様々なオブジェクト


不透明型は、編集可能性とオブジェクトで期待される拡張性の特性に基づいて、最大 3 つの基本的な変種、すなわち"フレーバー" になります。


可変オブジェクトは編集可能であり、つまり、内容を変更できます。不変オブジェクトは編集できません。一度作成されると変更することはできません。不変オブジェクトを変更しようとすると、通常は何らかのエラーが発生します。固定サイズのオブジェクトには、最大限に拡張できます。CFString の場合は文字数、コレクションの場合は要素数です。


CFString や CFArray などのいくつかの不透明型は、3 つのオブジェクトのすべてのフレーバーを作成できます。ほとんどの不透明型は不変の、固定サイズのオブジェクトを作成でき、通常はジョブを行うための少なくとも 1 つの無資格の作成関数(CFArrayCreate など) を持ちます。可変で固定のサイズと不定サイズの決定は、TypeCreateMutable 関数の capacity または maximum-length パラメータの値です。任意の正の値は固定サイズのオブジェクトになりますが、0 は不定サイズのオブジェクトを指定します。


可変オブジェクトへの参照には、型名に "Mutable" が含まれます(例:CFMutableStringRef)。


前の章 次の章



目次
Xcode 10 の新機能

  • Core Foundation の設計思想への序文
  • この文書の構成
  • 不透明型
  • 不透明型の有利さ
  • オブジェクト参照
  • 多形関数
  • 様々なオブジェクト
  • 命名規則
  • その他の型
  • オブジェクトの比較
  • オブジェクトの検査
  • 通話無料でブリッジされた型
  • キャストとオブジェクトの寿命の意味
    通話無料でブリッジされた型
  • 文書改訂履歴












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)