Foundation 関数リファレンス


概観


この章では、Foundation のフレームワークで定義された関数や関数に似たマクロを説明します。


訳注:Foundation Function Reference には、2種類あり、バージョンにより違うものかと思ったが、よく見ると iOS と OS X で書き分けてありました。内容は同じなので、長い方を訳出し、必要に応じて書き加えてあります。


関数


アサーション


アサーションに関する追加情報については、アサーションとロギングのプログラミング·ガイドを参照してください。


NSAssert


与えられた条件(condition)が false(偽)の場合、アサーションを生成します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

#define NSAssert(condition, desc, ...)


パラメータ

conditionYES または NO に評価される式。
desc
引数の障害状態とプレースホルダを説明するエラーメッセージを含む printf- スタイルの文字列を含んだ NSString オブジェクト。
...
desc の文字列に表示される引数。

議論

NSAssert マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。


各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後、NSInternalInconsistencyException の例外が発生します。conditionNO に評価された場合、マクロは現在のスレッドのアサーション・ハンドラ上に handleFailureInMethod:lineNumber:description: を呼び出し、説明文字列として desc を渡します。


このマクロは、Objective-C のメソッド内でのみ使用されなければなりません。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になります。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSAssert1

NSCAssert

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSAssert1


与えられた条件(condition)が false(偽)の場合、アサーションを生成します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

#define NSAssert1(condition, desc, arg1)


パラメータ

conditionYES またはNO に評価される式。
desc
一つの引数の障害状態とプレースホルダを説明するエラーメッセージを含む printf- スタイルの文字列を含んだ NSString オブジェクト。
arg1
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。


議論

NSAssert1 マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。


各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後、NSInternalInconsistencyException の例外が発生します。conditionNO に評価された場合、マクロは現在のスレッドのアサーション・ハンドラ上に handleFailureInMethod:lineNumber:description: を呼び出し、説明文字列として desc を渡し、置換変数として arg1 を渡します。


このマクロは、Objective-C のメソッド内でのみ使用されなければなりません。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になります。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSAssert

NSAssert2

NSAssert3

NSAssert4

NSAssert5

NSCAssert

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSAssert2


与えられた条件(condition)が false(偽)の場合、アサーションを生成します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

#define NSAssert2(condition, desc, arg1, arg2)


パラメータ

conditionYES またはNO に評価される式。
desc
2つの引数の障害状態とプレースホルダを説明するエラーメッセージを含む printf- スタイルの文字列が含まれた NSString オブジェクト。
arg1
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg2
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。


議論

NSAssert2 マクロは、条件を評価し、アサーションハンドラのフロントエンドとして機能します。


各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後、NSInternalInconsistencyException の例外が発生します。conditionNO に評価された場合、マクロは現在のスレッドのアサーション・ハンドラ上に handleFailureInMethod:lineNumber:description: を呼び出し、説明文字列として desc を渡し、置換変数として arg1arg2 を渡します。


このマクロは、Objective-C のメソッド内でのみ使用されなければなりません。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になります。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSAssert

NSAssert1

NSAssert3

NSAssert4

NSAssert5

NSCAssert

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSAssert3


与えられた条件(condition)が false(偽)の場合、アサーションを生成します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

#define NSAssert2(condition, desc, arg1, arg2, arg3)


パラメータ

conditionYES またはNO に評価される式。
desc
3つの引数の障害状態とプレースホルダを説明するエラーメッセージを含む printf- スタイルの文字列が含まれた NSString オブジェクト。
arg1
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg2
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg3
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。


議論

NSAssert3 マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。


各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後、NSInternalInconsistencyException の例外が発生します。conditionNO に評価された場合、マクロは現在のスレッドのアサーション・ハンドラ上に handleFailureInMethod:lineNumber:description: を呼び出し、説明文字列として desc を渡し、置換変数として arg1arg2 、そして arg3 を渡します。


このマクロは、Objective-C のメソッド内でのみ使用されなければなりません。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になります。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSAssert

NSAssert1

NSAssert2

NSAssert4

NSAssert5

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSAssert4


与えられた条件(condition)が false(偽)の場合、アサーションを生成します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

#define NSAssert4(condition, desc, arg1, arg2, arg3, arg4)


パラメータ

conditionYES またはNO に評価される式。
desc
4つの引数の障害状態とプレースホルダを説明するエラーメッセージを含む printf- スタイルの文字列が含まれた NSString オブジェクト。
arg1
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg2
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg3
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg4
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。


議論

NSAssert4 マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。


各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後、NSInternalInconsistencyException の例外が発生します。conditionNO に評価された場合、マクロは現在のスレッドのアサーション・ハンドラ上に handleFailureInMethod:lineNumber:description: を呼び出し、説明文字列として desc を渡し、置換変数として arg1arg2arg3、そして arg4 を渡します。


このマクロは、Objective-C のメソッド内でのみ使用されなければなりません。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になります。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSAssert

NSAssert1

NSAssert2

NSAssert3

NSAssert5

NSCAssert

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSAssert5


与えられた条件(condition)が false(偽)の場合、アサーションを生成します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

#define NSAssert4(condition, desc, arg1, arg2, arg3, arg4, arg5)


パラメータ

conditionYES またはNO に評価される式。
desc
5つの引数の障害状態とプレースホルダを説明するエラーメッセージを含む printf- スタイルの文字列が含まれた NSString オブジェクト。
arg1
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg2
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg3
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg4
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。
arg5
引数は、desc の中に、代わりに、挿入されます。


議論

NSAssert4 マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。


各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後、NSInternalInconsistencyException の例外が発生します。conditionNO に評価された場合、マクロは現在のスレッドのアサーションハンドラ上に handleFailureInMethod:lineNumber:description: を呼び出し、説明文字列として desc を渡し、置換変数として arg1arg2arg3arg4、そして arg5 を渡します。


このマクロは、Objective-C のメソッド内でのみ使用されなければなりません。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になります。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv/p>

NSAssert

NSAssert1

NSAssert2

NSAssert3

NSAssert4

NSCAssert

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSCAssert


与えられた条件(condition)が false(偽)の場合、アサーションを生成します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSCAssert(condition, NSString *description)


議論

アサーションは、条件を評価し、条件が偽と評価された場合、それに書式文字列と可変個の引数を渡して、現在のスレッドのアサーション・ハンドラを呼び出ます。各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後 NSInternalInconsistencyException の例外を発生させます。


NSCAssert マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。このマクロは、C 関数内でのみ使用するべきです。 NSCAssert は、条件と書式文字列以外には引数を取りません。


condition (条件)式は true(真)または false(偽) に評価されなければなりません。description(説明)は障害状態を説明する printf- スタイル形式の文字列です。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になります。すべてのマクロは void を返します。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。 condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSAssert

NSAssert1

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSCAssert1


NSCAssert1 は、与えられた条件が false の場合、アサーションを生成する一連のマクロの一つです。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSCAssert1(condition, NSString *description, arg1)


議論

アサーションは、条件を評価し、条件が偽と評価された場合、それを書式文字列と可変個の引数を渡して、現在のスレッドのアサーション・ハンドラを呼び出します。各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後 NSInternalInconsistencyException の例外を発生させます。


NSCAssert1 マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。このマクロは、C 関数内でのみ使用するべきです。


condition (条件)式は true(真)または false(偽) に評価されなければなりません。description(説明)は障害状態を説明する printf- スタイル形式の文字列です。arg1 は説明(description)に、所定の位置に、挿入される引数です。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になっています。すべてのマクロは void を返します。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSCAssert

NSCAssert2

NSCAssert3

NSCAssert4

NSCAssert5

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSCAssert2


NSCAssert2 は、与えられた条件が false の場合、アサーションを生成する一連のマクロの一つです。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSCAssert2(condition, NSString *description, arg1, arg2)


議論

アサーションは、条件が偽と評価された場合、それを書式文字列と可変個の引数を渡して、現在のスレッドのアサーション・ハンドラを呼び出し、条件を評価します。各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後 >NSInternalInconsistencyException の例外を発生させます。


NSCAssert2 マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。このマクロは、C 関数内でのみ使用するべきです。


condition (条件)式は true(真)または false(偽) に評価されなければなりません。description(説明)は障害状態を説明する printf- スタイル形式の文字列です。各 argn は説明に、所定の位置に、挿入される引数です。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になっています。すべてのマクロは void を返します。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSCAssert
NSCAssert1
NSCAssert3
NSCAssert4
NSCAssert5

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSCAssert3


NSCAssert3 は、与えられた条件が false の場合、アサーションを生成する一連のマクロの一つです。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSCAssert3(condition, NSString *description, arg1, arg2, arg3)


議論

アサーションは、条件を評価し、条件が偽と評価された場合、それを書式文字列と可変個の引数を渡して、現在のスレッドのアサーション・ハンドラを呼び出します。各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後 NSInternalInconsistencyException の例外を発生させます。


NSCAssert3 マクロは、条件を評価し、アサーションハンドラのフロントエンドとして機能します。このマクロは、C 関数内でのみ使用するべきです。


condition (条件)式は true(真)または false(偽) に評価されなければなりません。description(説明)は障害状態を説明する printf- スタイル形式の文字列です。各 argn は説明に、所定の位置に、挿入される引数です。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になっています。すべてのマクロは void を返します。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSCAssert
NSCAssert1
NSCAssert2
NSCAssert4
NSCAssert5

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSCAssert4


NSCAssert4 は、与えられた条件が false の場合、アサーションを生成する一連のマクロの一つです。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSCAssert4(condition, NSString *description, arg1, arg2, arg3, arg4)


議論

アサーションは、条件が偽と評価された場合、それを書式文字列と可変個の引数を渡して、現在のスレッドのアサーション・ハンドラを呼び出し、条件を評価します。各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後 NSInternalInconsistencyException の例外を発生させます。


NSCAssert4 マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。このマクロは、C 関数内でのみ使用するべきです。


condition (条件)式は true(真)または false(偽) に評価されなければなりません。description(説明)は障害状態を説明する printf- スタイル形式の文字列です。各 argn は説明に、所定の位置に、挿入される引数です。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になっています。すべてのマクロは void を返します。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSCAssert
NSCAssert1
NSCAssert2
NSCAssert3
NSCAssert5

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSCAssert5


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSCAssert5 は、与えられた条件が false の場合、アサーションを生成する一連のマクロの一つです。


NSCAssert5(condition, NSString *description, arg1, arg2, arg3, arg4, arg5)


議論

アサーションは、条件を評価し、条件が偽と評価された場合、それを書式文字列と可変個の引数を渡して、現在のスレッドのアサーション・ハンドラを呼び出します。各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション・ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後 NSInternalInconsistencyException の例外を発生させます。


NSCAssert5 マクロは、条件を評価し、アサーション・ハンドラのフロントエンドとして機能します。このマクロは、C 関数内でのみ使用するべきです。


condition (条件)式は true(真)または false(偽) に評価されなければなりません。description(説明)は障害状態を説明する printf- スタイル形式の文字列です。各 argn は説明に、所定の位置に、挿入される引数です。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になっています。すべてのマクロは void を返します。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSCAssert
NSCAssert1
NSCAssert2
NSCAssert3
NSCAssert4

NSCParameterAssert

NSParameterAssert





NSCParameterAssert


指定されたパラメータを評価します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSCParameterAssert(condition)


議論

アサーションは、条件を評価し、条件が偽と評価された場合、それを書式文字列と可変個の引数に渡して、現在のスレッドのアサーション・ハンドラを呼び出します。各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーション·ハンドラを有します。呼び出されたときに、アサーション·ハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後 NSInternalInconsistencyException の例外が発生します。


このマクロは、C の関数のパラメータを検証します。単に条件の引数としてパラメータを提供して下さい。このマクロは、パラメータを評価し、パラメータが false と評価された場合、パラメータを含んだ、エラーメッセージをログに記録し、例外を発生させます。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合、アサーションは無効になります。すべてのマクロは void を返します。


重要: このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されないので、副作用のある関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、これらの関数は決して呼び出されません。


注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトではアサーションを無効にするという訳ではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSAssert

NSCAssert

NSParameterAssert





NSParameterAssert


指定されたパラメータを検証します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSParameterAssert(condition)


議論

アサーションは、条件を評価し、条件が偽と評価された場合、それに書式文字列と可変個の引数を渡して、現在のスレッドのアサーション·ハンドラを呼び出します。各スレッドは、クラス NSAssertionHandler のオブジェクトである、独自のアサーションハンドラを持っています。起動すると、アサーションハンドラはメソッド名とクラス名(または関数名)を含むエラーメッセージを出力します。その後 NSInternalInconsistencyException の例外が発生します。


このマクロは、Objective-C のメソッドのパラメータを検証します。単純に、condition の引数としてパラメータを提供して下さい。マクロはパラメータを評価し、それが false の場合、パラメータを含むエラー·メッセージをログに記録した後、例外が発生します。


プリプロセッサマクロ NS_BLOCK_ASSERTIONS が定義されている場合にはアサーションは無効になります。すべてのアサーションマクロは void を返します。


重要:このマクロの condition パラメータでの副作用を持つ関数を呼び出さないでください。condition パラメータは、アサーションが無効になっているときには評価されませんので、副作用を持つ関数を呼び出す場合は、非デバッグ構成でプロジェクトをビルドすると、それらの関数が呼び出されることは決してありません。

注意:すべてのリリースの設定が、デフォルトでアサーションを無効にするというわけではありません。

import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSLog

NSLogv

NSAssert

NSCAssert

NSCParameterAssert





バンドル


文字列ファイルを生成する追加の情報については ユーザー向けのテキストの文字列ファイルの使用 を参照してください。


NSLocalizedString


文字列のローカライズされたバージョンを返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSString *NSLocalizedString(NSString *key, NSString *comment)


パラメータ

key
デフォルトの表内の文字列のキー。
comment文字列ファイル内のキー値のペアの上に配置するコメント。


戻り値

nil をテーブルとしてメインバンドルにを渡し、localizedStringForKey:value:table: を呼び出した結果。


議論

genstrings ユーティリティを使用して、コードからデフォルトの Localizable.strings ファイルを生成するには、このマクロを使用して下さい。 \\Uxxxx を使って key Unicode 文字を指定する事が出来ます。詳しくは genstrings ユーティリティの -u オプションを参照して下さい。文字列ファイル内の key の初期値は key になります。 key に別の値を指定するには、 NSLocalizedStringWithDefaultValue マクロを使用して下さい。


詳細については、NSBundle を参照してください。


特別な考慮事項

OS X v10.4 以前のバージョンでは、genstrings ユーティリティで正しい解析を確実にするために、key のパラメータは、任意の高 ASCII 文字を含めることはできません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSLocalizedStringFromTable


指定したテーブルから文字列のローカライズされたバージョンを返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSString *NSLocalizedStringFromTable(NSString *key, NSString *tableName, NSString *comment)


パラメータ

key
指定したテーブル内の文字列のキー。
TableNameキー値のペアを含むテーブルの名前。また、ローカライズされた文字列を格納する文字列のファイル(.strings の拡張子を持つファイル)の接尾辞。
comment
文字列ファイル内のキー値のペア上に配置するコメント。


戻り値

メインバンドル上で、指定した keytableName をそれに渡して localizedStringForKey:value:table: を呼び出して得られる結果。


議論

genstrings ユーティリティを使用してコードから [tableName].strings という名前の特定の文字列のファイルを生成するには、このマクロを使用して下さい。 \\UXXX を使って key に、Unicode 文字を指定できますーgenstrings ユーティリティの -u オプションを参照して下さい。文字列ファイル内の key の初期値は key になります。key に別の値を指定するには、NSLocalizedStringWithDefaultValue マクロを使用します。


詳細については、NSBundle を参照してください。


特別な考慮事項

OS X v10.4以前のバージョンでは、genstrings ユーティリティで正しい解析を確実にするために、key パラメータは、高 ASCII 文字を含めることはできません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSLocalizedStringFromTableInBundle


文字列のローカライズされたバージョンを返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSString *NSLocalizedStringFromTableInBundle(NSString *key, NSString *tableName, NSBundle *bundle, NSString *comment)


パラメータ

key
指定したテーブル内の文字列のキー。
tableNameキー値のペアを含むテーブルの名前。また、ローカライズされた文字列を格納する文字列のファイルの接尾辞(.strings の拡張子を持つファイル)。
bundle
文字列ファイルを含むバンドル。
comment
文字列ファイル内のキー値のペアの上に配置するコメント。


戻り値

bundlelocalizedStringForKey:value:table: を送信して、 value パラメータを nil で指定した keytableName を渡した、その結果。


詳細については、NSBundle を参照してください。


議論

genstrings ユーティリティを使用してコードからバンドル(bundle)にある[tableName].strings の名前付き文字列のファイルを生成するには、このマクロを使用して下さい。 \\Uxxxx を使った key で、Unicode 文字を指定することができ、 -u オプションは genstrings ユーティリティを参照してください。文字列ファイル内の key の初期値は key になります。 key に別の値を指定するには、NSLocalizedStringWithDefaultValue マクロを使用して下さい。


詳細については、NSBundle を参照してください。


特別な考慮事項

OS X v10.4 以前のバージョンでは、genstrings ユーティリティで正しい解析を確実にするために、key のパラメータは、高 ASCII 文字を含めることはできません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSLocalizedStringWithDefaultValue


文字列のローカライズされたバージョンを返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSString *NSLocalizedStringWithDefaultValue(NSString *key, NSString *tableName, NSBundle *bundle, NSString *value, NSString *comment)


パラメータ

key
指定したテーブル内の文字列のキー。
tableNameキー値のペアを含むテーブルの名前。また、ローカライズされた文字列を格納する文字列のファイルの接尾辞(.strings の拡張子を持つファイル)。
bundle
文字列ファイルを含むバンドル。
value
返す値が keynil で、または key のローカライズされた文字列がテーブルで発見することができなかった場合。
comment
文字列ファイル内のキー値のペアの上に配置するコメント。


戻り値

localizedStringForKey:value:table:bundle に送信し、指定された keyvalue、および tableName を渡した結果。


議論

genstrings ユーティリティを使用してコードから bundle にある[tableName].strings の名前付き文字列のファイルを生成するには、このマクロを使用して下さい。strings ファイル内の key の初期値は value になります。あなたは \\Uxxxx を使って key で Unicode 文字を指定する事ができます。genstrings ユーティリティの -u オプションをは、参照してください。

詳細については、NSBundle を参照してください。


特別な考慮事項

OS X v10.4 以前のバージョンでは、genstrings ユーティリティで正しい解析を確実にするために、key のパラメータは、高 ASCII 文字を含めることはできません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





バイトの順序


NSConvertHostDoubleToSwapped


型変換を実行します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSConvertHostDoubleToSwapped(_ x: Double) -> NSSwappedDouble


<< OBJECTIVE-C >>

NSSwappedDouble NSConvertHostDoubleToSwapped ( double x );


議論

そのバイトを交換することが可能な値に x の double の値を変換します。この関数は、実際には、x のバイトを交換しません。この関数を直接呼び出す必要はありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSSwapHostDoubleToBig

NSSwapHostDoubleToLittle





NSConvertHostFloatToSwapped


型変換を実行します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSConvertHostFloatToSwapped(_ x: Float) -> NSSwappedFloat


<< OBJECTIVE-C >>

NSSwappedFloat NSConvertHostFloatToSwapped ( float x );


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


議論

そのバイトを交換することが可能な値に x の float の値を変換します。この関数は、実際には、x のバイトを交換しません。この関数を直接呼び出す必要はありません。


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSSwapHostDoubleToBig

NSSwapHostDoubleToLittle





NSConvertSwappedDoubleToHost


型変換を実行します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSConvertSwappedDoubleToHost(_ x: NSSwappedDouble) -> Double


<< OBJECTIVE-C >>

double NSConvertSwappedDoubleToHost ( NSSwappedDouble x );


議論

x の値を double の値に変換します。この関数は、実際には、x のバイトを変換しません。この関数を直接呼び出す必要はありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSSwapBigDoubleToHost

NSSwapLittleDoubleToHost





NSConvertSwappedFloatToHost


型変換を実行します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSConvertSwappedFloatToHost(_ x: NSSwappedFloat) -> Float


<< OBJECTIVE-C >>

float NSConvertSwappedFloatToHost ( NSSwappedFloat x );


議論

x の値から float 値に変換します。この関数は、実際には、x のバイトを変換しません。この関数を直接呼び出す必要はありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSSwapBigFloatToHost

NSSwapLittleFloatToHost





NSHostByteOrder


エンディアン形式を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHostByteOrder() -> Int


<< OBJECTIVE-C >>

long NSHostByteOrder ( void );


戻り値

エンディアン形式で、NS_LittleEndian または NS_BigEndian どちらか。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSSwapBigDoubleToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapBigDoubleToHost(_ x: NSSwappedDouble) -> Double


<< OBJECTIVE-C >>

double NSSwapBigDoubleToHost ( NSSwappedDouble x );

議論

x のビッグエンディアンの値を、現在のエンディアン形式にに変換し、結果の値を返します。x のバイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapDouble を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostDoubleToBig

NSSwapLittleDoubleToHost





NSSwapBigFloatToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapBigFloatToHost(_ x: NSSwappedFloat) -> Float


<< OBJECTIVE-C >>

float NSSwapBigFloatToHost ( NSSwappedFloat x );


議論

x のビッグエンディアンの値を、現在のエンディアン形式にに変換し、結果の値を返します。x のバイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapFloat を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostFloatToBig

NSSwapLittleFloatToHost





NSSwapBigIntToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapBigIntToHost(_ x: UInt32) -> UInt32


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned int NSSwapBigIntToHost ( unsigned int x );


議論

x のビッグエンディアンの値を、現在のエンディアン形式にに変換し、結果の値を返します。x のバイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapInt を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostIntToBig

NSSwapLittleIntToHost





NSSwapBigLongLongToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapBigLongLongToHost(_ x: UInt64) -> UInt64


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long long NSSwapBigLongLongToHost ( unsigned long long x );


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


議論

x のビッグエンディアンの値を、現在のエンディアン形式にに変換し、結果の値を返します。x のバイトスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapLongLong を呼び出します。


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostLongLongToBig

NSSwapLittleLongLongToHost





NSSwapBigLongToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapBigLongToHost(_ x: UInt) -> UInt


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long NSSwapBigLongToHost ( unsigned long x );


議論

x のビッグエンディアンの値を、現在のエンディアン形式にに変換し、結果の値を返します。x のバイトスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapLong を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostLongToBig

NSSwapLittleLongToHost





NSSwapBigShortToHost


数のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapBigShortToHost(_ x: UInt16) -> UInt16


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned short NSSwapBigShortToHost ( unsigned short x );


議論

x のビッグエンディアンの値を、現在のエンディアン形式にに変換し、結果の値を返します。x のバイトスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapShort を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostShortToBig

NSSwapLittleShortToHost





NSSwapDouble


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapDouble(_ x: NSSwappedDouble) -> NSSwappedDouble


<< OBJECTIVE-C >>

NSSwappedDouble NSSwapDouble ( NSSwappedDouble x );


議論

x のバイトを入れ替え、結果の値を返します。バイトは、各下位位置から対応する上位位置へとスワップされ、また逆も行なわれます。例えば、x のバイトが 1〜8 の番号が付けられている場合、この関数は 1 バイトと 8 をスワップし,2 バイトと 7,3 バイト と 6、そして 4 バイト と 5 をスワップします。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLongLong

NSSwapFloat





NSSwapFloat


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapFloat(_ x: NSSwappedFloat) -> NSSwappedFloat


<< OBJECTIVE-C >>

NSSwappedFloat NSSwapFloat ( NSSwappedFloat x );


議論

x のバイトを入れ替え、結果の値を返します。バイトは、各下位位置から対応する上位位置へとスワップされ、また逆も行なわれます。例えば、x のバイトが 1〜4 の番号が付けられている場合、この関数は 1 バイトと 4 をスワップし,2 バイトと 3 をスワップします。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLong

NSSwapDouble





NSSwapHostDoubleToBig


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostDoubleToBig(_ x: Double) -> NSSwappedDouble


<< OBJECTIVE-C >>

NSSwappedDouble NSSwapHostDoubleToBig ( double x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapDouble を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapBigDoubleToHost

NSSwapHostDoubleToLittle





NSSwapHostDoubleToLittle


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostDoubleToLittle(_ x: Double) -> NSSwappedDouble


<< OBJECTIVE-C >>

NSSwappedDouble NSSwapHostDoubleToLittle ( double x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、リトル·エンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapDoubleを呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLittleDoubleToHost

NSSwapHostDoubleToBig





NSSwapHostFloatToBig


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostFloatToBig(_ x: Float) -> NSSwappedFloat


<< OBJECTIVE-C >>

NSSwappedFloat NSSwapHostFloatToBig ( float x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、ビッグエンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapFloat を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapBigFloatToHost

NSSwapHostFloatToLittle





NSSwapHostFloatToLittle


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostFloatToLittle(_ x: Float) -> NSSwappedFloat


<< OBJECTIVE-C >>

NSSwappedFloat NSSwapHostFloatToLittle ( float x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、リトル·エンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapFloat を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLittleFloatToHost

NSSwapHostFloatToBig





NSSwapHostIntToBig


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostIntToBig(_ x: UInt32) -> UInt32


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned int NSSwapHostIntToBig ( unsigned int x );


議論

現在のエンディアン形式で指定されたxの値を、ビッグエンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapFloat を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapBigIntToHost

NSSwapHostIntToLittle





NSSwapHostIntToLittle


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostIntToLittle(_ x: UInt32) -> UInt32


unsigned int NSSwapHostIntToLittle ( unsigned int x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、リトルエンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapFloat を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLittleIntToHost

NSSwapHostIntToBig





NSSwapHostLongLongToBig


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostLongLongToBig(_ x: UInt64) -> UInt64


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long long NSSwapHostLongLongToBig ( unsigned long long x );


現在のエンディアン形式で指定された x の値を、ビッグエンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapLongLong を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapBigLongLongToHost

NSSwapHostLongLongToLittle





NSSwapHostLongLongToLittle


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostLongLongToLittle(_ x: UInt64) -> UInt64


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long long NSSwapHostLongLongToLittle ( unsigned long long x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、リトル·エンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapLongLong を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLittleLongLongToHost

NSSwapHostLongLongToBig





NSSwapHostLongToBig


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostLongToBig(_ x: UInt) -> UInt


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long NSSwapHostLongToBig ( unsigned long x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、ビッグエンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapLong を呼び出します。


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapBigLongToHost

NSSwapHostLongToLittle





NSSwapHostLongToLittle


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostLongToLittle(_ x: UInt) -> UInt


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long NSSwapHostLongToLittle ( unsigned long x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、リトル·エンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapLong を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLittleLongToHost

NSSwapHostLongToBig





NSSwapHostShortToBig


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostShortToBig(_ x: UInt16) -> UInt16


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned short NSSwapHostShortToBig ( unsigned short x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、ビッグエンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapShort を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapBigShortToHost

NSSwapHostShortToLittle





NSSwapHostShortToLittle


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapHostShortToLittle(_ x: UInt16) -> UInt16


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned short NSSwapHostShortToLittle ( unsigned short x );


議論

現在のエンディアン形式で指定された x の値を、リトル·エンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapShort を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLittleShortToHost

NSSwapHostShortToBig





NSSwapInt


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapInt(_ inv: UInt32) -> UInt32


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned int NSSwapInt ( unsigned int inv );


議論

inv のバイトを入れ替え、結果の値を返します。バイトは、各下位位置から対応する上位位置へとスワップされ、また逆も行なわれます。例えば、inv のバイトが 1〜4 の番号が付けられている場合、この関数は 1 バイトと 4 をスワップし,2 バイトと 3 をスワップします。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapShort

NSSwapLong

NSSwapLongLong





NSSwapLittleDoubleToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapLittleDoubleToHost(_ x: NSSwappedDouble) -> Double


<< OBJECTIVE-C >>

double NSSwapLittleDoubleToHost ( NSSwappedDouble x );


議論

リトルエンディアンでフォーマットされた x の値を、現在のエンディアン形式にに変換し、結果の値を返します。x のバイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapDouble を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostDoubleToLittle

NSSwapBigDoubleToHost

NSConvertSwappedDoubleToHost





NSSwapLittleFloatToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapLittleFloatToHost(_ x: NSSwappedFloat) -> Float


<< OBJECTIVE-C >>

float NSSwapLittleFloatToHost ( NSSwappedFloat x );


議論

x のリトルエンディアン形式にされた値を、現在のエンディアン形式にに変換し、結果の値を返します。x のバイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapFloat を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostFloatToLittle

NSSwapBigFloatToHost

NSConvertSwappedDoubleToHost





NSSwapLittleIntToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapLittleIntToHost(_ x: UInt32) -> UInt32


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned int NSSwapLittleIntToHost ( unsigned int x );


議論

x のリトルエンディアン形式にされた値を、現在のエンディアン形式に変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapInt を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostIntToLittle

NSSwapBigIntToHost





NSSwapLittleLongLongToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapLittleLongLongToHost(_ x: UInt64) -> UInt64


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long long NSSwapLittleLongLongToHost ( unsigned long long x );


議論

x のリトルエンディアン形式にされた値を、現在のエンディアン形式にに変換し、結果の値を返します。バイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapLongLong を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostLongLongToLittle

NSSwapBigLongLongToHost





NSSwapLittleLongToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapLittleLongToHost(_ x: UInt) -> UInt


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long NSSwapLittleLongToHost ( unsigned long x );


議論

x のリトルエンディアン形式にされた値を、現在のエンディアン形式に変換し、結果の値を返します。x のバイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapLong を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostLongToLittle

NSSwapBigLongToHost

NSSwapLong





NSSwapLittleShortToHost


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapLittleShortToHost(_ x: UInt16) -> UInt16


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned short NSSwapLittleShortToHost ( unsigned short x );


議論

x のリトルエンディアン形式にされた値を、現在のエンディアン形式に変換し、結果の値を返します。x のバイトをスワップする必要がある場合、この関数はスワップを実行する NSSwapShort を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapHostLongToLittle

NSSwapBigLongToHost

NSSwapLong

>


NSSwapLong


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapLong(_ inv: UInt) -> UInt


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long NSSwapLong ( unsigned long inv );


議論

inv のバイトを入れ替え、結果の値を返します。バイトは、各下位位置から対応する上位位置へとスワップされ、また逆も行なわれます。例えば、inv のバイトに 1〜4 の番号が付けられている場合、この関数は 1 バイトと 4 をスワップし,2 バイトと 3 をスワップします。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLongLong

NSSwapInt

NSSwapFloat





NSSwapLongLong


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapLongLong(_ inv: UInt64) -> UInt64


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned long long NSSwapLongLong ( unsigned long long inv );


議論

inv のバイトを入れ替え、結果の値を返します。バイトは、各下位位置から対応する上位位置へとスワップされ、また逆も行なわれます。例えば、inv のバイトに 1〜8 の番号が付けられている場合、この関数は 1 バイトと 8 をスワップし,2 バイトと 7,3 バイト と 6、そして 4 バイト と 5 をスワップします。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapLong

NSSwapDouble





NSSwapShort


数字のバイトをスワップするためのユーティリティ。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSwapShort(_ inv: UInt16) -> UInt16


<< OBJECTIVE-C >>

unsigned short NSSwapShort ( unsigned short inv );


議論

inv の下位と上位バイトを入れ替え、結果の値を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSwapInt

NSSwapLong





十進数


また、十進計算のクラス NSDecimalNumber も使えます。


NSDecimalAdd


2つの十進数の値を加えます。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalAdd(_ result: COpaquePointer,
                _ leftOperand: COpaquePointer,
                _ rightOperand: COpaquePointer,
                _ roundingMode: NSRoundingMode) -> NSCalculationError

<< OBJECTIVE-C >>

NSCalculationError NSDecimalAdd ( NSDecimal *result, const NSDecimal *leftOperand, const NSDecimal *rightOperand, NSRoundingMode roundingMode );


議論

rightOperandleftOperand を加え、その結果を result に格納します。


NSDecimal は、最大38桁の数字で数を表すことができます。数がそれよりも正確であれば、それは四捨五入されます。roundingMode はそれを四捨五入する方法を決定します。4つの可能な丸めモードがあります。


戻り値は、加える際に任意のマシンの制限に遭遇したかどうかを示します。何にも遭遇しなかった場合、この関数は NSCalculationNoError を返します。そうでなければ、 NSCalculationLossOfPrecisionNSCalculationOverflow または NSCalculationUnderflow のいずれかを返します。これらのすべてのエラー条件の説明については、NSDecimalNumberBehaviors の exceptionDuringOperation:error:leftOperand:rightOperand: を参照してください。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalCompact


効率のため小数点構造体を圧縮します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalCompact(_ number: COpaquePointer)


<< OBJECTIVE-C >>

void NSDecimalCompact ( NSDecimal *number );


議論

数字のフォーマット、それを用いた計算は、できるだけメモリを占有させないようにします。すべての NSDecimal... 算術関数は、NSDecimal の引数を圧縮するよう期待しています。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalCompare


2つの十進数の値を比較します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalCompare(_ leftOperand: COpaquePointer,
                    _ rightOperand: COpaquePointer) -> NSComparisonResult

<< OBJECTIVE-C >>

NSComparisonResult NSDecimalCompare ( const NSDecimal *leftOperand, const NSDecimal *rightOperand );


戻り値

leftOperandrightOperand より大きい場合 NSOrderedDescending;rightOperandleftOperand より大きい場合 NSOrderedAscending;または2つのオペランドが等しい場合 NSOrderedSame<。


議論

詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalCopy


十進数の値をコピーします。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalCopy(_ destination: COpaquePointer,
                 _ source: COpaquePointer)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSDecimalCopy ( NSDecimal *destination, const NSDecimal *source );


議論

source 内の値を destination にコピーします。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalDivide


一つの十進数の値を他のもので除算する。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalDivide(_ result: COpaquePointer,
                   _ leftOperand: COpaquePointer,
                   _ rightOperand: COpaquePointer,
                   _ roundingMode: NSRoundingMode) -> NSCalculationError

<< OBJECTIVE-C >>

NSCalculationError NSDecimalDivide ( NSDecimal *result, const NSDecimal *leftOperand, const NSDecimal *rightOperand, NSRoundingMode roundingMode );


議論

rightOperandleftOperand を割り、roundingMode によって四捨五入した商を result に格納します。もし rightOperand が 0 であれば、 NSDivideByZero を返します。


取りうる戻り値と丸めモードの説明については、NSDecimalAdd を参照してください。


38桁を超える仮数と繰り返し小数や数字は正確に表現できないことに注意してください。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalIsNotANumber


与えられた小数点以下が有効な数値が含まれているかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalIsNotANumber(_ dcm: COpaquePointer) -> Bool


<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSDecimalIsNotANumber ( const NSDecimal *dcm );


戻り値

小数(decimal)の値が有効な数値を表している場合、YES それ以外の場合は NO


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalMultiply


一緒に2つの十進数を乗算します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalMultiply(_ result: COpaquePointer,
                     _ leftOperand: COpaquePointer,
                     _ rightOperand: COpaquePointer,
                     _ roundingMode: NSRoundingMode) -> NSCalculationError

<< OBJECTIVE-C >>

NSCalculationError NSDecimalMultiply ( NSDecimal *result, const NSDecimal *leftOperand, const NSDecimal *rightOperand, NSRoundingMode roundingMode );


議論

leftOperandrightOperand を乗算、結果を格納し、roundingMode に従って四捨五入し、その結果を result に格納します。


戻り値と丸めモードの説明については、NSDecimalAdd を参照してください。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalMultiplyByPowerOf10


指定された十の乗数により、十進数を乗算します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalMultiplyByPowerOf10(_ result: COpaquePointer,
                                _ number: COpaquePointer,
                                _ power: Int16,
                                _ roundingMode: NSRoundingMode) -> NSCalculationError

<< OBJECTIVE-C >>

NSCalculationError NSDecimalMultiplyByPowerOf10 ( NSDecimal *result, const NSDecimal *number, short power, NSRoundingMode roundingMode );


議論

十の乗数(number by power)で乗算を行い、結果を格納し、roundingMode に従って四捨五入し、その結果を result に格納します。


戻り値と丸めモードの説明については、NSDecimalAdd を参照してください。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalNormalize


後で操作を簡素化するために2つの十進数の内部形式を正規化します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalNormalize(_ number1: COpaquePointer,
                      _ number2: COpaquePointer,
                      _ roundingMode: NSRoundingMode) -> NSCalculationError

<< OBJECTIVE-C >>

NSCalculationError NSDecimalNormalize ( NSDecimal *number1, NSDecimal *number2, NSRoundingMode roundingMode );


議論

NSDecimal は仮数 X 10 exponent 値で表す、仮数部と指数部としてメモリに表わされます。数は多くの NSDecimal 表現を持つことができます。たとえば、次の表には、100の数のいくつかの有効な NSDecimal の表現を示しています。


MantissaExponent
1000
101
12

number1number2 はそれらが等しい指数を持つようにフォーマットして下さい。このフォーマットは、加算と減算が非常に便利になります。NSDecimalAddNSDecimalSubtract 両方が NSDecimalNormalize を呼び出します。もっと複雑な加算または減算ルーチンを記述した場合、これを使用することができます。


可能な戻り値の説明については、 NSDecimalAdd を参照してください。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalPower


十進数の指定された数の十乗の数を発生させます。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalPower(_ result: COpaquePointer,
                  _ number: COpaquePointer,
                  _ power: Int,
                  _ roundingMode: NSRoundingMode) -> NSCalculationError

<< OBJECTIVE-C >>

NSCalculationError NSDecimalPower ( NSDecimal *result, const NSDecimal *number, NSUInteger power, NSRoundingMode roundingMode );


議論

十乗の乗数(number to power)を発生させ、roundingMode に従って四捨五入し、結果の値を result に格納します。


戻り値と丸めモードの説明については、NSDecimalAdd を参照してください。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalRound


十進数の四捨五入。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalRound(_ result: COpaquePointer,
                  _ number: COpaquePointer,
                  _ scale: Int,
                  _ roundingMode: NSRoundingMode)

void NSDecimalRound ( NSDecimal *result, const NSDecimal *number, NSInteger scale, NSRoundingMode roundingMode );


議論

scaleroundingMode のパラメータに従って number を四捨五入して、結果を result に格納します。


result の桁数を特定する scale スケール の値は、後でその小数点以下を持ちますす。 roundingMode はその数が四捨五入される方法を指定します。 NSRoundDown>NSRoundUpNSRoundPlain、および NSRoundBankers の4つの可能な方法があります。roundingModescale の徹底的な議論は、NSDecimalNumberBehaviors を参照してください。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalString


十進数の値の文字列表現を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalString(_ dcm: COpaquePointer,
                   _ locale: AnyObject!) -> String!

<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSDecimalString ( const NSDecimal *dcm, id locale );


議論

十数数(decimal)の文字列表現を返します。ロケール(locale)は、小数点区切りの形式を決定します。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDecimalSubtract


十進数の値を、別の値から減算する。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDecimalSubtract(_ result: COpaquePointer,
                     _ leftOperand: COpaquePointer,
                     _ rightOperand: COpaquePointer,
                     _ roundingMode: NSRoundingMode) -> NSCalculationError

<< OBJECTIVE-C >>

NSCalculationError NSDecimalSubtract ( NSDecimal *result, const NSDecimal *leftOperand, const NSDecimal *rightOperand, NSRoundingMode roundingMode );


議論

leftOperand から rightOperand を減算し、その差を roundingMode に従ってあるいは四捨五入し、result に保存します。


可能な戻り値と丸めモードの説明については、NSDecimalAdd を参照してください。


詳細については、数と値のプログラミング・トピック を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





例外処理


NSException.h で実装された以下のマクロを見つけられます。それらは旧式となり、使用すべきではありません。例外を処理する方法については、例外プログラミングトピック を参照してください。


NS_DURING


例外処理ドメインの開始をマークします。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NS_DURING


議論

NS_DURING
マクロは、例外処理コードセクションのドメインの開始をマークします。(NS_ENDHANDLER マクロは、ドメインの終わりを示します。)例外処理ドメイン内では、ローカル例外ハンドラ(または下位例外ハンドラ)がそれを処理する機会を与えて、例外を発生させることができます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NS_ENDHANDLER


ローカルイベントハンドラの終わりをマークします。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NS_ENDHANDLER


議論

NS_ENDHANDLER は、ローカル例外ハンドラのコード·セクションの終りをマークします。( NS_HANDLER マクロは、このセクションの始まりをマークします。)例外が NS_DURINGNS_HANDLER でマークされていない例外処理のドメインで発生した場合、ローカル例外ハンドラ (指定した場合) が例外を処理する機会を与えられます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NS_HANDLER


例外処理ドメインの終わりとローカル例外ハンドラの開始をマークします。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NS_HANDLER


議論

NS_HANDLER マクロは、例外処理ドメインのコード·セクションの終りをマークすると同時に、ローカル例外処理ドメインであるコードのセクションの開始をマークします。(NS_DURING マクロは例外処理ドメインの始まりをマークし、 NS_ENDHANDLER は、ローカル例外ハンドラの終りをマークします)例外が例外処理ドメインで発生した場合、ローカル例外ハンドラは下位レベルのハンドラの前に最初に処理するチャンスを与えられます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NS_VALUERETURN


指定された型の値を持つ例外処理ドメインから出口までのプログラムの制御を許可します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NS_VALUERETURN(val, type)


パラメータ

val
例外処理ドメインを超えて維持される値。
type
val で指定された値の型。


議論

NS_VALUERETURN マクロは、プログラム制御を例外処理ドメインの外にある呼び出し元に返します。つまり、例外を発生したのが NS_DURINGNS_HANDLER マクロの間のコード・セクションにある場合です。指定された値(指定された型の)は呼び出し元に返されます。標準 return の文は、例外処理ドメインでは期待どおりには機能しません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NS_VOIDRETURN


プログラム制御が例外処理のドメインから出る事を許可します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NS_VOIDRETURN


議論

NS_VOIDRETURN マクロは、プログラム制御を例外処理ドメインの外にある呼び出し元に返します。つまり、例外を発生したのが NS_DURINGNS_HANDLER マクロの間のコード・セクションにある場合。標準の return 文は、例外処理ドメインで期待どおりには機能しません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





Java セットアップ


NSJavaBundleCleanup

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


この関数は旧式となりました。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void NSJavaBundleCleanup ( NSBundle *bundle, NSDictionary *plist );


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





NSJavaBundleSetup

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


この関数は旧式となりました。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

id NSJavaBundleSetup ( NSBundle *bundle, NSDictionary *plist );


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





NSJavaClassesForBundle

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


指定したバンドルに位置する Java クラスをロードします。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSArray * NSJavaClassesForBundle ( NSBundle *bundle, BOOL usesyscl, id *vm );


議論

指定されたバンドル内の Java クラスをロードし、返します。Java 仮想マシンがロードされていない場合、最初にそれをロードします。Java 仮想マシンへの参照は、vm パラメータに返されます。この情報がいらない場合は、vm パラメータに nil を渡して下さい。クラスをロードするためにクラスローダの新しいインスタンスを使用したい場合は usesysclNO を渡して下さい。そうしないと、システムは、クラスローダの既存のインスタンスを再利用できます。usesysclNO を渡すと、それが終わったら新しいクラスローダが解放されます。そうでなければ、クラスローダは次の機会のためにキャッシュされます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





NSJavaClassesFromPath

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


指定したパスの位置にある Java クラスをロードします。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSArray * NSJavaClassesFromPath ( NSArray *path, NSArray *wanted, BOOL usesyscl, id *vm );


議論

指定されたバンドル内の Java クラスをロードし、返します。Java 仮想マシンがロードされていない場合、最初にそれをロードします。Java 仮想マシンへの参照は、vm パラメータに返されます。この情報がいらない場合は、vm パラメータに nil を渡して下さい。wanted パラメータにロードするべきクラスの名前の配列を渡します。wanted のパラメータに nil を渡すと、指定されたパスにあるすべてのクラスがロードされます。クラスをロードするためにクラスローダの新しいインスタンスを使用したい場合 usesysclNO を渡します。そうしないと、システムは、クラスローダの既存のインスタンスを再利用できます。usesysclNO を渡した場合、それが終わったら、新しいクラスローダが解放されます。そうでなければ、クラスローダは次の機会のためにキャッシュされます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





NSJavaNeedsToLoadClasses

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


仮想マシンが必要とされているか、または Java クラスが提供されているかを示すブール値を返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSJavaNeedsToLoadClasses ( NSDictionary *plist );


議論

仮想マシンが必要な場合、または仮想マシンがすでに存在し、Java クラスが提供されているという指示がある時は YES を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





NSJavaNeedsVirtualMachine

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


Java 仮想マシンが必要かどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSJavaNeedsVirtualMachine ( NSDictionary *plist );


議論

plist に、それが Java を必要とするというキーが含まれている場合は、YES を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





NSJavaObjectNamedInPath

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


以前に与えられたパスで指定されたクラスローダを使用して、名付けられたクラスのインスタンスを作成します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

id NSJavaObjectNamedInPath ( NSString *name, NSArray *path );


議論

クラスの name の新しいインスタンスを返します。クラスローダはすでに指定された パス(NSJavaClassesFromPath などのような関数を使用してこれを行うことができます)のために設定されていなければなりません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





NSJavaProvidesClasses

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


Java クラスが提供されているかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSJavaProvidesClasses ( NSDictionary *plist );


議論

plistNSJavaPath キーを含んでいる場合は、YES を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





NSJavaSetup

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


指定されたパラメータを使用して Java 仮想マシンをロードします。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

id NSJavaSetup ( NSDictionary *plist );


議論

Java から Objective-C へのブリッジの一部。通常は、それを自分自身で使用しないでください。


Java 仮想マシンがロードされない場合には、plist の辞書に nil を渡すことができるので、おそらく、NSJavaSetupVirtualMachine を代わりに使用する必要があります。plist の辞書には、次のキー値のペアを含みます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





NSJavaSetupVirtualMachine

OSX v10.2 から OS v10.5 で利用可能


Java 仮想マシンを設定します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

id NSJavaSetupVirtualMachine (void );


議論

Java 仮想マシンへの参照を設定し、返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.2 から OS X v10,5 まで利用可能。

OS X v10.5 で旧式となりました。





ハッシュテーブル


NSAllHashTableObjects


指定されたハッシュテーブル内のすべての要素を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSAllHashTableObjects(_ table: NSHashTable!) -> [AnyObject]!


<< OBJECTIVE-C >>

NSArray * NSAllHashTableObjects ( NSHashTable *table );


戻り値

table のすべての要素を含む配列オブジェクト。


議論

表の要素がオブジェクトである場合にのみこの関数は呼び出される必要があり、他のデータ型である場合、しません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCreateHashTable

NSFreeHashTable





NSCompareHashTables


2つのハッシュテーブルの要素が等しいかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCompareHashTables(_ table1: NSHashTable!,
                       _ table2: NSHashTable!) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSCompareHashTables ( NSHashTable *table1, NSHashTable *table2 );



戻り値

2つのハッシュテーブルが等しければ YES、すなわち table1 の各要素が、table2 内の物であり、2つのテーブルが、同じサイズであれば。それ以外の場合は NO


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCreateHashTable

NSCreateHashTableWithZone





NSCopyHashTableWithZone


指定したハッシュテーブルの浅いコピーを実行します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCopyHashTableWithZone(_ table: NSHashTable!,
                           _ zone: NSZone) -> NSHashTable!

<< OBJECTIVE-C >>

NSHashTable * NSCopyHashTableWithZone ( NSHashTable *table, NSZone *zone );


戻り値

table のデータ要素へのポインタを含む zone で作成した、table の新しいコピーへのポインタ。


議論

zoneNULL の場合、新しいテーブルがデフォルトのゾーンに作成されます。


新しいテーブルは、table のコールバック関数を採用して、hash を呼び出し、新しいテーブルに要素を挿入する際に、必要に応じて retain コールバック関数を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCreateHashTable

NSCreateHashTableWithZone

NSHashTableCallBacks (structure(構造体))





NSCountHashTable


ハッシュテーブル内の要素数を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCountHashTable(_ table: NSHashTable!) -> Int


<< OBJECTIVE-C >>

NSUInteger NSCountHashTable ( NSHashTable *table );


戻り値

現在の、table 内の要素数。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。





NSCreateHashTable


新しいハッシュテーブルを作成し、返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCreateHashTable(_ callBacks: NSHashTableCallBacks,
                     _ capacity: Int) -> NSHashTable!

<< OBJECTIVE-C >>

NSHashTable * NSCreateHashTable ( NSHashTableCallBacks callBacks, NSUInteger capacity );


戻り値

デフォルトのゾーン内に作成された、 NSHashTable へのポインタ。


議論

テーブルのサイズは、capacity に依存しています(ただし、一般的には等しくありません)。 capacity が 0 である場合、小さなハッシュテーブルが作成されます。 NSHashTableCallBacks 構造体のコールバック(callbacks)は関数へのポインタを5つ持っており、以下に挙げる、defaults: ポインタです。 hashNULL の場合、ポインタは等しく、 isEqualNULL の場合、retainNULL であれば、要素を追加する際のコールバックはなく、 releaseNULL の場合、要素を削除する際のコールバックはなく、 describeNULL の場合、文字列としてのポインタの16進数の値を返す関数です。ハッシュ関数は、2つのデータ要素が等しい場合、比較関数によって定義されるように、これらの要素にハッシングすることによって生成された値も等しいように定義されなければなりません。また、ハッシュ関数の値が、それらに依存する場合も、データ要素は、不変のままでなければなりません。例えば、ハッシュ関数は文字列の文字を直接操作する場合でも、その文字列を変更することはできません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCopyHashTableWithZone

NSCreateHashTableWithZone





NSCreateHashTableWithZone


与えられたゾーンで新しいハッシュテーブルを作成します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCreateHashTableWithZone(_ callBacks: NSHashTableCallBacks,
                             _ capacity: Int,
                             _ zone: NSZone) -> NSHashTable!

<< OBJECTIVE-C >>

NSHashTable * NSCreateHashTableWithZone ( NSHashTableCallBacks callBacks, NSUInteger capacity, NSZone *zone );


戻り値

指定されたゾーンで作成された新しいハッシュテーブルへのポインタ。zoneNULL である場合、ハッシュテーブルは、デフォルトゾーン内に作成されます。


議論

テーブルのサイズは、capacity に依存しています(ただし、一般的には等しくありません)。capacity が 0 である場合、小さなハッシュテーブルが作成されます。 NSHashTableCallBacks 構造体のコールバック(callbacks)は関数へのポインタを5つ持っており、以下に挙げる、defaults: ポインタです。 hashNULL の場合、ポインタは等しく、 isEqualNULL の場合、retainNULL であれば、要素を追加する際のコールバックはなく、 releaseNULL の場合、要素を削除する際のコールバックはなく、 describeNULL の場合、文字列としてのポインタの16進数の値を返す関数です。ハッシュ関数は、2つのデータ要素が等しい場合、比較関数によって定義されるように、これらの要素にハッシングすることによって生成された値も等しいように定義されなければなりません。また、ハッシュ関数の値が、それらに依存する場合も、データ要素は、不変のままでなければなりません。例えば、ハッシュ関数は文字列の文字を直接操作する場合でも、その文字列を変更することはできません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCreateHashTable





NSEndHashTableEnumeration


列挙子が終了したときに使用します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSEndHashTableEnumeration(_ enumerator: UnsafeMutablePointer<NSHashEnumerator>)


<< OBJECTIVE-C >>

void NSEndHashTableEnumeration ( NSHashEnumerator *enumerator );


議論

列挙構造体の列挙子(enumerator)での作業が終了したら、この関数を呼び出す必要があります。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSEnumerateHashTable


指定されたハッシュテーブルの列挙子を作成します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSEnumerateHashTable(_ table: NSHashTable!) -> NSHashEnumerator


<< OBJECTIVE-C >>

NSHashEnumerator NSEnumerateHashTable ( NSHashTable *table );


戻り値

表(table)の連続した要素から成る NSHashEnumerator 構造体が発生し、この列挙子が NSNextHashEnumeratorItem に渡されるたびに返されます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSNextHashEnumeratorItem





NSFreeHashTable


指定されたハッシュテーブルを削除します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSFreeHashTable(_ table: NSHashTable!)


<< OBJECTIVE-C >>

>void NSFreeHashTable ( NSHashTable *table );


議論

指定されたハッシュテーブルの各要素を解放し、テーブル自体を解放します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSResetHashTable





NSHashGet


ハッシュテーブルの要素を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHashGet(_ table: NSHashTable!,
             _ pointer: UnsafePointer<Void>) -> UnsafeMutablePointer<Void>

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSHashGet ( NSHashTable *table, const void *pointer );


戻り値

(isEqual なコールバック関数で定義されている)ポインタ(pointer)と一致したテーブル内のポインタ。一致する要素がない場合は、NULL を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSHashInsert


指定されたハッシュテーブルに要素を追加します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHashInsert(_ table: NSHashTable!,
                _ pointer: UnsafePointer<Void>)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSHashInsert ( NSHashTable *table, const void *pointer );


議論

pointer を挿入するには、それは NULL であってはならない。もし pointer がすでに表の中に項目が一致するものがあった場合、以前のポインタは、テーブルの作成時に指定された release のコールバック関数を使用して解放されます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSHashRemove

NSHashInsertKnownAbsent

NSHashInsertIfAbsent





NSHashInsertIfAbsent


テーブルにすでに要素が含まれていない場合にのみ、指定されたハッシュテーブルに要素を追加します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHashInsertIfAbsent(_ table: NSHashTable!,
                        _ pointer: UnsafePointer<Void>) -> UnsafeMutablePointer<Void>

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSHashInsertIfAbsent ( NSHashTable *table, const void *pointer );


戻り値

pointer がすでに表(table)の中に項目が一致するものがあった場合、既存のポインタを返します。それ以外の場合は、pointertable に追加され、NULLを返します。


議論

pointerNULL を指定することはできません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSHashRemove

NSHashInsert

NSHashInsertKnownAbsent





NSHashInsertKnownAbsent


指定されたハッシュテーブルに要素を追加します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHashInsertKnownAbsent(_ table: NSHashTable!,
                           _ pointer: UnsafePointer<Void>)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSHashInsertKnownAbsent ( NSHashTable *table, const void *pointer );


議論

pointer を挿入するには、それは NULL であってはならない。 NSHashInsert とは異なり、 table が既に pointer と一致する要素を含んでいる場合この関数は NSInvalidArgumentException の例外を発生させます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSHashRemove

NSHashInsert

NSHashInsertIfAbsent





NSHashRemove


指定したハッシュテーブルから要素を削除します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHashRemove(_ table: NSHashTable!,
                _ pointer: UnsafePointer6ltVoid>)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSHashRemove ( NSHashTable *table, const void *pointer );


議論

poitertable に既にある項目と一致する場合、この関数は、既存の項目を解放します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSHashInsert

NSHashInsertKnownAbsent

NSHashInsertIfAbsent





NSNextHashEnumeratorItem


列挙中の次のハッシュテーブル要素を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSNextHashEnumeratorItem(_ enumerator: UnsafeMutablePointer<NSHashEnumerator>) -> UnsafeMutablePointer<Void>


<< OBJECTIVE-C >>

void * NSNextHashEnumeratorItem ( NSHashEnumerator *enumerator );


戻り値

列挙子 enumerator が、伴うテーブル内の次の要素、または、全ての要素に列挙子 enumerator が繰り返された場合、NULL


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSEnumerateHashTable





NSResetHashTable


指定されたハッシュテーブルの要素を削除します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSResetHashTable(_ table: NSHashTable!)


<< OBJECTIVE-C >>

void NSResetHashTable ( NSHashTable *table );


議論

table の各要素を解放しますが、割り当ては解除しません。この関数は、table の容量を維持するのに有用です。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSFreeHashTable





NSStringFromHashTable


ハッシュテーブルの内容を説明する文字列を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSStringFromHashTable(_ table: NSHashTable!) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSStringFromHashTable ( NSHashTable *table );


戻り値

table の内容を説明する文字列。


議論

この関数は table の要素を反復処理し、 describe のコールバック関数で返された文字列を、それぞれ追加します。 NULL がコールバック関数に指定された場合は、各ポインタの 16 進数の値が文字列に追加されます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。





HFS ファイルの種類


NSFileTypeForHFSTypeCode


ファイルタイプコードのコード文字列を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSFileTypeForHFSTypeCode(_ hfsFileTypeCode: OSType) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSFileTypeForHFSTypeCode ( OSType hfsFileTypeCode );


パラメータ

hfsFileTypeCodeHFS ファイルタイプのコード。


戻り値

hfsFileTypeCode をコード化した文字列。


議論

詳細については、「HFS ファイルタイプ」を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSHFSTypeCodeFromFileType


ファイルタイプコードを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHFSTypeCodeFromFileType(_ fileTypeString: String!) -> OSType


<< OBJECTIVE-C >>

OSType NSHFSTypeCodeFromFileType ( NSString *fileTypeString );


パラメータ

fileTypeStringNSFileTypeForHFSTypeCode() によってコード化された種類の文字列。


戻り値

fileTypeString に対応した HFS ファイルタイプコード、またはそれが見つからない場合は 0


議論

詳細については、「HFS ファイルタイプ」を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSHFSTypeOfFile


ファイルタイプをコード化する文字列を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHFSTypeOfFile(_ fullFilePath: String!) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSHFSTypeOfFile ( NSString *fullFilePath );


パラメータ

fullFilePathファイルの完全な絶対パス。


戻り値

fullFilePath の HFS ファイルタイプをエンコードした文字列、または操作が成功しなかった場合 nil


議論

詳細については、「HFS ファイルタイプ」を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





マップテーブルの管理


NSAllMapTableKeys


指定されたマップテーブル内のすべてのキーを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSAllMapTableKeys(_ table: NSMapTable!) -> [AnyObject]!


<< OBJECTIVE-C >>

NSArray * NSAllMapTableKeys ( NSMapTable *table );



戻り値

table 内のすべてのキーを含む配列オブジェクト。この関数は、table キーがオブジェクトである場合にのみ呼び出すべきであり、他の型のポインタである場合、呼び出すべきではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMapMember

NSMapGet

NSEnumerateMapTable

NSNextMapEnumeratorPair

NSAllMapTableValues






NSAllMapTableValues


指定されたテーブル内のすべての値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSAllMapTableValues(_ table: NSMapTable!) -> [AnyObject]!


<< OBJECTIVE-C >>

NSArray * NSAllMapTableValues ( NSMapTable *table );


戻り値

table 内のすべての値を含む配列オブジェクト。この関数は、table の値がオブジェクトである場合にのみ呼び出すべきであり、他の型のポインタの場合、呼び出すべきではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMapMember

NSMapGet

NSEnumerateMapTable

NSNextMapEnumeratorPair

NSAllMapTableKeys






NSCompareMapTables


2つのマップテーブルが等しいかどうか要素を比較します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCompareMapTables(_ table1: NSMapTable!,
                      _ table2: NSMapTable!) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSCompareMapTables ( NSMapTable *table1, NSMapTable *table2 );


戻り値

table1table2 のキーと、対応する値が同じであり、2つのテーブルが同じサイズであれば、YES 、それ以外の場合は、NO


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCreateHashTable

NSCreateHashTableWithZone





NSCopyMapTableWithZone


指定されたマップテーブルの浅いコピーを実行します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCopyMapTableWithZone(_ table: NSMapTable!,
                          _ zone: NSZone) -> NSMapTable!

<< OBJECTIVE-C >>

NSMapTable * NSCopyMapTableWithZone ( NSMapTable *table, NSZone *zone );


戻り値

table のキー値へのポインタを含む、zone で作成された table の新しいコピーへのポインタ。


議論

zoneNULL の場合、新しいテーブルがデフォルトゾーンに作成されます。


新しいテーブルは、table のコールバック関数を採用し、hash を呼び出し、新しいテーブルに要素を挿入する際に、必要に応じて retain コールバック関数を呼び出します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCreateHashTable

NSCreateMapTableWithZone

NSMapTableKeyCallBacks (structure)

NSMapTableValueCallBacks (structure)





NSCountMapTable


マップテーブル内の要素数を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCountMapTable(_ table: NSMapTable!) -> Int


<< OBJECTIVE-C >>

NSUInteger NSCountMapTable ( NSMapTable *table );


パラメータ

tableマップテーブル構造体への参照。


戻り値

現在の、table 内のキー値のペアの数。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。





NSCreateMapTable


デフォルトゾーン内に新しいマップテーブルを作成します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCreateMapTable(_ keyCallBacks: NSMapTableKeyCallBacks,
                    _ valueCallBacks: NSMapTableValueCallBacks,
                    _ capacity: Int) -> NSMapTable!

<< OBJECTIVE-C >>

NSMapTable * NSCreateMapTable ( NSMapTableKeyCallBacks keyCallBacks, NSMapTableValueCallBacks valueCallBacks, NSUInteger capacity );


議論

デフォルトゾーン内に NSMapTable 構造体へのポインタを作成し、返します。テーブルのサイズは、capacity に依存しています(ただし、一般的には等しくありません)。 capacity が 0 である場合、小さいマップテーブルが作成されます。 NSMapTableKeyCallBacks 引数は、NSCreateHashTable で使われるコールバック構造と非常に似ている構造体であり、その関数が文書化されているように、同じデフォルト値を持っています。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCopyMapTableWithZone

NSCreateMapTableWithZone





NSCreateMapTableWithZone


指定されたゾーン内に新しいマップテーブルを作成します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSCreateMapTableWithZone(_ keyCallBacks: NSMapTableKeyCallBacks,
                            _ valueCallBacks: NSMapTableValueCallBacks,
                            _ capacity: Int,
                            _ zone: NSZone) -> NSMapTable!

<< OBJECTIVE-C >>

NSMapTable * NSCreateMapTableWithZone ( NSMapTableKeyCallBacks keyCallBacks, NSMapTableValueCallBacks valueCallBacks, NSUInteger capacity, NSZone *zone );


戻り値

zone に割り当てられた、新しいマップテーブル。zoneNULL の場合、ハッシュテーブルは、デフォルトゾーン内に作成されます。


議論

テーブルのサイズは、capacity に依存しています(ただし、一般的には等しくありません)。 capacity が 0 の場合、小さいマップテーブルが作成されます。 NSMapTableKeyCallBacks 引数は NSCreateHashTable が使用するコールバック構造と非常によく似ている構造体です。実際には、その関数が文書化されているように、同じデフォルト値を持っています。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCopyMapTableWithZone

NSCreateMapTable





NSEndMapTableEnumeration


列挙子が終了したときに使用します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSEndMapTableEnumeration(_ enumerator: UnsafeMutablePointer<NSMapEnumerator>)


<< OBJECTIVE-C >>

void NSEndMapTableEnumeration ( NSMapEnumerator *enumerator );


議論

列挙構造体の列挙子(enumerator)での作業が終了したら、この関数を呼び出す必要があります。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSEnumerateMapTable


指定されたマップテーブルの列挙子を作成します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSEnumerateMapTable(_ table: NSMapTable!) -> NSMapEnumerator


<< OBJECTIVE-C >>

NSMapEnumerator NSEnumerateMapTable ( NSMapTable *table );


パラメータ

tableマップテーブル構造体への参照。


戻り値

この列挙子が NSNextMapEnumeratorPair に渡されるたびに訪問されるテーブル( table )の連続したキー値のペアの原因となる NSMapEnumerator 構造体。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSNextMapEnumeratorPair

NSMapMember

NSMapGet

NSAllMapTableKeys

NSAllMapTableValues





NSFreeMapTable


指定されたマップ·テーブルを削除します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSFreeMapTable(_ table: NSMapTable!)


<< OBJECTIVE-C >>

void NSFreeMapTable ( NSMapTable *table );



パラメータ

tableマップテーブル構造体への参照。


議論>

指定されたマップテーブルの各キー値を解放し、テーブル自体を解放します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSResetMapTable





NSMapGet


指定されたキーのマップテーブルの値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMapGet(_ table: NSMapTable!,
            _ key: UnsafePointer<Void>) -> UnsafeMutablePointer<Void>

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSMapGet ( NSMapTable *table, const void *key );


戻り値

key に対するテーブル table マップの値、もしテーブル table が、キー key を含まない場合、NULL です。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMapMember

NSEnumerateMapTable

NSNextMapEnumeratorPair

NSAllMapTableKeys

NSAllMapTableValues





NSMapInsert


指定されたテーブルにキー値のペアを挿入します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMapInsert(_ table: NSMapTable!,
               _ key: UnsafePointer<Void>,
               _ value: UnsafePointer<Void>)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSMapInsert ( NSMapTable *table, const void *key, const void *value );


議論

table にキー値 key and value を挿入します。keytable にすでにあるキーと一致した場合、value が保持され、以前の値は、テーブルの作成時に指定された retainrelease コールバック関数を使用して、解放されます。key が、テーブルの NSMapTableKeyCallBacks 構造体の notAKeyMarker フィールドと等しい場合、 NSInvalidArgumentException 例外を発生させます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMapRemove

NSMapInsertIfAbsent

NSMapInsertKnownAbsent





NSMapInsertIfAbsent


指定されたテーブルにキー値のペアを挿入します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMapInsertIfAbsent(_ table: NSMapTable!,
                       _ key: UnsafePointer<Void>,
                       _ value: UnsafePointer<Void>) -> UnsafeMutablePointer<Void>

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSMapInsertIfAbsent ( NSMapTable *table, const void *key, const void *value );


戻り値

keytable にすでにあるキーと一致した場合、既存の値。それ以外の場合は、キー値 key and valuetable に追加し、NULL を返します。


議論

key が、テーブルの NSMapTableKeyCallBacks 構造体の notAKeyMarker フィールドと等しい場合 NSInvalidArgumentException 例外を発生させます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMapRemove

NSMapInsert

NSMapInsertKnownAbsent





NSMapInsertKnownAbsent


ペアが以前に追加されていなかった場合は、指定したテーブルにキー値のペアを挿入します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMapInsertKnownAbsent(_ table: NSMapTable!,
                          _ key: UnsafePointer<Void>,
                          _ value: UnsafePointer<Void>)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSMapInsertKnownAbsent ( NSMapTable *table, const void *key, const void *value );


議論

tablekey(notAKeyMarker であってはなりません)と value を挿入します。 NSMapInsert とは異なり、table が既に key と一致するキーを含んでいる場合、この関数は >NSInvalidArgumentException を発生させます。


keynotAKeyMarker とポインタ比較を用いて比較されます。keynotAKeyMarker と同一であれば、NSInvalidArgumentException 例外を発生させます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMapRemove

NSMapInsert

NSMapInsertIfAbsent





NSMapMember


与られたテーブルが、与られたキーを含んでいるかどうかを示します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMapMember(_ table: NSMapTable!,
               _ key: UnsafePointer<Void>,
               _ originalKey: UnsafeMutablePointer<UnsafeMutablePointer<Void>>,
               _ value: UnsafeMutablePointer<UnsafeMutablePointer<Void>>>) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSMapMember ( NSMapTable *table, const void *key, void **originalKey, void **value );


戻り値

table が、key と等しいキーを含んでいる場合は YES、それ以外の場合は NO


議論

tablekey と等しいキーを含んでいる場合は、originalKey が、key に設定され、value がそのテーブルマップの key に設定されている値に設定されます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMapGet

NSEnumerateMapTable

NSNextMapEnumeratorPair

NSAllMapTableKeys

NSAllMapTableValues





NSMapRemove


指定されたテーブルからキーと対応する値を削除します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMapRemove(_ table: NSMapTable!,
               _ key: UnsafePointer<Void>)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSMapRemove ( NSMapTable *table, const void *key );


議論

keytable にすでにあるキーに一致する場合、この関数は既存のキーとそれに対応する値を解放します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMapInsert

NSMapInsertIfAbsent

NSMapInsertKnownAbsent





NSNextMapEnumeratorPair


列挙内の次のマップ·テーブル·ペアが設定されているかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSNextMapEnumeratorPair(_ enumerator: UnsafeMutablePointer<NSMapEnumerator>,
                           _ key: UnsafeMutablePointer<UnsafeMutablePointer<Void>>,
                           _ value: UnsafeMutablePointer<UnsafeMutablePointer<Void>>) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSNextMapEnumeratorPair ( NSMapEnumerator *enumerator, void **key, void **value );


戻り値

列挙子 enumrator が既に列挙子が関連付けられているテーブル内の全ての要素の上に繰り返されている場合は NO;それ以外の場合は、テーブル内の次のキー値のペアに一致するように、キー値 (key and value )を設定し、YES を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSEnumerateMapTable

NSMapMember

NSMapGet

NSAllMapTableKeys

NSAllMapTableValues





NSResetMapTable


指定されたマップテーブルの要素を削除します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSResetMapTable(_ table: NSMapTable!)


<< OBJECTIVE-C >>

void NSResetMapTable ( NSMapTable *table );


パラメータ

tableマップテーブル構造体への参照。


議論

各々のキー値を解放しますが、table の割り当ては解除しません。このメソッドは、テーブルの容量を維持するのに有用です。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSFreeMapTable





NSStringFromMapTable


マップテーブルの内容を説明する文字列を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSStringFromMapTable(_ table: NSMapTable!) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSStringFromMapTable ( NSMapTable *table );


パラメータ

tableマップテーブル構造体への参照。


戻り値

マップテーブルの内容を説明する文字列。


議論

table のキー値のペアを反復処理し、それぞれに、"a = b;\n"の文字列に追加するための関数であり、a および b はキーと値の文字列で、対応する describe コールバック関数から返されたものです。 NULL がコールバック関数に指定されると、a と b はキーと値のポインタで、16 進数として表現されます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation

利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。





オブジェクトの割り当てと割り当て解除の管理


NSAllocateObject


与られたクラスの新しいインスタンスを作成し、返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

id NSAllocateObject ( Class aClass, NSUInteger extraBytes, NSZone *zone );


パラメータ

aClass
インスタンスを作ろうとするクラス。
extraBtesインデックス付きインスタンス変数に必要な追加のバイト数(この値は通常 0 です)。
zone
新しいインスタンスを作成するゾーン(デフォルトのゾーンを指定するには NULL を渡します)。


戻り値

aClass の新しいインスタンス、あるいはインスタンスが作成できなかった場合は nil


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSDeallocateObject





NSCopyObject

(OS X v10.8)


オブジェクトの正確なコピーを作成します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

id NSCopyObject ( id object, NSUInteger extraBytes, NSZone *zone );


パラメータ

object
コピーすべきオブジェクト。
extraBytesインデックス付きインスタンス変数に必要な追加のバイト数(この値は通常 0 です)。
zone
新しいインスタンスを作成するためのゾーン(デフォルトゾーンを指定するには NULL を渡します)。


戻り値

anObject の正確なコピーである新しいオブジェクト、または objectnil の場合、または object がコピーできなかった場合、nil


特別な考慮事項

この関数は、危険であり、正しく使用することは非常に困難です。これは copyWithZone: の一部として使用し、サブクラス化することができる全てのクラスで、エラーが非常に発生しやすいです。 GC や Objective-C 2.0 を使用している場合、ゾーンは完全に無視されます。


この関数は、OS X v10.6 の後に廃止される可能性が高いです。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

OS X v10.8 で廃止されました。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSAllocateObject

NSDeallocateObject





NSDeallocateObject


既存のオブジェクトを破棄します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void NSDeallocateObject ( id object );


パラメータ

objectオブジェクト。


議論

この関数は、object の割り当てを解放しますが、そのオブジェクトは、NSAllocateObject を使用して割り当てられた必要があります。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSAllocateObject





NSDecrementExtraRefCountWasZero


指定されたオブジェクトの参照カウントを一つ減分します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSDecrementExtraRefCountWasZero ( id object );


パラメータ

objectオブジェクト。


戻り値

anObjectが、余分な参照を持っていれば NOanObject が余分な参照カウントを持っていなければ YESー(dealloc で)そのオブジェクトが、割り当てを解除される必要があることを示します。


議論

anObject の「余分な参照」カウントを一つ減分します。新しく作成されたオブジェクトは、一つだけ実際の参照を持っているので、単一のリリースメッセージは、オブジェクトの割り当てが解除するように結果します。余分な参照は、単一の元の参照を超えたものであり、通常はオブジェクトに保持メッセージを送信することで作成されます。その retain または release メソッドをオーバーライドしない限り、あなたのコードは、一般的に、これらの関数を使うべきではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSExtraRefCount

NSIncrementExtraRefCount





NSExtraRefCount


指定されたオブジェクトの参照カウントを返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSUInteger NSExtraRefCount ( id object );


パラメータ

objectオブジェクト。


戻り値

object の現在の参照カウント。


議論

オブジェクトの retainrelease のメソッドをオーバーライド(上書き)する必要がある時、この関数は NSIncrementExtraRefCount と NSDecrementExtraRefCountWasZero と組み合わせて使用します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以上で利用可能。





NSIncrementExtraRefCount


指定されたオブジェクトの参照カウントを1つ増分します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void NSIncrementExtraRefCount ( id object );


パラメータ

objectオブジェクト。


議論

この関数は、object の「余分な参照カウント」を1つ増やします。新しく作成されたオブジェクトは、一つだけ実際の参照を持っており、単一のリリースメッセージはオブジェクトの割り当てが解除されるように結果します。余分な参照は、単一の元の参照を超えたものであり、通常はオブジェクトに retain メッセージを送信することで作成されます。それが retain か release のメソッドをオーバーライドしない限り、あなたのコードは、一般的に、これらの関数を使うべきではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSExtraRefCount

NSDecrementExtraRefCountWasZero





NSShouldRetainWithZone


オブジェクトを retain すべきかどうかを示します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSShouldRetainWithZone ( id anObject, NSZone *requestedZone );


パラメータ

anObject
オブジェクト。
requestedZoneメモリのゾーン。


戻り値

requestedZoneNULL の場合か、デフォルトゾーン、または anObject が割り当てられたゾーンの場合、YES を返し、それ以外の場合は NO


議論

この関数は、一般的に NSObjectcopyWithZone: 内部から呼び出され、それをコピーすることとは対照的に、anObject を retain するかどうかを判断します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





Objective-C 実行環境との交流


NSGetSizeAndAlignment


コード化された型の実際のサイズと調整されたサイズを取得します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSGetSizeAndAlignment(_ typePtr: UnsafePointer<Int8>,
                         _ sizep: UnsafeMutablePointer<Int>,
                         _ alignp: UnsafeMutablePointer<Int>) -> UnsafePointer<Int8>

<< OBJECTIVE-C >>

const char * NSGetSizeAndAlignment ( const char *typePtr, NSUInteger *sizep, NSUInteger *alignp );


議論

実際のサイズと typePtr に表される最初のデータ型の調整されたサイズを取得し、typePtr 内の次のデータ型の位置へのポインタを返します。sizep 、または alignNULL を指定して、対応する情報を無視できます。


alignp に返される値は、データ型の調整されたサイズです。例えば、いくつかのプラットフォームでは、実際の物理的なサイズが1バイトであるのに、文字(char)の調整されたサイズは 2 バイトです。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSClassFromString


名前によってクラスを獲得します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSClassFromString(_ aClassName: String!) -> AnyClass!


<< OBJECTIVE-C >>

Class NSClassFromString ( NSString *aClassName );


パラメータ

aClassNameクラスの名前。


戻り値

aClassName で名付けられたクラスオブジェクト、またはその名前のクラスが現在ロードされていない場合、 nilaClassNamenil の時、nil を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSStringFromClass

NSProtocolFromString

NSSelectorFromString





NSStringFromClass


文字列としてクラスの名前を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSStringFromClass(_ aClass: AnyClass!) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSStringFromClass ( Class aClass );


パラメータ

aClassクラス。


戻り値

aClass の名前を含む文字列。もし aClassnil の場合、nil を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSClassFromString

NSStringFromProtocol

NSStringFromSelector





NSSelectorFromString


与えられた名前を持つセレクタを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSelectorFromString(_ aSelectorName: String!) -> Selector


<< OBJECTIVE-C >>

SEL NSSelectorFromString ( NSString *aSelectorName );


パラメータ

aSelectorName任意の長さの文字列で、任意の文字数で、セレクタの名前を表しています。


戻り値

aSelectorName によって名付けられたセレクタ。aSelectorNamenil の場合や、または UTF-8 に変換できない場合(これは、メモリ不足のみに原因します)、(SEL)0 を返します。


議論

セレクタを作成するには、NSSelectorFromStringsel_registerNameaSelectorName の UTF-8 でエンコードされた文字表現を渡して、その関数から返された値を返します。そのため、セレクタが存在しない場合、それは登録され、新たに登録されたセレクタが返されるのに注意してください。


コロン(":")は、メソッド名の一部のことを思い出してください;setHeightsetHeight: と同じではありません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSStringFromSelector

NSProtocolFromString

NSClassFromString





NSStringFromSelector


与えられたセレクタの文字列表現を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSStringFromSelector(_ aSelector: Selector) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSStringFromSelector ( SEL aSelector );

パラメータ

aSelectorセレクタ


戻り値

aSelector の文字列表現。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSelectorFromString

NSStringFromProtocol

NSStringFromClass





NSStringFromProtocol


プロトコルの名前を文字列として返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSStringFromProtocol(_ proto: Protocol!) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSStringFromProtocol ( Protocol *proto );


パラメータ

protoプロトコル。


戻り値

proto の名前を含む文字列。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.5 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSProtocolFromString

NSStringFromClass

NSStringFromSelector





NSProtocolFromString


指定された名前を持つプロトコルを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSProtocolFromString(_ namestr: String!) -> Protocol!


<< OBJECTIVE-C >>

Protocol * NSProtocolFromString ( NSString *namestr );


パラメータ

namestrプロトコルの名前。


戻り値

namestr の名前のプロトコル・オブジェクト、または現在ロードされている名前のプロトコルがない場合は nilnamestrnil の場合、nil を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.5 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能

以下も見よ

NSStringFromProtocol

NSClassFromString

NSSelectorFromString





ログの出力


NSLog


Apple システム·ログ機能にエラーメッセージを記録します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void NSLog ( NSString *format, ... );


議論

単純に NSLogv を呼び出し、それに可変個の引数を渡します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSLogv





NSLogv


Apple システム·ログ機能にエラーメッセージを記録します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSLogv(_ format: String!,
          _ args: CVaListPointer)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSLogv ( NSString *format, va_list args );


議論

Apple システム·ログ機能(man 3 asl を参照)にエラーメッセージをログで記録します。STDERR_FILENO ファイル記述子がデフォルトから離れて向き直されているか、tty に起こっている場合は、それもそこに書き込まれます。他の場所で直接出力したい場合は、カスタムログ機能を使用する必要があります。


メッセージには、タイムスタンプと、渡した文字列の前に接頭辞を付けるプロセス ID で構成されます。文字列に挿入されるフォーマット文字列、format 、および1つ以上の引数を指定して、この文字列を構成します。これらの関数で許可されたフォーマットの仕様は、(printf が理解できる形式エスケープとフラグのセットは必ずしもありません) NSString の書式設定機能によって理解されるものです。サポートされている書式指定子は、「文字列書式指定子」を参照してください。1つが形式に存在しない場合、最終的なハードリターンが、エラー·メッセージに追加されます。


一般的には、この関数を直接呼び出すのではなく、NSLog 関数を使用する必要があります。この関数を直接使用する場合には、標準 C マクロ va_start を呼び出して args 引数内の変動引数リストを用意しておく必要があります。完了すると、同様にこのリストの標準 C マクロの va_end を呼び出さなければなりません。


NSLogv からの出力は、プロセス内の1つのみのスレッドで同時に上述した書き込み/ロギングを行うことができ、シリアル化されます。次のスレッドの前に完全なメッセージを書き込み/ロギングする時のすべての試みは、その試行を開始できます。


NSLogv の効果は、(標準 I/ O パッケージのような)上述したもの以外のサブシステムではシリアル化されず、(バッファされた出力を一度に流す事を生じさせるような事は望ましくないので)それらのサブシステムに副作用を生じません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSLog





ファイルパスの管理


NSFullUserName


現在のユーザーのフルネームを含む文字列を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSFullUserName() -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSFullUserName ( void );


戻り値

現在のユーザーのフルネームを含む文字列。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSUserName





NSHomeDirectory


プラットフォームに応じて、ユーザーまたはアプリケーションのホームディレクトリへのパスを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHomeDirectory() -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSHomeDirectory ( void );


戻り値

現在のホームディレクトリへのパス..


議論

iOS では、ホームディレクトリは、アプリケーションのサンドボックスディレクトリです。OS X では、アプリのサンドボックスディレクトリまたは現在のユーザのホームディレクトリです(アプリケーションがサンドボックス内にない場合)。


ファイル·システムのユーティリティの詳細については、低レベルのファイル管理プログラミングに関するトピックスを参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSFullUserName

NSUserName

NSHomeDirectoryForUser





NSHomeDirectoryForUser


与えられたユーザのホームディレクトリへのパスを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHomeDirectoryForUser(_ userName: String!) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSHomeDirectoryForUser ( NSString *userName );


パラメータ

userNameユーザの名前。


戻り値

username で指定されたユーザのホームディレクトリへのパス。


議論

ファイルシステムのユーティリティの詳細については、低レベルのファイル管理プログラミングに関するトピックスを参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSFullUserName

NSUserName

NSHomeDirectory





NSOpenStepRootDirectory


ユーザーのシステムのルートディレクトリを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSOpenStepRootDirectory() -> String!


NSString * NSOpenStepRootDirectory ( void );


戻り値

ユーザーのシステムのルートディレクトリを識別する文字列。


議論

ファイルシステムユーティリティの詳細については、低レベルのファイル管理プログラミングに関するトピックス を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSHomeDirectory

NSHomeDirectoryForUser





NSSearchPathForDirectoriesInDomains


ディレクトリ検索パスのリストを作成します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSearchPathForDirectoriesInDomains(_ directory: NSSearchPathDirectory,
                                       _ domainMask: NSSearchPathDomainMask,
                                       _ expandTilde: Bool) -> [AnyObject]!

<< OBJECTIVE-C >>

NSArray * NSSearchPathForDirectoriesInDomains ( NSSearchPathDirectory directory, NSSearchPathDomainMask domainMask, BOOL expandTilde );


議論

指定したドメイン内の指定したディレクトリのパスの文字列でリストを作成します。このリストは、あなたがディレクトリを検索する順序です。 expandTildeYES の場合、 stringByExpandingTildeInPath で説明したように、チルダは展開されます。


NSFileManager のメソッドの URLsForDirectory:inDomains: と、URLForDirectory:inDomain:appropriateForURL:create:error: を使おうと考えているかもしれない、それは 好ましい形式で URL を返すので。


ファイルシステムユーティリティの詳細については、ファイル·システム·プログラミング·ガイドを参照してください。


注意:このメソッドによって返されたディレクトリが存在しない可能性があります。このメソッドは、単に要求されたディレクトリの適切な場所を与えるだけです。アプリのニーズに応じて、その間に適切なディレクトリおよび任意のものを作成するのは開発者の責任となるでしょう。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSTemporaryDirectory


現在のユーザー用の一時ディレクトリのパスを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func
NSTemporaryDirectory() -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSTemporaryDirectory ( void );


戻り値

現在のユーザー用の一時ディレクトリのパスを含む文字列。そのようなディレクトリが現在利用できない場合は、 nil を返します。


議論

正しい一時ディレクトリをより良く見つける為には、 NSFileManager メソッドの URLForDirectory:inDomain:appropriateForURL:create:error: を参照して下さい。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSearchPathForDirectoriesInDomains

NSHomeDirectory





NSUserName


現在のユーザーのログオン名を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSUserName() -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSUserName ( void );


戻り値

現在のユーザーのログオン名。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSFullUserName

NSHomeDirectory

NSHomeDirectoryForUser





ポイントの管理


NSEqualPoints


2つの点が等しいかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSEqualPoints(_ aPoint: NSPoint,
                 _ bPoint: NSPoint) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSEqualPoints ( NSPoint aPoint, NSPoint bPoint );


戻り値

2つの点、aPointbPoint が同一である場合 YES、 そうでなければ NO


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSMakePoint


指定された値から新しい NSPoint を作成します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMakePoint(_ x: CGFloat,
               _ y: CGFloat) -> NSPoint

<< OBJECTIVE-C >>

NSPoint NSMakePoint ( CGFloat x, CGFloat y );


戻り値

座標 x および y を有する NSPoint


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。





NSPointFromString


テキストベースの表現からポイントを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSPointFromString(_ aString: String!) -> NSPoint


<< OBJECTIVE-C >>

NSPoint NSPointFromString ( NSString *aString );


パラメータ

aString"{X、Y}"の形式の文字列。


戻り値

aString は、"{X、Y}"という形式で、 NSPoint 構造体は x および y 座標として x と y を順番に使用しています。


aString が、単に一つの数字のみを含んでいる場合、x 座標として、それが使用されます。 aString が全く数字を含んでいない場合、その x 座標と y 座標の両方が 0 である NSPoint オブジェクトを返します。


戻り値

座標 x および y を有する NSPoint


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSStringFromPoint





NSStringFromPoint


点(point)の文字列表現を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSStringFromPoint(_ aPoint: NSPoint) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSStringFromPoint ( NSPoint aPoint );


パラメータ

aPoint点(point)の構造体。


戻り値

"{a、b}"形式の文字列、,ここで abaPoint の x と y 座標。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSPointFromString





NSPointFromCGPoint


CGPoint から NSPoint に型キャストして返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSPointFromCGPoint(_ cgpoint: CGPoint) -> NSPoint


<< OBJECTIVE-C >>

NSPoint NSPointFromCGPoint( CGPoint cgpoint );


戻り値

CGPoint から型キャストした NSPoint


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.5 以降で利用可能。

以下も見よ

NSPointToCGPoint

NSRectFromCGRect

NSSizeToCGSize





NSPointToCGPoint


NSPoint から型キャストして CGPoint を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSPointToCGPoint(_ nspoint: NSPoint) -> CGPoint


<< OBJECTIVE-C >>

CGPoint NSPointToCGPoint( NSPoint nspoint );


戻り値

NSPoint から型キャストした CGPoint


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.5 以降で利用可能。

以下も見よ

NSPointFromCGPoint

NSRectToCGRect

NSSizeFromCGSize





範囲の管理


NSEqualRanges


2つの与えられた範囲が等しいかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSEqualRanges(_ range1: NSRange,
                 _ range2: NSRange) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSEqualRanges ( NSRange range1, NSRange range2 );


戻り値

range1range2 が同じ場所と長さを持っている場合 YES


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSIntersectionRange


指定した2つの範囲の共通部分を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSIntersectionRange(_ range1: NSRange,
                       _ range2: NSRange) -> NSRange

<< OBJECTIVE-C >>

NSRange NSIntersectionRange ( NSRange range1, NSRange range2 );


戻り値

range1range2 の共通部分を記述する範囲、すなわち両方の範囲内に存在するインデックスを含む範囲。


議論

返された範囲の長さのフィールドが 0 なら、2つの範囲は交差せず、そして場所のフィールド値は定義されません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSUnionRange





NSLocationInRange


指定された位置が、与えられた範囲内にあるかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSLocationInRange(_ loc: Int,
                     _ range: NSRange) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSLocationInRange ( NSUInteger loc, NSRange range );


戻り値

locrange 内にあれば YES、すなわち、それが range.location に等しいかそれ以上であり、 range.location プラス range.length 以下の場合。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSMakeRange


指定された値から新しい NSRange を作成します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMakeRange(_ loc: Int,
               _ len: Int) -> NSRange

<< OBJECTIVE-C >>

NSRange NSMakeRange ( NSUInteger loc, NSUInteger len );


戻り値

場所の位置 location と長さ length を持つ NSRange


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSMaxRange


範囲の位置と長さの合計を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMaxRange(_ range: NSRange) -> Int


<< OBJECTIVE-C >>

NSUInteger NSMaxRange ( NSRange range );


戻り値

範囲の位置と長さの合計、すなわち range.location + range.length 。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

関連サンプルコード





NSRangeFromString


テキスト表現から範囲を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSRangeFromString(_ aString: String!) -> NSRange


<< OBJECTIVE-C >>

NSRange NSRangeFromString ( NSString *aString );


議論

NSRange 構造体を作成するために、位置と長さの値としてその順序に使用される2つの整数を aString でスキャンします。aString が、単一の整数値のみを含んでいる場合は、位置の値として使用されます。 aString が全く整数を含んでいない場合は、この関数はその位置と長さの両方の値が 0 である NSRange の構造体を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能

以下も見よ

NSStringFromRange





NSStringFromRange


範囲の文字列表現を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSStringFromRange(_ range: NSRange) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSStringFromRange ( NSRange range );


戻り値

"{a,b}"形式の文字列、ここで abaRange を表す負でない整数です。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





p>

NSUnionRange


指定された2つの範囲の和集合を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSUnionRange(_ range1: NSRange,
                _ range2: NSRange) -> NSRange

<< OBJECTIVE-C >>

NSRange NSUnionRange ( NSRange range1, NSRange range2 );


戻り値

range1range2 の間のすべてのインデックスをカバーする範囲(range)。一つの範囲が完全に他に含まれている場合、返される範囲は大きい方の範囲に等しくなります。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSIntersectionRange





長方形の管理


NSContainsRect


1つの長方形が完全に別の長方形を囲むかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSContainsRect(_ aRect: NSRect,
                  _ bRect: NSRect) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSContainsRect ( NSRect aRect, NSRect bRect );


戻り値

もし arect が完全に bRect を囲むなら YES。この条件が真 (true) であるためには、bRect を空にすることはできず、全ての方向で aRect を超えてはなりません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSDivideRect


長方形を新しい2つの長方形に分割します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSDivideRect(_ inRect: NSRect,
                _ slice: UnsafeMutablePointer<NSRect>,
                _ rem: UnsafeMutablePointer>NSRect>,
                _ amount: CGFloat,
                _ edge: NSRectEdge)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSDivideRect ( NSRect inRect, NSRect *slice, NSRect *rem, CGFloat amount, NSRectEdge edge );


議論

エッジ(edge)で指定された inRect の辺に平行の線で inRect を分割することにより、 inRect から二つの長方形ー slicerem を作成します。スライス(slice)のサイズは、 edge からの距離を指定した量(amount)によって決定されます。


スライス(slice)および レム(rem)は、NULL であってはなりません。


詳細については、NSRectEdge を参照してください。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSInsetRect

NSIntegralRectWithOptions

NSOffsetRect





NSEqualRects

2つの長方形が等しいかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSEqualRects(_ aRect: NSRect,
                _ bRect: NSRect) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSEqualRects ( NSRect aRect, NSRect bRect );


戻り値

もし arectbRect が同一である場合 YES、そうでなければ NO


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSIsEmptyRect


指定された長方形が空であるかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSIsEmptyRect(_ aRect: NSRect) -> Bool


<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSIsEmptyRect ( NSRect aRect );


戻り値

もし aRect がまったく領域を囲んでいなければ YES ー すなわち、その幅または高さが 0 または負の場合。そうでなければ NO


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSHeight


与えられた長方形の高さを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSHeight(_ aRect: NSRect) -> CGFloat


<< OBJECTIVE-C >>

CGFloat NSHeight ( NSRect aRect );


戻り値

aRect の高さ。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMaxX

NSMaxY

NSMidX

NSMidY

NSMinX

NSMinY

NSWidth





NSInsetRect


指定した量だけ四角形を差し込む。


宣言

<< SWIFT >>

NSRect NSInsetRect ( NSRect aRect, CGFloat dX, CGFloat dY );


戻り値

dx だけ内側に、y 軸に平行な二辺を移動させることによって代わった aRect のコピー、及び dy だけ内側に x 軸に平行に移動した二辺のコピー。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSDivideRect

NSIntegralRectWithOptions

NSOffsetRect





NSIntegralRect


長方形の各辺を整数値に調整します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSIntegralRect(_ aRect: NSRect) -> NSRect


<< OBJECTIVE-C >>

NSRect NSIntegralRect ( NSRect aRect );


戻り値

aRect のコピー、それはちょうどその4つの定義された値(x、y、幅、高さ)が小数部分を持っていないことを確認するのに十分に外側に拡大しています。もし aRect の幅または高さが 0 または負の場合、この関数は(0.0、0.0)の原点を基準とした、幅と高さがゼロの長方形を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSDivideRect

NSInsetRect

NSOffsetRect





NSIntegralRectWithOptions


指定したオプションを使用して長方形の辺を整数値に調整します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSIntegralRectWithOptions(_ aRect: NSRect,
                             _ opts: NSAlignmentOptions) -> NSRect

<< OBJECTIVE-C >>

NSRect NSIntegralRect ( NSRect aRect, NSAlignmentOptions opts );


戻り値

オプションに基づいて修正された aRect のコピー。オプションは NSAlignmentOptions で定義されています。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.7 以降で利用可能。

以下も見よ

NSIntegralRect





NSIntersectionRect


2つの長方形の交差部分を計算します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSIntersectionRect(_ aRect: NSRect,
                      _ bRect: NSRect) -> NSRect

<< OBJECTIVE-C >>

NSRect NSIntersectionRect ( NSRect aRect, NSRect bRect );


戻り値

aRectbRect のグラフィックな交点。2つの長方形が重ならない場合は、返される重宝形は(0.0、0.0)を原点とした幅と高さがゼロの長方形です(交点が点または線のセグメントである状況を含む)。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSUnionRect





NSIntersectsRect


2つの長方形が交差するかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSIntersectsRect(_ aRect: NSRect,
                    _ bRect: NSRect) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSIntersectsRect ( NSRect aRect, NSRect bRect );


戻り値

もし aRectbRect と交差する場合 YES、そうでなければ NO。もし aRect または bRect どちらかが、幅または高さが 0 の場合も NO を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSIntersectionRect





NSMakeRect


指定された値から新しい NSRect を作成します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMakeRect(_ x: CGFloat,
              _ y: CGFloat,
              _ w: CGFloat,
              _ h: CGFloat) -> NSRect

<< OBJECTIVE-C >>

NSRect NSMakeRect ( CGFloat x, CGFloat y, CGFloat w, CGFloat h );


戻り値

指定された原点[x、y]で大きさ[H、W]を有した NSRect


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。





NSMaxX


与えられた長方形の x 軸の最大値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMaxX(_ aRect: NSRect) -> CGFloat


<< OBJECTIVE-C >>

CGFloat NSMaxX ( NSRect aRect );


戻り値

aRect 内の x 軸の最大値。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSWidth

NSHeight

NSMaxY





NSMaxY


与えられた長方形の y 軸の最大値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMaxY(_ aRect: NSRect) -> CGFloat


<< OBJECTIVE-C >>

CGFloat NSMaxY ( NSRect aRect );


戻り値

aRect 内の y 軸の最大値。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSWidth

NSHeight

NSMaxX





NSMidX


与えられた長方形の中間点の x の座標の値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMidX(_ aRect: NSRect) -> CGFloat


<< OBJECTIVE-C >>

CGFloat NSMidX ( NSRect aRect );


戻り値

aRect の中心の x の座標の値を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSWidth

NSHeight

NSMidY





NSMidY


与えられた長方形の中間点の y の座標の値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMidY(_ aRect: NSRect) -> CGFloat


<< OBJECTIVE-C >>

CGFloat NSMidY ( NSRect aRect );


戻り値

aRect の中心の y の座標を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSWidth

NSHeight

NSMidX





NSMinX


与えられた長方形の x 座標の最小値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMinX(_ aRect: NSRect) -> CGFloat


<< OBJECTIVE-C >>

CGFloat NSMinX ( NSRect aRect );


戻り値

aRect 内の x 座標の最小値。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSWidth

NSHeight

NSMinY





NSMinY


与えられた長方形の y 座標の最小値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

CGFloat NSMinY ( NSRect aRect );


戻り値

aRect 内の y 座標の最小値。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSWidth

NSHeight

NSMinX





NSMouseInRect


ポイントが指定された長方形内にあるかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMouseInRect(_ aPoint: NSPoint,
                 _ aRect: NSRect,
                 _ flipped: Bool) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSMouseInRect ( NSPoint aPoint, NSRect aRect, BOOL flipped );


戻り値

カーソルのホットスポットが、与えられた長方形の内側にあれば YES、それ以外の場合は NO


議論

このメソッドは、スケーリングされておらず、座標系を回転していないと仮定しています。基礎となるビューが、反転した座標システムを使用している場合は flippedYES を指定してください。


長方形内にポイントがあるかどうかの関数は、一般的に上部のエッジが境界線の内側にある時に長方形の下端が、長方形の境界の外にあることを前提としています。このメソッドは、ユーザの視点からの aRect を見ており、つまり、このメソッドは、常にユーザーの画面の下端に最も近いものとして、長方形の下端を扱っています。この調整を行うことにより、この関数は、ユーザの観点から一貫してマウスの検出動作を保証します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

NSPointInRect





NSOffsetRect


指定した量だけ長方形を移動(offset)します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSOffsetRect(_ aRect: NSRect,
                _ dX: CGFloat,
                _ dY: CGFloat) -> NSRect

<< OBJECTIVE-C >>

NSRect NSOffsetRect ( NSRect aRect, CGFloat dX, CGFloat dY );


戻り値

y 軸に沿って dy だけ、x 軸に沿って dx だけシフトした場所での aRect のコピー。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSDivideRect

NSInsetRect

NSIntegralRectWithOptions





NSPointInRect


与えられたポイントが与えられた長方形内にあるかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSPointInRect(_ aPoint: NSPoint,
                 _ aRect: NSRect) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSPointInRect ( NSPoint aPoint, NSRect aRect );


戻り値

aPointaRect で表される長方形内にある場合 YES、それ以外の場合、NO


議論

長方形内に点があるかどうかの関数は、一般的に「下」「右」の角が領域の外にあり、長方形の「上」と「左」の角が、長方形境界内にあると仮定します。このメソッドは、長方形の「上」と「左」の角が長方形の起点を含むものと扱います。


特別な考慮事項

「上」および「下」(及び「左」と「右」)の意味は、現在の座標軸に対しての意味であり、長方形の位置に対しての意味です。正の x 座標と y 座標に位置して正の高さを持つ長方形の場合:


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMouseInRect





NSRectFromString


テキストベースの表現から長方形を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSRectFromString(_ aString: String!) -> NSRect


<< OBJECTIVE-C >>

NSRect NSRectFromString ( NSString *aString );


議論

NSPoint オブジェクトを作成するには、x、y 座標と、幅と高さとして使用される4つの数字がその順序で aString をスキャンします。 aString が4つの数字を含んでいない場合、スキャンされたそれらの数字が使われ、残りの値には 0 が使われます。 aString が数字を全く含んでいない場合、この関数は原点(0、0)で、幅と高さが共に 0 の長方形で、NSRect オブジェクトを返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSStringFromRect





NSStringFromRect


長方形の文字列表現を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSStringFromRect(_ aRect: NSRect) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSStringFromRect ( NSRect aRect );


議論

"{{a,b},{c、d}}"形式の文字列を返します。ここで a、b、c および daRect のそれぞれ x と y 座標と幅と高さです。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSRectFromString





NSRectFromCGRect


CGRect から 型キャストをした NSRect を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSRectFromCGRect(_ cgrect: CGRect) -> NSRect


<< OBJECTIVE-C >>

Rect NSRectFromCGRect( CGRect cgrect );


戻り値

CGRect から型キャストした NSRect


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.5 以降で利用可能。

以下も見よ

NSRectToCGRect

NSPointFromCGPoint

NSSizeFromCGSize





NSRectToCGRect


NSRect から型キャストして、CGRect を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSRectToCGRect(_ nsrect: NSRect) -> CGRect


<< OBJECTIVE-C >>

CGRect NSRectToCGRect ( NSRect nsrect );


戻り値

NSRect から型キャストした CGRect


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.5 以降で利用可能。

以下も見よ

NSRectFromCGRect

NSPointToCGPoint

NSSizeFromCGSize





NSUnionRect


2つの長方形の和集合を計算します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSUnionRect(_ aRect: NSRect,
               _ bRect: NSRect) -> NSRect

<< OBJECTIVE-C >>

NSRect NSUnionRect ( NSRect aRect, NSRect bRect );


議論

aRectbRect の両方を完全に囲む最小の長方形を返します。長方形の一つの幅または高さが 0(または負)の場合、他の長方形のコピーが返されます。しかし、両方の幅または高さが 0(または負)の場合、返される長方形形は(0.0、0.0)を原点を持ち、幅と高さ 0 の物です。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSIntersectionRect





NSWidth


指定された長方形の幅を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSWidth(_ aRect: NSRect) -> CGFloat


<< OBJECTIVE-C >>

CGFloat NSWidth ( NSRect aRect );


戻り値

aRect の幅。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSMaxX

NSMaxY

NSMidX

NSMidY

NSMinX

NSMinY

NSHeight





サイズの管理


NSEqualSizes


2つのサイズ値が等しいかどうかを示すブール値を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSEqualSizes(_ aSize: NSSize,
                _ bSize: NSSize) -> Bool

<< OBJECTIVE-C >>

BOOL NSEqualSizes ( NSSize aSize, NSSize bSize );


戻り値

aSizebSize が同一である場合 YES、そうでなければ NO


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。





NSMakeSize


指定された値から新しい NSSize を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSMakeSize(_ w: CGFloat,
              _ h: CGFloat) -> NSSize

<< OBJECTIVE-C >>

NSSize NSMakeSize ( CGFloat w, CGFloat h );


戻り値

指定された幅 width と高さ height を有する NSSize


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。





NSSizeFromString


テキストベースの表現から NSSize を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSizeFromString(_ aString: String!) -> NSSize


<< OBJECTIVE-C >>

NSSize NSSizeFromString ( NSString *aString );


議論

NSSize 構造体を作成するために、幅と高さを、この順序で使用される2つの数字を aString でスキャンします。 aString が、一つの数字だけを含んでいる場合は、その幅として使用されます。 aString 引数は、NSStringFromSize の出力のようにフォーマットする必要があり、例えば @ "{10,20}" のように。 aString に一つも数字が含まれていない場合、この関数は、幅と高さが両方とも 0NSSize 構造体を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSStringFromSize





NSStringFromSize


サイズの文字列表現を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSStringFromSize(_ aSize: NSSize) -> String!


<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSStringFromSize ( NSSize aSize );


戻り値

"{a,b}"形式の文字列、ここで a と b は aSize の、それぞれ、幅と高さです。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

NSSizeFromString





NSSizeFromCGSize


CGSize から型キャストをして NSSize を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSizeFromCGSize(_ cgsize: CGSize) -> NSSize


<< OBJECTIVE-C >>

NSSize NSSizeFromCGSize ( CGSize cgsize );


戻り値

CGSize から型キャストした NSSize


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.5 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSizeToCGSize

NSPointFromCGPoint

NSRectFromCGRect





NSSizeToCGSize


NSSize から タイプキャストし、CGSize を返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSizeToCGSize(_ nssize: NSSize) -> CGSize


<< OBJECTIVE-C >>

CGSize NSSizeToCGSize ( NSSize nssize );


戻り値

NSSize から型キャストした CGSize


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.5 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSizeFromCGSize

NSPointToCGPoint

NSRectToCGRect





キャッチされない例外ハンドラ


キャッチされない例外ハンドラ関数があるかどうか、例外が通知の投稿中に発生していない限り、キャッチされない例外は全て、プログラムが終了する原因となります。


NSGetUncaughtExceptionHandler


トップレベルのエラーハンドラを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSGetUncaughtExceptionHandler() -> CFunctionPointer<NSUncaughtExceptionHandler>


<< OBJECTIVE-C >>

NSUncaughtExceptionHandler * NSGetUncaughtExceptionHandler ( void );


戻り値

プログラムが終了する前に、土壇場でのログインを実行することでの、トップレベルのエラー処理関数へのポインタ。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSSetUncaughtExceptionHandler





NSSetUncaughtExceptionHandler


トップレベルのエラーハンドラを変更します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSSetUncaughtExceptionHandler(_ _: CFunctionPointer<NSUncaughtExceptionHandler>)


<< OBJECTIVE-C >>

void NSSetUncaughtExceptionHandler ( NSUncaughtExceptionHandler * );



議論

プログラムが終了する前に、土壇場でのログ保存を実行することができる、トップレベルのエラー処理関数を設定します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSGetUncaughtExceptionHandler

reportException: (NSApplication)






Core Foundation の ARC 統合


CFBridgingRetain


Objective-C のポインタをキャストして Core Foundation のポインタにして、呼び出し側に所有権を移します。


宣言

<< SWIFT >>

func CFBridgingRetain(_ X: AnyObject!) -> AnyObject!


<< OBJECTIVE-C >>

CFTypeRef CFBridgingRetain ( id X );


議論

Objective-C のオブジェクトをキャストして、Core Foundation スタイルのオブジェクトとして、オブジェクトの所有権を取得するために、その有効期間を管理できるように、この関数を使用して下さい。この例で示すように、その後、オブジェクトを解放する責任があります。


  1. NSString *string = <#Get a string#>
  2. CFStringRef cfString = (CFStringRef)CFBridgingRetain(string);
  3. // Use the CF string.
  4. CFRelease(cfString);

import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.7 以降で利用可能。

iOS 5.0 以降で利用可能。

以下も見よ

CFBridgingRelease





CFBridgingRelease


Objective-C の非 Objective-C のポインタを移動し、ARC に所有権を移します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

id CFBridgingRelease ( CFTypeRef X );


議論

Core Foundation スタイルのオブジェクトをキャストして Objective-C のオブジェクトとして、オブジェクトの所有権を ARC に移し、この例に示すように、オブジェクトを解放する必要がないようにするために、この関数を使用します。


  1. CFStringRef cfName = ABRecordCopyValue(person, kABPersonFirstNameProperty);
  2. NSString *name = (NSString *)CFBridgingRelease(cfName);

import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.7 以降で利用可能。

iOS 5.0 以降で利用可能。

以下も見よ

CFBridgingRetain





メモリ管理


NSAllocateMemoryPages


新しいメモリブロックを割り当てます。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

func NSAllocateMemoryPages(_ bytes: Int) -> UnsafeMutablePointer<Void>


<< OBJECTIVE-C >>

void * NSAllocateMemoryPages ( NSUInteger bytes );


議論

合計サイズに最も近い、以下ではない、byteCount ページの整数を割り当てます。割り当てられたページはゼロで満たされることが保証されています。割り当てが失敗した場合、NSInvalidArgumentException の例外を発生させます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能


以下も見よ

NSCopyMemoryPages

NSDeallocateMemoryPages

宣言

NSZone.h




NSCopyMemoryPages


メモリブロックをコピーします。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

func NSCopyMemoryPages(_ source: UnsafePointer<Void>,
                     _ dest: UnsafeMutablePointer<Void>,
                     _ bytes: Int)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSCopyMemoryPages ( const void *source, void *dest, NSUInteger bytes );


議論

source から destination(目的地)までの byteCount バイトをコピー(または書き込み時コピー)します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。


以下も見よ

NSAllocateMemoryPages

NSDeallocateMemoryPages





NSDeallocateMemoryPages


メモリの指定されたブロックの割り当てを解除します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

func NSDeallocateMemoryPages(_ ptr: UnsafeMutablePointer<Void>,
                           _ bytes: Int)

<< OBJECTIVE-C >>

void NSDeallocateMemoryPages ( void *ptr, NSUInteger bytes );


議論

この関数は、NSAllocateMemoryPages で割り当てられたメモリの割り当てを解除します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSCopyMemoryPages

NSAllocateMemoryPages





NSLogPageSize


ページサイズの二進(binary)のログを返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

func NSLogPageSize() -> Int


<< OBJECTIVE-C >>

NSUInteger NSLogPageSize ( void );


戻り値

ページサイズの二進のログ。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSRoundDownToMultipleOfPageSize

NSRoundUpToMultipleOfPageSize

NSPageSize





NSPageSize


ページ内のバイト数を返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

func NSPageSize() -> Int


<< OBJECTIVE-C >>

NSUInteger NSPageSize ( void );


戻り値

ページのバイト数。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSRoundDownToMultipleOfPageSize

NSRoundUpToMultipleOfPageSize

NSLogPageSize





NSRealMemoryAvailable

(OS X v10.8)


ユーザーのシステムに関する情報を返します。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSUInteger NSRealMemoryAvailable ( void );


戻り値

RAM 内の利用可能なバイト数。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

OS X v10.8 以降で廃止。

iOS 2.0 以降で利用可能

iOS 6.0 以降で廃止。





NSRoundDownToMultipleOfPageSize


指定されたバイト数に切り捨てられ、ページサイズの倍数になったものを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSRoundDownToMultipleOfPageSize(_ bytes: Int) -> Int


<< OBJECTIVE-C >>

NSUInteger NSRoundDownToMultipleOfPageSize ( NSUInteger bytes );


戻り値

バイト単位で最も近いページサイズの倍数で、より大きくない、byteCount(すなわち、バイト数は、ページサイズの倍数に切り捨てられます)。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSPageSize

NSLogPageSize

NSRoundUpToMultipleOfPageSize





NSRoundUpToMultipleOfPageSize


指定されたバイト数に切り上げられ、ページサイズの倍数になったものを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func NSRoundUpToMultipleOfPageSize(_ bytes: Int) -> Int


<< OBJECTIVE-C >>

NSUInteger NSRoundUpToMultipleOfPageSize ( NSUInteger bytes );


戻り値

バイト単位で最も近いページサイズの倍数で、より小さくない、byteCount(すなわち、バイト数は、ページサイズの倍数に切り上げられます)。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。

以下も見よ

NSPageSize

NSLogPageSize

NSRoundDownToMultipleOfPageSize





NSAllocateCollectable


収集可能なメモリを割り当てます。


(旧式です。ガベージコレクションは、OS X v10.8で廃止されたため、代わりに、自動参照カウントを使って下さい。詳しくは ARC のリリースノート を見て下さい。)


宣言

<< SWIFT >>

func NSAllocateCollectable(_ size: Int,
                         _ options: Int) -> UnsafeMutablePointer<Void>

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSAllocateCollectable ( NSUInteger size, NSUInteger options );


パラメータ

size
割り当てるメモリのバイト数。
options0 または NSScannedOption0 の値は、スキャンされないメモリを割り当てます。 NSScannedOption の値は、スキャンされたメモリを割り当てます。


戻り値

割り当てられたメモリへのポインタ、または関数が要求されたメモリを割り当てられない場合には、NULL へのポインタ。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.4 以降で利用可能。





NSReallocateCollectable


コレクタブルメモリを再割り当て。


(旧式です。 ガベージコレクションは、OS X 10.8 で廃止されたため、代わりに、自動参照カウント を使って下さい。詳しくは ARC への移行のリリースノート を参照の事。)


宣言

<< SWIFT >>

func NSReallocateCollectable(_ ptr: UnsafeMutablePointer<Void>,
                           _ size: Int,
                           _ options: Int) -> UnsafeMutablePointer<Void>

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSReallocateCollectable ( void *ptr, NSUInteger size, NSUInteger options );


議論

メモリブロックのサイズを ptr から size バイトに変更します。それは最大値の size バイトまで、新しいブロックに古いメモリブロックの内容を移動する場合には、古いものを置き換えるために新しいメモリを割り当てることができます。


option0NSScannedOption: です。 0 の値は、スキャンされていないメモリを割り当てます。 NSScannedOption の値は、スキャンされたメモリを割り当てます。


要求されたメモリーを割り当てることができない場合は、この関数は NULL を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


<< SWIFT >>

import Foundation


利用可能

OS X v10.4 以降で利用可能。





NSMakeCollectable


コレクションにふさわしい、新しく割り当てられた Core Foundation のオブジェクトを作成します。


(旧式です。ガベージコレクションは、OS X v10.8 で廃止されたため、代わりに、自動参照カウントを使って下さい。詳しくは ARC への移行のリリースノート を見て下さい。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

id NSMakeCollectable ( CFTypeRef cf );


議論

この関数は、CFMakeCollectable のラッパーで、その戻り値の型は、id ですが、Cocoa オブジェクトを使用する場合、キャストの必要性を避ける為です。


ガベージコレクションと非ガベージコレクション環境を両方サポートしなければならないコード内の Core Foundation オブジェクトを返すときに、次の例に示すように、この関数は、有用です。


  1. - (CFDateRef)foo {
  2.         CFDateRef aCFDate;
  3.         // ...
  4.         return [NSMakeCollectable(aCFDate) autorelease];
  5. }


CFTypeRef スタイルのオブジェクトはガベージコレクションされており、まだいつか最後に CFRelease が行われた後のみに。特に CFStrings とコレクション(例えば CFDictionary など)のように完全にブリッジされた CFTypeRef オブジェクトのため、CFMakeCollectable か、もっとタイプセーフな、割り当ての際好まれる、NSMakeCollectable を呼ばなければなりません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.5 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





ゾーンの管理


ゾーンは、iOS と OS X の 64 ビット実行環境では無視されます。現在の開発環境ではゾーンを使用しないでください。


NSCreateZone


新しいゾーンを作成します。


(旧式です。 ゾーンは iOS と OS X の 64ビットの実行環境では無視されます。現在の開発環境ではゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSZone * NSCreateZone ( NSUInteger startSize, NSUInteger granularity, BOOL canFree );



戻り値

startSize バイトの新しい zone へのポインタ、granularity バイト長に伸びたり縮んだりします。canFree が 0 の場合、アロケータは決してメモリを解放しないので、malloc の方が早いです。新しいゾーンを作成できなかった場合は NULL を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSRecycleZone


ゾーン内にメモリを解放します。


(旧式です。ゾーンは iOS 上および OS X 上の 64 ビット実行環境では無視されます。現在の開発環境ではゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void NSRecycleZone ( NSZone *zone );


議論

デフォルトゾーンにまだ使用中のポインタのいずれかを追加した後に zone を解放します。(この戦略は保持されたオブジェクトが誤って破壊される事から防ぎます。)


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSSetZoneName


指定されたゾーンの名前を設定します。


(旧式です。ゾーンは、iOS 上および OS X の 64 ビット実行環境では無視されます。現在の開発環境ではゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void NSSetZoneName ( NSZone *zone, NSString *name );


議論

zone の 名前に name を設定しますが、これはデバッグを支援します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSZoneCalloc


ゾーン内にメモリを割り当てます。


(旧式です。ゾーンは iOS 上および OS X の 64 ビット実行環境では無視されます。現在の開発環境では、ゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSZoneCalloc ( NSZone *zone, NSUInteger numElems, NSUInteger byteSize );


議論

サイズ numBytes のバイトで各 numElems 個の要素をゾーン(zone)から十分なメモリを割り当て、割り当てられたメモリへのポインタを返します。メモリはゼロに初期化されます。要求されたメモリを割り当てることができなかった場合、この関数は NULL を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSZoneFree


指定されたゾーン内のメモリのブロックの割り当てを解除します。


(旧式です。iOS および OS X 上の 64 ビット実行環境ではゾーンは無視されます。現在の開発環境では、ゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSZoneCalloc ( NSZone *zone, NSUInteger numElems, NSUInteger byteSize );


議論

割り当てられた元のゾーン(zone)にメモリを返します。標準の C の free の関数は同じことを行いますが、メモリが属するゾーンがどれか探すのに時間を費やします。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSZoneFromPointer


メモリの与えられたブロックのためのゾーンを取得します。


(旧式です。iOS および OS X 上の 64 ビット実行環境ではゾーンは無視されます。現在の開発環境では、ゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSZone * NSZoneFromPointer ( void *ptr );


戻り値

ポインタ(pointder)で示されるメモリブロックのためのゾーン、またはもしブロックがゾーンから割り当てられなかった場合は、NULL


議論

ポインタ(pointer) は割り当て関数の前に呼び出しによって返されたものの一つでなければなりません。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSZoneMalloc


ゾーン内にメモリを割り当てます。


(旧式です。iOS および OS X 上の 64 ビット実行環境ではゾーンは無視されます。現在の開発環境では、ゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSZoneMalloc ( NSZone *zone, NSUInteger size );


議論

zone 内で size バイトを割り当て、割り当てられたメモリへのポインタを返します。要求されたメモリを割り当てることができなかった場合、この関数は NULL を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSZoneName


指定されたゾーンの名前を返します。


(旧式です。iOS および OS X 上の 64 ビット実行環境ではゾーンは無視されます。現在の開発環境では、ゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

NSString * NSZoneName ( NSZone *zone );


戻り値

ゾーンに関連付けられた名前を含む文字列。ゾーンnil の場合、デフォルトのゾーンが使用されます。名前がゾーンに関連付けされていない場合は、返される文字列は空になります。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSZoneRealloc


ゾーンにメモリを割り当てます。


(旧式です。iOS および OS X 上の 64 ビット実行環境ではゾーンは無視されます。現在の開発環境では、ゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

void * NSZoneRealloc ( NSZone *zone, void *ptr, NSUInteger size );


議論

メモリブロックのサイズを示している ptrsize バイトに変更します。それは最大 size バイトまで、新しいブロックに古いメモリブロックの内容を移動する場合には、古いものを新しいメモリで置き換えて割り当てることができます。ptrNULL の場合があり、要求されたメモリを割り当てることができなかった場合、この関数は NULL を返します。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X v10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。





NSDefaultMallocZone


デフォルトのゾーンを返します。


(旧式です。 iOS と OS X の64ビット実行環境では無視されます。現在の開発環境ではゾーンを使用しないでください。)


宣言

<< SWIFT >>

func NSDefaultMallocZone() -> NSZone


<< OBJECTIVE-C >>

NSZone * NSDefaultMallocZone ( void );


戻り値

起動時に自動的に作成されるデフォルトのゾーン。


議論

このゾーンは、標準 C 関数の malloc によって使用されます。


import 文

<< OBJECTIVE-C >>

@import Foundation;


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。

iOS 2.0 以降で利用可能。








次:文書改定履歴
目次
Xcode 9 の新機能

インターフェースビルダー ヘルプ
ストーリーボード
NSObject(class)

  • Foundation 関数リファレンス
  • 概観
  • 関数
  • アサーション
  • NSAssert

    NSAssert1

    NSAssert2

    NSAssert3

    NSAssert4

    NSAssert5

    NSCAssert

    NSCAssert1

    NSCAssert2

    NSCAssert3

    NSCAssert4

    NSCAssert5

    NSCParameterAssert

    NSParameterAssert


  • バンドル
  • NSLocalizedString

    NSLocalizedStringFromTable

    NSLocalizedStringFromTableInBundle

    NSLocalizedStringWithDefaultValue


  • バイトの順序
  • NSConvertHostDoubleToSwapped

    NSConvertHostFloatToSwapped

    NSConvertSwappedDoubleToHost

    NSConvertSwappedFloatToHost

    NSHostByteOrder

    NSSwapBigDoubleToHost

    NSSwapBigFloatToHost

    NSSwapBigIntToHost

    NSSwapBigLongLongToHost

    NSSwapBigLongToHost

    NSSwapBigShortToHost

    NSSwapDouble

    NSSwapFloat

    NSSwapHostDoubleToBig

    NSSwapHostDoubleToLittle

    NSSwapHostFloatToBig

    NSSwapHostFloatToLittle

    NSSwapHostIntToBig

    NSSwapHostIntToLittle

    NSSwapHostLongLongToBig

    NSSwapHostLongLongToLittle

    NSSwapHostLongToBig

    NSSwapHostLongToLittle

    NSSwapHostShortToBig

    NSSwapHostShortToLittle

    NSSwapInt

    NSSwapLittleDoubleToHost

    NSSwapLittleFloatToHost

    NSSwapLittleIntToHost

    NSSwapLittleLongLongToHost

    NSSwapLittleLongToHost

    NSSwapLittleShortToHost

    NSSwapLong

    NSSwapLongLong

    NSSwapShort


  • 十進数
  • NSDecimalAdd

    NSDecimalCompact

    NSDecimalCompare

    NSDecimalCopy

    NSDecimalDivide

    NSDecimalIsNotANumber

    NSDecimalMultiply

    NSDecimalMultiplyByPowerOf10

    NSDecimalNormalize

    NSDecimalPower

    NSDecimalRound

    NSDecimalString

    NSDecimalSubtract


  • 例外処理
  • NS_DURING

    NS_ENDHANDLER

    NS_HANDLER

    NS_VALUERETURN

    NS_VOIDRETURN


  • Java セットアップ
  • NSJavaBundleCleanup

    NSJavaBundleSetup

    NSJavaClassesForBundle

    NSJavaClassesFromPath

    NSJavaNeedsToLoadClasses

    NSJavaNeedsVirtualMachine

    NSJavaObjectNamedInPath

    NSJavaProvidesClasses

    NSJavaSetup

    NSJavaSetupVirtualMachine


  • ハッシュテーブル
  • NSAllHashTableObjects

    NSCompareHashTables

    NSCopyHashTableWithZone

    NSCountHashTable

    NSCreateHashTable

    NSCreateHashTableWithZone

    NSEndHashTableEnumeration

    NSEnumerateHashTable

    NSFreeHashTable

    NSHashGet

    NSHashInsert

    NSHashInsertIfAbsent

    NSHashInsertKnownAbsent

    NSHashRemove

    NSNextHashEnumeratorItem

    NSResetHashTable

    NSStringFromHashTable


  • HFSファイルの種類
  • NSFileTypeForHFSTypeCode

    NSHFSTypeCodeFromFileType

    NSHFSTypeOfFile


  • マップテーブルの管理
  • NSAllMapTableKeys

    NSAllMapTableValues

    NSCompareMapTables

    NSCopyMapTableWithZone

    NSCountMapTable

    NSCreateMapTable

    NSCreateMapTableWithZone

    NSEndMapTableEnumeration

    NSEnumerateMapTable

    NSFreeMapTable

    NSMapGet

    NSMapInsert

    NSMapInsertIfAbsent

    NSMapInsertKnownAbsent

    NSMapMember

    NSMapRemove

    NSNextMapEnumeratorPair

    NSResetMapTable

    NSStringFromMapTable


  • オブジェクトの割り当てと割り当て解
        除の管理
  • NSAllocateObject

    NSCopyObject

    NSDeallocateObject

    NSDecrementExtraRefCountWasZero

    NSExtraRefCount

    NSIncrementExtraRefCount

    NSShouldRetainWithZone


  • Objective-C 実行環境との交流
  • NSGetSizeAndAlignment

    NSClassFromString

    NSStringFromClass

    NSSelectorFromString

    NSStringFromSelector

    NSStringFromProtocol

    NSProtocolFromString


  • ログの出力
  • NSLog

    NSLogv


  • ファイルパスの管理
  • NSFullUserName

    NSHomeDirectory

    NSHomeDirectoryForUser

    NSOpenStepRootDirectory

    NSSearchPathForDirectoriesInDomains

    NSTemporaryDirectory

    NSUserName


  • ポイントの管理
  • NSEqualPoints

    NSMakePoint

    NSPointFromString

    NSStringFromPoint

    NSPointFromCGPoint

    NSPointToCGPoint


  • 範囲の管理
  • NSEqualRanges

    NSIntersectionRange

    NSLocationInRange

    NSMakeRange

    NSMaxRange

    NSRangeFromString

    NSStringFromRange

    NSUnionRange


  • 長方形の管理
  • NSContainsRect

    NSDivideRect

    NSEqualRects

    NSIsEmptyRect

    NSHeight

    NSInsetRect

    NSIntegralRect

    NSIntegralRectWithOptions

    NSIntersectionRect

    NSIntersectsRect

    NSMakeRect

    NSMaxX

    NSMaxY

    NSMidX

    NSMidY

    NSMinX

    NSMinY

    NSMouseInRect

    NSOffsetRect

    NSPointInRect

    NSRectFromString

    NSStringFromRect

    NSRectFromCGRect

    NSRectToCGRect

    NSUnionRect

    NSWidth


  • サイズの管理
  • NSEqualSizes

    NSMakeSize

    NSSizeFromString

    NSStringFromSize

    NSSizeFromCGSize

    NSSizeToCGSize


  • キャッチされない例外ハンドラ
  • NSGetUncaughtExceptionHandler

    NSSetUncaughtExceptionHandler


  • メモリ管理
  • NSAllocateMemoryPages

    NSCopyMemoryPages

    NSDeallocateMemoryPages

    NSLogPageSize

    NSPageSize

    NSRealMemoryAvailable

    NSRoundDownToMultipleOfPageSize

    NSRoundUpToMultipleOfPageSize

    NSAllocateCollectable

    NSReallocateCollectable

    NSMakeCollectable


  • ゾーンの管理
  • NSCreateZone

    NSRecycleZone

    NSSetZoneName

    NSZoneCalloc

    NSZoneFree

    NSZoneFromPointer

    NSZoneMalloc

    NSZoneName

    NSZoneRealloc

    NSDefaultMallocZone


    文書改定履歴












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)












    トップへ(Foundation 関数リファレンス)