クラッシュ・オーガナイザについて


ストアを通して配布する各アプリごとに生成するクラッシュレポートを表示するには、クラッシュ・オーガナイザーを使用します。これは TestFlight を通じて配布されたアプリのクラッシュレポートを含みます。


7_AboutCrashesOrganizer_2x


クラッシュログはどのように収集され、クラッシュレポートに集約されるか


Apple は、ユーザーからのクラッシュログを収集し、ダウンロード可能なクラッシュレポートにそれらを整理したサービスを提供しています。しかし、シンボルでアプリをアップロードした場合のみ、クラッシュログは収集されます。(アーカイブ・オーガナイザで、iTunes Connect にアプリをアップロードする時に"アプリケーションのためのアプリのシンボルを含める"ボックス を選択します) ストアでリリースされたアプリの場合、ユーザはまた、開発者とクラッシュログを共有することに同意しなければなりません。TestFlight ユーザーは開発者とクラッシュログを自動的に共有します。クラッシュレポートを作成するサービスは、次のことを行います:


クラッシュオーガナイザを開くと、Xcode はアプリの拡張機能を含むアプリのクラッシュレポートの更新を開始します。Xcode はユニークなデバイスで過去2週間の間に発生した出現数が最も多いトップのクラッシュレポート をダウンロードします。しかし、あなたが最初にアプリを配布する場合と、クラッシュレポートが Xcode で利用可能である場合とで3日間の遅れがある場合があります。


クラッシュ・オーガナイザのレイアウト


クラッシュ・オーガナイザは、以下のコンポーネントを含んでいます。


関連記事


クラッシュ・レポートの表示
あなたのアプリをアップロード

決定済みの議論


クラッシュレポートの分析





目次
Xcode 9 の新機能

★ヘルプ項目総索引★

アーカイブオーガナイザヘルプ索引
アーカイブオーガナイザについて
あなたのアプリの検証
あなたのアプリをアップロード
iOS、tvOS、watchOS アプリのエクスポート
Mac アプリのエクスポート

クラッシュ・オーガナイザについて
クラッシュ・レポートの表示













トップへ












トップへ












トップへ












トップへ












トップへ












トップへ












トップへ












トップへ