への準拠を宣言し、型が以下の基準を満たす場合、コンパイラによって自動的に合成されます。


型の Hashable への準拠をカスタマイズするには、上記の基準を満たさない型で Hashable を採用するか、または既存の型を Hashable に準拠させるために、カスタム型に hashValue プロパティを実装して下さい。あなたの型が HashableEquatable プロトコルのセマンティック (意味的) な要件を満たしているかどうかを確認するには、型の Equatable 準拠をカスタマイズして一致させることをお勧めします。


例として、ボタンのグリッド内の位置を記述する GridPoint 型を考えてみましょう。GridPoint 型の最初の宣言は以下のとおりです。



/// A point in an x-y coordinate system.
struct GridPoint {
    var x: Int
    var y: Int
}



ユーザーが既にタップしたグリッドポイントのセットを作成したいとします。GridPoint 型はまだハッシュ可能 (hashable) ではないため、セットの Element 型として使用することはできません。 Hashable 準拠を追加するには、== 演算子関数と hashValue プロパティを指定して下さい。



extension GridPoint: Hashable {
    var hashValue: Int {
        return x.hashValue ^ y.hashValue &* 16777619
    }

    static func == (lhs: GridPoint, rhs: GridPoint) -> Bool {
        return lhs.x == rhs.x && lhs.y == rhs.y
    }
}



この例の hashValue プロパティは、グリッドポイントの x プロパティのハッシュ値と y プロパティのハッシュ値に素数の定数を掛け合わせて組み合わせたものです。


注意:

上の例は単純な型の非常に良いハッシュ関数です。カスタム型のハッシュ関数を作成する場合は、その型より成るデータの種類に適したハッシュアルゴリズムを選択します。セットと辞書のパフォーマンスは、関連する要素とキーの型それぞれの衝突を最小限に抑えるハッシュ値に依存します。



GridPointHashable プロトコルに準拠したので、以前にタップしたグリッドポイントのセットを作成できます。



var tappedPoints: Set = [GridPoint(x: 2, y: 3), GridPoint(x: 4, y: 1)]
let nextTap = GridPoint(x: 0, y: 1)
if tappedPoints.contains(nextTap) {
    print("Already tapped at (\(nextTap.x), \(nextTap.y)).")
} else {
    tappedPoints.insert(nextTap)
    print("New tap detected at (\(nextTap.x), \(nextTap.y)).")
}
// Prints "New tap detected at (0, 1).")



トピックス





ハッシュ値の提供


関連





以下からの継承


Equatable





以下による継承





以下により採用







以下も見よ





Set と Dictionary





目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 6.0.1+
  • フレームワーク
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • 概観
  • トピックス
  • 関連












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)