文書   >   Swift   >  String   >   hasPrefix(_:)


インスタンスメソッド


hasPrefix(_:)


文字列が指定された接頭辞で始まるかどうかを示すブール値を返します。





宣言


func hasPrefix(_ prefix: String) -> Bool


パラメータ


prefixこの文字列に対してテストすべき可能な接頭辞。


戻り値


文字列が prefix で始まる場合は true、そうでない場合は false



議論


比較では大文字と小文字が区別され、Unicode セーフです。大文字と小文字を区別する比較では、対応する文字の大文字と小文字が同じ文字列のみが一致します。


let cafe = "Café du Monde"

// Case sensitive
print(cafe.hasPrefix("café"))
// Prints "false"


Unicode セーフな比較では、それらを構成するために使用されたコードポイントではなく、Unicode のスカラー値が一致します。以下の例では、"é" 文字の形式が異なる 2 つの文字列を使用します。最初の文字列は合成形式を使用し、2 番目の文字列は分解形式を使用します。


// Unicode safe
let composedCafe = "Café"
let decomposedCafe = "Cafe\u{0301}"

print(cafe.hasPrefix(composedCafe))
// Prints "true"
print(cafe.hasPrefix(decomposedCafe))
// Prints "true"


関連





プロトコルから


StringProtocol



以下も見よ





部分文字列の検索

















トップへ












トップへ












トップへ












トップへ
目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 6.0.1+
  • Framework
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論
  • 関連
  • 以下も見よ












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)