Swift コミュニティがホストとなった継続的統合


2018年5月3日 Nicole Jacque     Mishal Shah



Swift.org の継続的な統合テストシステムを大幅に拡張したことをお知らせいたします。Swift コミュニティのメンバーは、数多くの新しいプラットフォームで Swift をサポートするのが難しく、追加のプラットフォームをテストするためにコミュニティホストノードをサポートするために Swift CI システムを拡張しました。


コミュニティメンバーは、追加プラットフォーム用のノードをホストするボランティアで、ホストシステムの保守を担当します。Swift コミュニティがホストとなった CI Repository でプルリクエストを作成すると、新しいノードを開始できます。プロセスに関する詳細は、README.md に記載されています。


私たちはコミュニティの何人かのメンバーと協力して、今日 Fedora で CI テストを利用できるようになり、Debian "Stretch" で ARMv7 を利用できるようになったことを嬉しく思っています。コミュニティがホストとなった CI でそれらをご覧ください。


質問?コメント?


この記事に関する質問やコメントがある場合は、Swift フォーラムの この関連スレッド にお気軽にお問い合わせください。


<-暗黙開封された Optionals の再実装 Swift フォーラムに関連するプロジェクトを紹介->






目次
Xcode 10 の新機能

SwiftLogo
  • Swift 4.2 全メニュー

  • Swift について

  • ブログ
  • Swift コミュニティがホストとなった継続的統合
  • 質問?コメント?

  • Swift のダウンロード

  • Swift 入門

  • 文書化

  • ソースコード

  • コミュニティガイドライン

  • 投稿

  • Swift の継続的統合

  • Swift ソースの互換性

  • フォーカスエリア

  • ABI の安定性

  • サーバー API プロジェクト

  • コンパイラと標準ライブラリ

  • プロジェクト

  • パッケージマネージャ

  • Swift コアライブラリ

  • REPL とデバッガ、プレイグラウンド













  • トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)