文書   >   Swift   >  String   >   starts(with:by:)


汎用インスタンスメソッド


starts(with:by:)


等価テストとして与えられた述語 (predicate) を使用して、シーケンスの最初の要素が別のシーケンスの要素と等しいかどうかを示すブール値を返します。





宣言


func starts<PossiblePrefix>(with possiblePrefix: PossiblePrefix, by areEquivalent: (Character, PossiblePrefix.Element) throws -> Bool) rethrows -> Bool where PossiblePrefix : Sequence


パラメータ


possiblePrefixこのシーケンスと比較すべきシーケンス。
areEquivalent2 つの引数が等しい場合に true を返す述語。そうでなければ、false


戻り値


シーケンスの最初の要素が possiblePrefix の要素と同じである場合、true。そうでなければ、 falsepossiblePrefix が要素を持たない場合、戻り値は true です。



議論


述語 (predicate) は、要素間において等価関係でなければなりません。すなわち、任意の要素 a、b、 および c において、以下の条件が成り立たなければなりません。


複雑さ: O(m)、ここで m はシーケンスの長さと possiblePrefix の長さのうち少ない方です。


以下も見よ





文字の比較





目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 10.0+
  • Framework
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論
  • 以下も見よ












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)