文書   >   Foundation   >   Notifications   >   NotificationQueue


クラス


NotificationQueue


通知センターのバッファ。





概観

通知センターは、通知が送信される時に通知を配布するのに対して、通知はキューに入れられますが、実行ループを介して現在のパスが終了するまで、または実行ループが活動しなくなるまで遅延させることができます。複数の通知が送信されているにもかかわらず、1 つの通知のみが送信されるように、重複した通知を合体することができます。


通知キューは、先入れ先出し (FIFO) 順の通知を初め維持します。通知がキューの最初に移動すると、キューは通知センターにそれを通知し、監視者として登録されたすべてのオブジェクトに通知を送信します。


すべてのスレッドには、プロセスのデフォルトの通知センターに関連しているデフォルトの通知キューがあります。独自の通知キューを作成し、センターとスレッドごとに複数のキューを作成できます。


トピックス





通知キューの作成





デフォルトのキューの取得





通知の管理





定数


関連





以下からの継承


NSObject





以下への準拠


以下も見よ





通知





目次
Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • フレームワーク
  • Foundation
  • 概観
  • トピックス
  • 関連












  • トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)












    トップへ(Foundation)