作成関数でのアロケータの使用


各 Core Foundation の不透明型には、1 つ以上の 作成関数、特定の方法で初期化されたその型のオブジェクトを作成して返す関数があります。すべての作成関数は、最初のパラメータとしてアロケータオブジェクト (CFAllocatorRef) への参照を取ります。また、いくつかの関数は、特殊な割り当てや割り当て解除の目的のアロケータパラメータを持つこともあります。


アロケータ参照パラメータにはいくつかのオプションがあります。



カスタムアロケータを使用して、それをデフォルトのアロケータにしたい場合は、まず CFAllocatorGetDefault 関数を使用して現在のデフォルトアロケータへの参照を取得し、それをローカル変数に格納することをお勧めします。カスタムアロケータの使用が終了したら、CFAllocatorSetDefault 関数を使用して、格納されているアロケータをデフォルトアロケータとしてリセットします。


前の章 次の章



目次
Xcode 10 の新機能

  • 序文
  • この文書の構成
    以下も見よ
  • アロケータ
  • 所有権ポリシー
  • 基礎
    命名規則
    作成規則
    取得規則
    インスタンス変数と渡すパラメータ
    所有権の例
  • Core Foundation オブジェクトの寿命管理
  • オブジェクト参照の保持
    オブジェクト参照の解放
    オブジェクト参照のコピー
    オブジェクト保持カウントの決定
  • Copy 関数
  • 浅いコピー
    深いコピー
  • バイト順
  • 作成関数でのアロケータの使用
  • アロケータコンテキストの使用
  • カスタムアロケータの作成
  • アロケータ呼び出し関数の実装
  • バイトスワップ
  • 整数のバイトスワップ
    浮動小数点値のバイトスワップ
  • 文書改訂履歴












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)