序文


メモリを管理するために、Core Foundation はアロケータ、参照カウント・メカニズム、および関数の名前によって示唆されるオブジェクト所有権のポリシーを使用します。このトピックでは、オブジェクトの作成、コピー、保持、解放のための関連技法について説明します。


メモリ管理は、Core Foundation を効果的かつ効率的に使用する上で基本的です。この文書は、Core Foundation を使用しているすべての開発者にとって必須の情報です。


この文書の構成


以下の概念とタスクでは、Core Foundation がオブジェクトのメモリ割り当てと割り当て解除を管理するために提供するビルトインサポートについて説明します。


アロケータをカスタマイズする必要がある場合は、以下を読みましょう:


バイト順とスワップの詳細については、以下を参照してください:


以下も見よ


次の章



目次
Xcode 9 の新機能

  • 序文
  • この文書の構成
    以下も見よ
  • アロケータ
  • 所有権ポリシー
  • 基礎
    命名規則
    作成規則
    取得規則
    インスタンス変数と渡すパラメータ
    所有権の例
  • Core Foundation オブジェクトの寿命管理
  • オブジェクト参照の保持
    オブジェクト参照の解放
    オブジェクト参照のコピー
    オブジェクト保持カウントの決定
  • Copy 関数
  • 浅いコピー
    深いコピー
  • バイト順
  • 作成関数でのアロケータの使用
  • アロケータコンテキストの使用
  • カスタムアロケータの作成
  • アロケータ呼び出し関数の実装
  • バイトスワップ
  • 整数のバイトスワップ
    浮動小数点値のバイトスワップ
  • 文書改訂履歴












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)