Swift 4.2 日本語化計画 : Swift 4.2

コンパイラと標準ライブラリ


メインの Swift リポジトリ には、Swift コンパイラと標準ライブラリのソースコード、および SourceKit (IDE 統合用)、Swift 回帰テストスイート、および実装レベルのマニュアルなどの関連コンポーネントが含まれています。


コンパイラのアーキテクチャ


全体として、Swift コンパイラは、Swift ソースコードを効率的かつ実行可能なマシンコードに変換することに主に責任があります。ただし、Swift コンパイラのフロントエンドはまた、シンタックスカラーリング、コード補完などの便利な機能を備えた IDE 統合環境など、さまざまなツールもサポートしています。この文書では、Swift コンパイラの主要コンポーネントのハイレベルな説明をします。


標準ライブラリの設計


Swift の標準ライブラリには、基本的なデータ型 (例えば、IntDouble など)、コレクション (例えば、ArrayDictionary など)、それらを操作するアルゴリズム、文字と文字列、低レベルのプリミティブ (例えば、UnsafeMutablePointer) のような、さまざまなデータ型、プロトコルおよび関数が含まれています。標準ライブラリの実装は、Swift リポジトリ 内の stdlib/public サブディレクトリにあり、このサブディレクトリは、さらに以下のように細分化されています。


Swift の標準ライブラリは Swift で書かれていますが、スタック内の最下位の Swift コードであるため、他の Swift コードがビルドされれているコアデータ型を実装するため、通常の Swift コードとは少し異なります。その違いのいくつかは以下のとおりです。






目次
Xcode 10 の新機能

SwiftLogo
  • Swift 4.2 全メニュー

  • Swift プログラム言語

  • Swift について
  • Swift 4.2 への移行

  • ブログ

  • Swift のダウンロード

  • Swift 入門

  • 文書化

  • ソースコード

  • コミュニティガイドライン

  • 投稿

  • Swift の継続的統合

  • Swift ソースの互換性

  • フォーカスエリア

  • ABI の安定性

  • サーバーワークグループ

  • コンパイラと標準ライブラリ
  • コンパイラのアーキテクチャ
    標準ライブラリの設計

    プロジェクト

  • パッケージマネージャ

  • Swift コアライブラリ

  • REPL とデバッガ、プレイグラウンド













  • トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)