Swift 4.2 日本語化計画 : Swift 4.2

Swift のダウンロード


リリース


Swift 4.2.1


ダウンロード日付

Xcode 10.1*

(ツールチェーン)
(Debugging Symbols)
2018年10月30日

Ubuntu 18.04

(Signature)
2018年10月30日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年10月30日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年10月30日


*Swift 4.2.1 は、Xcode 10.1 の一部として利用可能です。



Swift 4.2
ダウンロード日付

Xcode 10.0*

(ツールチェーン)
(Debugging Symbols)
2018年9月17日

Ubuntu 18.04

(Signature)
2018年9月17日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年9月17日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年9月17日


*Swift 4.2 は、Xcode 10 の一部として利用可能です。


Swift 4.1.3
ダウンロード日付

Xcode 9.4*

(ツールチェーン)
(Debugging Symbols)
2018年7月27日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2018年7月27日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年9月17日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年9月17日


* Swift 4.1.3 はLinux のみの変更で、Swift 4.1.2 は Xcode 9.4 の一部として利用可能です。


Swift 4.1.2
ダウンロード日付

Xcode 9.4*

(ツールチェーン)
(Debugging Symbols)
2018年5月31日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2018年5月31日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年5月31日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年5月31日


*Swift 4.1.2 は、Xcode 9.4 の一部として利用可能です。


Swift 4.1.1
ダウンロード日付

Xcode 9.3*

(ツールチェーン)
(Debugging Symbols)
2018年5月4日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2018年5月4日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年5月4日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年5月4日


* Swift 4.1.1 は Linux のみの変更で、Swift 4.1 は Xcode 9.3 の一部として利用可能です。


Swift 4.1
ダウンロード日付

Xcode 9.3*

(ツールチェーン)
(Debugging Symbols)
2018年3月29日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2018年3月29日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年3月29日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年3月29日


*Swift 4.1 は、Xcode 9.3 の一部として利用可能です。


Swift 4.0.3
ダウンロード日付

Xcode 9.2*

(ツールチェーン)
(Debugging Symbols)
2017年12月5日

Unbutu 16.10

(Signature)
2017年12月5日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2017年12月5日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2017年12月5日


*Swift 4.0.3 は、Xcode 9.2 の一部として利用可能です。


Swift 4.0.2
ダウンロード日付

Xcode 9.1*

(ツールチェーン)
(Debugging Symbols)
2017年11月1日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2017年11月1日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2017年11月1日


*Swift 4.0.2 は、Xcode 9.1 の一部として利用可能です。


Swift 4.0
ダウンロード日付

Xcode 9.0*

(Toolchain)
(Debugging Symbols)
2017年9月19日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2017年9月19日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2017年9月19日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2017年9月19日


*Swift 4.0 は、Xcode 9.0 の一部として利用可能です。


Swift 3.1.1
ダウンロード日付

Xcode 8.3.2*

(Toolchain)
(Debugging Symbols)
2017年4月21日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2017年4月21日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2017年4月21日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2017年4月21日


* Swift 3.1.1 は Xcode 8.3.2 の一部として利用可能です。


Swift 3.1
ダウンロード日付

Xcode 8.3*

(Toolchain)
(Debugging Symbols)
2017年3月27日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2017年3月27日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2017年3月27日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2017年3月27日


* Swift 3.1 は、Xcode 8.3 の一部として利用可能です。


Swift 3.0.2
ダウンロード日付

Xcode 8.2*

(Toolchain)
(Debugging Symbols)
2016年12月13日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2016年12月13日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2016年12月13日


* Swift 3.0.2 は、Xcode 8.2 の一部として利用可能です。


Swift 3.0.1
ダウンロード日付

Xcode 8.1*

(Toolchain)
(Debugging Symbols)
2016年10月28日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2016年10月28日

Ubuntu 15.10

(Signature)
2016年10月28日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2016年10月28日


* Swift 3.0.1 は、Xcode 8.1 の一部として利用可能です。


Swift 3.0
ダウンロード日付

Xcode 8*

(Toolchain)
(Debugging Symbols)
2016年9月13日

Ubuntu 15.10

(Signature)
2016年9月13日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2016年9月13日


* Swift 3.0 は、Xcode 8 の一部として利用可能です。


Swift 2.2.1
ダウンロード日付

Xcode 7.3.1*

2016年5月3日

Ubuntu 15.10

(Signature)
2016年5月3日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2016年5月3日


*Swift 2.2.1 は Xcode 7.3.1 の一部として利用可能です。


Swift 2.2
ダウンロード日付

Xcode 7.3*

2016年3月21日

Ubuntu 15.10

(Signature)
2016年3月21日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2016年3月21日


*Swift 2.2 は Xcode 7.3 リリース の一部として利用可能です。


スナップショット


基幹となる開発(マスター)


開発のスナップショットは、基幹となる開発分枝から自動的に作成される、あらかじめビルドされたバイナリです。これらのスナップショットは公式リリースではありません。これらは自動化されたユニットテストを行なってきましたが、公式リリースのために行われた完全なテストは行なっていません。


ダウンロード日付

Xcode

(Debugging Symbols)
2018年11月1日

Ubuntu 18.04

(Signature)
2018年11月1日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年11月1日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年11月1日


古いスナップショット


Xcode
訳注: Xcode 、Ubuntu 15.10、Ubuntu 14.04、Ubuntu 16.04、Ubuntu 16.10 の各日付のダウンロードの記事に関しては煩雑になるので省略します。各ダウンロードは Snapshot をご利用下さい。



Swift 4.2 に集中したスナップショット


Swift 4.2 はこの時点では重大な変更のみを取り上げた厳しい集中した状態にあります。


ダウンロード日付

Xcode

(Debugging Symbols)
2018年8月8日

Ubuntu 18.04

(Signature)
2018年8月8日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2018年8月8日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年8月8日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年8月8日


Swift 4.2 の開発


Swift 4.2 のスナップショットは、swift-4.2-branch 分岐から自動的に作成される、あらかじめビルドされたバイナリです。これらのスナップショットは公式リリースではありません。それは自動化された単体テストを行いましたが、公式リリースのために行われる完全なテストは行っていません。


ダウンロード日付

Xcode

(Debugging Symbols)
2018年10月30日

Ubuntu 18.04

(Signature)
2018年10月30日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年10月30日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年10月30日


古いスナップショット


訳注: これも同じ理由で省略します。各ダウンロードは Snapshot をご利用下さい。


Swift 4.1 の開発


Swift 4.1 のスナップショットは、swift-4.1-branch 分岐から自動的に作成される、あらかじめビルドされたバイナリです。これらのスナップショットは公式リリースではありません。それは自動化された単体テストを行いましたが、公式リリースのために行われる完全なテストは行っていません。


ダウンロード日付

Xcode

(Debugging Symbols)
2018年5月31日

Ubuntu 16.10

(Signature)
2018年5月31日

Ubuntu 16.04

(Signature)
2018年5月31日

Ubuntu 14.04

(Signature)
2018年5月31日


古いスナップショット


訳注: これも同じ理由で省略します。各ダウンロードは Snapshot をご利用下さい。


Swift は swift.org/LICENSE.txt の Swift ライセンスでカバーされています。


ダウンロードを使用して


アップルプラットフォーム


Xcode には Apple がサポートする Swift のリリースが含まれています。上記のパッケージの 1 つをダウンロードすることで、まだ開発中のバージョンを試すことができます。


App Store に提出するには、Xcode 内に含まれている Swift のバージョンを使用してアプリをビルドしなければなりません。


ツールの要件


Swift 4.2


Swift 4.1

Swift 4.0


Swift 3.1


Swift 3.0


Swift 2.2.x


サポートされているターゲットプラットフォーム




インストール


  1. 最新のパッケージリリース をダウンロードします。

  2. パッケージインストーラを実行すると、Xcode ツールチェーンを /Library/Developer/Toolchains/ にインストールします。

  3. Xcode ツールチェーン( .xctoolchain )には、特定のバージョンの Swift で作業するための一貫した開発経験を提供するために必要なコンパイラ、lldb、およびその他の関連ツールのコピーが含まれています。


  4. Xcode の preferences を開き、Components > Toolchains に移動し、インストールされている Swift ツールチェーンを選択します。

  5. Xcode は、選択されたツールチェーンを使用して Swift コードをビルドし、デバッグし、さらにコード補完と構文カラーリングを行ないます。Xcode が Swift ツールチェーンを使用している場合、Xcode のツールバーに新しいツールチェインのインジケータが表示されます。Xcode のツールチェーンを選択すると、Xcode の組み込みツールに戻ります。

  6. Swift のツールチェインを選択すると、Xcode IDE のみが影響を受けます。コマンドラインツールで Swift ツールチェーンを使用するには、xcrun --toolchain swiftxcodebuild -toolchain swift を使用するか、以下のように Swift ツールチェーンをパスに追加します。

$ export PATH=/Library/Developer/Toolchains/swift-latest.xctoolchain/usr/bin:"${PATH}"


MacOS でのコード署名


MacOS の .pkg ファイルは、Swift オープンソースプロジェクトの開発者 ID によってデジタル署名されており、それらが改ざんされていないことを検証できます。パッケージ内のすべてのバイナリも署名されています。


MacOS 上の Swift のツールチェインインストーラは、タイトルバーの右側に鍵のアイコンを表示します。鍵をクリックすると、署名に関する詳細情報が表示されます。署名は、Developer ID Installer: Swift Open Source (V9AUD2URP3) によって生成される必要があります。


鍵が表示されないか、Swift オープンソース開発者 ID によって生成された署名でない場合は、インストールを続行しないでください。代わりに、インストーラを終了し、問題を調査できるように swift-infrastructure@swift.org にできるだけ詳しい事情をメールしてください。


Linux


Linux 用のパッケージは、Swift コンパイラ、lldb、および関連ツールのコピーを含む tar アーカイブです。抽出されたツールが PATH にある限り、どこにでもインストールできます。


Swift が下記に示したもの以外の Linux ディストリビューションに移植されるのを妨げるものは何もないことに注意してください。これらは、これらのバイナリがビルドされテストされたディストリビューションのみです。


必要


サポートしているターゲットプラットフォーム



インストール


  1. 必要な付属物をインストール

  2. $ sudo apt-get install clang libicu-dev

  3. 上に挙げた最新のバイナリリリースをダウンロードしてください。

  4. swift-<VERSION>-<PLATFORM>.tar.gz ファイルは、ツールチェーン自体です。.sig ファイルはデジタル署名です。


  5. Swift パッケージを 初めて ダウンロードする場合は、PGP キーをキーリングにインポートします。

  6. $ gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net \
          --recv-keys \
          '7463 A81A 4B2E EA1B 551F  FBCF D441 C977 412B 37AD' \
          '1BE1 E29A 084C B305 F397  D62A 9F59 7F4D 21A5 6D5F' \
          'A3BA FD35 56A5 9079 C068  94BD 63BC 1CFE 91D3 06C6' \
          '5E4D F843 FB06 5D7F 7E24  FBA2 EF54 30F0 71E1 B235'
    


    または:


    $ wget -q -O - https://swift.org/keys/all-keys.asc | \
      gpg --import -
    


    以前キーをインポートした場合は、この手順をスキップしてください。


  7. PGP 署名を確認します。

  8. Linux 用の .tar.gz アーカイブは、Swift オープンソースプロジェクトのキーの 1 つで GnuPG を使用して署名されています。ソフトウェアを使用する前に、署名を確認することを強く推奨します。


    初めに、キーをリフレッシュして、新しい鍵失効証明書があればダウンロードします。


    $ gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net --refresh-keys Swift
    


    次に、署名ファイルを使用して、アーカイブが完全であることを確認します。


    $ gpg --verify swift-<VERSION>-<PLATFORM>.tar.gz.sig
    ...
    gpg: Good signature from "Swift Automatic Signing Key #2 <swift-infrastructure@swift.org>"
    


    公開鍵を持っていない ( gpg: Can't check signature: No public key) ため、gpg が検証に失敗した場合は、以下の アクティブな署名鍵 の手順に従って鍵をキーリングにインポートしてください。


    警告が表示される場合があります。


    gpg: WARNING: This key is not certified with a trusted signature!
    gpg:          There is no indication that the signature belongs to the owner.
    


    この警告は、この鍵とあなたとの間に Web of Trust にパスがないことを意味します。上の手順を実行して、信頼できるソースから鍵を取得している限り、警告は無害です。


    gpg が "BAD signature" の確認と報告に失敗した場合は、ダウンロードしたツールチェーンを使用しないでください。代わりに、swift-infrastructure@swift.org に、できるだけ詳しく電子メールし、問題を調査できるようにしてください。


  9. 以下のコマンドでアーカイブを解凍して下さい。

  10. $ tar xzf swift-<VERSION>-<PLATFORM>.tar.gz
    


    これにより、アーカイブの場所に usr/ ディレクトリが作成されます。


  11. 以下のように Swift ツールチェインをパスに追加します。

  12. $ export PATH=/path/to/usr/bin:"${PATH}"
    


    これで REPL を実行したり、Swift プロジェクトをビルドするために swift コマンドを実行できるようになりました。


アクティブな署名鍵


Swift プロジェクトでは、スナップショットビルド用に 1 組の鍵を使用し、正式リリースごとに別々の鍵を使用します。私たちは 4096 ビットの RSA 鍵を使用します。


ツールチェーンパッケージの署名には、以下の鍵が使用されています。


  • Swift Automatic Signing Key #2 <swift-infrastructure@swift.org>

  • ダウンロードhttps://swift.org/keys/automatic-signing-key-2.asc
    指紋8513 444E 2DA3 6B7C 1659 AF4D 7638 F1FB 2B2B 08C4
    Long ID7638F1FB2B2B08C4


    鍵をインポートするには、以下のコマンドを実行します。


    $ gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net \
          --recv-keys \
          '8513 444E 2DA3 6B7C 1659  AF4D 7638 F1FB 2B2B 08C4'
    


    または:


    $ wget -q -O - https://swift.org/keys/automatic-signing-key-2.asc | \
      gpg --import -
    


  • Swift 2.2 Release Signing Key <swift-infrastructure@swift.org>

  • ダウンロードhttps://swift.org/keys/release-key-swift-2.2.asc
    指紋1BE1 E29A 084C B305 F397 D62A 9F59 7F4D 21A5 6D5F
    Long ID9F597F4D21A56D5F


    鍵をインポートするには、以下のコマンドを実行します。


    $ gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net \
          --recv-keys \
          '1BE1 E29A 084C B305 F397  D62A 9F59 7F4D 21A5 6D5F'
    


    または:


    $ wget -q -O - https://swift.org/keys/release-key-swift-2.2.asc | \
      gpg --import -
    


  • Swift 3.x Release Signing Key <swift-infrastructure@swift.org>

  • ダウンロードhttps://swift.org/keys/release-key-swift-3.x.asc
    指紋A3BA FD35 56A5 9079 C068 94BD 63BC 1CFE 91D3 06C6
    Long ID63BC1CFE91D306C6


    鍵をインポートするには、以下のコマンドを実行します。


    $ gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net \
          --recv-keys \
          'A3BA FD35 56A5 9079 C068  94BD 63BC 1CFE 91D3 06C6'
    


    または:


    $ wget -q -O - https://swift.org/keys/release-key-swift-3.x.asc | \
      gpg --import -
    


  • Swift 4.x Release Signing Key <swift-infrastructure@swift.org>

  • ダウンロードhttps://swift.org/keys/release-key-swift-4.x.asc
    指紋5E4D F843 FB06 5D7F 7E24 FBA2 EF54 30F0 71E1 B235
    Long IDEF5430F071E1B235


    鍵をインポートするには、以下のコマンドを実行します。


    $ gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net \
          --recv-keys \
          '5E4D F843 FB06 5D7F 7E24  FBA2 EF54 30F0 71E1 B235'
    


    または:


    $ wget -q -O - https://swift.org/keys/release-key-swift-4.x.asc | \
      gpg --import -
    


    期限切れの署名鍵


  • Swift Automatic Signing Key #1 <swift-infrastructure@swift.org>

  • ダウンロードhttps://swift.org/keys/automatic-signing-key-1.asc
    指紋7463 A81A 4B2E EA1B 551F FBCF D441 C977 412B 37AD
    Long IDD441C977412B37AD


    鍵をインポートするには、以下のコマンドを実行します。


    $ gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net \
          --recv-keys \
          '7463 A81A 4B2E EA1B 551F  FBCF D441 C977 412B 37AD'
    


    または:


    $ wget -q -O - https://swift.org/keys/automatic-signing-key-1.asc | \
      gpg --import -
    






    目次
    Xcode 10 の新機能

    SwiftLogo
  • Swift 4.2 全メニュー

  • Swift プログラム言語

  • Swift について
  • Swift 4.2 への移行

  • ブログ

  • Swift のダウンロード
  • リリース
    Swift 4.2.1
    スナップショット
    基幹となる開発(マスター)
    Swift 4.2 に集中したスナップショット
    Swift 4.2 の開発
    Swift 4.1 の開発
    ダウンロードを使用して
    インストール
    MacOS でのコード署名
    Linux
    必要
    サポートしているターゲットプラットフォーム
    インストール
    アクティブな署名鍵
    期限切れの署名鍵

  • Swift 入門

  • 文書化

  • ソースコード

  • コミュニティガイドライン

  • 投稿

  • Swift の継続的統合

  • Swift ソースの互換性

  • フォーカスエリア

  • ABI の安定性

  • サーバーワークグループ

  • コンパイラと標準ライブラリ

  • プロジェクト

  • パッケージマネージャ

  • Swift コアライブラリ

  • REPL とデバッガ、プレイグラウンド













  • トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)












    トップへ(Swift 4.2)