文書   >   Foundation   >   Date and Times   >   Date   >   NSDate


クラス


NSDate


Date にブリッジする特定の時点の表現。参照セマンティクスやその他の Foundation 特有の動作が必要な場合は NSDate を使用して下さい。





概観


NSDate オブジェクトは、特定のカレンダーシステムまたはタイムゾーンとは関係なく、単一の時点をカプセル化します。Date オブジェクトは不変であり、絶対参照日付 (2001 年 1 月 1 日 00:00:00 UTC) に対する不変時間間隔を表します。


NSDate クラスは、日付の比較、2 つの日付間の時間間隔の計算、および別の日付に対する時間間隔からの新しい日付の作成方法を提供します。NSDate オブジェクトを DateFormatter オブジェクトと共に使用して、日付と時刻のローカライズされた表現を作成することができます。また、NSCalendar オブジェクトを使用してカレンダー演算を行うこともできます。


NSDate は、Core Foundation の 対応する相手、CFDate と通話無料でブリッジされています。通話無料のブリッジの詳細については、通話無料でブリッジ を参照してください。


重要: Foundation フレームワークへの Swift のオーバーレイは、Date 構造体を提供し、NSDate クラスにブリッジします。値の型の詳細については、Cocoa と Objective-C での Swift の使用 (Swift 4.1)Cocoa フレームワークでの作業 を参照してください。


サブクラス化する際の注意点


特定のカレンダーシステムでの作業をより簡単にするため、またはより細かい時間的精度で日付と時刻の値を扱うために、NSDate をサブクラス化することができます。


オーバーライドするべきメソッドとその他の要件


private サブクラスまたは public サブクラスで提供される動作とは異なる動作を取得するために NSDate をサブクラス化する必要がある場合は、次の作業を行なわなければなりません。


特別の考慮事項


あなたのサブクラスでは、NSDate (2001 年 1 月 1 日 00:00:00 UTC) で使用されている絶対参照日付とは異なる参照日付を使用することがあります。もしそうであれば、timeIntervalSinceReferenceDate メソッドと init(timeIntervalSinceReferenceDate:) メソッドの実装で絶対参照日付を使用しなければなりません。つまり、これらのメソッドのタイトルで参照される参照日付は絶対参照日付です。これらのメソッドで絶対参照日付を使用しない場合、あなたのサブクラスの NSDate オブジェクトと private サブクラスの NSDate オブジェクトの比較は機能しません。


トピックス





日付(Date)の初期化





時間的境界の取得





日付の比較





時間間隔の取得





時間間隔の追加





日付の記述





通知の認識





過去の操作


関連





以下からの継承


NSObject





以下に準拠


  • CKRecordValue
  • CustomPlaygroundQuickLookable
  • CVarArg
  • Equatable



以下も見よ





参照型の使用





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK:
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • フレームワーク
  • Foundation
  • 概観
  • トピックス
  • 関連
  • 以下も見よ












  • トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)