ジャンプバーでワークスペースをナビゲート


ワークスペース内の任意のレベルで項目に直接移動するためにジャンプバーを使用します。


手順


  1. ジャンプバーでレベルをクリックし、ジャンプするファイルを選択します。


  2. jump_bar-1_2x


  3. アシスタントで関連ファイルを開くには、Option を押しながらそのファイルを選択します。

  4. jump_bar-2_2x


  5. アシスタントジャンプバーで、関連するファイルのカテゴリを選択します。


  6. jump_bar-3_2x


  7. 望みのファイルに進むため、ステッパー矢印を使用します。


  8. jump_bar-4_2x


  9. 適切な場合には、ロックされたファイルを開くため、ロックボタンをクリックします。


  10. jump_bar-5_2x


ジャンプバーは、ワークスペース内の項目を閲覧するための対話型の、階層的なメカニズムです。Interface Builder とドキュメントオーガナイザーがそうであるように、各エディタ領域は、ジャンプバーを含んでいます。各ジャンプバーの構成および動作は、表示されるコンテキストにカスタマイズされています。基本的な構成は、次の3つのコンポーネントを含んでいます。


基本的なジャンプバーの例は、ドキュメントオーガナイザーにあります。それは単にあなたがインストールされたライブラリからドキュメントを選択することを許可します。他のジャンプバーにはもっとコンポーネントがあります。


ジャンプバーもファイル (ordinal_item_chooser_2x ) や問題のセットを反復処理するためのステッパーも含むことができます。ロックボタン (lock_button_2x) が表示された場合、それをクリックし、適切な場合には、ファイルのロックを解除するために認証できます。


アシスタントを開き、アシスタントエディタペインでその項目を表示するには、ナビゲーションバーの項目を選択するときに Option キーを押したままにします。アシスタントジャンプバーでは、パスメニューは、通常のエディタペインの内容を基準に根ざしており、ルート要素(電球のアイコンでフラグされている) は、関連する項目のメニューに同様の選択を提供しています。



ヒント: アルファベット順にその項目を表示するためには、パスメニューのレベルを選択するときにコマンドキーを押したままにします。



関連記事


ワークスペースのエディタ領域について





目次
Xcode 9 の新機能

★ヘルプ項目総索引★

プロジェクトナビゲータの索引
プロジェクトナビゲータについて
プロジェクトの作成
ワークスペースの作成
新しいファイルの追加
既存のファイルまたはフォルダの追加
ファイルテンプレートライブラリから新しいファイルの追加
16進エディタでファイルを開く
エディタペイン、ウィンドウ、タブでファイルを開く
ファイル名かシンボル名でファイルを開く
プロジェクトに既存のフレームワークを追加
ワークスペースに既存のプロジェクトを追加
スナップショットからプロジェクトやワークスペースを復元
グループの作成
ファイルのプロパティの表示
ファイルのロック解除


ジャンプバーでワークスペースをナビゲート

一般環境の設定

プロジェクトウインドウについて
プロジェクトやワークスペースのスナップショットをエクスポート













トップへ












トップへ












トップへ












トップへ












トップへ












トップへ












トップへ