Core Foundation 用プロパティリストプログラミングトピックへの序言


多くのアプリケーションでは、後で必要となる情報を格納するメカニズムが必要です。Core Foundation には、数百キロバイト未満の少量の永続データを保存する必要がある場合、プロパティリストが用意されています。プロパティリスト (頻繁に "plists" と呼ばれます) は、Mac アプリ用のデータの整理、格納、およびアクセスに統一された、アーキテクチャに依存しない手段を提供します。


この文書の構成


プロパティリストは、CFString、CFNumber、CFBoolean、CFDate、CFData、CFArray、および CFDictionary といったいくつかの Core Foundation 型を使用して、名前付き値と値のリストにデータを整理します。これらの型は、有意義な構造をした、運搬可能な、保存可能な、アクセス可能だができるだけ効率的なデータを生成する手段を提供します。プロパティリストプログラミングインターフェイスを使用すると、これらの基本型の階層構造の組み合わせを標準 XML との間で変換できます。XML データはディスクに保存し、後で元の Core Foundation オブジェクトを再構築するために使用できます。プロパティリストは、大量のバイナリデータで使用すると非常に非効率的であるため、主に文字列や数値で構成されるデータに使用する必要があります。


プロパティリストは OS X で頻繁に使用されます。たとえば、OS X Finder を通したバンドルでは、プロパティリストを使用してファイルとディレクトリの属性を格納します。Core Foundation バンドルと URL オブジェクトもプロパティリストを使用します。ユーザとアプリケーションのプリファレンスもプロパティリストも使用しますが、CFPropertyList API を使用してプリファレンスを読み取り、変更するべきではありません。Core Foundation には、この目的専用のプログラミングインターフェイスが用意されています。詳しくは、Core Foundation の環境設定プログラミングトピックス を参照してください。


この文書では、プロパティリストの構造、XML タグの使用方法、および数値の詳細について説明し、プロパティリストの作成、保存、復元の例を示します。


次の章



目次
Xcode 9 の新機能

  • Core Foundation 用プロパティリストプログラミングトピックへの序言
  • この文書の構成
    プロパティリストの構造と内容
    プロパティリストの作成
    プロパティリストの保存と復元
    プロパティリストでの数値の使用
    プロパティリストの XML タグ
    文書改訂履歴












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)