序文


Core Foundation のコレクションオブジェクトは、事実上すべての型のデータの "数量" を格納し、整理し、検索するのに役立ちます。このトピックでは、例えば、配列、セット、または辞書などの他の型のオブジェクトをグループ化するためのオブジェクトについて説明します。


Core Foundation を基盤とする機能を使う開発者は、コレクションの仕組みを理解する必要があります。


この文書の構成


コレクションオブジェクトは、迅速かつ正確な検索のためにデータを整理することに加えて、プログラミングにいくつかの利点をもたらします。



Core Foundation は、いくつかの型のコレクションオブジェクトを定義します。


コレクションオブジェクトは、ある程度、値のコンテナです。(この文書では、"値" という語はコレクションに含まれる要素を示しています)。しかし、コレクションがその値をどのように含むか、分配するかには大きな違いがあります。このトピック内の概念の構成は、これらの違いを反映しています。"真のコレクション" (配列、辞書、セット、バッグ) と呼ばれるものは、それらの強い類似点のためにまとめて記述されています。さて、このトピックでは、構造的に真のコレクションとはかなり異なる樹構造について説明します。


コレクション API を使用すると、コレクションオブジェクトを作成したり、値を追加したり、値を抽出したりするなど、コレクションオブジェクトで期待されることを実行できます。CFArray、CFDictionary、CFSet、および CFBag のプログラミングインターフェイスは、それらが何をし、どのように動作するかが非常に似ているため、以下のセクションではこれらのすべての型を議論に含めています。しかし、CFTree オブジェクトのプログラミングインタフェースは、これらのオブジェクトに関連するタスクが 樹構造の作成と使用 で説明されているほど十分に異なります。


次の章



目次
Xcode 9 の新機能

  • 序文
  • この文書の構成
  • コレクションの共通の特徴
  • 動作は呼び出し関数によって決定される
    大部分のコレクションが変更不可能な変種を提供
  • コレクションの型
  • 配列
    辞書
    セットとバッグ
    樹 (Trees)
    コレクションのカスタマイズ
  • コレクションの作成とコピー
  • カスタムコレクション呼び出し関数の定義
    コレクションの値を取得
    コレクションの検索
    変更可能なコレクションの操作
    コレクションにプログラム定義関数を適用
  • 樹構造の作成と使用
  • CFTree オブジェクトの作成
    親に樹を追加する
    子の樹の取得
    CFTree 構造体でのその他の操作
    文書改訂履歴












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)