Foundation 定数リファレンス


概観


この文書は、特定のクラスに関連付けられていない Foundation フレームワーク内の定数を定義しています。


訳注:Foundation Constants Reference には、2種類あり、バージョンにより違うものかと思ったが、よく見ると iOS と OS X で書き分けてある。内容は同じなので、長い方を訳出し、必要に応じて書き加えてある。


定数


列挙型




NSByteOrder


バイトの順序形式を指定します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

enum _NSByteOrder {
   NS_UnknownByteOrder = CFByteOrderUnknown,
   NS_LittleEndian = CFByteOrderLittleEndian,
   NS_BigEndian = CFByteOrderBigEndian
};

定数

  • NS_UnknownByteOrder
  • バイトの順序は不明です。
    OS X 10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用で利用可能。

  • NS_LittleEndian
  • バイトの順序はリトルエンディアンです。
    OS X 10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NS_BigEndian
  • バイトの順序はビッグエンディアンです。
    OS X 10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用で利用可能。

    議論

    これらの定数は NSHostByteOrder によって返されます。





    NSNotFound


    要求された項目が見つからなかった事、または存在しない事を示す値を定義します。


    宣言

    << SWIFT >>

    var NSNotFound: Int { get }


    << OBJECTIVE-C >>

    enum {
       NSNotFound = NSIntegerMax
    };

    定数

  • NSNotFound
  • 要求された項目が見つからなかった事、または存在しない事を示す値。
    OS X 10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 から iOS 8.4 で利用可能。

    議論

    NSNotFound は、典型的には、NSArray オブジェクト内の文字列オブジェクト内の文字や ids などのシリアル·データとリターン指数の項目を検索する、各種メソッドや関数で使用されます。






    NSEnumerationOptions


    ブロック列挙操作のためのオプション。


    宣言

    << SWIFT >>

    struct NSEnumerationOptions : OptionSetType {
        init(rawValue rawValue: UInt)
        init(rawValue rawValue: UInt)
        static var Concurrent: NSEnumerationOptions { get }
        static var Reverse: NSEnumerationOptions { get }

    << OBJECTIVE-C >>

    enum {
       NSEnumerationConcurrent = (1UL << 0),
       NSEnumerationReverse = (1UL << 1),
    };
    typedef NSUInteger NSEnumerationOptions;

    定数

  • NSEnumerationConcurrent
  • ブロックの列挙は、同時でなければならないことを指定します。
    呼び出しの順序は非決定的であり、定義されません。このフラグはヒントであり、いくつかの状況下では、実装によって無視されるかもしれません。ブロックのコードは、同時呼び出しに対して安全でなければなりません。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSEnumerationReverse
  • 列挙が逆順に実行されるように指定します。
    このオプションは、NSArrayNSIndexSet クラスに対して利用可能です。 NSDictionaryNSSet クラスに対して、及び NSEnumerationConcurrent フラグと組み合わせたとき、その動作は未定義です。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

    import 文

    << OBJECTIVE-C >>

    @import Foundation;


    << SWIFT >>

    import Foundation


    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。




    NSComparisonResult


    これらの定数は、要求内の項目が順番通り並べられる方法を示すために使用されます。


    宣言

    << SWIFT >>

    enum NSComparisonResult : Int {
        case OrderedAscending
        case OrderedSame
        case OrderedDescending
    }

    << OBJECTIVE-C >>

    enum {
       NSOrderedAscending = -1,
       NSOrderedSame,
       NSOrderedDescending
    };
    typedef NSInteger NSComparisonResult;
    

    定数

  • NSOrderedAscending
  • 左のオペランドが右のオペランドよりも小さい。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSOrderedSame
  • 二つのオペランドは等しい。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSOrderedDescending
  • 左のオペランドが右のオペランドよりも大きい。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

    議論

    これらの定数は、要求内の項目が順番通り並べられる方法を示すために使用され、メソッド呼び出しで与えられた最初のものから、または関数呼び出しの最後へと(つまり、コード内では左から右に)。


    import 文

    << OBJECTIVE-C >>

    @import Foundation;


    << SWIFT >>

    import Foundation


    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。





    NSSortOptions


    ブロックソート操作のためのオプション。


    宣言

    << SWIFT >>

    struct NSSortOptions : OptionSetType {
        init(rawValue rawValue: UInt)
        static var Concurrent: NSSortOptions { get }
        static var Stable: NSSortOptions { get }
    }

    << OBJECTIVE-C >>

    enum {
       NSSortConcurrent = (1UL << 0),
       NSSortStable = (1UL << 4),
    };
    typedef NSUInteger NSSortOptions;

    定数

  • NSSortConcurrent
  • ブロックソート操作が同時でなければならないことを指定します。
    このオプションはヒントであり、いくつかの状況下での実装によって無視されるかもしれません。ブロックのコードは、同時呼び出しに対して安全でなければなりません。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSSortStable
  • ソート結果は、それらが最初に発生した順に等しい値を持つ項目と比較して返さなければならないことを指定します。
    このオプションが指定されていない等しいオブジェクトは、返すのが元の順序で返されたり、返されなかったりです。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

    import 文

    << OBJECTIVE-C >>

    @import Foundation;


    << SWIFT >>

    import Foundation


    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。




    NSQualityOfService


    システムへの自然さと仕事の重要性を示すために使用します。リソースの競合があるたびに、サービスクラスの品質の高い作業は、サービスクラスの低い品質での作業よりも多くのリソースを受け取ります。


    宣言

    << SWIFT >>

    enum NSQualityOfService : Int {
        case UserInteractive
        case UserInitiated
        case Utility
        case Background
        case Default
    }

    << OBJECTIVE-C >>

    typedef NS_ENUM (NSInteger,
       NSQualityOfService ) {
       NSQualityOfServiceUserInteractive = 0x21,
       NSQualityOfServiceUserInitiated = 0x19,
       NSQualityOfServiceUtility = 0x11,
       NSQualityOfServiceBackground = 0x09,
       NSQualityOfServiceDefault = -1
    };

    定数


    Import 文

    << OBJECTIVE-C >>

    @import Foundation;


    << SWIFT >>

    import Foundation

    利用可能

    iOS 8.0 以降で利用可能





    NSSearchPathDirectory


    URLsForDirectory:inDomains:URLForDirectory:inDomain:appropriateForURL:create:error: メソッドによってディレクトリのさまざまな場所を指定する定数。


    << SWIFT >>

    enum NSSearchPathDirectory : UInt {
        case ApplicationDirectory
        case DemoApplicationDirectory
        case DeveloperApplicationDirectory
        case AdminApplicationDirectory
        case LibraryDirectory
        case DeveloperDirectory
        case UserDirectory
        case DocumentationDirectory
        case DocumentDirectory
        case CoreServiceDirectory
        case AutosavedInformationDirectory
        case DesktopDirectory
        case CachesDirectory
        case ApplicationSupportDirectory
        case DownloadsDirectory
        case InputMethodsDirectory
        case MoviesDirectory
        case MusicDirectory
        case PicturesDirectory
        case PrinterDescriptionDirectory
        case SharedPublicDirectory
        case PreferencePanesDirectory
        case ApplicationScriptsDirectory
        case ItemReplacementDirectory
        case AllApplicationsDirectory
        case AllLibrariesDirectory
        case TrashDirectory
    }
    

    << OBJECTIVE-C >>

    enum {
       NSApplicationDirectory = 1,
       NSDemoApplicationDirectory,
       NSDeveloperApplicationDirectory,
       NSAdminApplicationDirectory,
       NSLibraryDirectory,
       NSDeveloperDirectory,
       NSUserDirectory,
       NSDocumentationDirectory,
       NSDocumentDirectory,
       NSCoreServiceDirectory,
       NSAutosavedInformationDirectory = 11,
       NSDesktopDirectory = 12,
       NSCachesDirectory = 13,
       NSApplicationSupportDirectory = 14,
       NSDownloadsDirectory = 15,
       NSInputMethodsDirectory = 16,
       NSMoviesDirectory = 17,
       NSMusicDirectory = 18,
       NSPicturesDirectory = 19,
       NSPrinterDescriptionDirectory = 20,
       NSSharedPublicDirectory = 21,
       NSPreferencePanesDirectory = 22,
       NSItemReplacementDirectory = 99,
       NSAllApplicationsDirectory = 100,
       NSAllLibrariesDirectory = 101,
    };
    typedef NSUInteger NSSearchPathDirectory;
    

    定数

  • NSApplicationDirectory
  • サポートされているアプリ(/Application)。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSDemoApplicationDirectory
  • サポートされていないアプリとデモバージョン。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSDeveloperApplicationDirectory
  • Developer アプリ(/Developer/Application)。
    旧式。 Xcode 4.3 の時点では、もはや Developer アプリケーションディレクトリディレクトリは存在しません。その代わり、Xcode.app はデフォルトでは、ユーザーのアプリケーションディレクトリにインストールされる自己完結型のアプリケーションですが、それはどこにでも置くことができます。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSAdminApplicationDirectory
  • システムおよびネットワーク管理アプリ。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSLibraryDirectory
  • さまざまなユーザが見えるドキュメント、サポート、および構成用ファイル(/Library)。
    OS X v10.0 以降で利用可能。

  • NSDeveloperDirectory
  • 開発者向けリソース(/Developer)。
    旧式。 Xcode4.3 の時点では、もはや Developer のディレクトリが存在しません。その代わりに、Xcode.app はデフォルトでは、ユーザーのアプリケーションディレクトリにインストールされる自己完結型のアプリケーションですが、それはどこにでも置くことができます。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSUserDirectory
  • ユーザーのホームディレクトリ(/Users)。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSDocumentationDirectory
  • ドキュメント。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSDocumentDirectory
  • ドキュメントディレクトリ。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSCoreServiceDirectory
  • コアサービスの場所。(System/Library/CoreServices)。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSAutosavedInformationDirectory
  • ユーザーの自動保存されたドキュメント(Library/Autosave Information)の場所。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSDesktopDirectory
  • ユーザーのデスクトップディレクトリの場所。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSCachesDirectory
  • 廃棄可能なキャッシュファイル(Library/Caches)の場所。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSApplicationSupportDirectory
  • アプリケーション·サポート·ファイル(Library/Application Support)の場所。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSDownloadsDirectory
  • ユーザーのダウンロードディレクトリの場所。
    NSDownloadsDirectory フラグだけが NSUserDomainMask が提供された時だけパスを生成します。
    OS X v10.5 以降で利用利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSInputMethodsDirectory
  • インプット・メソッドの場所 (Library/Input Methods)
    OS X v10.6以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSMoviesDirectory
  • ユーザーのムービーディレクトリの場所 (~/Movies)
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSMusicDirectory
  • ユーザーの音楽ディレクトリの場所(~/Music)
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSPicturesDirectory
  • ユーザーの写真ディレクトリの場所(~/Pictures)
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSPrinterDescriptionDirectory
  • システムの PPDs ディレクトリの場所(Library/Printers/PPDs)
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSSharedPublicDirectory
  • ユーザーの公開、共有ディレクトリの場所 (~/Public)
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSPreferencePanesDirectory
  • システム環境設定で使用するための PreferencePanes ディレクトリの場所(Library/PreferencePanes)
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSApplicationScriptsDirectory
  • 呼び出し側アプリのためのユーザースクリプトフォルダの場所 (~/Library/Application Scripts/<code-signing-id>
    OS X v10.8 以降で利用可能。

    NSItemReplacementDirectory

    NSFileManager メソッド URLForDirectory:inDomain:appropriateForURL:create:error: で使用します。
    OS Xの10.6以降で利用可能。

  • NSAllApplicationsDirectory
  • アプリが発生する可能性があるすべてのディレクトリ。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSAllLibrariesDirectory
  • リソースが発生する可能性があるすべてのディレクトリ。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSTrashDirectory
  • ゴミ箱ディレクトリの場所。
    OS X v10.8 以降で利用可能。

    Import 文

    << OBJECTIVE-C >>

    @import Foundation;


    << SWIFT >>

    import Foundation


    利用可能

    OS X v10.0 以降で利用可能。

    iOS 2.0 以降で利用可能。





    NSSearchPathDomainMask


    NSSearchPathDirectory 型のベースの場所を指定してパスのドメイン定数を検索します。これらの定数は、URLsForDirectory:inDomains:URLForDirectory:inDomain:appropriateForURL:create:error:NSFileManager メソッドによって使用されます。


    宣言

    << OBJECTIVE-C >>

    enum {
       NSUserDomainMask = 1,
       NSLocalDomainMask = 2,
       NSNetworkDomainMask = 4,
       NSSystemDomainMask = 8,
       NSAllDomainsMask = 0x0ffff,
    };
    typedef NSUInteger NSSearchPathDomainMask;

    定数

  • NSUserDomainMask
  • ユーザのホームディレクトリ、ユーザーの個人的な項目をインストールする場所。(~)
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSLocalDomainMask
  • 現在のマシンにローカルな、誰にでも使用可能なアイテムをインストールする、マシンの場所。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSNetworkDomainMask
  • ローカルエリアネットワークで利用可能な公的場所で、ネットワーク(/Network) 上で使用可能な項目をインストールする場所。
    OS X v 10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSSystemDomainMask
  • Apple が提供し、変更できません。(/System)
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSAllDomainsMask
  • すべてのドメイン。
    上記および将来のすべての項目が含まれます。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

    Import 文

    << OBJECTIVE-C >>

    @import Foundation;


    << SWIFT >>

    import Foundation


    利用可能

    OS X v10.0 以降で利用可能。

    iOS 2.0 以降で利用可能。





    NSError コード


    Cocoa·エラー·ドメイン内の NSError コード。


    宣言


    << SWIFT >>

    var NSFileNoSuchFileError: Int { get }

    var NSFileLockingError: Int { get }

    var NSFileReadUnknownError: Int { get }

    var NSFileReadNoPermissionError: Int { get }

    var NSFileReadInvalidFileNameError: Int { get }

    var NSFileReadCorruptFileError: Int { get }

    var NSFileReadNoSuchFileError: Int { get }

    var NSFileReadInapplicableStringEncodingError: Int { get }

    var NSFileReadUnsupportedSchemeError: Int { get }

    var NSFileReadTooLargeError: Int { get }

    var NSFileReadUnknownStringEncodingError: Int { get }

    var NSFileWriteUnknownError: Int { get }

    var NSFileWriteNoPermissionError: Int { get }

    var NSFileWriteInvalidFileNameError: Int { get }

    var NSFileWriteFileExistsError: Int { get }

    var NSFileWriteInapplicableStringEncodingError: Int { get }

    var NSFileWriteUnsupportedSchemeError: Int { get }

    var NSFileWriteOutOfSpaceError: Int { get }

    var NSFileWriteVolumeReadOnlyError: Int { get }

    var NSKeyValueValidationError: Int { get }

    var NSFormattingError: Int { get }

    var NSUserCancelledError: Int { get }

    var NSFeatureUnsupportedError: Int { get }

    var NSFileErrorMinimum: Int { get }

    var NSFileErrorMaximum: Int { get }

    var NSValidationErrorMinimum: Int { get }

    var NSValidationErrorMaximum: Int { get }

    var NSFormattingErrorMinimum: Int { get }

    var NSFormattingErrorMaximum: Int { get }

    var NSPropertyListReadCorruptError: Int { get }

    var NSPropertyListReadUnknownVersionError: Int { get }

    var NSPropertyListReadStreamError: Int { get }

    var NSPropertyListWriteStreamError: Int { get }

    var NSPropertyListErrorMinimum: Int { get }

    var NSPropertyListErrorMaximum: Int { get }

    var NSExecutableErrorMinimum: Int { get }

    var NSExecutableNotLoadableError: Int { get }

    var NSExecutableArchitectureMismatchError: Int { get }

    var NSExecutableRuntimeMismatchError: Int { get }

    var NSExecutableLoadError: Int { get }

    var NSExecutableLinkError: Int { get }

    var NSExecutableErrorMaximum: Int { get }


    << OBJECTIVE-C >>

    enum {
       NSFileNoSuchFileError = 4,
       NSFileLockingError = 255,
       NSFileReadUnknownError = 256,
       NSFileReadNoPermissionError = 257,
       NSFileReadInvalidFileNameError = 258,
       NSFileReadCorruptFileError = 259,
       NSFileReadNoSuchFileError = 260,
       NSFileReadInapplicableStringEncodingError = 261,
       NSFileReadUnsupportedSchemeError = 262,
       NSFileReadTooLargeError = 263,
       NSFileReadUnknownStringEncodingError = 264,
       NSFileWriteUnknownError = 512,
       NSFileWriteNoPermissionError = 513,
       NSFileWriteInvalidFileNameError = 514,
       NSFileWriteFileExistsError = 516,
       NSFileWriteInapplicableStringEncodingError = 517,
       NSFileWriteUnsupportedSchemeError = 518,
       NSFileWriteOutOfSpaceError = 640,
       NSFileWriteVolumeReadOnlyError = 642,
       NSKeyValueValidationError = 1024,
       NSFormattingError = 2048,
       NSUserCancelledError = 3072,
       NSFeatureUnsupportedError = 3328,
       
       NSFileErrorMinimum = 0,
       NSFileErrorMaximum = 1023,
       NSValidationErrorMinimum = 1024,
       NSValidationErrorMaximum = 2047,
       NSFormattingErrorMinimum = 2048,
       NSFormattingErrorMaximum = 2559,
       
       NSPropertyListReadCorruptError = 3840,
       NSPropertyListReadUnknownVersionError = 3841,
       NSPropertyListReadStreamError = 3842,
       NSPropertyListWriteStreamError = 3851,
       NSPropertyListErrorMinimum = 3840,
       NSPropertyListErrorMaximum = 4095
       
       NSExecutableErrorMinimum = 3584,
       NSExecutableNotLoadableError = 3584,
       NSExecutableArchitectureMismatchError = 3585,
       NSExecutableRuntimeMismatchError = 3586,
       NSExecutableLoadError = 3587,
       NSExecutableLinkError = 3588,
       NSExecutableErrorMaximum = 3839,
       
    }

    定数

  • NSFileNoSuchFileError
  • ファイル·システム操作が、存在しないファイル上でなされました
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileLockingError
  • ファイルのロックするのに失敗しました
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileReadUnknownError
  • 不明な理由での読み出しエラー
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileReadNoPermissionError
  • 許可の問題の読み出しエラー
    OS X 10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileReadInvalidFileNameError
  • ファイル名が無効なための読み出しエラー
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileReadCorruptFileError
  • 破損したファイル、不正なフォーマット、または同様の理由による読み出しエラー
    OS X 10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileReadNoSuchFileError
  • そのようなファイルが見つからないための読み出しエラー
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileReadInapplicableStringEncodingError
  • 文字列のコード化が適用できなかったための読み出しエラー。
    NSStringEncodingErrorKey キーを使用しての UserInfo 辞書から悪いコード化にアクセスします。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileReadUnsupportedSchemeError
  • 指定された URL スキームがサポートされていないための読み出しエラー。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileReadTooLargeError
  • 指定したファイルが大きすぎたための読み出しエラー。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileReadUnknownStringEncodingError
  • ファイルの文字列コードが決定できなかったための読み出しエラー
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileWriteUnknownError
  • 不明な理由による書き込みエラー
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileWriteNoPermissionError
  • 許可の問題のための書き込みエラー
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileWriteInvalidFileNameError
  • 無効なファイル名のための書き込みエラー
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileWriteFileExistsError
  • 目的のファイルが既に存在する場合、NSFileManager クラスのコピー、移動、およびリンクのメソッドはエラーを報告し、書き込みエラーが返されます。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 5.0 以降で利用可能。

  • NSFileWriteInapplicableStringEncodingError
  • 文字列のコード化が適用できなかったための書き込みエラー。
    NSStringEncodingErrorKey キーを使用しての UserInfo 辞書から悪いコード化にアクセスします。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileWriteUnsupportedSchemeError
  • 指定されたURLスキームがサポートされていないための書き込みエラー
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileWriteOutOfSpaceError
  • ディスク領域の不足のための書き込みエラー
    OS X 10.4 以降で利用可能。

  • NSFileWriteVolumeReadOnlyError
  • ボリュームが読み取り専用であるための書き込みエラー。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSKeyValueValidationError
  • キー値コード化の検証エラー
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFormattingError
  • フォーマットエラー(データの表示に関連する)
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSUserCancelledError
  • ユーザーが操作を取り消しました(例えば、コマンド-ピリオドを押すことによって)。
    このコードは、ダイアログの表示を必要とせず、特殊なケースのための候補となるエラーのためです。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileErrorMinimum
  • ファイルエラーのために予約されたエラーコードの範囲の開始をマークします
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFileErrorMaximum
  • ファイルエラーのために予約されたエラーコードの範囲の終了をマークします
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSValidationErrorMinimum
  • 検証エラーのために予約されたエラーコードの範囲の開始をマークします。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSValidationErrorMaximum
  • 検証エラーのために予約されたエラーコードの範囲の終了をマークします。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFormattingErrorMinimum
  • フォーマットエラーのために予約されたエラーコードの範囲の開始をマークします。
    OS X v10.4 以降で利用可能
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFormattingErrorMaximum
  • フォーマットエラーのために予約されたエラーコードの範囲の終わりをマークします。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSPropertyListReadCorruptError
  • プロパティリストを解析中にエラーが発生しました。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSPropertyListReadUnknownVersionError
  • プロパティリストのバージョン番号を決定することができません。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSPropertyListReadStreamError
  • プロパティリストの読み込み中にストリームエラーが発生しました。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSPropertyListWriteStreamError
  • プロパティリストを書き込み中にストリームエラーが発生しました。
    OS X v 10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSPropertyListErrorMinimum
  • プロパティリストエラー用に予約されたエラーコードの範囲の始まりをマークします。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSPropertyListErrorMaximum
  • プロパティリストエラー用に予約されたエラーコードの範囲の終了をマークします。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSExecutableErrorMinimum
  • 実行可能ファイルに関連するエラーのために予約されたエラーコードの範囲の始まりをマークします。
    OS X v10.5 以降で利用可能。

  • NSExecutableNotLoadableError
  • 実行ファイルは、現在のプロセスにロード可能でないタイプのものです。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSExecutableArchitectureMismatchError
  • 実行ファイルは、現在のプロセスと互換性のあるアーキテクチャを提供していません。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSExecutableRuntimeMismatchError
  • 実行ファイルは、現在のプロセスと互換性のない Objective C の実行時情報があります。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSExecutableLoadError
  • 実行可能ファイルは、それが依存するライブラリに関する問題のような、いくつかの他の理由のためにロードすることはできませんでした。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSExecutableLinkError
  • 実行ファイルがリンクの問題のために失敗しました。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSExecutableErrorMaximum
  • 実行可能ファイルに関連するエラーのために予約されたエラーコードの範囲の終了をマークします。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

    議論

    この列挙定数は、Cocoa エラードメイン(NSCocoaErrorDomain)における NSError コード番号です。他のフレームワーク、最も明白なアプリケーションキットは、独自の NSCocoaErrorDomain エラーコードを提供します。


    NSFile で始まる列挙定数は、ファイルの I/O 操作に関連するエラーまたはファイル·システム·エラーを示します。 NSError オブジェクトの UserInfo 辞書のファイルシステムパスまたは URL にアクセスするためのキー NSFilePathErrorKey または NSURLErrorKey を(どちらか適切な方を)使用してください。





    URL ロードシステムエラーコード

    これらの値は、ドメイン"NSURLErrorDomain" と NSError オブジェクトのエラーコードプロパティとして返されます。


    宣言


    << SWIFT >>

    var NSFileNoSuchFileError: Int { get }

    var NSFileLockingError: Int { get }

    var NSFileReadUnknownError: Int { get }

    var NSFileReadNoPermissionError: Int { get }

    var NSFileReadInvalidFileNameError: Int { get }

    var NSFileReadCorruptFileError: Int { get }

    var NSFileReadNoSuchFileError: Int { get }

    var NSFileReadInapplicableStringEncodingError: Int { get }

    var NSFileReadUnsupportedSchemeError: Int { get }

    var NSFileReadTooLargeError: Int { get }

    var NSFileReadUnknownStringEncodingError: Int { get }

    var NSFileWriteUnknownError: Int { get }

    var NSFileWriteNoPermissionError: Int { get }

    var NSFileWriteInvalidFileNameError: Int { get }

    var NSFileWriteFileExistsError: Int { get }

    var NSFileWriteInapplicableStringEncodingError: Int { get }

    var NSFileWriteUnsupportedSchemeError: Int { get }

    var NSFileWriteOutOfSpaceError: Int { get }

    var NSFileWriteVolumeReadOnlyError: Int { get }

    var NSKeyValueValidationError: Int { get }

    var NSFormattingError: Int { get }

    var NSUserCancelledError: Int { get }

    var NSFileErrorMinimum: Int { get }

    var NSFileErrorMaximum: Int { get }

    var NSValidationErrorMinimum: Int { get }

    var NSValidationErrorMaximum: Int { get }

    var NSFormattingErrorMinimum: Int { get }

    var NSFormattingErrorMaximum: Int { get }

    var NSPropertyListReadCorruptError: Int { get }

    var NSPropertyListReadUnknownVersionError: Int { get }

    var NSPropertyListReadStreamError: Int { get }

    var NSPropertyListWriteStreamError: Int { get }

    var NSPropertyListErrorMinimum: Int { get }

    var NSPropertyListErrorMaximum: Int { get }

    var NSExecutableErrorMinimum: Int { get }

    var NSExecutableNotLoadableError: Int { get }

    var NSExecutableArchitectureMismatchError: Int { get }

    var NSExecutableRuntimeMismatchError: Int { get }

    var NSExecutableLoadError: Int { get }

    var NSExecutableLinkError: Int { get }

    var NSExecutableErrorMaximum: Int { get }


    << OBJECTIVE-C >>

    enum
    {
       NSURLErrorUnknown = -1,
       NSURLErrorCancelled = -999,
       NSURLErrorBadURL = -1000,
       NSURLErrorTimedOut = -1001,
       NSURLErrorUnsupportedURL = -1002,
       NSURLErrorCannotFindHost = -1003,
       NSURLErrorCannotConnectToHost = -1004,
       NSURLErrorDataLengthExceedsMaximum = -1103,
       NSURLErrorNetworkConnectionLost = -1005,
       NSURLErrorDNSLookupFailed = -1006,
       NSURLErrorHTTPTooManyRedirects = -1007,
       NSURLErrorResourceUnavailable = -1008,
       NSURLErrorNotConnectedToInternet = -1009,
       NSURLErrorRedirectToNonExistentLocation = -1010,
       NSURLErrorBadServerResponse = -1011,
       NSURLErrorUserCancelledAuthentication = -1012,
       NSURLErrorUserAuthenticationRequired = -1013,
       NSURLErrorZeroByteResource = -1014,
       NSURLErrorCannotDecodeRawData = -1015,
       NSURLErrorCannotDecodeContentData = -1016,
       NSURLErrorCannotParseResponse = -1017,
       NSURLErrorInternationalRoamingOff = -1018,
       NSURLErrorCallIsActive = -1019,
       NSURLErrorDataNotAllowed = -1020,
       NSURLErrorRequestBodyStreamExhausted = -1021,
       NSURLErrorFileDoesNotExist = -1100,
       NSURLErrorFileIsDirectory = -1101,
       NSURLErrorNoPermissionsToReadFile = -1102,
       NSURLErrorSecureConnectionFailed = -1200,
       NSURLErrorServerCertificateHasBadDate = -1201,
       NSURLErrorServerCertificateUntrusted = -1202,
       NSURLErrorServerCertificateHasUnknownRoot = -1203,
       NSURLErrorServerCertificateNotYetValid = -1204,
       NSURLErrorClientCertificateRejected = -1205,
       NSURLErrorClientCertificateRequired = -1206,
       NSURLErrorCannotLoadFromNetwork = -2000,
       NSURLErrorCannotCreateFile = -3000,
       NSURLErrorCannotOpenFile = -3001,
       NSURLErrorCannotCloseFile = -3002,
       NSURLErrorCannotWriteToFile = -3003,
       NSURLErrorCannotRemoveFile = -3004,
       NSURLErrorCannotMoveFile = -3005,
       NSURLErrorDownloadDecodingFailedMidStream = -3006,
       NSURLErrorDownloadDecodingFailedToComplete = -3007
    }

    定数

  • NSURLErrorUnknown
  • URL ローディングシステムが、それが解釈できないエラーに遭遇したときに返されます。

    エラーが下位レベルのフレームワークやライブラリに由来する場合にこれが発生することがあります。このエラーコードを受け取ったときはいつでも、バグで、アップルに報告する必要があります。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCancelled
  • 非同期ロードがキャンセルされたときに返されます。
    リソースをロードする時キャンセル操作を行った場合、Web Kit フレームワークのデリゲートは、このエラーを受け取ります。ダウンロードがキャンセルされた場合は NSURLConnection または NSURLDownload デリゲートはこのエラーを受け取らないことに注意してください。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorBadURL
  • URL 要求を開始することができないようにURL が十分に不正な形式の場合に返されます
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorTimedOut
  • 非同期操作がタイムアウトするときに返されます。
    ロードが完了する前に NSURLRequest の タイムアウトの間隔の有効期限が切れたとき NSURLConnection は、そのデリゲートにこのエラーを送ります。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorUnsupportedURL
  • 適切に形成された URL が、フレームワークで処理することができないときに返されます。
    最も可能性の高い原因は、URL に使用可能なプロトコルハンドラがないことです。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotFindHost
  • URL のホスト名を解決できないときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotConnectToHost
  • ホストへの接続の試みが失敗したときに返されます。
    ホスト名の解決時に発生しますが、ホストがダウンしているか、特定のポートで接続を受け付けない場合に発生します。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorDataLengthExceedsMaximum
  • リソースデータの長さが許可された最大値を超えたときに返されます。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorNetworkConnectionLost
  • クライアントまたはサーバの接続が進行中のロードの途中のときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorDNSLookupFailed
  • NSURLErrorCannotFindHost を参照してください
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorHTTPTooManyRedirects
  • リダイレクトループが検出された場合、または許容されたリダイレクトの数のしきい値を超えたとき(現在は 16)に返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorResourceUnavailable
  • 要求されたリソースを取得できないときに返されます。
    例としては、"ファイルが見つかりません"と、正しく処理されてからデータを防止するデータ復号の問題です。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorNotConnectedToInternet
  • ネットワークリソースが要求されたが、インターネットの接続が確立されておらず、接続が欠如している事を通してか、ユーザー選択で自動的にネットワーク接続を行わないか、のいずれかによって、接続が自動的に確立されません。
    OS X v10.2以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorRedirectToNonExistentLocation
  • リダイレクトがサーバ応答コードを経由して指定された場合に返されますが、サーバーはリダイレクト URL にはこのコードを伴いません。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorBadServerResponse
  • URL のロードシステムが、サーバから不正なデータを受信したときに返されます。
    これは、HTTP サーバーから送信された"500 サーバーエラー"メッセージに相当します。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorUserCancelledAuthentication
  • 認証のための非同期要求がユーザーによってキャンセルされたときに返されます。
    これは、典型的には、むしろ認証しようとしているユーザーよりも、ユーザー名/パスワードのダイアログで"キャンセル"ボタンをクリックすることによって発生します。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorUserAuthenticationRequired
  • 認証がリソースにアクセスする必要があるときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorZeroByteResource
  • サーバが、URL がゼロでない内容の長さを持っていることを報告しますが、任意のデータを送信せずに、"優雅に"ネットワーク接続を終了したときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotDecodeRawData
  • NSURLConnection 要求が受け取った内容のデータが既知の内容符号化で復号することができないときに返されます。
    OS X 10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotDecodeContentData
  • NSURLConnection 要求が受け取った内容のデータが未知の内容のコード化だったときに返されます。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotParseResponse
  • NSURLConnection 要求に対する応答が解析できないときに返されます。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorInternationalRoamingOff
  • 接続がローミング中にデータコンテキストを活性化するのが必要となるときに返されますが、国際ローミングは無効になっています。
    OS X v10.7以降で利用可能。
    iOS 3.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCallIsActive
  • 電話呼び出しがネットワーク上でアクティブになっている間に、同時に電話とデータ通信(EDGE や GPRS)がされることをサポートしていないときに返されます。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 3.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorDataNotAllowed
  • セルラーネットワークが、接続を許可しないときに返されます。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 3.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorRequestBodyStreamExhausted
  • ボディストリームが必要ですが、クライアントがこれを提供しない場合返されます。ボディストリームを使用して POST の要求を送信しますが、NSURLConnection デリゲートメソッド connection:needNewBodyStream を実装していないので、これは iOS のクライアントにインパクトを与えます。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 3.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorFileDoesNotExist
  • ファイルが存在しないときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorFileIsDirectory
  • FTP ファイルの要求がサーバー内でファイルが plain のファイルではなく、ディレクトリであることを応答する時に返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorNoPermissionsToReadFile
  • 不十分な権限のためにリソースを読み取ることができないときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorSecureConnectionFailed
  • 安全な接続を確立しようとしても、より具体的に表現することができない理由のために失敗したとき返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorServerCertificateHasBadDate
  • サーバー証明書が有効期限が切れたことを示すか、または、まだ有効ではない日付のときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorServerCertificateUntrusted
  • サーバ証明書が信頼されないルートサーバーによって署名されたときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorServerCertificateHasUnknownRoot
  • サーバ証明書が、どのルートサーバによっても署名されていないときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorServerCertificateNotYetValid
  • サーバー証明書がまだ有効でない場合に返されます。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorClientCertificateRejected
  • サーバ証明書が拒否されたときに返されます。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorClientCertificateRequired
  • クライアント証明書が NSURLConnection 要求時に SSL 接続を認証するために必要とされるときに返されます。
    OS X v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotLoadFromNetwork
  • キャッシュから項目だけをロードするための特定の要求を満たすことができないときに返されます。

    ライブラリが"キャッシュのみからロード"の指示によりにそうすることからブロックされているという事実を受け入れネットワークに行った時点で、このエラーは送信されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotCreateFile
  • NSURLDownload オブジェクトが、I/O 障害が原因で、ディスク上にダウンロードしたファイルを作成できなかったときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotOpenFile
  • NSURLDownload がディスク上にダウンロードしたファイルを開くことができなかったときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotCloseFile
  • NSURLDownload がディスク上にダウンロードしたファイルを閉じることができなかったときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotWriteToFile
  • NSURLDownload がディスク上のダウンロードしたファイルに書き込むことができなかったときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotRemoveFile
  • NSURLDownload がディスクからダウンロードしたファイルを削除することができなかったときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorCannotMoveFile
  • NSURLDownload がディスク上にダウンロードしたファイルを移動することができなかったときに返されます。
    OS X v10.2以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorDownloadDecodingFailedMidStream
  • NSURLDownload がダウンロード中に暗号化されたファイルを復号化するのを失敗したときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSURLErrorDownloadDecodingFailedToComplete
  • NSURLDownload がダウンロード後に暗号化されたファイルを復号化するのを失敗したときに返されます。
    OS X v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。


    利用可能

    インストールした Safari 1.0 と OS X v10.2 で利用可能。

    OS X v10.2.7 以降で利用可能。

    iOS 2.0 以降で利用可能





    iCloud エラーコード

    これらのエラーコードは、iCloud に関連したエラーが発生したときに NSURL オブジェクト上の NSURLUbiquitousItemDownloadingErrorKey に伴ったエラー·オブジェクトによって使用されます。


    宣言

    << SWIFT >>

    var NSUbiquitousFileErrorMinimum: Int { get }

    var NSUbiquitousFileUnavailableError: Int { get }

    var NSUbiquitousFileNotUploadedDueToQuotaError: Int { get }

    var NSUbiquitousFileUbiquityServerNotAvailable: Int { get }

    var NSUbiquitousFileErrorMaximum: Int { get }


    << OBJECTIVE-C >>

    NSUbiquitousFileErrorMinimum = 4352,
       NSUbiquitousFileUnavailableError = 4353,
       NSUbiquitousFileNotUploadedDueToQuotaError = 4354,
       NSUbiquitousFileUbiquityServerNotAvailable = 4355,
       NSUbiquitousFileErrorMaximum = 4607
    

    定数

  • NSUbiquitousFileErrorMinimum
  • iCloud のエラーを表現する最小のエラーコードの値。
    OS X v10.9 以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSUbiquitousFileUnavailableError
  • 項目がまだ別のデバイスによって iCloud にアップロードされていません。

    このエラーが発生すると、項目のダウンロードを開始するようにシステムに依頼する必要はありません。システムは、できるだけ早くその項目をダウンロードしようとします。項目が使用可能になったと知りたい場合は、ファイルの URL への変更を監視するために NSMetadataQuery オブジェクトを使用して下さい。
    OS X v10.9 以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSUbiquitousFileNotUploadedDueToQuotaError
  • アカウントがその取り分を取りすぎて、アイテムが iCloud にアップロードすることができなかった。
    OS X v10.9 以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSUbiquitousFileUbiquityServerNotAvailable
  • iCloud サーバへの接続に失敗しました。
    OS X v10.9 以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSUbiquitousFileErrorMaximum
  • iCloud のエラーを表現する最大のエラーコードの値。
    OS X v10. 9以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。




    XPC エラー


    XPC 接続によって返されるエラー。これらは 現在 iOS 上では利用不可能なことに注意してください。


    宣言

    << SWIFT >>

    var NSXPCConnectionInterrupted: Int { get }

    var NSXPCConnectionInvalid: Int { get }

    var NSXPCConnectionReplyInvalid: Int { get }

    var NSXPCConnectionErrorMinimum: Int { get }

    var NSXPCConnectionErrorMaximum: Int { get }


    << OBJECTIVE-C >>

    NSXPCConnectionInterrupted = 4097, NSXPCConnectionInvalid = 4099, NSXPCConnectionReplyInvalid = 4101, NSXPCConnectionErrorMinimum = 4096, NSXPCConnectionErrorMaximum = 4224


    定数

  • NSXPCConnectionInterrupted
  • XPC 接続が中断されました。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSXPCConnectionInvalid
  • XPC 接続が無効でした。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSXPCConnectionReplyInvalid
  • XPC 接続の応答が無効でした。
    OS X v10.8 以降で利用可能。

  • NSXPCConnectionErrorMinimum
  • XPC 接続の最小のエラー。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSXPCConnectionErrorMaximum
  • XPC 接続の最大のエラー。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。





    グローバル変数


    ココアのエラードメイン


    これらの定数はココアエラードメインを定義します。


    << SWIFT >>

    let NSCocoaErrorDomain: String


    << OBJECTIVE-C >>

    NSString *const NSCocoaErrorDomain;


    定数

  • NSCocoaErrorDomain
  • アプリケーションキットと Foundation キットのエラー。
    OS X v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFeatureUnsupportedError
  • NSFeatureUnsupportedError は、ファイルシステムがその機能を欠いているか、必要なライブラリが存在しないか、または他の同様の理由で、機能がサポートされていないため、要求された操作を実行できなかったことを示す NSCocoaErrorDomain での新しいエラーコードです。

    例えば、一部のボリュームがごみ箱フォルダをサポートしていない場合、これらのメソッドは NOnilNSFeatureUnsupportedErrorNSError を返すことによって失敗を報告します。






    NSURL ドメイン


    このエラードメインは NSURL のために定義されます。


    定義


    << SWIFT >>

    let NSURLErrorDomain: String


    << OBJECTIVE-C >>

    extern NSString * const NSURLErrorDomain;


    定数





    数値定数


    NSDecimal 定数


    NSDecimal で使用される定数。


    宣言

    << SWIFT >>

    var NSDecimalMaxSize: Int32 { get }

    var NSDecimalNoScale: Int32 { get }


    << OBJECTIVE-C >>

    #define NSDecimalMaxSize (8)
    #define NSDecimalNoScale SHRT_MAX
    

    定数

  • NSDecimalMaxSize
  • NSDecimal の最大のサイズ。
    少なくとも 38 桁、128 の2進数位置の精度を与えます。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSDecimalNoScale
  • 10進数で小数点記号の後に許可された桁数が限定されるべきではないことを指定します。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。






    NSInteger と NSUInteger の最大値と最小値


    NSIntegerNSUInteger の最大値と最小値を表す定数。


    宣言

    << SWIFT >>

    var NSIntegerMax: Int { get }


    << OBJECTIVE-C >>

    #define NSIntegerMax    LONG_MAX
    #define NSIntegerMin    LONG_MIN
       
    #define NSUIntegerMax   ULONG_MAX
    

    定数

  • NSIntegerMax
  • NSInteger の最大値。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSIntegerMin
  • NSInteger の最小値。
    OS X v10.5 以降で利用可能。

  • NSUIntegerMax
  • NSUInteger の最大値。
    OS X v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。





    例外


    一般的な例外の名前


    NSException で定義される例外。


    宣言

    << SWIFT >>

    let NSGenericException: String

    let NSRangeException: String

    let NSInvalidArgumentException: String

    let NSInternalInconsistencyException: String

    let NSMallocException: String

    let NSObjectInaccessibleException: String

    let NSObjectNotAvailableException: String

    let NSDestinationInvalidException: String

    let NSPortTimeoutException: String

    let NSInvalidSendPortException: String

    let NSInvalidReceivePortException: String

    let NSPortSendException: String

    let NSPortReceiveException: String

    let NSOldStyleException: String


    << OBJECTIVE-C >>

    extern NSString *NSGenericException;
    extern NSString *NSRangeException;
    extern NSString *NSInvalidArgumentException;
    extern NSString *NSInternalInconsistencyException;
    extern NSString *NSMallocException;
    extern NSString *NSObjectInaccessibleException;
    extern NSString *NSObjectNotAvailableException;
    extern NSString *NSDestinationInvalidException;
    extern NSString *NSPortTimeoutException;
    extern NSString *NSInvalidSendPortException;
    extern NSString *NSInvalidReceivePortException;
    extern NSString *NSPortSendException;
    extern NSString *NSPortReceiveException;
    extern NSString *NSOldStyleException;
    

    定数

  • NSGenericException
  • 例外の総称。
    通常は、より具体的な例外名を使用する必要があります。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSRangeException
  • 文字列の末尾を越えたような、何らかのデータの境界の外側にアクセスしようとしたときに発生する例外の名前。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSInvalidArgumentException
  • nil でないオブジェクトが必要とされる所で nil ポインタのような、メソッドに無効な引数を渡すときに発生する例外の名前。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSInternalInconsistencyException
  • 内部アサーションが失敗し、呼ばれたコード内で予期しない状態を意味するときに発生する例外の名前。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSMallocException
  • 廃止されました。現在使用されていません。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSObjectInaccessibleException
  • 離れたオブジェクトがそれにアクセスするべきではないスレッドからアクセスされたときに発生する例外の名前。
    NSConnectionenableMultipleThreads を参照してください。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSObjectNotAvailableException
  • NSConnection の離れた側が、オブジェクトが全く公表されていないため、オブジェクトにメッセージを送信することを拒否したときに発生する例外の名前。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSDestinationInvalidException
  • 内部アサーションが失敗して、分散オブジェクト内で予期しない状態を意味するときに発生する例外の名前。
    これは、分散オブジェクト固有の例外です。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSPortTimeoutException
  • 送信時または受信時に、ポート上で時間切れが起こったときに発生する例外の名前。
    これは、分散オブジェクト固有の例外です。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSInvalidSendPortException
  • NSConnection の送信ポートが無効になったときに発生する例外の名前。
    これは、分散オブジェクト固有の例外です。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSInvalidReceivePortException
  • NSConnection の受信ポートが無効になったときに発生する例外の名前。
    これは、分散オブジェクト固有の例外です。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSPortSendException
  • 一般的なエラーが送信時に発生しました。
    これは NSPort- 固有の例外です。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSPortReceiveException
  • 一般的なエラーが受信時に発生しました。
    これは NSPort- 固有の例外です。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSOldStyleException
  • 使用されなくなりました。
    OS X v10.0 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。





    バージョン番号


    Foundation バージョン番号


    現在の環境での Foundation のフレームワークのバージョン。


    宣言

    << SWIFT >>

    var NSFoundationVersionNumber: Double


    << OBJECTIVE-C >>

    double NSFoundationVersionNumber;


    定数

  • NSFoundationVersionNumber
  • 現在の環境での Foundation フレームワークのバージョン。
    OS X v10.1 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。





    Foundation フレームワークのバージョン番号


    Foundation フレームワークのバージョン番号を定義するための定数。


    宣言

    << SWIFT >>

    var NSFoundationVersionNumber10_0: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_1_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_1_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_1_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_1_4: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_2_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_2_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_2_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_2_4: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_2_5: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_2_6: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_2_7: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_2_8: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3_4: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3_5: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3_6: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3_7: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3_8: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_3_9: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_4_Intel: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_4_PowerPC: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_5: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_6: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_7: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_8: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_9: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_10: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_4_11: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_5: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_5_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_5_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_5_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_5_4: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_5_5: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_5_6: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_5_7: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_5_8: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_6: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_6_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_6_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_6_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_6_4: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_6_5: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_6_6: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_6_7: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_6_8: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_7: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_7_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_7_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_7_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_7_4: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_8: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_8_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_8_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_8_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_8_4: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_9: Int32 { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_9_1: Int32 { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_9_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_10: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_10_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_10_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber10_10_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_2_0: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_2_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_2_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_3_0: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_3_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_3_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_4_0: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_4_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_4_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_4_3: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_5_0: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_5_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_6_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_6_0: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_6_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_7_0: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_7_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_8_0: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_8_1: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_8_2: Double { get }

    var NSFoundationVersionNumber_iOS_8_3: Double { get }


    << OBJECTIVE-C >>

    #define NSFoundationVersionNumber10_0      397.40
    #define NSFoundationVersionNumber10_1      425.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_1_1    425.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_1_2    425.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_1_3    425.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_1_4    425.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_2      462.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_2_1    462.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_2_2    462.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_2_3    462.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_2_4    462.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_2_5    462.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_2_6    462.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_2_7    462.70
    #define NSFoundationVersionNumber10_2_8    462.70
    #define NSFoundationVersionNumber10_3      500.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_3_1    500.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_3_2    500.30
    #define NSFoundationVersionNumber10_3_3    500.54
    #define NSFoundationVersionNumber10_3_4    500.56
    #define NSFoundationVersionNumber10_3_5    500.56
    #define NSFoundationVersionNumber10_3_6    500.56
    #define NSFoundationVersionNumber10_3_7    500.56
    #define NSFoundationVersionNumber10_3_8    500.56
    #define NSFoundationVersionNumber10_3_9    500.58
    #define NSFoundationVersionNumber10_4      567.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_1    567.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_2    567.12
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_3    567.21
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_4_Intel    567.23
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_4_PowerPC  567.21
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_5    567.25
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_6    567.26
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_7    567.27
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_8    567.28
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_9    567.29
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_10   567.29
    #define NSFoundationVersionNumber10_4_11   567.36
    #define NSFoundationVersionNumber10_5      677.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_5_1    677.10
    #define NSFoundationVersionNumber10_5_2    677.15
    #define NSFoundationVersionNumber10_5_3    677.19
    #define NSFoundationVersionNumber10_5_4    677.19
    #define NSFoundationVersionNumber10_5_5    677.21
    #define NSFoundationVersionNumber10_5_6    677.22
    #define NSFoundationVersionNumber10_5_7    677.24
    #define NSFoundationVersionNumber10_5_8    677.26
    #define NSFoundationVersionNumber10_6      751.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_6_1    751.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_6_2    751.14
    #define NSFoundationVersionNumber10_6_3    751.21
    #define NSFoundationVersionNumber10_6_4    751.29
    #define NSFoundationVersionNumber10_6_5    751.42
    #define NSFoundationVersionNumber10_6_6    751.53
    #define NSFoundationVersionNumber10_6_7    751.53
    #define NSFoundationVersionNumber10_6_8    751.62
    #define NSFoundationVersionNumber10_7      833.10
    #define NSFoundationVersionNumber10_7_1    833.10
    #define NSFoundationVersionNumber10_7_2    833.20
    #define NSFoundationVersionNumber10_7_3    833.24
    #define NSFoundationVersionNumber10_7_4    833.25
    #define NSFoundationVersionNumber10_8      945.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_8_1    945.00
    #define NSFoundationVersionNumber10_8_2    945.11
    #define NSFoundationVersionNumber10_8_3    945.16
    #define NSFoundationVersionNumber10_8_4    945.18
    #define NSFoundationVersionNumber10_9      1056
    #define NSFoundationVersionNumber10_9_1    1056
    #define NSFoundationVersionNumber10_9_2    1056.13
    #define NSFoundationVersionNumber10_10     1151.16
    #define NSFoundationVersionNumber10_10_1   1151.16
    #define NSFoundationVersionNumber10_10_2   1152.14
    #define NSFoundationVersionNumber10_10_3   1153.20
       
    #define NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_2_0  678.24
    #define NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_2_1  678.26
    #define NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_2_2  678.29
    #define NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_3_0  678.47
    #define NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_3_1  678.51
    #define NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_3_2  678.60
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_4_0  751.32
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_4_1  751.37
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_4_2  751.49
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_4_3  751.49
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_5_0  881.00
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_5_1  890.10
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_6_0  993.00
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_6_1  993.00
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_7_0  1047.20
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_7_1  1047.25
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_8_0  1140.11
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_8_1  1141.1
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_8_2  1142.14
    #define NSFoundationVersionNumber_iOS_8_3  1144.17
    

    定数

  • NSFoundationVersionNumber10_0
  • OS X バージョン 10.0 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.1 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_1
  • OS X バージョン 10.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.2 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_1_1
  • OS X バージョン 10.1.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_1_2
  • OS X バージョン 10.1.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_1_3
  • OS X バージョン 10.1.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_1_4
  • OS X バージョン 10.1.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_2
  • OS X バージョン 10.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.3 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_2_1
  • OS X バージョン 10.2.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_2_2
  • OS X バージョン 10.2.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_2_3
  • OS X バージョン 10.2.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_2_4
  • OS X バージョン 10.2.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_2_5
  • OS X バージョン 10.2.5 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_2_6
  • OS X バージョン 10.2.6 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_2_7
  • OS X バージョン 10.2.7 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_2_8
  • OS X バージョン 10.2.8 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3
  • OS X バージョン 10.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3_1
  • OS X バージョン 10.3.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3_2
  • OS X バージョン 10.3.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3_3
  • OS X バージョン 10.3.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3_4
  • OS X バージョン 10.3.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.4 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3_5
  • OS X バージョン 10.3.5 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3_6
  • OS X バージョン 10.3.6 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3_7
  • OS X バージョン 10.3.7 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3_8
  • OS X バージョン 10.3.8 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_3_9
  • OS X バージョン 10.3.9 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4
  • OS X バージョン 10.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_1
  • OS X バージョン 10.4.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_2
  • OS X バージョン 10.4.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_3
  • OS X バージョン 10.4.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_4_Intel
  • Intel 用に OS X バージョン 10.4.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_4_PowerPC
  • PowerPC 用に OS X バージョン 10.4.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_5
  • OS X バージョン 10.4.5 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_6
  • OS X バージョン 10.4.6 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_7
  • OS X バージョン 10.4.7 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_8
  • OS X バージョン 10.4.8 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_9
  • OS X バージョン 10.4.9 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_10
  • OS X バージョン 10.4.10 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_4_11
  • OS X バージョン 10.4.11 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.5 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_5
  • OS X バージョン 10.5 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.6 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_5_1
  • OS X バージョン 10.5.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.6 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_5_2
  • OS X バージョン 10.5.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.6 以降で利用可能。
    iOS 2.2 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_5_3
  • OS X バージョン 10.5.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.6 以降で利用可能。
    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_5_4
  • OS X バージョン 10.5.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.6 以降で利用可能。
    iOS 2.2 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_5_5
  • OS X バージョン 10.5.5 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.6 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_5_6
  • OS X バージョン 10.5.6 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OSX v10.6以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_5_7
  • OS X バージョン 10.5.7 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_5_8
  • OS X バージョン 10.5.8 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_6
  • OS X バージョン 10.6 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_6_1
  • OS X バージョン 10.6.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_6_2
  • OS X バージョン 10.6.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 4.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_6_3
  • OS X バージョン 10.6.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 4.3 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_6_4
  • OS X バージョン 10.6.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 4.3 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_6_5
  • OS X バージョン 10.6.5 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.7 以降で利用可能。
    iOS 4.3 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_6_6
  • OS X バージョン 10.6 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_6_7
  • OS X バージョン 10.6.7 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_6_8
  • OS X バージョン 10.6.8 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_7
  • OS X バージョン 10.7 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_7_1
  • OS X バージョン 10.7.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_7_2
  • OS X バージョン 10.7.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_7_3
  • OS X バージョン 10.7.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_7_4
  • OS X バージョン 10.7.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.8 以降で利用可能。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_8
  • OS X バージョン 10.8 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS Xの 10.9 以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_8_1
  • OS X バージョン 10.8.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.9 以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_8_2
  • OS X バージョン 10.8.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.9 以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_8_3
  • OS X バージョン 10.8.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.9 以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_8_4
  • OS X バージョン 10.8.4 でリリースされた Foundation のバージョン。
    OS X v10.9 以降で利用可能。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber10_9
    OS X バージョン 10.9 でリリースされた Foundation のバージョン。
    iOS 8.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber10_9_1
    OS X バージョン 10.9.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    iOS 8.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber10_9_2
    OS X バージョン 10.9.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    iOS 8.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber10_10
    OS X バージョン 10.10 でリリースされた Foundation のバージョン。
    iOS 9.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber10_10_1
    OS X バージョン 10.10.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    iOS 9.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber10_10_2
    OS X バージョン 10.10.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    iOS 9.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber10_10_3
    OS X バージョン 10.10.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    iOS 9.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_2_0
  • iPhone OS バージョン 2.0 でリリースされたFoundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 2.2 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_2_1
  • iPhone OS バージョン 2.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 2.2 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_2_2
  • iPhone OS バージョン 2.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 3.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_3_0
  • iPhone OS バージョン 3.0 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 3.2 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_3_1
  • iPhone OS バージョン 3.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 3.2 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iPhoneOS_3_2
  • iPhone OS バージョン 3.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 4.2 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iOS_4_0
  • iOS バージョン 4.0 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 4.2 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iOS_4_1
  • iOS バージョン 4.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 4.3 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iOS_4_2
  • iOS バージョン 4.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 4.3 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iOS_4_3
  • iOS バージョン 4.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iOS_5_0
  • iOS バージョン 5.0 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iOS_5_1
  • iOS バージョン 5.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iOS_6
  • iOS バージョン 6.0 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 6.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iOS_6_1
  • iOS バージョン 6.0.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ利用可能です。
    iOS 7.0 以降で利用可能。

  • NSFoundationVersionNumber_iOS_7_0
    iOS バージョン 7.0 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ使用可能です。
    iOS 8.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber_iOS_7_1
    iOS バージョン 7.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ使用可能です。
    iOS 8.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber_iOS_8_0
    iOS バージョン 8.0 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ使用可能です。
    iOS 9.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber_iOS_8_1
    iOS バージョン 8.1 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ使用可能です。
    iOS 9.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber_iOS_8_2
    iOS バージョン 8.2 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ使用可能です。
    iOS 9.0 以降で利用可能。
  • NSFoundationVersionNumber_iOS_8_3
    iOS バージョン 8.3 でリリースされた Foundation のバージョン。
    この定数は、iOS 上でのみ使用可能です。
    iOS 9.0 以降で利用可能。






  • 次:文書改定履歴
    目次
    Xcode 9 の新機能
    NSObject(class)

  • Foundation 定数リファレンス
  • 概観
  • 定数
  • 列挙型
  • NSByteOrder
    NSNotFound
    NSEnumerationOptions
    NSComparisonResult
    NSSortOptions
    NSQualityOfService
    NSSearchPathDirectory
    NSSearchPathDomainMask
    NSError コード
    URL ロードシステムエラーコード
    iCloud エラーコード
    XPC エラー
  • グローバル変数
  • ココアのエラードメイン
    NSURL ドメイン
  • 数値定数
  • NSDecimal の定数
    NSInteger と NSUInteger の最大値と最小値
  • 例外
  • 一般的な例外の名前
  • バージョン番号
  • Foundation バージョン番号
    Foundation フレームワークのバージョン番号
  • 文書改定履歴












  • トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)












    トップへ(Foundation 定数リファレンス)