ブログ:Swift 4.0 リリース!


2017年9月19日 Ted Kremenek


Swift 4 が公式にリリースされました!Swift 4 は Swift 3 の強みを基盤にビルドされており、堅牢性と安定性を高め、Swift 3 とのソースコード互換性を提供し、標準ライブラリを改善し、アーカイブやシリアライズなどの機能を追加します。


WWDC 2017:Swift の新機能 プレゼンテーション(訳注:FireFox ではうまく見られないようです。Safari ならうまく見られます。)を見て、Ole Begemann によってまとめられたこの プレイグラウンド の新機能のいくつかを試してみてください。


言語の更新


Swift 4.0 は主な言語のリリースであり、Swift Evolution プロセスを経た以下の言語の変更と更新が含まれています。


文字列


Swift 4 には、Unicode の正確さを保持し、部分文字列を作成、使用、管理するためのサポートが追加された、より高速で使いやすい String の実装が含まれています。


もっと見る:(訳注: リンク先の翻訳についてはご容赦下さい。)


コレクション


Swift 4 では、コレクション型の作成、使用、および管理が改善されました。


もっと見る:


アーカイブとシリアル化


Swift 4 は、構造体と列挙型のアーカイブをサポートし、JSON や plist などの外部形式への型保証シリアル化を可能にします。


詳細はこちらをご覧ください:SE-0166 Swift のアーカイブとシリアル化


その他の言語の更新


Swift 4 はまた、Swift 革命プロセスから以下の言語の提案を実装しています。


新しい互換モード


Swift 4 では、新しいバージョンのコンパイラを使用するためにコードを変更する必要はありません。コンパイラは 2 つの言語モードをサポートしています。


言語モードは、Swift Package Manager および Xcode によって自動的に処理される -swift-version フラグによってコンパイラに指定されます。


これらの言語モードの利点の 1 つは、新しい Swift 4 コンパイラの使用を開始し、一度に 1 つのモジュールで新しい Swift 4 の機能を利用して、自分のペースで Swift 4 に完全に移行できることです。


Swift 4 の移行と互換モードの詳細については、Swift 4 への移行 を参照してください。


Package Manager の更新


Swift 4 では、新しいワークフロー機能と Swift Package Manager のより完全な API が導入されました。


さらに、Swift Package Manager は Swift 3.1 (SE-0159) で導入されたパッケージマネージャツールの上でビルドするため、パッケージ作成者は Swift 4 を含むパッケージのビルドに必要な Swift のバージョンを指定できます。


パッケージマネージャーの拡張機能の詳細については、以下を参照してください。


文書化


Swift 4.0 用 Swift プログラミング言語 の最新バージョンは、Swift.org で入手できます。Apple の iBooks ストア でも無料で入手できます。


プラットフォーム


Linux


Ubuntu 16.10、Ubuntu 16.04、および Ubuntu 14.04 の公式バイナリを ダウンロードできます


Apple(Xcode)


アップルのプラットフォーム上での開発用に、Swift 4.0 は Xcode 9 の一部として出荷されます。


Swift.org からツールチェーンを ダウンロードできます


ソース


Swift 4.0 上の開発は、GitHub 上の、以下のリポジトリの swift-4.0-branch で辿れます。


swift-4.0-RELEASE というタグは、Swift 4.0 の最終版を構成するリポジトリの特定のリビジョンを指定します。


swift-4.0-branch というタグは開いたままですが、同じリリース管理プロセスの下で、潜在的な将来のバグ修正 "dot" リリースの変更を蓄積しています。


Swift のローカルリファクタリング



目次
Xcode 9 の新機能

SwiftLogo
  • Swift について
  • 特徴
    安全
    Swift.org とオープンソース
    プロジェクト
    プラットフォームサポート
    アップルのプラットフォーム
    Linux
  • ブログ:Swift 4.0 リリース!
  • 言語の更新
    文字列
    コレクション
    アーカイブとシリアル化
    その他の言語の更新
    新しい互換モード
    Package Manager の更新
    文書化
  • プラットフォーム
  • Linux
    Apple(Xcode)
    ソース
  • Swift のローカルリファクタリング
  • リファクタリングの種類
    カーソルベースのリファクタリング
    レンジベースのリファクタリング
    診断
    テスト
    文脈上のリファクタリングテスト
    コード変換テスト
    Xcode との統合
    潜在的なローカルリファクタリングの考え方
  • Swift のダウンロード
  • リリース
    Swift 4.0
    Swift 3.1.1
    Swift 3.1
    Swift 3.0.2
    Swift 3.0.1
    Swift 3.0
    Swift 2.2.1
    Swift 2.2
    スナップショット
    基幹となる開発(マスター)
    古いスナップショット
    Swift 4.0 の開発
    古いスナップショット
    Swift 3.1 の開発
    古いスナップショット
    古いリリースの分岐
    ダウンロードを使用して
    インストール
    MacOS でのコード署名
    Linux
    必要
    サポートしているターゲットプラットフォーム
    インストール
    アクティブな署名鍵
  • Swift 4.0 入門
  • Swift のインストール
    Linux の場合
    REPL の使用
    パッケージマネージャの使用
    パッケージの作成
    実行可能ファイルの作成
    複数のソースファイルの操作
    LLDB デバッガの使用
  • 文書化
  • Swift プログラミング言語
    翻訳
    API 設計ガイドライン
  • API 設計ガイドライン
  • 目次
    基礎
    ネーミング
    明確な使用の促進
    流暢な使用を目指す
    用語をよく使う
    規約
    一般的規約
    パラメータ
    引数ラベル
    特別な命令
  • Swift 4 への移行
  • 移行前の準備
    Swift 移行アシスタント
    Swift 4 移行の変更の概要
    SDK の変更点
    注目すべき特別なケース
    新しい String
    デフォルトのパラメータ値は public です
    移行の後
    移行に関する既知の問題
    Carthage/CocoaPods プロジェクトの使用
    その他
  • Swift 3 への移行
  • 移行前の準備
    Swift 移行アシスタント
    Swift 3 移行変更の概要
    API 設計ガイドライン
    SDK
    Swift 標準ライブラリ
    言語
    移行後
    Carthage/CocoaPods プロジェクトの使用 既知の移行の問題
    Swift 標準ライブラリ
    SDK
    Swift 3 言語
    その他
  • ソースコード
  • コンパイラと標準ライブラリ
    Core Library
    パッケージマネージャ
    Xcode の Playground サポート
    クローンされたリポジトリ
  • コミュニティガイドライン
  • コミュニケーション
    コミュニティの構造
    プロジェクトリーダー
    コアチーム
    コードオーナー
    ライセンス
    Runtime Library Exception (実行時ライブラリ例外)
    ソースコードの著作権とライセンス
    投稿
    入門
    コードの貢献 (投稿)
    新しい機能の提案
    行動規範
    投稿者行動規範 v1.3
    報告
    メーリングリスト
    General Interest
    Swift 開発
    Swift の発展
    通知
  • 投稿
  • 質問に答える
    バグを報告する
    バグのトリアージ
    コードの投稿
    段階的な開発
    メッセージをコミットする
    変更の帰属
    コードテンプレート
    コードのレビュー
    テスト
    品質
    コミットアクセス
    外部ライブラリ依存関係の追加
    Swift 発展プロセスへの参加
    LLVM と Swift
    LLVM の変更はどこで行われますか?
    Swift と LLVM 開発者ポリシー
  • Swift の継続的インテグレーション
  • 構成
    ジョブの組織
    ジョブの構成
    使用法
    リクエストのテスト
  • Swift ソースの互換性
  • プロジェクトの現在のリスト
    プロジェクトの追加
    合格基準
    プロジェクトの追加
    プロジェクトの維持
    リクエストのテスト
    プロジェクトをビルドする
    フォーカスエリア
  • ABI の安定性
  • データレイアウト
    メタデータ型
    切り分け
    呼び出し規約
    実行時
    標準ライブラリ
  • サーバーAPIプロジェクト
  • フォーカスエリア
    移植性
    外部ライブラリの使用
    ワークグループ
    舵取りチーム
    ステークホルダー
    開発プロセス
    API の提案
    プロトタイプ化と開発
    リリースプロセス
    メーリングリスト
  • コンパイラと標準ライブラリ
  • コンパイラのアーキテクチャ
    標準ライブラリの設計
  • パッケージマネージャ
  • 概念の概要
    モジュール
    パッケージ
    製品
    依存関係
    例の使用法
    ライブラリパッケージの作成
    ビルド構成文の使用
    依存関係のインポート
    副依存関係の解決
    コミュニティの提案
  • Swift コアライブラリ
  • プロジェクトの状態
    Foundation
    libdispatch
    XCTest
  • REPL とデバッガ、プレイグラウンド
  • なぜ REPL とデバッガを組み合わせるのか?
    Xcode プレイグラウンドサポート












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)












    トップへ(Swift 4.0)