ネストした型


列挙型は、多くの場合、特定のクラスまたは構造体の機能をサポートするために作成されます。同様に、より複雑な型の文脈内で純粋に使用するためのユーティリティクラスと構造体を定義するのが便利なことがあります。これを実現するために、Swift は、ネストした型 を定義し、列挙型、クラス、および構造体がサポートする型の定義の中で、ネストした型をサポートできます。


他の型の中の型をネストするには、それがサポートする型の外側の括弧内でその定義を書きます。必要とされるだけ多くのレベルで型をネストできます。



実際のネストした型


以下の例は、ブラックジャックのゲームで使われるようなトランプをモデルとして、BlackjackCard という構造体を定義しています。BlackjackCard 構造体は、SuitRank と言う2つのネストした列挙型を含んでいます。


ブラックジャックでは、エースのカードは、1または11のいずれかの値を有します。この機能は、Rank 列挙型の中にネストした、Values と言う構造体によって表されます:


  1. struct BlackjackCard {
  2.         // nested Suit enumeration
  3.         enum Suit: Character {
  4.                 case spades = "♠", hearts = "♡", diamonds = "♢", clubs = "♣"
  5.         }
  6.         // nested Rank enumeration
  7.         enum Rank: Int {
  8.                 case two = 2, three, four, five, six, seven, eight, nine, ten
  9.                 case jack, queen, king, ace
  10.                 struct Values {
  11.                 let first: Int, second: Int?
  12.                 }
  13.                 var values: Values {
  14.                 switch self {
  15.                 case .ace:
  16.                         return Values(first: 1, second: 11)
  17.                 case .jack, .queen, .king:
  18.                         return Values(first: 10, second: nil)
  19.                 default:
  20.                         return Values(first: self.rawValue, second: nil)
  21.                 }
  22.             }
  23.         }
  24.         // BlackjackCard properties and methods
  25.         let rank: Rank, suit: Suit
  26.         var description: String {
  27.                 var output = "suit is \(suit.rawValue),"
  28.                 output += " value is \(rank.values.first)"
  29.                 if let second = rank.values.second {
  30.                         output += " or \(second)"
  31.                 }
  32.                 return output
  33.         }
  34. }


Suit 列挙型は、それらのシンボルを表現する生の Character 値と一緒に、4つの一般的なトランプの種類を説明しています。


Rank 列挙型は、それらの表の値を表すために、生の Int 値と共に、取りうる13のトランプの順位を説明しています。(この生の Int 値はジャック、クイーン、キング、エースのトランプには使用されません。)


前述したように、Rank 列挙型は、独自の、Values と言う更にネストになった構造体を定義しています。この構造体は、ほとんどのトランプは、1つの値を持っているが、エースのカードは、2つの値を持っていることをカプセル化しています。Values 構造体は、これを表現するために2つのプロパティを定義しています。


Rank はまた、Values 構造体のインスタンスを返す計算されたプロパティ、values を定義しています。この計算されたプロパティは、トランプの順位を考慮し、その順位に基づいて適切な値を使用して新しい Values インスタンスを初期化します。それは、jack,queen,king,ace では特別な値を使用します。数字のトランプの場合、それは順位の生の Int 値を使用します。


BlackjackCard 構造体自体は、2つのプロパティ– ranksuit を持っています。また、description と言う計算されたプロパティを定義し、トランプの名前と値の説明をビルドするため ranksuit に格納された値を使います。description プロパティは、表示すべき第二の値があるかどうかを確認し、そうであれば、その第二の値の追加の説明の詳細を挿入するため、optional の結合を使用します。


BlackjackCard はカスタムのイニシャライザがない構造体であるため、構造体型のためのメンバー化イニシャライザ で説明したように、それは暗黙的にメンバー化されたイニシャライザを持っています。theAceOfSpades と言う新しい定数を初期化するには、このイニシャライザを使用できます:


  1. let theAceOfSpades = BlackjackCard(rank: .ace, suit: .spades)
  2. print("theAceOfSpades: \(theAceOfSpades.description)")
  3. // prints "theAceOfSpades: suit is ♠, value is 1 or 11"


ranksuitBlackjackCard 内にネストされているにもかかわらず、それらの型は、文脈から推測できるので、このインスタンスの初期化は、その case 名(.ace.spades) だけでで列挙型 case を参照できます。上記の例では、description プロパティは、正しくスペードのエースが 1 または 11 の値を持っていることを報告します。



ネストした型への参照


ネストした型を、その定義文脈の外で使用するには、その名前の前に、それがネストされている中の型の名前を、接頭辞として付けます:


  1. let heartsSymbol = BlackjackCard.Suit.hearts.rawValue
  2. // heartsSymbol is "♡"


上記の例の場合、これは SuitRank、および Values の名前を故意に短くしているが、それというのもそれらの名前が、定義されている文脈によって自然に資格が与えられるからです。





前:型キャスト 次:拡張機能
目次
Xcode 10 の新機能

Swift:はじめに
Swift と Cocoa と Objective-C
Swift Blog より

  • ようこそ Swift へ(Part I)
  • Swift について
  • バージョン互換性
  • Swift のツアー
  • 単純な値
    制御フロー
    関数とクロージャ
    オブジェクトとクラス
    列挙型と構造体
    プロトコルと拡張機能
    エラー処理
    汎用(ジェネリック)
  • Swift 言語のガイド(Part II)
  • Swift の基本
  • 定数と変数
  • 定数と変数の宣言
    型注釈
    定数と変数の命名
    定数と変数の印刷
    コメント
    セミコロン
  • 整数
  • 整数の境界
    Int
    UInt
    浮動小数点数
    安全な型と型推論
    数値リテラル
  • 数値型変換
  • 整数変換
    整数と浮動小数点間の変換
    型エイリアス
    ブール型
    タプル
  • Optional
  • nil
    if 文と強制開封
    Optional の結合
    暗黙に開封された Optionals
    エラー処理
  • アサーション(断言)と前提条件
  • アサーションを使用したデバッグ
    前提条件の実施
  • 基本演算子
  • 専門用語
    代入演算子
  • 算術演算子
  • 剰余演算子
    単項マイナス演算子
    単項プラス演算子
    複合代入演算子
    比較演算子
    三項条件演算子
    Nil 合体演算子
  • 範囲演算子
  • 閉鎖範囲演算子
    半開放範囲演算子
    片方の範囲
  • 論理演算子
  • 論理 NOT 演算子
    論理 AND 演算子
    論理 OR 演算子
    論理演算子の組み合わせ
    明示的な括弧
  • 文字列と文字
  • 文字列リテラル
    複数行の文字列リテラル
    文字列リテラル内の特殊文字
    空の文字列の初期化
    文字列の可変性
    文字列は値の型
    文字を使った作業
    文字列と文字を連結
    文字列補間
  • ユニコード(Unicode)
  • Unicode スカラー
    文字列リテラルの中の特別の文字
    拡張書記クラスタ
    文字を数える
  • 文字列のアクセスと変更
  • 文字列のインデックス
    部分文字列
    挿入と削除
  • 文字列の比較
  • 文字列と文字の等価性
    接頭辞と接尾辞の等価性
  • 文字列の Unicode 表現
  • UTF-8 の表現
    UTF-16 表現
    Unicode のスカラー表現
  • コレクション型
  • コレクションの可変性
  • 配列
  • 配列型省略構文
    空の配列の作成
    デフォルト値を持つ配列の作成
    2つの配列を共にして一つの配列に
    配列リテラルでの配列の作成
    配列へのアクセスと変更
    配列の繰り返し処理
  • セット
  • セット型のハッシュ値
    セット型の構文
    空のセットの作成と初期化
    配列リテラルでセットの作成
    セットへのアクセスと変更
    セットを反復処理
  • セット操作の実行
  • 基本的なセットの操作
    セットの身分と等価性
  • Dictionary
  • Dictionary 型の省略型構文
    空の Dictionary を作成
    Dictionary リテラルで Dictionary の作成
    Dictionary のアクセスと変更
    Dictionary を繰り返し処理
  • フロー制御
  • For-In ループ
  • While ループ
  • While
    Repeat-While
  • 条件文
  • if 文
  • Switch
  • 暗黙の Fallthrough なし
    範囲の一致
    タプル(Tuples)
    値の結合
    Where
    複合した case
  • 制御転送文
  • Continue
  • Break
  • ループ文内の Break
    Switch 文内の Break
    Fallthrough
    ラベル付きの文
    早期終了
    API 利用可能性の確認
  • 関数
  • 関数の定義と呼び出し
  • 関数のパラメータと戻り値
  • パラメータなしの関数
    複数パラメータの関数
    戻り値なしの関数
    複数の戻り値を持つ関数
    optional のタプル型の戻り値
  • 関数引数のラベルとパラメータ名
  • 引数のラベルの指定
    引数ラベルの省略
    デフォルトのパラメータ値
    可変個引数のパラメータ
    In-Out パラメータ
  • 関数型
  • 関数型の使用
    パラメータ型としての関数型
    戻り値の型としての関数型
    入れ子になった関数
  • クロージャ
  • クロージャ式
  • ソートするメソッド
    クロージャ式の構文
    文脈から型を推論
    単一式クロージャからの暗黙的戻り値
    引数名の省略
    演算子メソッド
    後続クロージャ
    値のキャプチャ
    クロージャは参照型
    クロージャのエスケープ
    オートクロージャ
  • 列挙型
  • 列挙型の構文
    switch 文で列挙型の値の一致
    関連する値
  • 生の値
  • 暗黙に割り当てられた生の値
    生の値からの初期化
    再帰的な列挙型
  • クラスと構造体
  • クラスと構造体を比較
  • 定義の構文
    クラスと構造体のインスタンス
    プロパティにアクセス
    構造体型のためのメンバー化イニシャライザ
    構造体と列挙型は値型
  • クラスは参照型
  • ID 演算子
    ポインタ
    クラスと構造体の間の選択
    文字列、配列、辞書の代入とコピーの動作
  • プロパティ
  • 格納されたプロパティ
  • 定数構造体インスタンスの格納されたプロパティ
    遅延した格納されたプロパティ
    格納されたプロパティとインスタンス変数
  • 計算されたプロパティ
  • セッタ宣言の省略形
    読み取り専用の計算されたプロパティ
    プロパティ監視者
    グローバルとローカル変数
  • 型プロパティ
  • 型プロパティの構文
    型プロパティの照会と設定
  • メソッド
  • インスタンスメソッド
  • self プロパティ
    インスタンスメソッド内から値の型を変更
    変異メソッド内で self に代入
    型メソッド
  • サブスクリプト
  • サブスクリプトの構文
    サブスクリプトの使用法
    サブスクリプトのオプション
  • 継承
  • 基本クラスの定義
    サブクラス化
  • オーバーライド(上書き)
  • スーパークラスメソッド、プロパティ、サブスクリプトへのアクセス
    オーバーライドするメソッド
  • オーバーライドするプロパティ
  • プロパティのゲッタとセッタのオーバーライド
    プロパティ監視者のオーバーライド
    オーバーライドの防止
  • 初期化
  • 格納されたプロパティの初期値を設定
  • イニシャライザ
    デフォルトのプロパティ値
  • 初期化のカスタマイズ
  • 初期化パラメータ
    パラメータ名と引数ラベル
    引数ラベルのないイニシャライザのパラメータ
    Optional のプロパティ型
    初期化中に定数プロパティへの代入
  • デフォルトのイニシャライザ
  • 構造体型のためのメンバ化イニシャライザ
    値型のイニシャライザデリゲート
  • クラスの継承と初期化
  • 指定イニシャライザとコンビニエンスイニシャライザ
    指定とコンビニエンスイニシャライザの構文
    クラス型のイニシャライザデリゲート
    二相の初期化
    イニシャライザ継承とオーバーライド
    自動イニシャライザの継承
    実際の指定とコンビニエンスイニシャライザ
  • 失敗可能イニシャライザ
  • 生の値を持つ列挙型のための失敗可能イニシャライザ
    初期化失敗の伝播
    失敗可能イニシャライザのオーバーライド
    init! の失敗可能イニシャライザ
    必須イニシャライザ
    クロージャや関数でのデフォルトのプロパティ値設定
  • デイニシャライザ
  • デイニシャライザはどのように働くか
    作動中のデイニシャライザ
  • Optional の連鎖
  • 強制開封の代替としての Optional の連鎖
    Optional の連鎖のモデルクラスの定義
    Optional の連鎖を使用したプロパティへのアクセス
    Optional の連鎖を通じてメソッドを呼び出す
  • Optional の連鎖を通じてサブスクリプトへのアクセス
  • Optional 型のサブスクリプトにアクセス
    連鎖の複数レベルのリンク
    optional の戻り値を持つメソッドでの連鎖
  • エラー処理
  • エラーの表現と Throw
    エラーの処理
    throw 関数を使用したエラーの伝播
    Do-Catch を使用したエラー処理
    エラー をOptional の値に変換
    エラー伝播を無効に
    クリーンアップアクションの指定
  • 型キャスト
  • 型キャストのためのクラス階層の定義
    型のチェック
    ダウンキャスト
  • Any と AnyObjecgt 用の型キャスティング
  • ネストした型
  • 実際のネストした型
    ネストした型への参照
  • 拡張機能
  • 拡張機能の構文
    計算されたプロパティ
    イニシャライザ
  • メソッド
  • 変異インスタンスメソッド
    サブスクリプト
    ネストした型
  • プロトコル
  • プロトコルの構文
    プロパティの要件
    メソッドの要件
    変異メソッドの要件
  • イニシャライザの要件
  • プロトコルイニシャライザ要件のクラス実装
    失敗可能イニシャライザの要件
    型としてのプロトコル
    デリゲート
  • 拡張機能を持つプロトコル準拠の追加
  • 拡張機能を持つプロトコルの採用を宣言
    プロトコル型のコレクション
    プロトコルの継承
    クラス専用プロトコル
    プロトコルの構成
    プロトコル準拠の確認
    Optional のプロトコル要件
  • プロトコル拡張機能
  • デフォルトの実装の提供
    プロトコル拡張機能に制約を追加
  • ジェネリック(汎用)
  • 汎用が解決する問題
    汎用関数
    型パラメータ
    型パラメータの命名
    汎用の型
    汎用型の拡張
  • 型の制約
  • 型制約の構文
    実際の型の制約
  • 関連型
  • 実際の関連型
    既存の型を拡張して関連型を指定
    型注釈を使用して関連型を制約
    汎用の Where 句
    汎用の Where 句を含む拡張機能
    関連する型と汎用の Where 句
    汎用のサブスクリプト
  • 自動参照カウント
  • どのように ARC は働くか
    実際の ARC
    クラスインスタンス間の強い循環参照
  • クラスインスタンス間の強い循環参照の解決
  • 弱い参照
    所有されていない参照
    所有されていない参照と暗黙に開封された Optional のプロパティ
    クロージャの strong な循環参照
  • クロージャの strong な循環参照の解決
  • キャプチャリストの定義
    弱い参照と所有されていない参照
  • メモリの安全性
  • メモリへのアクセス競合の理解
    メモリアクセスの特徴
    In-Out パラメータへのアクセスの競合
    メソッド内の Self へのアクセスの競合
    プロパティへのアクセスの競合
  • アクセス制御
  • モジュールとソースファイル
  • アクセスレベル
  • アクセスレベルの全体的指針
    デフォルトのアクセスレベル
    ターゲット一つのアプリのアクセスレベル
    フレームワークのアクセスレベル
    ユニットテストのターゲット用のアクセスレベル
    アクセス制御の構文
  • カスタム型
  • タプル型
    関数型
  • 列挙型
  • 生の値と関連する値
    ネストした型
    サブクラス化
  • 定数、変数、プロパティ、およびサブスクリプト
  • ゲッタとセッタ
  • イニシャライザ
  • デフォルトのイニシャライザ
    構造体型用のデフォルトメンバ化イニシャライザ
  • プロトコル
  • プロトコルの継承
    プロトコルの準拠
  • 拡張機能
  • 拡張機能の private メンバ
    汎用
    型エイリアス
  • 高度な演算子
  • ビット単位演算子
  • ビット単位の NOT 演算子
    ビット単位の AND 演算子
    ビット単位の OR 演算子
    ビット単位の XOR 演算子
  • ビット単位の左と右シフト演算子
  • 符号なし整数のシフト動作
    符号付き整数のシフト動作
  • オーバーフロー演算子
  • 値オーバーフロー
    優先順位と結合性
  • 演算子メソッド
  • 接頭辞と接尾辞演算子
    複合代入演算子
    等価演算子
  • カスタム演算子
  • カスタム挿入辞演算子の優先順位
  • 言語のガイド(Part III)
  • 言語リファレンスについて
  • 文法の読み方
  • 語彙の構造
  • 空白とコメント
    識別子
    キーワードと句読点
  • リテラル
  • 整数リテラル
    浮動小数点リテラル
    文字列のリテラル
    演算子

  • 型注釈
    型識別子
    タプル型
    関数型
    エスケープしないクロージャの制限事項
    配列型
    辞書型
    Optional の型
    暗黙に開封された Optional の型
    プロトコル構成の型
    メタタイプ型
    型の継承句
    型の推測

  • 接頭辞式
    Try 演算子
  • 二項式
  • 代入演算子
    三項条件演算子
    型キャスト演算子
  • 一次式
  • リテラル式
    Self 式
    スーパークラス式
  • クロージャ式
  • キャプチャ・リスト
    暗黙のメンバ式
    括弧で囲まれた式
    タプル式
    ワイルドカード式
    キーパス式
    セレクタ式
    キーパス文字列式
  • 接尾辞の式
  • 関数呼び出し式
    イニシャライザ式
    明示的なメンバ式
    接尾辞の Self 式
    サブスクリプト 式
    強制値の式
    Optional の連鎖式

  • ループ文
  • For-In 文
    While 文
    Repeat-While 文
  • 分岐文
  • if 文
    Guard 文
  • switch 文
  • switch 文は、網羅的である必要あり
    実行が暗黙的に case を Fall Through しない
    ラベル付き文
  • 制御転送文
  • break 文
    continue 文
    fallthrough 文
    return 文
    throw 文
    defer 文
    do 文
  • コンパイラ制御文
  • 条件コンパイルブロック
    行制御文
    利用可能条件
  • 宣言
  • トップレベルのコード
    コードブロック
    Import 宣言
    ­定数の宣言
  • 変数の宣言
  • 格納された変数と格納された変数のプロパティ
    計算された変数と計算されたプロパティ
    格納された変数監視者とプロパティの監視者
    型変数プロパティ
    型エイリアス宣言
  • 関数の宣言
  • パラメータ名
    In-Out パラメータ
    パラメータの特殊な種類
    メソッドの特殊な種類
    Throw する関数とメソッド
    Rethrow する関数とメソッド
    決して返さない関数
  • 列挙型の宣言
  • 任意の型の case を列挙
  • 間接による列挙
    生の値型の case を列挙
    列挙型 case へのアクセス
    構造体の宣言
    クラスの宣言
  • プロトコルの宣言
  • プロトコル・プロパティ宣言
    プロトコル・メソッド宣言
    プロトコル・イニシャライザ宣言
    プロトコル・サブスクリプト宣言
    プロトコルに関連した型の宣言
  • イニシャライザ宣言
  • 失敗可能イニシャライザ
    デイニシャライザ宣言
    拡張機能の宣言
    サブスクリプト宣言
    演算子の宣言
    優先順位グループ宣言
  • 宣言修飾子
  • アクセス制御レベル
  • 属性
  • 宣言の属性
  • インターフェイスビルダーで使われる宣言属性
    型の属性
  • パターン
  • ワイルドカードパターン
    識別子パターン
    値結合パターン
    タプルパターン
    列挙型 case パターン
    Optional のパターン
    型キャストパターン
    式のパターン
  • 汎用パラメータと引数
  • 汎用パラメータ句
  • 汎用の where 句
    汎用引数句
  • 文法のまとめ
  • 語彙の構造



    宣言
    属性
    パターン
    汎用パラメータと引数
  • マニュアルの変更履歴
  • 変更履歴