UIKit フレームワークは、フレームワーク全体での複数の場所で使用されるデータ型を定義します。



データ型


UIBarStyle


ビューの異なる型の文体外観を定義します。


宣言


<< SWIFT >>

enum UIBarStyle : Int {
    case Default
    case Black
    static var BlackOpaque: UIBarStyle { get }
    case BlackTranslucent
}


<< OBJECTIVE-C >>

typedef enum {
    UIBarStyleDefault = 0,
    UIBarStyleBlack = 1,

    UIBarStyleBlackOpaque =      1, // Deprecated
    UIBarStyleBlackTranslucent = 2, // Deprecated
} UIBarStyle;


定数


  • UIBarStyleDefault


  • 通常、与えられたビューに関連付けられたデフォルトのスタイルを使用してください。たとえば、ナビゲーションバーは、一般的に黒いフォントで白い背景を使用しています。


    iOS 2.0 以降で利用可能。


  • UIBarStyleBlack


  • 黒い背景と明るい内容を使用します。


    iOS 3.0 以降で利用可能。


  • UIBarStyleBlackOpaque


  • 旧式となりました。代わりに UIBarStyleBlack を使用してください。


    iOS 2.0 以降で利用可能。

  • UIBarStyleBlackTranslucent


  • 旧式となりました。代わりに UIBarStyleBlack を使用し、translucent のプロパティを YES に設定します。


    iOS 2.0 以降で利用可能。


    import 文


    << OBJECTIVE-C >>

    @import UIKit;


    << SWIFT >>

    import UIKit


    利用可能

    iOS 2.0 以降で利用可能。






    UIDataDetectorTypes


    テキストベースのコンテンツで検出することができる情報の型を定義します。


    宣言


    << SWIFT >>

    struct UIDataDetectorTypes : OptionSetType {

            init(rawValue rawValue: UInt)

            static var PhoneNumber: UIDataDetectorTypes { get }

            static var Link: UIDataDetectorTypes { get }

            static var Address: UIDataDetectorTypes { get }

            static var CalendarEvent: UIDataDetectorTypes { get }

            static var None: UIDataDetectorTypes { get }

            static var All: UIDataDetectorTypes { get }

    }


    << OBJECTIVE-C >>

    enum {

            UIDataDetectorTypePhoneNumber        = 1 << 0,

            UIDataDetectorTypeLink                        = 1 << 1,

            UIDataDetectorTypeAddress                  = 1 << 2,

            UIDataDetectorTypeCalendarEvent        = 1 << 3,

            UIDataDetectorTypeNone                       = 0,

            UIDataDetectorTypeAll                          = NSUIntegerMax

    };

    typedef NSUInteger UIDataDetectorTypes;



    定数

  • UIDataDetectorTypePhoneNumber


  • 電話番号としてフォーマットされた文字列を検出します。


    iOS 3.0 以降で利用可能。



  • URL としてフォーマットされた文字列を検出します。


    iOS 3.0 以降で利用可能。


  • UIDataDetectorTypeAddress


  • 住所としてフォーマットされた文字列を検出します。


    iOS 4.0 以降で利用可能。


  • UIDataDetectorTypeCalendarEvent


  • カレンダーイベントとしてフォーマットされた文字列を検出します。


    iOS 4.0 以降で利用可能。


  • UIDataDetectorTypeNone


  • データの検出を行いませんでした。


    iOS 3.0 以降で利用可能。


  • UIDataDetectorTypeAll


  • 利用可能なすべての種類のデータを検出します。


    iOS 3.0 以降で利用可能。


    Import 文


    << OBJECTIVE-C >>

    @import UIKit;


    << SWIFT >>

    import UIKit


    利用可能

    iOS 3.0 以降で利用可能。






    UIEdgeInsets


    ビューのインセットの距離を定義します。


    宣言


    << SWIFT >>

    struct UIEdgeInsets { var top: CGFloat var left: CGFloat var bottom: CGFloat var right: CGFloat init() init(top top: CGFloat, left left: CGFloat, bottom bottom: CGFloat, right right: CGFloat) }


    << OBJECTIVE-C >>

    typedef struct { CGFloat top, left , bottom, right ; } UIEdgeInsets;


    議論

    エッジのインセット値は、その長方形で表される領域を縮小または拡大した長方形に適用されます。一般的に、エッジのインセットは、ビューのフレームを変更するために、ビューのレイアウト時に使用されます。正の値は、フレームが指定した量によってインセット (または縮小) されます。負の値はフレームを、指定した量によって拡張されます。


    UIEdgeInsetsMakeUIEdgeInsetsZero も参照してください。


    利用可能

    iOS 3.0 以降で利用可能。






    UIOffset


    位置のオフセットの量を指定する構造体を定義します。


    宣言


    << SWIFT >>

    struct UIOffset { var horizontal: CGFloat var vertical: CGFloat init() init(horizontal horizontal: CGFloat, vertical vertical: CGFloat) }


    << OBJECTIVE-C >>

    typedef struct UIOffset { CGFloat horizontal, vertical } UIOffset;


    議論

    コンポーネントは、右または下で正の数、左または上で負の数です。


    UIOffsetMakeUIOffsetZero も参照してください。


    利用可能

    iOS 5.0 以降で利用可能。






    UIUserInterfaceSizeClass


    ビューのサイズクラスを定義します。


    宣言


    << SWIFT >>

    enum UIUserInterfaceSizeClass : Int {

            case Unspecified

            case Compact

            case Regular

    }

    << OBJECTIVE-C >>

    typedef NS_ENUM (NSInteger, UIUserInterfaceSizeClass {

            UIUserInterfaceSizeClassUnspecified = 0,

            UIUserInterfaceSizeClassCompact      = 1,

            UIUserInterfaceSizeClassRegular        = 2,

    };


    定数

  • UIUserInterfaceSizeClassUnspecified


  • サイズクラスが指定されていないことを示します。


    iOS 8.0 以降で利用可能。


  • UIUserInterfaceSizeClassCompact


  • コンパクトなサイズクラスを示します。


    iOS 8.0 以降で利用可能。


  • UIUserInterfaceSizeClassRegular


  • 通常のサイズクラスを示します。


    iOS 8.0 以降で利用可能。


    Import 文


    << OBJECTIVE-C >>

    @import UIKit;


    << SWIFT >>

    import UIKit


    利用可能

    iOS 8.0 以降で利用可能。






    目次
    Xcode 9 の新機能
    インターフェースビルダー ヘルプ
    ストーリーボード

    NSObject(class)

  • UIKit Data Types リファレンス
  • 概要
  • データ型
  • UIBarStyle
    UIDataDetectorTypes
    UIEdgeInsets
    UIOffset
    UIUserInterfaceSizeClass
    文書改定履歴












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)












    トップへ(UIKit Data Type Reference)