Swift 5.2 日本語化計画 : Swift 5.2


バージョン互換性


この本では、Xcode 11.4 に含まれる、Swift のデフォルトバージョンである Swift 5.2 について説明します。Xcode11.4 を使用して、Swift 5.2、Swift 4.2、または Swift 4 で記述されたターゲットをビルドできます。


Xcode 11.4 を使用して Swift 4 および Swift 4.2 のコードをビルドすると、ほとんどの Swift 5.2 機能が利用可能になります。ただし、以下の変更は、Swift 5.2 以降を使用するコードでのみ使用できます。


Swift 5.2 で記述されたターゲットは、Swift 4.2 または Swift 4 で記述されたターゲットに依存する場合があります。これは、複数のフレームワークに分割されている大規模なプロジェクトがある場合、一度に 1 つのフレームワークでコードを Swift 4 から Swift 5.2 に移行できることを意味します1。


前:Swift について 次:Swift のツアー

<BETA SOFTWARE>
このドキュメントには、開発中の API または技術に関する予備的な情報が含まれています。この情報は変更されることがあり、このドキュメントに従って実装されたソフトウェアは、最終的なオペレーティングシステムソフトウェアでテストする必要があります。

Apple の Beta ソフトウエアについての詳細

















トップへ












トップへ












トップへ












トップへ
目次
Xcode 11 の新機能

Swift について
Swift と Cocoa と Objective-C (obsolete)
Swift Blog より (obsolete)

SwiftLogo
  • Swift 5.2 全メニュー


  • Swift へようこそ

  • Swift について
  • バージョン互換性
  • Swift のツアー
  • 単純な値
    制御フロー
    関数とクロージャ
    オブジェクトとクラス
    列挙型と構造体
    プロトコルと拡張機能
    エラー処理
    汎用(ジェネリック)

  • Swift 言語のガイド

  • 言語リファレンス

  • マニュアルの変更履歴













  • トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ












    トップへ