Xcode の新機能


Xcode は、Apple ウォッチ、iPad、iPhone、および Mac 用のアプリを作成するために使用する完全な開発者用ツールセットです。Xcode の開発環境は、インストルメント分析ツール、シミュレータ、および watchOS の SDK、iOS の SDK、OS X の SDK の形で OS のフレームワークがバンドルされています。



Xcode 7.1 アップデート


Xcode 7.1 は、新しい iOS デバイスと新しい Apple TV のサポートを追加しています。 Xcode は tvOS のためのストーリーボード、ユニットと UI テスト、プレイグラウンド、そしてクラッシュログ機能をサポートしています。


Interface Builder



デバッグ


Xcode 7.1 の詳細については、Xcode 公開ノート を参照してください。


Xcode 7 のハイライト


Xcode 7 は、iOS 9 とOS X El Capitan に加えて、新しい watchOS2 プラットフォームのサポートを追加します。このリリースでは、新機能と改善したホストを追加し、以下はハイライトの一部です。


デバイス上の開発無料


今すぐ誰もが、デバイス上で無料で自分のアプリを実行してテストできます。 全く手数料なしで、何もプログラムに参加しないで Mac、iPhone、iPad、iPod touch、または Apple Watch であなた自身の作品を実行して、デバッグできます。しなければならないことは、Xcode にあなたの無料の Apple ID を入力する事だけです。すでに App Store や iTunes で使用したのと同じ Apple ID を使用できます。あなたのアプリが完成したら、アップルの開発者プログラムでは、App Store でそれを発表することができます。


インストールやデバイス上での実行に関する詳細については、デバイス上でアプリを起動 を参照してください。


Swift 言語


xc7-swiftlogo_2x

Swift 2. 0は、高度なオブジェクト指向 Swift プログラミング言語であり、それを拡張します。


Swift 言語 を参照してください。


Objective-C の更新


Objective-C は、Swift コードと一緒に作業する能力を強化するように更新されました。



Objective-C 言語 を参照して下さい。


プレイグラウンド


Swift 2.0 を使用すると、API をどのように使用し、より効果的な概念を実証するかのマニュアルを見ることができます。


xc7-playground_mandelbrot_2x

プレイグラウンド を参照して下さい。


アプリの軽量化


自動的に最適化インストールを果たすため3つの多様なプラットフォーム用のアプリを開発します。


アプリの軽量化 を参照してください。


デバッグ


Xcode 7 は、新しいデバッグ機能と、あなたがより良いアプリを作るのに役立つ機能をプロファイルする事を含んでいます。


デバッグ を参照して下さい。


テスト


Xcode 7 は Swift と Objective-C の両方をサポートする完全な UI テストのワークフローを追加します。


テスト を参照して下さい。


クラッシュログ


Xcode 7 は今や、OS X アプリだけでなく、watchOS と iOS アプリからもクラッシュデータを分析し、使用できます。


xc7-crashreport_2x

クラッシュログ を参照してください。


Xcode 7 のリリースに関する追加の詳細については、Xcode 公開ノート を参照してください。


互換性


Xcode 7 は、OS X バージョン 10.10.4 以降を実行中の Mac が必要です。それは watchOS 2.0 用の SDK、OS X バージョン 10.11 と iOS 9 を含んでいます。


インストール


Mac App Store から Xcode 7 を得られます。これは、アプリケーション・フォルダに直接インストールされ、無料でダウンロードできます。デフォルトでは、Xcode はバックグラウンドで開発者向け文書をダウンロードし、オフラインで読めるようにし、また自動的にマニュアルの更新をダウンロードします。この動作は、ダウンロードの環境設定パネルを使用して、インストール後に変更できます。


開発者向けリソース


Apple デベロッパプログラムは、Apple Watch、iPad、iPhone、および iPod touch デバイス上でテストおよび展開するための App Store と Mac App Store で、追加のサポートやマニュアル、およびプロビジョニング・リソースへのアクセスを提供します。Apple デベロッパプログラムの詳細については、http://developer.apple.com/ で Apple デベロッパ Web サイトを参照してください。


プレリリース製品を含む全てのアップル開発者向けソフトウェアについての議論については、http://devforums.apple.com/ で Apple デベロッパフォーラムにアクセスしてください。


最新のセキュリティの情報については、http://support.apple.com/kb/HT1222 をご覧ください。


リリースの詳細な情報については、Xcode の[ヘルプ] メニューから利用可能な完全な Xcode のリリースノートを参照してください。


SDK と シミュレータについて


ソフトウェア開発キット(SDK)は、watchOS、iOS や OS X の特定のバージョンの API を表現するフレームワーク (ライブラリ、ヘッダ、およびリソース) の集合です。アプリが SDK から取得する機能のほとんどは、実際にアプリの互換性のために OS を導入するターゲットの設定が重要な、正しいベースの SDK を作成し、ホスト・オペレーティング・システムによって提供されます。Xcode は自動的に最新の SDK でビルドし、最新の OS をターゲットとしています。


あなたのアプリが最新の OS の機能を必要としない場合は、Xcode のプロジェクト設定で OS 導入ターゲット·オプションを使用して、プラットフォームのオペレーティング・システムの以前のバージョンで実行するように設定できます。プロジェクトが Xcode の古いバージョンで作成されている場合は、Xcode にプロジェクトを更新させることができます。この機能の詳細については、「プロジェクトの最新化」を参照してください。


重要: App Store に提出する前に、あなたのサポート対象の OS のバージョンを実行しているデバイス上でテストする必要があります。



プロジェクトの最新化


プロジェクトを開くと、Xcode はどんな設定を更新する必要があるかを評価します。この機能は、プロジェクトが最新の SDK と最良の実地に準拠していることを確認する簡単な方法を提供します。


プロジェクトで何かを更新する必要があるかどうかを確認するイッシューナビゲーターを開いて下さい。また、プロジェクト・ナビゲータでプロジェクトを選択し、[エディタ] > [設定検証(Validate Setting)]を選択して確認することもできます。


イッシューナビゲーターが最新化の問題をリストしている場合、なされるべき更新を説明するダイアログを表示するには、[問題(issue)]をクリックすると、それらのいずれか、またはすべてを実行できます。


すべての変更を行うことを選択するかどうかに関係なく、[変更を実行(Perform Changes)]をクリックした後、Xcode は警告を再び表示しません。チェックを再実行するには、プロジェクト・ナビゲータでプロジェクトを選択し、[エディタ(Editor)] > [検証設定(Validate Setting)]を選択します。


リリースによる Xcode の新機能


新機能のハイライトは、Xcode の各リリースの次の章にまとめられています。



以下も参照


Xcode の詳細については、Xcodeの概要 を参照してください。


../Start-iOS-Today/app-Distribution.html

OS X と iOS のアプリを開発し、配布するために必要なタスクとワークフローの詳細については アプリ配布ガイド を参照してください。






次:Xcode 7 の新機能
目次
  • Introduction(序文)
  • Xcode 7 の新機能
  • Xcode 7.0
  • 無料でデバイス開発
    Swift 言語
    Objective-C 言語
    プレイグラウンド
    アプリの軽量化
    デバッグ
    テスト
    クラッシュログ
    Xcode 7.0.1
    Xcode 7.1
    Interface Builder
    デバッグ
  • Xcode 6の新機能
  • Xcode 6.0
  • Swift 言語
    Swift の Xcode 6 の特長
    Xcode 6 IDE で追加の機能拡張
    テスト
    Interface Builder
    デバッガ
    SpriteKit と SceneKit
    拡張機能とフレームワーク
    iOS シミュレータ
    ローカライズ
    コンパイラ
    インストルメント
    Xcode Server
    HomeKit アクセサリシミュレータ
    Xcode 6.0.1
  • Xcode 6.1
  • OS X ヨセミテの SDK のサポート
    Swift
    Interface Builder
    Xcode 6.1.1
    Xcode 6.2
  • Xcode 6.3
  • Swift 1.2
    App Store と TestFlight ユーザ
        ーの為のクラッシュ
        オーガナイザー
    Xcode プレイグラウンドの機能強化
    フォースタッチのサポート
    Objective-C の機能強化
    デバッガの機能強化
    アップル LLVM コンパイラバージョン 6.1
    ARM64 組み込み関数の変更
    Xcode 6.3.1
    Xcode 6.3.2
    Xcod 6.4
  • XCode 5 の 新機能
  • XCode 5.0
  • 使用経験値の向上
    自動構成
    テスト
    継続的統合
    デバッガ
    Open GL ES サポート
    インターフェースビルダー
    ソースコントロールなど
    コンパイラー
    iOS シミュレーター
    インストルメント
    スプライトキットのサポート
    廃止と削除の注意
    Xcode 5.0.1
    Xcode 5.0.2
    Xcode 5.1
    Xcode 5.1.1
  • XCode 4 の新機能
  • XCode 4.6
    XCode 4.6.1
    XCode 4.6.2
    XCode 4.6.3
  • XCode 4.5 新機能
  • XCode 4.4 新機能
  • LLVM 4.0 コンパイラー
    オブジェクトC言語の特徴
    標準C++11のサポートの強化
    スタティックアナライザ改善
    AppKitの新しいサポート
    シーンキットエディタ
    発見と検索に追加
    ソースエディタ機能強化
    トラックパッドサポート
    通知システム強化
  • XCode 4.3 新機能
  • XCode 4.3
    XCode 4.3 ツールセット
    補完ツール起動z
    コマンドラインツール
    /Developer 削除
    自動レイアウトが標準
    XCode 4.3.1 及び 4.3.2
  • XCode 4.2 新機能
  • Automatic Reference Counting
    標準コンパイラ
    ストーリーボード
    Open GL ES
    模擬ロケーション
    コンポーネントのダウンロード
  • XCode 4.1 新機能
  • プロジェクト近代化
    標準コンパイラ
    カスタムビヘイビア
    プリプロセッサとアセンブリ出力
    自動レイアウト
    スキームのビルド設定値
    アプリサンドボックス
    デバッガと逆アセンブル
    Git のリモート管理
    スナップショットの復元
    レポジトリ内部プロジェクト
    実行先選択
    キー組み合わせ
    Interface Builder プラグイン
    文書改訂履歴












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ