文書   >   Swift   >   Swift 標準ライブラリ   >   Collections   >   Sequence and Collection Protocols   >   BidirectionalCollection   >   lastIndex(where:)


インスタンスメソッド


lastIndex(where:)


与えられた述語 (predicate) に一致するコレクション内の最後の要素のインデックスを返します。





宣言


func lastIndex(where predicate: (Self.Element) throws -> Bool) rethrows -> Self.Index?

パラメータ


predicate要素をその引数として取り、渡された要素が一致を表すかどうかを示すブール値を返すクロージャ。


戻り値


predicate と一致するコレクション内の最後の要素のインデックス。要素が一致しない場合は nil


議論


述語 (predicate) を使用して、Equatable プロトコルに準拠していない型の要素を検索したり、特定の基準に一致する要素を検索したりできます。この例では、文字 A で始まる最後の名前のインデックスを検索します。


var students = ["Kofi", "Abena", "Peter", "Kweku", "Akosua"]
if let i = students.lastIndex(where: { $0.hasPrefix("A") }) {
    print("\(students[i]) starts with 'A'!")
}
// Prints "Akosua starts with 'A'!"


複雑さ:O(n)、ここで n はコレクションの長さです。

















トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)
目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 10.0+
  • フレームワーク
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)