命名規則


Core Foundation の主なプログラミングインターフェイスの規則では、シンボルに最も密接に関連する不透明型の名前をシンボルの接頭辞として使用します。関数の場合、この接頭辞は、関数が "属している" 型だけでなく、通常、関数の動作の対象となるオブジェクトの型をも識別します。(この規約の例外は定数であり、型接頭辞の前に "k" を付けます)。ヘッダファイルのいくつかの例を以下に示します:


/* from CFDictionary.h */
CF_EXPORT CFIndex CFDictionaryGetCountOfKey(CFDictionaryRef dict, const void *key);
/* from CFString.h */
typedef UInt32 CFStringEncoding;
/* from CFCharacterSet.h */
typedef enum {
    kCFCharacterSetControl = 1,
    kCFCharacterSetWhitespace,
    kCFCharacterSetWhitespaceAndNewline,
    kCFCharacterSetDecimalDigit,
    kCFCharacterSetLetter,
    kCFCharacterSetLowercaseLetter,
    kCFCharacterSetUppercaseLetter,
    kCFCharacterSetNonBase,
    kCFCharacterSetDecomposable,
    kCFCharacterSetAlphaNumeric,
    kCFCharacterSetPunctuation,
    kCFCharacterSetIllegal
} CFCharacterSetPredefinedSet;


Core Foundation には、不透明型やメモリ管理に関連するプログラミングインタフェース規則に加え、いくつかのプログラミングインタフェース規則があります。


前の章 次の章



目次
Xcode 10 の新機能

  • Core Foundation の設計思想への序文
  • この文書の構成
  • 不透明型
  • 不透明型の有利さ
  • オブジェクト参照
  • 多形関数
  • 様々なオブジェクト
  • 命名規則
  • その他の型
  • オブジェクトの比較
  • オブジェクトの検査
  • 通話無料でブリッジされた型
  • キャストとオブジェクトの寿命の意味
    通話無料でブリッジされた型
  • 文書改訂履歴












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)