Core Graphics   >     CGImage   >   init(jpegDataProviderSource:decode:shouldInterpolate:intent:)


イニシャライザ


init(jpegDataProviderSource:decode:shouldInterpolate:
intent:)


データプロバイダが提供する JPEG コード化されたデータを使用してビットマップイメージを作成します。





宣言


init?(jpegDataProviderSource source: CGDataProvider, decode: UnsafePointer<CGFloat>?, shouldInterpolate: Bool, intent: CGColorRenderingIntent)


データプロバイダが提供する JPEG コード化されたデータを使用してビットマップイメージを作成します。


パラメータ


source(ソース)JPEG コード化されたデータを提供するデータプロバイダ。
decode(復号)イメージ用の復号配列。通常、復号配列は不要で、NULL を渡す必要があります。
shouldInterpolate補間を行うかどうかを指定するブール値。補間設定は、イメージにピクセルスムージングアルゴリズムを適用するかどうかを指定します。
intent(意図)グラフィックスコンテキストの宛先の色空間の範囲内に配置されていない色をどのように扱うかを指定する CGColorRenderingIntent 定数。


戻り値


新しい CGImage。CGImageRelease を呼び出してこのオブジェクトを解放する責任があなたにはあります。





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.1+
    tvOS 2.0+
    watchOS 2.0+
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値












  • トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)












    トップへ(Core Graphics)