その他の型


Core Foundation は、関数で一般的に使用されるいくつかのデータ型を定義しています。これらの型の一部の目的は、プロセッサのアドレス空間が変更したときに変更する必要のある原始的値を抽象化することです。たとえば、CFIndex 型は、index、count、length、および size のパラメータで使用されます。CFOptionFlags 型はビットフィールドパラメータに使用され、CFHashCode 型は CFHash 関数および特定のハッシュする呼び出し関数から返されるハッシュ結果を保持します。


比較や範囲の値を受け取り、返す関数では、他の基本型が使用されます。CFRange は、文字列内の文字からコレクション内の要素までの線形シーケンスの任意の部分を指定する構造体です。比較関数の場合、CFComparisonResult 型は適切な戻り値(等しい、小さい、大きい) を表す enum 定数を定義します。いくつかの Core Foundation 関数はコンパレータ関数に呼び出しを行います。カスタムコンパレータが必要な場合、関数は CFComparatorFunction 型で指定されたシグネチャに準拠している必要があります。


重要: 整数値の特定の Core Foundation 型、特に CFIndex と CFTypeID は、プロセッサのアドレスサイズが大きくなるにつれてますます大きくなる可能性があります。同じ型の Core Foundation 引数と相互作用する変数に基本型を使用することにより、コードのソース互換性を高められます。


Core Foundation が提供するその他の不透明型については、別のトピックで説明します。


前の章 次の章



目次
Xcode 10 の新機能

  • Core Foundation の設計思想への序文
  • この文書の構成
  • 不透明型
  • 不透明型の有利さ
  • オブジェクト参照
  • 多形関数
  • 様々なオブジェクト
  • 命名規則
  • その他の型
  • オブジェクトの比較
  • オブジェクトの検査
  • 通話無料でブリッジされた型
  • キャストとオブジェクトの寿命の意味
    通話無料でブリッジされた型
  • 文書改訂履歴












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)