Core Foundation   >   CFBagHashCallBack


型エイリアス

CFBagHashCallBack


値のハッシュコードを計算するために呼び出される呼び出し関数のプロトタイプ。ハッシュコードは、値がコレクションからアクセス、追加、または削除されたときに使用されます。





宣言


typealias CFBagHashCallBack = (UnsafeRawPointer?) -> CFHashCode


パラメータ


valueハッシュコードを計算するために使用される値。


戻り値


ハッシュテーブル構造体内のテーブルアドレスとして使用できる整数。


議論


関数に MyCallBack と名前をつけた場合は、次のように宣言します。


議論


この呼び出し関数は、CFBagCallBacks 構造体の CFBagCreate(_:_:_:_:) に渡されます。





目次
Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)