Core Foundation   >   CFBag


CFBag





概観


CFBag とその派生した変更可能な型である CFMutableBag は、値が重複する可能性のある bag という非連続的な値のコレクションを管理します。CFBag は静的な bag を作成し、CFMutableBag は動的なバッグを作成します。


要素の順序が重要ではなく、値がコレクションに含まれているかどうかをテストする際のパフォーマンスが考慮される場合、配列の代わりにバッグやセットを使用して下さい。順序付けして配列にすると、メンバシップのテストはバッグやセットの場合よりも遅くなります。あなたのコレクションに重複した値を許可したい場合は、セットよりもバッグを使用してください。


静的なバッグオブジェクトは、CFBagCreate(_:_:_:_:) または CFBagCreateCopy(_:_:) 関数を使用して作成して下さい。これらの関数は、引数として渡す値を含むバッグを返します。(しかし、たいていの場合、バッグには NULL ポインタを入れることはできません。代わりに kCFNull 定数を使用できます)。値はコピーされず、バッグの作成時に提供された retain 呼び出し関数を使用して保持されます。同様に、値がバッグから削除されると、release 呼び出し関数を使用して解放されます。


CFBag はバッグの値を問い合わせる関数を提供します。CFBagGetCount(_:) はバッグ内の値の数を返し、CFBagContainsValue(_:_:) 関数は値がバッグ内にあるかどうかをチェックし、CFBagGetValues(_:_:) はバッグ内のすべての値を含む C 配列を返します。


CFBagApplyFunction(_:_:_:) 関数を使用すると、バッグ内のすべての値に関数を適用できます。


シンボル




バッグの作成





バッグの検査





バッグの内容に関数を適用





CFBag 型 ID の取得





呼び出し関数





データ型





定数


以下も見よ




関連した文書





目次
Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 概観
  • シンボル
  • 以下も見よ












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)